ミヤマモンキチョウのタグまとめ

ミヤマモンキチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミヤマモンキチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミヤマモンキチョウ」タグの記事(38)

  1. ミヤマモンキチョウ - 自然を楽しむ

    ミヤマモンキチョウ

    午後からはもう1種類の高山蝶、ミヤマモンキチョウの撮影ポイントへと移動。そこでは梅雨が明けるのを待っていたかのように、盛んに吸蜜を繰り返すたくさんのミヤマモンキを見ることができた。それらの中からなるべく綺麗な個体を選んで撮影したが、あとで確認すると擦れた個体の写真が結構多かったのはいつものこと。クモマニガナの花で吸蜜するミヤマモンキの♂クモマニガナの白花も混生イワイチョウの花で吸蜜する♂アザ...

  2. ミヤマモンキチョウ(2020/7/19) - 小畔川日記

    ミヤマモンキチョウ(2020/7/19)

    7月19日は最初にミヤマモンキチョウの撮影に行った。駐車場に車を止めてふと見ると、エルタテハが壁に止まっているの気にが付いた。あわててカメラを取り出して撮影。近くではノビネチドリにミドリヒョウモンが来ていた。家内撮影ミヤマモンキのポイントに歩いていく途中にクロヒカゲが獣糞に来ている集団が見えた。その時は何気なく撮影したけど、後で写真を見て、あれっと思った。真中にいるのはなんだろう。クロヒカゲ...

  3. 再度のミヤマモンキチョウ - 風任せ自由人

    再度のミヤマモンキチョウ

    ミヤマモンキチョウの生息地に再訪問し、新鮮な雌2匹、雄1匹の撮影が叶った。天気予報を信じてミヤマモンキチョウの生息地に出かけたが、途中、高速道路から見えた山の頂上付近は雲に覆われていた。現地駐車場に着いた11時40分頃は曇り空ではあったが、多少青空も覗いていた。駐車場の係の方によると、時々陽も射すが少し前には雨も降ったとのこと。カメラ機材、水筒の他に傘とポンチョも持って行くことにした。ピンポ...

  4. 高山蝶三種上高地(7/18・19) - 三鷹の狸のてふてふ交遊録

    高山蝶三種上高地(7/18・19)

    女心と秋の空と山の天気、と言うくらい(?)、上高地の一日目は曇り、小雨、土砂降り、雷鳴、そして、時折り、青空という目まぐるしい天気でした。お天道様が顔を出すと、とたんに、チョウが現れて、クガイソウで吸蜜。と、その中に、えぇ~、と目を疑うチョウが!!私の目には、「ベニヒカゲ」、でも、チョウ仲間に確認したら、「クモマベニヒカゲ」だったのですえっ、えっ、山に登ってないのに、高山蝶!?興奮しながら撮...

  5. 高層湿原にて、ミヤマモンキチョウ(2020/07/12)遠征②_2 - 里山便り

    高層湿原にて、ミヤマモンキチョウ(2020/07/12...

    'ミヤマシロチョウ' が撮れました。いつも突然お邪魔して、ご相伴に与っています。これは先輩に大感謝ですね。まだまだ 'ヒョウモン類' も沢山いたのですが、高層湿原のお天気が回復しそうだと言うニュースに心此処にあらずになってきました。当然皆様から「大丈夫ですか?」とお心遣いを戴いたのですが、気温が低く体調が軽く感じたので、思い切って挑戦する事にした。現場...

  6. ミヤマモンキチョウの吸蜜 - 風任せ自由人

    ミヤマモンキチョウの吸蜜

    標高2000mの高層湿原に出かけてミヤマモンキチョウを撮影した。そこは本日の4ヶ所目のポイントで、到着したのは2時少し前だった。午後から天気がよくなるとのことだったので、そんな時間の訪問となった。実際には日差しは少なかったが、ポイントには多くの蝶愛好家の皆さんが来られていた。ミヤマモンキチョウは気温も低かったので、あまり動きがなかったが、時折、ハクサンチドリやクロマメノキで吸蜜することがあり...

