ミラノのタグまとめ

ミラノ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミラノに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミラノ」タグの記事(19)

  1. さて帰国。ミラノ・マルペンサ空港へ。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    さて帰国。ミラノ・マルペンサ空港へ。

    さて、帰国します。とにかくミラノは寒かった。タクシーで空港へ向かう。空港までは定額95ユーロ。凱旋門の前を通る。ここでパスポートチェックを受けるのかと思いきや、全く違う。空港職員も意見を統一して欲しい。つか、知らないのにでたらめを教えないでもらいたい。知らんなら知らんと言えや。やっと国内線ラウンジに到着。まあビールとスパークリングワインはある。かなりしょぼい。かんぺ~。楽しかったね~。エール...

  2. ドゥオモに登る。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    ドゥオモに登る。

    さて、本日はドゥオモに登りたいと思います。この頃はチケットを全く別の場所で売っている。前日大雨の中、その場所を聞いてあちこちうろつき回り、やっとのことで購入したわけです。だから今日は登るだけです。入り口。これも昨日開いていた入り口が閉まっていて別の入り口に移動する。厳重な身体検査と持ち物検査の上入場、エレベーターで3〜4分。やれついた。ものすごい様式美です。世界最大級のゴシック建築だとか。1...

  3. Giacomo bistrotにお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    Giacomo bistrotにお邪魔。

    12年前にフォーシーズンズホテルから紹介されて初めてお邪魔したのがこの店だったはずなのでした。ウェブサイトから予約し、きちんと返事ももらっていたのですが、なんと店が違っておりました。店外観。ジャコモと云う名前に間違いは無い。名前を告げるとどうも予約が無かった模様。でも座らせてもらえました。この店は、ダ・ジャコモと言う名前のシーフードレストランだった筈なのです。どうも名前が違う。まあパンが初め...

  4. My sushiにお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    My sushiにお邪魔。

    さて、ドゥオモ近辺をふらふらしているとリナシェンテと云うデパートを見つけました。この7階にドゥオモを眺めながら食事ができるレストランがありますので調査しに行きましたら、なんと回転寿司屋を発見しました。何せ寿司好き。世界のあちらこちらの寿司屋を試すのが私らの趣味です。早速試してみました。店外観。ビールは皆日本の物。海外のこういう店は大概中国人か韓国人の店です。しかし画像左端のちっこいお子さんは...

  5. ホテル・プリンチぺ・ディ・サヴォイアへお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    ホテル・プリンチぺ・ディ・サヴォイアへお邪魔。

    さて、ホテルを移動します。ホテル・プリンチぺ・ディ・サヴォイアです。そもそもはフォーシーズンズホテルミラノにプールがなくて朝食がしょぼいというのでここに泊まることにしていたのですが、フォーシーズンズの朝食があのレベルだったので、別に宿を変わらなくても良かったかと思いました。ラウンジでしばし待つ。何せチェックインタイムは本来2時でしたから。まだ12時過ぎなのであります。ビールをもらう。このラウ...

  6. 宮殿貸切のバースディ・パーティ - 世界暮らし歩き (旧 芦谷有香 な日々)

    宮殿貸切のバースディ・パーティ

    日本に帰国して、早くも約3週間が経ってしまった。毎年この時期に戻ってくるのは確定申告があるからで、他にも帰国中にやらなきゃいけないことが山ほどあり、あっという間に日が過ぎてしまう。ミラノに滞在していた間のことは体調を崩していたためほとんど書けていなかったので、日本にいるうちにおいおい書いていこうと思う。今日は、英国人の恋人に連れて行ってもらったヴェローナでのお話。彼が友人のバースディ・パーテ...

