ムラサキツバメのタグまとめ

ムラサキツバメ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはムラサキツバメに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ムラサキツバメ」タグの記事(456)

  1. 小畔川便り(ベニシジミとツマグロヒョウモンの終見:2020/12/14.15) - 小畔川日記

    小畔川便り(ベニシジミとツマグロヒョウモンの終見:20...

    12月14日は晴れだけど雲が多い。気温は12℃位だけど北風が強く寒い。10時半くらいから公園に行く。この日は活動する蝶はいなかった。サザンカの所のウラギンシジミは、花の様子が変わったけど、それでも絵になる状況だ。クヌギの枯れ葉で越冬中のムラサキツバメは10時50分時点で全部で24頭くらいだろうか。かなり数が増えてきた。越冬場所のクヌギはこんな感じ。矢印の高さはちょうど背の高さ位だろうか。マテ...

  2. 今年もゆっくり投稿、ムラサキ兄弟撮り(2020/01/01) - 里山便り

    今年もゆっくり投稿、ムラサキ兄弟撮り(2020/01/01)

    数多く出てきた割には、ちっとも開翅してくれなかった。なぜ開かないの?不思議な世界からの「蝶撮り」です。..........POTD.........今年もチッチャ目撮りで迫ります。-------------------------------------------------------------開かなくっても 'ムラサキシジミ' に変わりありません。お正月につきし...

  3. 令和3年初のプチ遠征 - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    令和3年初のプチ遠征

    令和3年、正月早々に荒川水系ムラサキ兄弟にプチ遠征でした。予報では気温も8度程度で上がらないので、ゆっくりと出発、午前11時15分に到着でした。今日はまだ3ヶ日だからか、誰も居ませんでしたが、ムラツゾーンは「お狸神社」に様変わりしてました。(^.^)道祖神ならぬお人形さんの御神体も鎮座(左端)してます。近付いても逃げません、やおらこの藪の中にお隠れになった。狸神社の傍にあるムラツの塒は5頭だ...

  4. 年明けのムラサキツバメ - 風任せ自由人

    年明けのムラサキツバメ

    1月1日、ベランダから初日の出を撮影した。翌2日(本日)はHさんのフィールドに出かけて鳥と蝶の撮影をした。蝶のポイントには短時間しかいなかったが、その間に見たのはムラサキツバメ数匹、ムラサキシジミ1匹だけ。ムラサキシジミはもう少しのとことで飛ばれてしまい、撮影はできなかった。ムラサキツバメはボロボロの個体もいたが、それはパスして、傷みの少ない個体のみレンズを向けた。ムラサキツバメ

  5. ムラサキツバメ2021年初観察 - 蝶のいる風景blog

    ムラサキツバメ2021年初観察

    穏やかな年明けだった。コロナがなければ平和なお正月の風景だった。今年はいつもの家族揃っての新年会は中止にした。元旦の10時から孫たちとLINEでつなげてのオンライン新年会をやった。お互いにお正月の料理を並べて「おめでとう」と挨拶をした。お年玉は後日徴収に来るらしい。今はテレワークがかなり普及しているそうだが、きっとこんな感じなのかな。お年玉も後数年もすれば電子マネーで、ということになるのかも...

  6. 2021 ORAGA里山での初撮り(2021/01/元旦) - 里山便り

    2021 ORAGA里山での初撮り(2021/01/元旦)

    新年あけましておめでとうございます。フィールドでお会いした皆様、拙ブログにご訪問下さいました皆様、本年もよろしくお願いいたします。元日早々から大撮れ(500オーバー)です。新年につき少しだけ投稿いたします。'ORAGA里山' のフィールドは別天地、まったく寒さを感じません。 一言で例えれば、「四畳半の炬燵部屋」とでも言えるでしょうか?ジャケットを1枚脱ぎ、また...

  7. ムラサキツバメ4℃で開翅・舞い出し・吸汁&栃木県絶滅危惧シジミチョウ2種 - ヒメオオの寄り道

    ムラサキツバメ4℃で開翅・舞い出し・吸汁&栃木県絶滅危...

    明けましておめでとうございます。********************************************************12月31日、見沼田んぼに越冬蝶に観察に出かけたらCポイントにある越冬ウラギンご神木で越冬していた「ムラサキツバメ」が4℃という低温かつ北風が強く寒い中、開翅↑・飛翔・吸汁↓(葉ダニの分泌物?)という想定外の行動をしたので急遽報告します。in2020...

  8. 謹賀新年 - 小畔川日記

    謹賀新年

    明けましておめでとうございます。昨年は大変な年でしたが、今年は少しでも良くなってほしいです。我家のベランダから12月31日に見た富士山ですが、29日までは山頂付近に少し雪があるだけでした。30日はこちらでは曇りでものすごい風が吹きましたが、一夜明けたら富士山が真っ白でした。過去の写真の整理がなかなかできず、下の写真は2020年、12月13日のものです。この日は11時前に家を出て公園へ。マテバ...

  9. ORAGA里山の師走のcompadre達②(2020/during the month of December) - 里山便り

    ORAGA里山の師走のcompadre達②(2020/...

    'ムラツ・オス' 色探しに奔走の毎日でした。撮るたびに違う色、個体差?角度?日照?未だに答えが見つかっていません。本日、2度目の投稿です。..........POTD.........この時期、「里山の貴公子」茄子紺のマントを羽織ってご登場です。目線より下、茄子紺が発色しました。この色が自分にとっての 'ムラツ・オス' 色と思います。---------...

  10. ORAGA里山の師走のcompadre達①(2020/during the month of December) - 里山便り

    ORAGA里山の師走のcompadre達①(2020/...