  7. 上信国境でミヤマモンキチョウと遊ぶin2020.07.12ほか - ヒメオオの寄り道

    上信国境でミヤマモンキチョウと遊ぶin2020.07....

    上信国境の山中、本日のみ久しぶりに晴れそうとのことで「ミヤマモンキチョウ」に逢いに出かけてみました。in2020.07.12上信国境**************************************************************時間を少し戻してゼフィルスを撮影に出かけた東信の山では撤収作業中に塒に入った「スジボソヤマキチョウ」を地元のMさんが見つけてくれました。私...

  8. ミヤマシロチョウ / ミヤマモンキチョウ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ミヤマシロチョウ / ミヤマモンキチョウ

    今日は何とか晴れ間もあるかと期待して、湯の丸高原に出かけた。お昼時には一時雨が降ったけど、午後に晴れることを期待して午前中、ミヤマシロチョウ、午後、ミヤマモンキチョウの撮影を楽しんだ。雨の上がったお昼時にはミヤマシロチョウでした。ギンボシヒョウモン&ミヤマシロチョウーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー午後、高層湿原でミヤマモンキチョウでしたが、最初はまだ...

  9. 高山と河川敷の絶滅が危惧されるキチョウin2019.08 - ヒメオオの寄り道

    高山と河川敷の絶滅が危惧されるキチョウin2019.08

    高山の絶滅が危惧されるキチョウの仲間というと準絶滅危惧種「ミヤマモンキチョウ」でしょう。所用と悪天候が重なり盆休み入ってからの訪問となったので、この場所では傷んだ個体しか見つけられませんでした。まずは雄個体。次に雌個体も見つかりました。さらに良く探すと産卵中?の雌個体に雄が求愛するシーンも撮影叶いました。この場所は、標高2,000m程度ですが普通の「モンキチョウ」もミヤマモンキチョウと同じか...

  10. 高山の蝶たち-2(ミヤマモンキチョウとタテハ達:2019/7/26) - 小畔川日記

    高山の蝶たち-2(ミヤマモンキチョウとタテハ達:201...

    7月26日、ミヤマシロチョウ以外に撮影した蝶たちです。ミヤマシロのポイントに着く前、ヒョウモンチョウがフウロの花に止まっていた。近くではウラギンヒョウモンも吸蜜している。ここは標高2000m。近くの発生地で観察した限りでは、7月中旬に発生して8月中旬には産卵を始める。移動も夏眠もしないようだ。ここのはヤマウラギンと判断している。自宅近くの発生地は標高40m、6月中旬の発生。夏眠に入るのかすぐ...

  11. 高層湿原に生息する貴重種、ミヤマモンキチョウ(2019/07/25)東信にて - 里山便り

    高層湿原に生息する貴重種、ミヤマモンキチョウ(2019...

    一旦はお誘いを受けお断りしたものの、思わぬ場所で 'ギンボシヒョウモン' が撮影出来てしまった。ご一緒した 'Tkdさん' が高層湿原が初めてだったので行くことにした。長い下り坂を鼻歌交じりで降りたかったが、帰りの事を考えると歌っている場合ではなかった。湿原に到着すると雲行きが怪しくなってきた。現場の '監視員' の方達から早く...

  12. ミヤマモンキチョウ   天気は下り坂 - 蝶のいる風景blog

    ミヤマモンキチョウ 天気は下り坂

    ミヤマシロチョウを堪能した後、高原を離れてミヤマモンキチョウの生息地に向かった。高山蝶の女王と呼ばれるミヤマモンキがどうしてこんなところにと首をひねりたくなるが、標高は2000メートルを超え、さっきの高原と比べると風の冷たさは歴然と違う。それでもこの蝶の撮影に喘ぎながら北アルプスに登ったことが懐かしく思い出された。残念ながら天気が一気に下り坂になって来た。台風の影響なのだろう。カメラを持った...

