ムラサキツバメのタグまとめ

ムラサキツバメ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはムラサキツバメに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ムラサキツバメ」タグの記事(159)

  1. 小畔川便り(新たな集団の形成-2:2018/12/21、22) - 小畔川日記

    小畔川便り(新たな集団の形成-2:2018/12/21...

    12月21日は晴れて気温も12℃位。10時半くらいに公園に言って様子を見ると、枯れたクヌギの集団は飛び出したのか1頭もいなくなっていた。緑色のクヌギの葉の集団は4頭がそろっているけど、葉の色もだんだん茶色になった来た。ニコンD500ニッコール70-200ツバキの葉の4頭も無事だけど、上にかかっている枯れ葉の位置がずれて4頭集団がちょっと窮屈そう。ニコン1J51ニッコール10-30今後どうなる...

  2. 寒波襲来でもムラサキ詣(2019/01/04) - 里山便り

    寒波襲来でもムラサキ詣(2019/01/04)

    2日、3日と正月休み、じっとして居られない性分で、体力が日々低下する中フィールドに向かう。温度は低いがポイントはまずまず。踏み荒らされた枯葉の絨毯の上で全開翅です。ムラサキツバメ♀(紫燕)The Powdered Oakblue [Narathura bazalus Syn. Arhopala bazalus]此方も当初枯葉の上にいたのですが、手影で 'アオキ' に...

  3. ムラサキシジミ新年初観察 - 蝶のいる風景blog

    ムラサキシジミ新年初観察

    元日は両親の墓参と初詣、3日は家族そろっての新年会、4日は話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を妻と見に行った。新年は穏やかに過ぎていった。年が明けてからずっと寒い日が続いていたが、今日5日は寒波も収まって春のような日差しになった。気温が上がるのを待って、ムラサキ兄弟の観察に出かけた。2019年の初観察である。10時過ぎに公園に着いたが、もううららかな日差しに誘われてムラサキツバメがちらちら...

  4. 今日のシジミチョウ(1月5日) - 不思議の森の迷い人

    今日のシジミチョウ(1月5日)

    1月5日のシジミチョウは2016年、千葉県内のマテバシイの多い公園です。1月なのに春のような暖かい陽射しに溢れた一日でした。多くのムラサキシジミに出逢えたのですが、その中の雌を選びました。あれから3年、今日も3月並みに気温が上がるそうですが、午後から予定があるため蝶を見に行く時間がありません。また、昨年お会いした地元の方から、最近はこの公園のムラサキシジミは付近の公園に分散して少なくなってし...

  5. 小畔川便り(新たな集団の形成:2018/12/18.19) - 小畔川日記

    小畔川便り(新たな集団の形成:2018/12/18.19)

    少し話が戻りますが、12月18日、晴れで、気温も12℃位と暖かい。10時くらいに公園に行く。サザンカにムラサキツバメが吸蜜に来ている。ニコンD500ニッコール70-200後ろの枯れかかった花が邪魔だけど仕方ない。ニコンD500ニッコール70-200ムラツが少し動いてくれたので傷んだ花を隠すことができた。ニコンD500ニッコール70-200頭より高い位置で、葉の間の花なので、1V3を頭の上に持...

  6. ムラツの越冬集団(2018/12/28) - 小畔川日記

    ムラツの越冬集団(2018/12/28)

    明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いします。昨年の12月、新潟のtomatsuさんから新宿にムラサキツバメの越冬集団があるというメールをいただきました。ちょうどその数日後の18日から日本蝶類保全協会の企画展があったので、22日に講演を聞きに行くついでにその場所に行って見ることにしました。大まかな場所はtomatsuさんからお聞きしていましたが、企...

  7. 今年最後のムラサキ兄弟(2018/12/25-26) - 里山便り

    今年最後のムラサキ兄弟(2018/12/25-26)

    大風で飛ばされてしまったといえ、いなくなったはずは無いと言い聞かせ、フィールドに出る。風は治まったといえ強い寒気が入り込む。池には薄氷も張っている悪条件だが、ポイント迄たどり着く。着いて早々に「別嬪さん」が出迎えてくれた。ムラサキツバメ♀(紫燕)The Powdered Oakblue [Narathura bazalus Syn. Arhopala bazalus]寒気のせいで温度も...

  8. ムラサキ兄弟(2018/12/24) - 里山便り

    ムラサキ兄弟(2018/12/24)

    ものすごい音の強風(木枯らし?)が吹いている。窓を叩きつけるような音に目が覚まされた。強風が少し治まったので、'ムラサキ兄弟' の様子を見にゆく。何時もは現場まで自転車で10分で到着するが、治まったといえ強風の向かい風に見舞われて、途中休み休み道行で25分もかかってしまった。現場に着いてガッカリ、案の定全てのコロニーがもぬけの殻、僅かに 'ムラシ・マンション&...

  9. ムラサキツバメ三昧(2018/12/21)③ - 里山便り

    ムラサキツバメ三昧(2018/12/21)③

    いよいよファイナル・ラウンドです。'ムラツ達' が 'アオキ' の古木ゾーンに集まってきました。ソロソロ「塒入り」の時間が来た様です。既に14頭入っています。ムラサキツバメ♀♂(紫燕)The Powdered Oakblue [Narathura bazalus Syn. Arhopala bazalus]此方はまだ「塒入り」の準備が整っていない...

  10. ムラサキツバメ三昧(2018/12/21)② - 里山便り

    ムラサキツバメ三昧(2018/12/21)②

    セカンド・ラウンドの開始です。昼食を食べている間もなく 'ムラツ達' が活動始めました。手持ちのオニギリを喉に詰まらせながら、否応なく撮影です。ムラサキツバメ♂(紫燕)The Powdered Oakblue [Narathura bazalus Syn. Arhopala bazalus]'ムラシちゃん' もいない訳でなく、時々は撮影している...