  7. 朝食再び。フォーシーズンズホテルミラノ。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    朝食再び。フォーシーズンズホテルミラノ。

    さて、時差のおかげで昨日の夕食もあんまり食べられなかった連れでありますが、朝食は食べる気満々です。プロセッコでかんぺ〜。パン類。ナッツとかコンディメンツとか。ヨーグルト類。ヤクルトもあるでよ。連れの一皿目。豆腐に醤油をかけることを覚えました。庭の眺め。わての一皿目。サーモンにケッパーが用意されていた。ちゃっちゃと頼む。中華風ラビオリ。ネギや生姜が入っていて餃子そのものです。例によってホワイト...

  8. Seta restaurantへお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    Seta restaurantへお邪魔。

    さて、ついた当日は全く食欲がなかったのですが、今日は如何か?マンダリンオリエンタルホテルのメインレストランにお邪魔しました。ロビーのお花。どこが入り口かよくわからん。案内されて入室。お兄さんが飲み物の注文を取りに来る。スプマンテ、フェラーリ。おなじみの酒。かんぺ〜。前菜。小エビの素揚げをポレンタに載せたもの。卵の春雨?揚げ。細長いものあカルボナーラソースのカノーリ。イタリアにしては驚きの量の...

  9. 最後の晩餐へGO! あとcafe Cova訪問など。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    最後の晩餐へGO! あとcafe Cova訪問など。

    せっかくミラノまで行くのですからこれは見たい、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐。15年くらい前から完全予約制です。ツアーもありますが、日本語ツアーは行きたくもないところへ引っ張り回されますし、英語のサイトはなかなか難しい。取れていたはずのツアーが突然キャンセルになったりして諦めていたのですが、一ヶ月くらい前にちょろっと覗いてみると、他の場所のツアーを抱き合わせて朝11時15分から、という...

  10. 朝食。フォーシーズンズホテルミラノ。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    朝食。フォーシーズンズホテルミラノ。

    さて、私が若かった頃は関空ミラノの直行便が飛んでいたのです。その関係で、ミラノは3回か4回来ています。大抵ここに泊まっていました。一番最後は12年前になります。このホテルは世界で何番目かに好きなホテルなのですが、唯一の難点は朝食でした。60ユーロとか取る癖にパンとジュースと果物だけ、というコンチネンタルブレックファーストしか出しません。後で考えれば別料金で頼めば良かったのですが、当時はそんな...

  11. フォーシーズンズホテルミラノに到着。ホテルで夕食。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    フォーシーズンズホテルミラノに到着。ホテルで夕食。

    マルペンサ空港からタクシーで一時間強。やっと着きました。朝8時に出発してからかれこれ16時間。ヨーロッパは遠い。。。かの有名な中庭を望む。このホテルは中世の修道院を改築して作られています。この中庭もその頃の名残が残っているのでしょう。独特の静謐さがあり、私は大好きです。ミラノはさすがにビジネスの町だけあって、良いホテルがたくさんあります。ここに比べれば、ローマなど取るに足りない。ところで、フ...

  12. ヘルシンキ、ヴァンター国際空港に到着。ミラノへGO! - rodolfoの決戦=血栓な日々

    ヘルシンキ、ヴァンター国際空港に到着。ミラノへGO!

    約九時間半でヘルシンキに着きました。さすがは日本に一番近い欧州です。ところで、バウチャーを見ていると次のチケットの搭乗時間まで30分しかないと書いてあります。CAさんに相談すると、これは搭乗時間であって出発時間ではない、とのことでした。んで地上係員に聞いてもらうと、一時間あれば通関と乗り継ぎは楽勝だと言われました。行ってみるとなるほど早い。乗り継ぎ客とヘルシンキ客はまったく別に扱われていて、...

  13. 行きのビジネスクラスと乗り継ぎフィンエアー。ミラノへGO! - rodolfoの決戦=血栓な日々

    行きのビジネスクラスと乗り継ぎフィンエアー。ミラノへGO!

    スカイスイート席であること嬉し。この席が出てからあまりファーストクラスを羨ましく思わなくなりました。ちなみにこの便にはファーストクラスは無い。ウェルカムシャンパンでかんぺ〜。個人用画面。これは映画、火花ですね。面白かったそうです。さて、ご飯。連れはビール。わてはシャンパン。めにう。ハワイ線と違ってヨーロッパ線のミールはわりかしうまい。先付け。チーズはなかなかいける。春霞弁当。これもなかなか。...

