ミヤマシジミのタグまとめ

ミヤマシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミヤマシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミヤマシジミ」タグの記事(62)

  1. 今日はミヤマシジミのみでした - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今日はミヤマシジミのみでした

    朝の内は雨、午前8時頃には上がったけど、期待した晴れ間は殆ど無かった。こんな日はヤマキチョウは無理、ミヤマシジミの美蝶探ししかありません。今日も交尾ペアを発見です。上オス、下メス、メスは羽化直の様ですが、オスは左前翅に傷みがある。暫くして、再度見たら交尾解消して雌雄でコマツナギに止まっていた。交尾解消のメスは羽化直のちょっと青鱗乗りの美蝶でした。これは別個体、これもチョイ青鱗乗り。ノーマルな...

  2. 今日もミヤマシジミ - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今日もミヤマシジミ

    朝からお天気悪く、ドン曇、午後2時頃にはバケツをひっくり返した様な土砂降りでした。梅雨明け宣言なんて本当だったのかと思わせる今夏の浅間高原です。午前中、ドン曇の中、連日のミヤマシジミの観察でしたが、いきなり交尾ペアが出迎えてくれました。上がオス、下がメスですが、このオスもやや矮小気味の個体でした。翅表の変なメスが居ました。先日のベニヒカゲの異常個体を思い起こす様な個体です。以下、とても綺麗だ...

  3. ミヤマシジミ・美蝶・矮小個体 - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ミヤマシジミ・美蝶・矮小個体

    朝から雨、その後も雨、時々曇り、昼間でも暗くてドン曇の1日でした。こんな日はミヤマシジミの観察しか思い当たらない、で、ドン曇の下、出かけました。メスの羽化直個体を発見、本日一番の美蝶です。標本候補なら完品と言ったところでしょうか。しかし、気温も低く、ドン曇ですから全く開翅しません。仕方なく手乗りで体温伝播で即、全開翅してもらいました。(^.^)その後、薄曇になると、自然に開翅してくれました。...

  4. 台風は北上した - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    台風は北上した

    大型台風10号は北上して日本海に、午後3時から4時まで晴れてましたが、1日曇り空、午前中には一時小雨も降ってました。風は殆ど感じなかったけど、時折、強い風が吹いた程度でした。午前11時40分、最後のアサギマダラが羽化しました。お昼時にネットを取り払うとヒラヒラと飛んで樹上に上がり、休止しました。11:35午後出かけて帰宅してもそのまま樹上で休止していた。 14:20午後3時頃晴れてきたので、...

  5. 午前中はミヤマシジミ - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    午前中はミヤマシジミ

    今朝、孫達は帰宅したので、今日からは静かになりました。午前中、ミヤマシジミの観察に出かけた。青メスと言えるほどの青鱗ではないけど、ちょっとしたアクセントになっていて、気品がある個体だった。8月は青メスが滅多に見られない。次期青メスは9月です。

  6. 浅間山が噴火したらしい - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    浅間山が噴火したらしい

    昨夜、午後10時8分、浅間山が噴火したとの報道があった。既に孫達と爆睡中だったけど孫のお母さんからの電話で知った。やはり、気になって寝られないので10時半頃、暗闇の浅間山を眺めたが火柱すら見られなかったので、再度就寝でした。朝7時、浅間山を眺めても、何時もと変わらない、昨夜は1,800mの噴煙が上がったらしいけど・・・降灰による嬬恋村のキャベツには影響が無かったのが何よりです。朝、今日もY邸...

  7. 暑いフィールドでの散策 - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    暑いフィールドでの散策

    今日も暑かったですが、午後、ミヤマシジミのフィールドへ出かけた。ミヤマシジミの2化が発生をして綺麗な個体がそれなりに見られました。今日はメスのみ撮影しましたが暑くて全ての個体は全く開翅することはなかった。ウラギンヒョウモンの綺麗な個体が飛んで来た。コキマダラセセリのオスも1頭アザミで吸蜜していた。コキマダラセセリに酷似していますが、これはアカセセリのオスでした。アサマシジミのメスの生き残りも...

  8. 午後ぐるっと一回り - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    午後ぐるっと一回り

    午前、午後と曇り時々晴れ、台風も発生したらしい。午後、さほどにお天気良くなかったが、お昼時に山中に居た蝶の仲間からショートメールが入った。意外と山中は天気良さそうな感じだったので、食後の散歩がてら山中に馳せ参じたのです(^.^)今日もミヤマシロチョウにご対面でした。ホシミスジヒョウモンチョウコキマダラセセリ嬉しいことに今シーズンはクジャクチョウには良く出会える。山中を降りて、帰路にまた寄り道...

  9. 関東梅雨明けならずでした - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    関東梅雨明けならずでした

    昨夜未明の雨は土砂降りだったけど、早朝には上がって午前中には晴れ間も出て来ました 。しかし、晴れ間は長く続かず、日中は曇り時々晴れ、午後4時頃には一頻り雨も降った。そんなお天気でも午前中、午後とフィールドに出かけることが出来たので、順不動ではあるが今日の蝶達をUPしておきます。今年は今までに無いくらいスジボソヤマキチョウが大量発生してます。他にも今日見た蝶はトラフシジミ、キマダラセセリ、ヒ...

