ミヤマセセリのタグまとめ

ミヤマセセリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミヤマセセリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミヤマセセリ」タグの記事(172)

  1. 3/21ミヤマセセリ、ムラサキシジミ、ルリタテハ - ブログ和歌山の里山便り2

    3/21ミヤマセセリ、ムラサキシジミ、ルリタテハ

    先日フライングだったミヤマセセリのリベンジに行ってきました。駐車場に着くと蝶友さんとバッタリ。一緒にミヤマセセリを探しました。ところがミヤマセセリは一向に現れず。今回もフライングか?と心配になった頃、ようやく飛んでいる姿を発見。今回は天気が良く、気温も高くなったためかなかなか止まりません。ようやく止まったと思ったら、接近する前に飛んでしまうし…地面に止まると保護色になっていて、なかなか見つけ...

  2. 最後のギフチョウ - 飛騨山脈の自然

    最後のギフチョウ

    気象観測のあるところで一番寒い場所へ行ってみた。いつも大勢の採集者でにぎわっていて入り込むスペースがない。今日は採集者が少ないので散策することにした。最盛期過ぎだったが綺麗な1♀を捉えることができた。ミヤマセセリは飛び回っていたがなかなか止まってくれない。出始めで数は少なかったがヤマキマダラヒカゲも見れた。平地に下りてきたらツバメシジミが2♂2♀いた。1♂1♀はボロだったがこれはまだ綺麗な個...

  3. スプリングエフェメラルのラストはミヤマセセリByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    スプリングエフェメラルのラストはミヤマセセリByヒナ

    高知で見られるスプリングエフェメラルと呼ばれる蝶はコツバメ、スギタニルリシジミ、ツマキチョウ、ウスバアゲハ、ミヤマセセリだと思いますが、個人的に出会いが1番少ないのはミヤマセセリ。平野部では見たことが無いし、山地で安定して見られる場所を知らないのが理由です。昨年はギフチョウの遠征で他県で見ることができましたが、今年は久しぶりに地元での出会い。林縁を歩いていると特徴的な跳ねるような飛翔を見掛け...

  4. ヤマキチョウ覚醒ならず - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ヤマキチョウ覚醒ならず

    1日通して晴れ時々曇り、今日から暖かくなる予報でしたが思ったほどに気温は上がらす17度くらいだったでしょう。午前10時、ヤマキチョウの初見を期待してフィールドに出かけたが、結論、気温が覚醒にはまだ低かった様で初見はありませんでした。今日、フィールドで観察出来た蝶達を取り敢えずUPしておきます。クジャクチョウ3頭に出会えた。この個体はボロボロ、スジボソヤマキチョウと同じくらいくたびれてますね。...

  5. 春の妖精3種一気撮り - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    春の妖精3種一気撮り

    午前中、晴れ、午後、晴れ時々曇り、気温は15度位まで上がったけど、強風が吹いてました。午前と午後、昼食時間を挟んで居住区内のマイフィールドで春の妖精3種を一気撮りしました。スギタニルリシジミのメスの美しい翅表がたまりません。里のダムサイトでもメスの翅表が撮れたのですが、やはり飛翔時の翅表の煌きはこんな感じですね。恐らく静止時の開翅ではこんな素晴らしい煌きは無いと思います。同上のメス個体、飛び...

  6. 見沼田んぼでギンイチ探しin2020.03.13~04.26埼玉県&神奈川県 - ヒメオオの寄り道

    見沼田んぼでギンイチ探しin2020.03.13~04...

    見沼田んぼのmy pointには7年前くらいまでは局所的ではあるものの「ギンイチモンジセセリ」を毎年確実に1化~3化撮影出来ていました。ここ数年見沼田んぼでは見つけていないので、新型コロナウイルス対策も含めて自転車&徒歩で4月25日、26日探してみました。in2020.04.25見沼田んぼFポイント***********************************************...