  13. ミヤマモンキチョウ高山蝶の女王 - 蝶のいる風景blog

    ミヤマモンキチョウ高山蝶の女王

    梅雨晴れ間の林道は爽やかだった。日差しは結構きついのだが、暑さは感じなかった。ミヤマシロチョウのポイントに向かう途中、ゴイシシジミがいくつかいた。不思議なことにどれもが開翅してくれた。これまでゴイシは何度も出会いがあるが、ちらっと開いてくれたことはあるが、開翅の場面に出会ったことはなかったのでうれしかった。それにしてもなぜだろう。時間、気象などの何か条件があるのだろうか。黒褐色の表翅が美しか...

  14. 再度のミヤマモンキチョウ観察 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    再度のミヤマモンキチョウ観察

    昨日(25日)の午後、高層湿原にてミヤマモンキチョウの観察でした。決していいお天気ではなく、ガスにも時折覆われてました。陽が陰るとひっそり佇むミヤマモンキチョウのオス薄日が射すと飛び始める。ネバリノギランで吸蜜することが多い。ウスユキソウでの吸蜜シーン食草のクロマメノキの花でよく吸蜜してました。ハクサンフウロで吸蜜メスの羽化直個体午後3時半の撤収時、高層湿原のトンボ、カオジロトンボ♂に出遭っ...

  15. 本格的に高山蝶の開幕でした - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    本格的に高山蝶の開幕でした

    まだまだ梅雨明けではないですが、高山蝶の本格的な幕開けになりました。午前中、湯の丸系のミヤマシロチョウの観察でしたが、曇り空の中、相当数のミヤマシロチョウが発生しておりました。ウツボグサの吸蜜まだまだオスばかりですが、やがて遅ればせながらメスも発生するでしょう。ハクサンフウロの吸蜜イボタノキで吸蜜吸水シーン午後は浅間山系ミヤマシロチョウの会の総会・情報交換でした。早めに終わって、午後2時を過...

  16. 10ミヤマモンキチョウ「蝶図鑑」 - 超蝶

    10ミヤマモンキチョウ「蝶図鑑」

    モンキチョウと瓜二つの蝶ミヤマモンキチョウ前種に比べ、生息地は標高1700m付近真紅の縁取りが、あこがれの的です。2017年7月17日長野県2017年7月17日長野県2017年7月17日長野県2017年7月17日長野県2017年7月17日長野県2017年7月17日長野県2018年7月15日長野県2018年7月15日長野県2017年7月17日長野県

  17. 熟成藏出し - 紀州里山の蝶たち

    熟成藏出し

    今年7月の信州遠征の未整理ファイルが出てきました(汗)。ハクサンフウロで吸蜜中のミヤマモンキチョウです。クロマメノキに産卵直後の画像もありました。同所でハクサンフウロで吸蜜中のモンキチョウも・・・。撮影現場で混乱したのを思い出しました。

  18. 蝶ヶ岳山バッチ - 月が昇れば

    蝶ヶ岳山バッチ

    蝶ヶ岳ヒュッテで買った、ミヤマモンキチョウの山バッチ。

  19. 深山のシロチョウ、里山のキチョウin2018.07~10 - ヒメオオの寄り道

    深山のシロチョウ、里山のキチョウin2018.07~10

    2018年度未掲載のシロチョウ画像を種毎に7月から時系列で報告します。標高2,000m程度の湿原で、「ミヤマシロチョウ」が吸蜜していました。この場所では初めての出逢いだったので驚きました。ミヤマシロチョウを見つけた湿原で、小さな卵を見つけてもらいました。「ミヤマモンキチョウ」のもののようです。この日、この湿原ではミヤマモンキチョウより「モンキチョウ」の方が個体数が多くモンキチョウのミヤマモン...

  20. 標高を上げても・・・・暑い!! - 蝶超天国

    標高を上げても・・・・暑い!!

    7月15日高原でも暑いので更に高いところを目指しました。この日の狙いはミヤマシロチョウですが・・・・既に発生から随分経っているので・・・スレが心配です。スレの心配よりも・・・・晴天のためかなかなか止まらず、イメージ通りの吸蜜シーンが撮れませんでした。登山道のすぐ脇でヘビノボラズに産卵していました。すると別の個体が邪魔しに来て・・・産卵は一時中止です。(下の個体が産卵中で、葉の裏には卵塊が確認...

総件数:38 件

似ているタグ