ミヤマシロチョウのタグまとめ

ミヤマシロチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミヤマシロチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミヤマシロチョウ」タグの記事(53)

  1. ミヤマシロチョウその2(2020/07/19) - Sky Palace -butterfly garden- II

    ミヤマシロチョウその2(2020/07/19)

    山から下りて、麓のポイントを見に行きました。麓は早くも5日に発生情報があったので、鮮度に期待はしていませんでしたが、ここに来るのは初めてなので寄ってみました。そこは、ミヤマシロチョウが多数舞う楽園みたいなポイントでした。交尾個体も複数見られ、産卵シーンも見られました。意外と新鮮な個体もいました。午前中だけでミヤマシロチョウをたくさん撮影できて胸いっぱいです。■ミヤマシロチョウAporia h...

  2. ミヤマシロチョウその1(2020/07/19) - Sky Palace -butterfly garden- II

    ミヤマシロチョウその1(2020/07/19)

    沖縄の記事が多くなったため遅くなりましたが、7月中旬にミヤマシロチョウを求めて行った遠征をご紹介します。今年はミヤマシロチョウが多くみられるということで、体がウズウズするも、天気は生憎の雨が続き、半分あきらめムードでした。すると、日曜日の予報が2日前に急変し晴れになり、急遽撮影しに行くことに決めました。前日の20時過ぎに出発、現地到着が翌日の1時半、車中泊での仮眠です。そして、都合によりリミ...

  3. 高原撮影第6弾、早くも遭遇、アサギマダラ(2020/07/22)群馬遠征①_1 - 里山便り

    高原撮影第6弾、早くも遭遇、アサギマダラ(2020...

    今回の出動は、今期初 「RanRan-KM隊」です。勿論隊長は「暖蝶寒鳥撮り師」の 'Tkd彡' です。最新鋭の車の試運転をかね、お声がけを頂いた。いつもの 'Sit彡' もご一緒です。ピッカピカの新車に同乗、ピッカピカの蝶も撮れました。..........POTD.........ご自慢とはいかなかったのですが、いきなり遭遇です。------...

  4. 高原での、カラスアゲハも一花盛り(2020/07/19)群馬遠征①_3 - 里山便り

    高原での、カラスアゲハも一花盛り(2020/07/1...

    かなり遠くで '浅間の煙彡' が撮影していた。距離はあったが露岩道を足首を捻りながら駆けつける。高原では自身あまり見たことが無い '黒系アゲハ' が目に入った。..........POTD..........'黒系アゲハ' の背景が抜けた、このフォルムが結構気に入っています。---------------------------...

  5. ミヤマシロチョウ(産卵・吸蜜:2020/7/19) - 小畔川日記

    ミヤマシロチョウ(産卵・吸蜜:2020/7/19)

    7月19日、この日は晴天という予報なので、先日撮影できなかったミヤマモンキとミヤマシロチョウの吸蜜、産卵を狙って再度東信の山に行く。午前中はミヤマモンキを狙って湿原の方に行くけど、雲がかかって思うようには撮影できない。そこでお会いした 、京都からお出でになった " 蝶一日 "の field24k さんとお話をすると、ミヤマシロチョウがまだ未撮影だというので、ミヤマモンキが...

  6. 晴れた湯の丸高原散策 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    晴れた湯の丸高原散策

    久しぶりに青空が見える予報、午前中、湯の丸高原に向かって早目に出発(午前8時30分)、午前9時前に到着、既にミヤマシロチョウが飛び交ってました。カラスアゲハ♀がアザミで吸蜜していたら、ミヤマシロチョウが飛び込んで来た!この2種の組み合わせは珍しい。白と黒、対照的で露出設定が難しい。カラスアゲハは翅を激しく羽ばたかせるからシャッター速度も上げなくてはならない。晴れ時々曇りのお天気だったが、気温...