  7. 春の妖精2種目の発生 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    春の妖精2種目の発生

    曇り時々晴れ、気温は12度程度でしたが穏やかな1日だった。お昼時、居住区内のマイフィールド、昨日のコツバメ3頭は全く姿見せず、その代わり、ミヤマセセリ♂1頭が発生してました。春の妖精2種の発生があり、残すはスギタニルリシジミになった。里から1ヶ月遅れの2度目の春がやって来ました。カキドオシでスジボソヤマキチョウ♀の吸蜜シーンもあった。新生蝶ではスジグロシロチョウが今日も見られました。モンキチ...

  8. スプリングエフェメラル2020 - 公園昆虫記

    スプリングエフェメラル2020

    コツバメやミヤマセセリの出現は、いつなら春一番の遠征を開始する合図。早春にしか見られないので、この時期を逃すと、また来年ということになってしまう。しかし、今年は遠征が厳しかったので、ギフチョウ撮りのついでに見たいと思っていた。コツバメふもとに降りて、知り合いの方に尋ねたところ、果たして毎年見られる場所で出ているという。待つほどもなく、現れたコツバメ。このシーンのみだったが、なんとかカメラに収...

  9. 令和2年スプリングエフェメラルその5 - 紀州里山の蝶たち

    令和2年スプリングエフェメラルその5

    皆さん、こんにちはー。当地は北西風がやや強くて肌寒い天候で三寒四温ですね。というわけで、昨日のデータを整理しました。ミヤマセセリの雌が良い感じでした。同行をお願いした蝶友さん、お疲れ様でした。次回もよろしくお願いします。

  10. ギフチョウとモチツツジ (2020/04/04) - Sky Palace -butterfly garden- II

    ギフチョウとモチツツジ (2020/04/04)

    ギフチョウの撮影に行ってきました。いよいろ待ちに待ったチョウのシーズンが開幕って感じがしてきました。ギフチョウは昨年も撮影しましたがずいぶんと前のように思えます。このポイントはモチツツジがたくさん咲いています。ギフチョウが吸蜜してくれたらいいなーと思っていたら、すっとモチツツジに止まりました。止まっただけで吸蜜はしませんでしたが、むしろいい絵が撮れました。海外撮影の旅キャンセルや、外出自粛で...

  11. ギフチョウ4月4日 - 超蝶

    ギフチョウ4月4日

    今日は、岐阜県のカタクリ山へ出かけました。一昨年、昨年と芳しくありませんでしたが、今季は、幾分取り戻したみたいです。コツバメミヤマセセリカンアオイカタクリまた来年!!!

  12. 思わぬ「馬酔木会議」で出会った蝶達(2020/03/27)比企① - 里山便り

    思わぬ「馬酔木会議」で出会った蝶達(2020/03/2...

    曇り時折晴間 穏か・暖かい暖かだったが、雲の多い日。「蝶撮り」を諦め、「池之端会議」に出席。小鳥達も活発には動かない、高所で数羽の 'レンジャク' が見られるだけ。ややして '里山のjiij-Ktさん' もお見えになる。「池之端会議」も話題は 'コロナ・ウィルス' 、会議参加者も微妙にお互いの距離をとり始める。此処では1.5m離れ...

  13. ツマミヤガラス(TMG)-1122020.03.29記 - ツマミヤガラス(TMG)

    ツマミヤガラス(TMG)-1122020.03.29記

    【コツバメ・ミヤマセセリ・ツマキチョウ・ナミアゲハ他】今日は、雪が降って寒い一日となった。さて、先日の話であるが、その日も春の新生蝶がいっぱい出た。なので、そのことについて報告する。今回も引き続きコツバメの撮影も報告する。【2020.03.25東京都天気:晴れ最高気温:16℃】今回も、アセビに止まるコツバメを撮影できた。また、今季初となるスジグロシロチョウやミヤマセセリを撮影した。さらに、越...

  14. 天狗のお山で思いもよらなかった、ミヤマセセリ(2020/03/22)外秩父山地 - 里山便り

    天狗のお山で思いもよらなかった、ミヤマセセリ(2020...