  10. 間も無く梅雨明けですか・・・ - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    間も無く梅雨明けですか・・・

    明後日には梅雨明けの様子ですが、まだ今日は梅雨の雨が降ってます。午前中曇りでしたが、午後から小雨が降り続いてます。久しぶりに、午前中の雨上がりの時間帯にミヤマシジミの観察をしました。今は端境期、1化が終わり、そろそろ2化の個体が発生する時期になります。2化の個体が2頭ばかり発生してました。今はコマツナギで幼虫が食餌するシーンが見られます。こちらのアサマシジミはほぼ終焉を迎えたようです。ミヤマ...

  11. またまた梅雨空の1日でしたね - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    またまた梅雨空の1日でしたね

    昨夜から雨が降り続き1日通して小雨、ひと時の曇り空、ドン曇で何時降り出すかと言った状況でした。雨が止んだ時間にヤマキチョウの食樹であるクロツバラの実生苗をプランターに植え替え、化学肥料を撒きました。発砲スチロール箱に播種したクロツバラも移植のため間引いたので、こちらにも肥料を撒いた。ここで思い出したのが、昨日の㈱松山のオオムラサキ観察会の際、社有林の片隅で見かけたこんな標識。ヤマキチョウの・...

  12. 本日休養日です - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    本日休養日です

    本日、またもや雨が1日降り続きました。今日も何も出来ず休養日になりました。雨中、庭のハルニレにオトシブミの揺藍がありました。見事な仕事ですね。人間でもこんなに立派な仕事は出来ないでしょう。一昨日羽化したスジボソ第1号は本日の夕刻でも蛹殻にぶら下ったまま、60時間が経過しました。昨日羽化したスジボソ第2号も同じく、そのまま、36時間が経過しました。自然界1%の確率で羽化したスジボソも36時間経...

  13. 7月のミヤマシジミ - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    7月のミヤマシジミ

    午前中、お天気悪くても、ミヤマシジミは観察出来るので出かけた。少し青鱗が乗ったメスも居ました。この青メスは6月の青メスで以前に掲載した個体だと思われる。以上、今日のメスのみUPしておく。

  14. スライドショー「青雌飛翔」をUP - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    スライドショー「青雌飛翔」をUP

    ミヤマシジミの青雌があまりにも美しいので、1頭の青雌を時間を掛けて飛立ちシーンを撮って見た。50枚をスライドショーに纏めてUPしました。30日間限定のスライドショーです。http://www.digibook.net/d/1a55819380cf9c0825b982426c1932c6/

  15. ブルー3兄弟・ブラウン3姉妹一気撮りは・・・ - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ブルー3兄弟・ブラウン3姉妹一気撮りは・・・

    雨は降り続き、午前中までは悪天候、午後急激にお天気回復し、青空が広がって来ました。昼食後、久し振りに真正アサマの探索に出掛けた。懸命に探すけど、ヒメシジミしか見かけない、諦めて撤収しようとした際、目の前のハルジオンに突然アサマシジミのオスが飛んで来た!比較的ブルーが発達している。何枚か取れたが、その後、藪の中に飛んで行った、意を決して藪漕ぎして再度見つけた!再びハルジオンで吸蜜してくれた。そ...

  16. ゴージャスな6月の青メス出現 - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ゴージャスな6月の青メス出現

    6月も後3日間、6月のミヤマシジミの青メスが少なかったけど、本日、驚きの青メスが出現した。これほど青鱗が乗ったミヤマシジミは1シーズンに1、2度しか見かけない。前後翅に青鱗が広がり、かつ、後翅外縁の白い縁取りがはっきりと表れて、とてもゴージャスな個体でした。これは別個体だったが、後翅にのみ青鱗がのり、後翅外縁の白い縁取りは全く無く、控えめな個体でした。6月下旬にして、やっと「6月の青メス」が...

  17. 梅雨時の美蝶 - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    梅雨時の美蝶

    やはり梅雨時、スッキリしたお天気はありません。午前中曇り、午後雨でした。それでも午前中、出会えた美蝶が梅雨の鬱陶しさを忘れさせてくれました。オレンジの貴婦人第3号オレンジの貴婦人第4号それにしても、今シーズンは6月の青メス少ないですね~オスだって・・・新蝶、コヒョウモンモドキ第1号

  18. 真正アサマ探索意外な展開 - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    真正アサマ探索意外な展開

    曇り時々晴れの一日でした。午前中、そろそろかと気になっていた真正アサマシジミの発生を確認に出掛けた。既に幼虫探索で生息の確認は出来ているのだけど、例年通りだとすると、まだ4、5日後でしょう。(昨年は21日、一昨年は29日)やはり、早過ぎた様で、フィールドではヒメウラナミジャノメしか飛んでませんでした。寂し~い。いきなり、未発生が確認出来たので、時間が余ってしまった。(^.^)村内とはいえ遠く...

  19. オレンジの貴婦人第2号 - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    オレンジの貴婦人第2号

    午前中、オレンジの貴婦人の姉妹が発生しました。オレンジの発達したミヤマシジミのメスが今日も現われました。青鱗乗りは無いけど、何だか左後翅に白い異常紋がありますが、こんなの初めてです。先日のオレンジの貴婦人と同じ遺伝子を持った個体の様に思います。

  20. 午後の探索 - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    午後の探索

    午後、お天気がすっかり良くなったので、先ずはヤマキチョウの状況観察でした。既にオスは傷みが進んでおり、綺麗な個体は期待出来ないのは分かっているが、コンフリーにやって来るシーンが好きなのです。紫にレモンイェローの配色がとてもお気に入りなのです。コンフリーにはアサマイチモンジやウラギンヒョウモンもやって来た。アサマイチモンジは置いてあったカメラバッグに留まった。汗が浸み込んでいるからなのでしょう...

総件数:62 件

似ているタグ