  7. 晴れ間を期待して湯の丸高原へ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    晴れ間を期待して湯の丸高原へ

    天気が安定しないで、天気予報もTV、ネットでそれぞれ微妙に違っていたけど、自宅周辺では朝から晴れていた。ともかく午前中は雨の予報は無かったので、湯の丸高原に早目に出かけた。湯の丸高原は曇っていたけど、暫くしてから晴れ間が出て来ました。湯の丸山晴れ間があるとミヤマシロチョウが一斉に飛び出します。曇って来るとこんな感じでお休みモードになります。晴れてくると、探雌飛翔や吸蜜シーンが見られます。今期...

  8. ミヤマシロチョウの吸蜜他 - 風任せ自由人

    ミヤマシロチョウの吸蜜他

    昨日2ヶ所目のポイントではミヤマシロチョウの吸蜜などを撮影できた。そこは、先日ミヤマシロチョウの羽化直を撮影したのとは違う場所。もっとお手軽ポイントで、花も多く、ヒョウモン類も期待できる。数年ぶりの訪問だった。今回はウラギンヒョウモン、今年初のコヒョウモンとギンボシヒョウモンを撮影できた。かつてここで何回か撮影しているコヒョウモンモドキは見つからなかった。ミヤマシロチョウの吸蜜ウラギンヒョウ...

  9. ミヤマシロチョウ / ミヤマモンキチョウ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ミヤマシロチョウ / ミヤマモンキチョウ

    今日は何とか晴れ間もあるかと期待して、湯の丸高原に出かけた。お昼時には一時雨が降ったけど、午後に晴れることを期待して午前中、ミヤマシロチョウ、午後、ミヤマモンキチョウの撮影を楽しんだ。雨の上がったお昼時にはミヤマシロチョウでした。ギンボシヒョウモン&ミヤマシロチョウーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー午後、高層湿原でミヤマモンキチョウでしたが、最初はまだ...

  10. 高原撮影第3弾、ミヤマシロチョウとフタスジチョウ(2020/07/05)群馬遠征②_3 - 里山便り

    高原撮影第3弾、ミヤマシロチョウとフタスジチョウ(2...

    充実した今回の遠征の最後の投稿です。長々と引っ張り投稿でした。証拠撮りから、自己満のお気に入り映像だったのですが、1枚でも多くお見せしたくて、つい,,,,,皆様に伝わればいいのですが,,,,,..........POTD.........ご対面~! 思い切ってデカ撮りです。撮影機会が多かったので色々楽しんでみました。-------------------------------------...

  11. 高原撮影第3弾、ミヤマシロチョウ(2020/07/05)群馬遠征②_2 - 里山便り

    高原撮影第3弾、ミヤマシロチョウ(2020/07/05...

    数が多く見られ、運にも恵まれたが、未だ時期が早いのかな?'ミヤマウツボグサ(深山靫草)' や 'イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)' ・ 'アザミ(薊)' などがまだ咲いていない。そんな中から、静止画像を投稿です。..........POTD.........'レンゲツツジ(蓮華躑躅) “Japanese az...

  12. 高原撮影第3弾、ミヤマシロチョウ(2020/07/05)群馬遠征②_1 - 里山便り

    高原撮影第3弾、ミヤマシロチョウ(2020/07/05...

    先のポイントでは、短時間で撮れ高充分、ますます厚い雲に覆われ、雨足も強くなりそうだった。少し他のポイントを廻りながら、それぞれの「蝶友彡達」に連絡を取って情報収集しながら移動。その間携帯で「天気情報」でも情報収集、'雨雲レーダー' ・ '気象衛星' とニラメッコ。迷う、迷う。帰るには早すぎる。'ミヤマシロチョウ' の情報も当た...

  13. 高山蝶の幕開け(2/2) - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    高山蝶の幕開け(2/2)

    今日は梅雨らしい雨が1日降るとの予報、梅雨だからと言えばそれまでだが、全く鬱陶しいです。昨日の高山蝶探索の後続編「ミヤマシロチョウの羽化直シーン」をUPします。ミヤマシロチョウの最盛期の頃である7月中旬、例年、運行していたリフトが今年は中止になった。レンゲツツジ観賞期間の運行が最終日となった昨日、天候は決して良くなかったけどリフトに乗ってコンコン平へ行って来た。出掛けたのが午後1時をまわって...