    晴風もあり暑い目的は違ったのですが、思わぬ出会いがありました。前回も 'ミヤマセセリ' との出会いはあったのですが、 スルーしていましたが、いきなりメス個体が飛来してきた。今期初ということもあり撮影に及んだ。ミヤマセセリ♂(深山挵)★★☆☆☆The Spring Flat [Erynnis montanus Bremer, 1861]スプリング・エフェメラル(Spri...

  15. ギフチョウモミジイチゴ再訪 - 蝶のいる風景blog

    ギフチョウモミジイチゴ再訪

    「小畔川日記」のダンダラさんからのお誘いでモミジイチゴのギフチョウを見に行って来た。今日は青空が広がっているが、気温はちょっと低い。峠のポイントには8時半に着いたがまだ8度だった。細い山道を歩いて行ったが、ポイントにはまだ誰も来ていなかった。少しずつ気温も上がって間もなくギフチョウが飛び始めた。モミジイチゴは先週来た19日と比べると若葉が大分芽吹いて来ていた。しかし、今日はスミレでは吸蜜する...

  16.  アセビのトラフシジミ - フォト エチュード  Photo-Etudes

    アセビのトラフシジミ

    アセビ(馬酔木)でコツバメと遊んだが、もうひとつの狙いのトラフシジミはなかなか出てきてくれなかった。 発生からしばらく時間がたってしまっているので難しいかなと思っていると、一頭が舞い降りてくれた。やっと出てくれたと喜んで撮ってみたが・・・、前翅の先端が傷ついた個体だった。何度かアセビの花を移って撮らせてくれたが、開翅して表翅を見せてくれることはなかった。それでも、今季初の個体だったの...

  17. ミヤマセセリ3月21日 - 超蝶

    ミヤマセセリ3月21日

    土曜日、ギフチョウの生息地の帰りにミヤマセセリの生息地に寄りました。沢山飛んでいるものの、止まらない。それでも、まとまって咲いているタンポポで待っていると・・・ツバメシジミ♂

  18. 虎の子のミヤマセセリ - 蝶超天国

    虎の子のミヤマセセリ

    3月20日またしても雨上がり・・・日差しはあったものの風が強く暖かさが足りません。トラフシジミを狙いましたが風が強い為かコツバメすら飛びません・・・・代わりに・・・ここでは滅多に見られないミヤマセセリが飛びました。左後翅が傷んでいましたが何回か近くで止ってくれました。横からも・・・テングチョウは綺麗な個体がいました。曇が出てきて気温が下がり何も飛ばなくなったので・・・コツバメの卵を探してみる...

  19. 2020.3.18東京・早春の雑木林ミヤマセセリ2020.3.22 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.3.18東京・早春の雑木林ミヤマセセリ202...

    2020.3.18コツバメを見にいつもの雑木林ではなく、数Km離れた谷戸に行く。しかし、1頭それらしきものが飛んで来たがすぐ見失う。ミヤマセセリもそれほど多くはなく、テングチョウと遊ぶが全然撮れず。撮れたのはミヤマセセリの頭上の交尾体。少し高かったので100ミリ+テレコンでは苦しかった。枝ごと引き寄せようとしたが、その前に飛ばれてしまう。追いかけるが飛翔は撮れずに終わった。地表の枯れ枝にとま...

  20. 2020年開幕の日(前編) - 不思議の森の迷い人

    2020年開幕の日(前編)

    今年二度目の埼玉の蝶の公園です。今日は晴天ですが風が強いのが少し心配でした。現地で「蝶と自然。」のNAGUさんと合流し探蝶を始めました。馬酔木の花にはコツバメが留まっていました。皆さんはそろそろ撮り飽きたコツバメですが、私にとっては今年初の新生シジミチョウです。翅の破れた個体も多く、新鮮そうな個体を選んで狙うのですが、シジミチョウは意外と好戦的で、コツバメ同士でも自分より大きな蝶でも構わずス...

総件数:172 件

似ているタグ