  14. ミラノへGO! - rodolfoの決戦=血栓な日々

    ミラノへGO!

    海外旅行といえば私らはハワイばかりなのですが、倒れるまでは年一回くらいヨーロッパに行っておりました。ちょうど3月はマイルが使える唯一の時期ですので、ごく短い休みを取ってちょろっとヨーロッパにお邪魔するのが常でした。回復後もテロが頻発したためロンドンにもパリへも行けなくなり、やや情勢の落ち着いた中、久しぶりのヨーロッパに出かけることにしました。ミラノは12年ぶりになります。久しぶり。まずは伊丹...

  15. ミラノおすすめのレストラン三選 - 世界暮らし歩き (旧 芦谷有香 な日々)

    ミラノおすすめのレストラン三選

    ここ数日、シベリアからの寒気によって雪が降りマイナス気温になっていたミラノ。ようやく3月らしさを取り戻してきたようで、明日は最高で10度ぐらいまで上がるらしい。この写真はミラノの中心部ガッレリアにある本屋さん。一般的な本屋さんではないけれど、床までご覧あれ。入店するだけでも訪れてみる価値はあるでしょう。そんなことを考えていてふと思いついたので、今日はミラノでオススメのレストランを3つご紹介し...

  16. それはヘンだよ、ミラネーゼ&イタリアーノ - 世界暮らし歩き (旧 芦谷有香 な日々)

    それはヘンだよ、ミラネーゼ&イタリアーノ

         (ナポレオン・ボナパルトが王の時代に改修された「平和の門」)先日書いたように、ミラネーゼはとてもオシャレだ。日本人にとってファッションといえばフランス・パリのイメージがあるが、パリの一般的な街中にはオシャレな人なんてほとんど歩いていなくて、ロンドンの方が今やファッションを牽引している。だけどミラネーゼはさらにその上をいっていて、世界で最もオシャレな人が多いと言っていいだろう。こんな...

  17. ミラノで起きたスタインウエイ盗難事件 - 世界暮らし歩き (旧 芦谷有香 な日々)

    ミラノで起きたスタインウエイ盗難事件

    (ミラノ大聖堂 / ドゥオモ)ミラノに来たのは12月半ば。以降で、いまが最も寒い。シベリアからの寒波が到来し、今朝の気温はマイナス6度。それほどまでには下がらなかった昨日の朝でさえ、洗濯物を外に干したらほぼ凍りかけた(笑)。2月の終わりでこんなに寒いなんて・・・。(1月初め、英国の友人たちが遊びに来てくれた時の、デパートの屋上レストランから望んだドゥオモ・・・この時も寒くて、食事は屋内でした...

  18. イタリア・ミラノでのアパート - 世界暮らし歩き (旧 芦谷有香 な日々)

    イタリア・ミラノでのアパート

    更新が遅れがちなこのブログ(笑)。1月初旬から体調を崩し、いまようやく回復しつつあるところだ。ミラノには12月の半ばに来て、ドゥオモまでゆっくり歩いても30分かかるかかからないかぐらいの便利な地域、でも静かな居住エリアに暮らしている。借りているのはスタジオと呼ばれる、日本で言うところのワンルーム。ただし広く、40㎡以上はあると思われる。部屋に入ってすぐがリビング・エリアで、右手にキッチン&a...

  19. ミラノ - hanako photograph

    ミラノ

    雨上がりの朝陽に照らされ 石畳が輝きますイタリアは石畳の街でどこを歩いても石畳ですこの街一番の古い電車とか・・・ヴィットリオ・エマヌエールレ2世素敵なお店がいっぱいのアーケード街です幸運の牝牛牝牛のくぼみで回ると幸運が訪れると言われているそうです

1 - 19 / 総件数:19 件

似ているタグ