  11. 小畔川便り(ムラツの7頭集団は消失:2018/12/14-17) - 小畔川日記

    小畔川便り(ムラツの7頭集団は消失:2018/12/1...

    12月14日は晴れて気温は8℃位、久しぶりに公園に行く。12日は小雨が降り、13日は千葉にルーミス観察に行っていたので3日ぶりだ。ムラツの4頭集団はそのままだった。ニコンD500ニッコール70-200枯れ葉の7頭集団を見に行くと、雨が降ったり、風が強かった関係かだいぶ様子が変わっていて、集団のいた葉がどれだったかわからなくなっていて、当然集団もいなかった。まるまった枯れ葉で一頭のオスが翅を開...

  12. ムラサキツバメ三昧(2018/12/21)① - 里山便り

    ムラサキツバメ三昧(2018/12/21)①

    本日 'マクロ撮り' に挑戦するはずだったのが、例の寄る年波による健忘でレンズの付け替えを忘れてしまった。前日に引き続き 'Nikon 1 V2 FT1 + SIGMA DC 18-250mm 1 3.5-6.3 MACRO HSM' で全て撮影です。今日は、 'スペシャル・ゲストさん' も参戦です。驚きました、 '...

  13. ムラサキツバメ三昧(2018/12/20)② - 里山便り

    ムラサキツバメ三昧(2018/12/20)②

    年の瀬も迫ってきました。年内に掲載が追いつかないほど、撮影しています。今回はメス個体の掲載です。ご覧の様にまだまだ現役の「別嬪さん」達が開翅で迎えてくれます。セクハラで問題になりそうですが、やや「年増のお姐さん方」も見受けられるようになってきた。.....m(*- -*)m ゴメンナサイ!!.....ムラサキツバメ♀(紫燕)The Powdered Oakblue [Narathura ...

  14. ムラサキツバメ三昧(2018/12/20)① - 里山便り

    ムラサキツバメ三昧(2018/12/20)①

    今日はレンズを載せ替えて 'V2' で挑戦です。下記のレンズはここの所しばらく利用していなく、久しぶりの登場です。当初距離感がつかめず、難儀しました。前記の 'Tamron' のレンズとは大した違いが無いように思ったのですが、 'Sigma' レンズは 'Macro' 機能が備わっていたので、望遠側でなく...

  15. 越冬中 - つれづれ日記

    越冬中

    森の陽の当たるヤシの葉にムラサキツバメが越冬中です。15,6羽はいるでしょうか?

  16. ツマミヤガラス(TMG)-032(12月のムラサキツバメ祭り+a) - ツマミヤガラス(TMG)

    ツマミヤガラス(TMG)-032(12月のムラサキツバ...

    またしてもずいぶん前の話になってしまうが、近くの公園へルリビタキを撮影しに行った(*^_^)早速、公園に向かうとすぐさまルリビタキが顔を見せてくれた(*^▽^)最も、完全なオスではなく、若鳥であったが。ルリビタキ(若オス)焦点距離: 300mmF値: F/6.3S: 1/400ISO: 5600ルリビタキ(若オス)焦点距離: 300mmF値: F/6.3S: 1/400ISO: 6400ルリ...

  17. ムラサキツバメ三昧(2018/12/19) - 里山便り

    ムラサキツバメ三昧(2018/12/19)

    今日はメイン・カメラを替えて 'ムラサキ兄弟' に挑みます。'V2' は訳あり機材です。訳ありとは、'ヤフオク' で何気なく見ていて残り時間が4日あったので、何気なくポチッといた。落札する予定が無くほっておいたら、数日後メールにて落札の知らせが届く、慌てて入金をして商品を待った。数日後商品が到着、空けてビックリでした。何気なく食...

  18. カンツバキとムラサキツバメByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    カンツバキとムラサキツバメByヒナ

    キンメイチクを撮っていると、近くのカンツバキにムラサキツバメがやってきました。20度を超える陽気なわけですから、活性が高まったのでしょう。辺りを散策すると複数のムラサキツバメとムラサキシジミが吸蜜していました。こうなるとキンメイチクは後回し。冬に花と蝶のコラボを撮れるなんて、そう機会があるものでは無いので、こちらが優先です。今度は寒い日に集団越冬を探さなければ~

  19. 2018.12.19東京・サザンカの裏通り2018.12.24 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.12.19東京・サザンカの裏通り2018.1...

    2018.12.19これで最後にしようとサザンカの裏通り。しかし、10時半を過ぎているのにムラサキツバメは飛んでおらず、一通り見て廻って戻ってみると、1頭のオスが植え込みに飛び回っていた。シャリンバイでの吸汁らしい。一度、翅を拡げたので上から撮ることができた。傷みのない美麗個体だった。ただ、頭側から撮ったとは言え、上からでは構造色はいまひとつだった。植え込みには1頭しか見当たらず、きれいなオ...

  20. ムラサキ3兄弟の混成(2018/12/13) - 小畔川日記

    ムラサキ3兄弟の混成(2018/12/13)

    12月13日はnaoggioさんのお誘いで千葉のルーミスを撮影に行った。今年はムラサキ3兄弟の混成、ルーミスの6頭集団、それに後翅にきれいな白斑の入った個体と色々興味を惹かれる対象が多い。このうち6頭集団はばらけるかもしれないし、白斑の入った個体は必ずしも会えるとは限らないけど、できれば混生集団は撮影したいと思った。昨年は圏央道が千葉まで開通したのでそれを利用したけど、今年の6月には外環道が...

総件数:159 件

似ているタグ