  14. 湧き出るミヤマシロチョウ - 風任せ自由人

    湧き出るミヤマシロチョウ

    元々計画していたKさんとの日曜日のゼフ探索は、前日に下見をしてくださった蝶友Kさんからゼフ未発生との連絡をいただき、相談の結果天気も悪そうなので延期となった。しかし、雨天でなければ何処かに蝶の撮影には行きたかった。候補は河川敷のシジミ類、高原のゼフやヒョウモン類、既に発生が確認されている高山蝶などなど。しかし、天気予報を見ると、何処も天気が悪そうだった。ところで、その天気予報だが、最近はあま...

  15. 高山蝶の開幕(1/2) - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    高山蝶の開幕(1/2)

    朝から曇り空、午後には薄曇になり、湯の丸山系には多少の晴れ間もあった。7月のリフト運行が今日までなので、ミヤマシロチョウを観察に出かけて見た。ほんの晴れ間にミヤマシロチョウが沢山飛び出していました。沢山撮ったので2回に分けて掲載します。先ずは「ミヤマシロチョウの吸蜜編」をUPして置きます。アサマグンバイヅルで吸密するミヤマシロチョウ浅間高原の固有種であるアサマグンバイヅルのブルーの小さな花が...

  16. 間もなく高山蝶の季節です - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    間もなく高山蝶の季節です

    天気予報では梅雨の晴れ間で貴重な1日だと報じていました。既に7月も2日目、湯の丸高原も高山蝶の季節を迎えます。今期、初めて高山蝶の様子を見に山に入って来ました。浅間山はすっかり夏山の様相、先日、火山活動が顕著になって警戒レベル2になった。高原の蝶はコヒョウモンが既に発生しており、吸蜜に熱中してました。ここはヒョウモンチョウと混生地ですが、まだコヒョウモンばかりでした。フタスジチョウにはまだ早...

  17. 7月最後の湯の丸高原 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    7月最後の湯の丸高原

    朝から快晴、予報では午後はお天気崩れるらしい。午前10時、湯の丸高原に向って出動、午前10時半過ぎにはコンコン平に着いたけど殆ど人気も無く寂しい。湯の丸山頂は晴れていたけど、コンコン平は生憎の曇り空、結局午後1時まで殆ど晴れる事は無かった。たった一人でミヤマシロチョウを観察、今日は青空背景のミヤマシロをどうしても撮りたかった。しかし、晴れてるのは山頂部のみで青空背景のチャンスが無かった、と言...

  18. 希少な高山蝶、ミヤマシロチョウの撮影機会に恵まれた。(2019/07/25)群馬遠征④ - 里山便り

    希少な高山蝶、ミヤマシロチョウの撮影機会に恵まれた。(...

    今回は撮影予定を立てていなかった。友人と二人で 'ヒョウモン類' を気軽に撮るのが目的であったが、 '浅間の煙さん' の後押しで、撮影する事が出来た。前年訪れた時は、適期を逸して1頭だけの遭遇であったが、今期は途中の遊歩道でも沢山目にした。猛暑日、涼をさそう一枚でした。------------------------------------------...

  19. ☆キバネセセリ・ミヤマシロチョウ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆キバネセセリ・ミヤマシロチョウ☆

    長い梅雨が明けた29日、待ち焦がれた山行きが叶いました。登山の人もまだ少なく、薄日の差す静かな山道でした。今年は、キバネセセリが大発生した様で、沢山のキバネセセリに会いました。キバネセセリミヤマシロチョウ

  20. ミヤマシロチョウ高原を再訪 - 蝶のいる風景blog

    ミヤマシロチョウ高原を再訪

    「小畔川日記」のダンダラさんのご厚意で26日にミヤマシロチョウの観察にもう一度出かけることになった。2日前はちょうど最盛期で次から次と羽化個体が上がって来て、狭いポイントだけで30~40頭もが飛んで楽しませてくれた。問題はこの定まらない梅雨空だった。予報ではまったく期待を持てない空模様だった。「大丈夫でしょう」と励ますようにダンダラさん。その言葉通り、山道を登る頃は雲が切れて来た。ポイントに...

総件数:53 件

似ているタグ