    当初、ブログの更新が大幅に遅れ、'スペ・ゲス彡達' がお見えになった時の撮影を主体に投稿していましたが、今年最後の投稿は我らが「蝶鳥追っかけ撮影隊」の面々がお見えになった時の映像や、「里友彡達」とご一緒し、撮影した時の映像をHDの肥やしにしてしまうのは失礼であり、忍び難く「蔵出し」でご紹介です。..........POTD.........ピッカピカ感満載の個...

  11. 大晦日の蝶 - 風任せ自由人

    大晦日の蝶

    大晦日の本日も鳥を撮影しようと近場のポイントに出かけた。ところが、鳥の出がイマイチだった。仕方なく午前中だけで帰宅することにしたが、最後に、晴れてはいるものの気温が低いのでダメ元覚悟で、駐車場の生垣周辺の蝶を探してみた。ムラサキツバメムラサキシジミウラギンシジミいつもこのポイントでお世話になっている人に先日キノカワガを見つけて撮影したと話したところ、見てみたいとのことだったので、案内した。同...

  12. ムラサキツバメその後 - チョウ!お気に入り

    ムラサキツバメその後

    今年最後の投稿です。12月の半ば、寒気が入るというので温かいうちに再度ムラサキツバメの越冬集団を覗いてみました。さすがに11月より気温は低く活発な活動は見られなかったものの、集団から離れ体を温める個体が見られました。今回は♂の開翅も撮影できました。それでも青く光る翅を撮影するのは難易度が高いです。その点♀は角度は気にしなくても青く光ります。頑張れば虹色に光る角度があります。一方で集団の様子で...

  13. ムラサキツバメの越冬集団の経過観察 - 蝶超天国

    ムラサキツバメの越冬集団の経過観察

    12月27日冬型の気圧配置もひと休みで・・風も穏やかです。新型コロナで長距離移動は躊躇されるので・・・・地元の公園でムラサキツバメの経過観察してきました。前回強風で撮影を諦めたマテバシイの高いところの大集団から・・・。少し重たいですがOMDで液晶を下から確認しながら狙いを定めて・・・・左の葉にも7頭ほどが分かれていて・・・個体数を数えてみると・・・全部で39頭いました。カメラをGRDに替えて...

  14. トラップの山茶花に集う、里山のcompadre②(2020/during the month of December) - 里山便り

    トラップの山茶花に集う、里山のcompadre②(2...

    'ムラサキシジミ' に元気なく、いよいよ本命の 'ムラサキツバメ' のご登場です。いや~!クリスマスに間に合わせたかった。検査、検査で少々お疲れでした。検査中にも若干不幸が~!!!何時も苦手な採血です。筋肉質で血管が奥まっていて、看護師彡達探りだしに毎回苦労しています。常時三回刺し失敗します。今回は刺す前から嫌な予感、看護師彡達が少なかった。おまけ...

  15. 小畔川便り(ヤマトシジミ終見:2020/12/10.11) - 小畔川日記

    小畔川便り(ヤマトシジミ終見:2020/12/10.11)

    12月10日は午前中は曇り、気温は11℃位か。13時くらいから晴れてきたので、公園へ。みんな越冬態勢で動いている蝶はいないので、一応の証拠写真を撮った後、そろそろ終見になるかもしれないと川原に行って様子を見る。かなり傷んだ個体ばかりだけど、モンキチョウが5,6頭飛びまわっていた。時々センダングサに止まって吸蜜している。日当たりの良い場所ではきれいなベニシジミもいた。ギシギシに興味を示している...

  16. 今日の紫兄弟とキノカワガ - 風任せ自由人

    今日の紫兄弟とキノカワガ

    本日も9時頃の出発で最近よく行っている鳥と紫兄弟のポイントに出かけた。駐車場に着くと、紫兄弟が期待できる辺りでカメラを構えている人がいた。近寄ってレンズの先を覗くと、積もった落ち葉の上にムラサキツバメがいた。その方に声をかけると、夏にぶら下がりヤンマ探索でご一緒した方だった。辺りをよく見ると、紫兄弟が飛ぶ姿がチラホラと見つかった。いつもだともう少ししないと飛び出さないが、朝から晴れていて、気...

  17. TMG-140SP+1 【今年の総まとめ_蝶】2020.12.29記 - ツマミヤガラス(TMG)

    TMG-140SP+1 【今年の総まとめ_蝶】2020...

    2020年も残すところあと1日となってしまった。なので、2020年の総まとめを行いたいと思う。今回もその内容を3回に分けて掲載することにした。まずは、蝶から綴っていく。【2020.01-05】今年は、コツバメ探しから始まった。その後、ミヤマセセリやツマキチョウ、トラフシジミを撮影していった。特にトラフシジミはあまり撮影していなかったが、豊作になった。一方、今年の初夏は遅かった・・・ミヤマカラ...

  18. 2020.12.23東京・恵比寿キタキチョウ2020.12.29 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.12.23東京・恵比寿キタキチョウ2020....

    2020.12.23最高気温が10℃の日がしばらく続き、毎日のように見に来ていたが、ヤマトシジミは出て来なかった。暖かい日はキタキチョウが飛び出す。しかし、吸蜜源は少ない。もう少しいい位置にとまるのを待っていたら、シャリンバイの植え込みで♂のムラサキツバメを見つけた。しかし、すぐに植え込みに潜り込んでしまう。アベリアにいたキタキチョウはその下のカタバミで吸蜜を始めた。花はこれだけしか残ってい...

  19. ムラサキツバメ今年最後の観察 - 蝶のいる風景blog

    ムラサキツバメ今年最後の観察

    アフガニスタンで銃撃され亡くなった中村哲医師のドキュメンタリーをNHKで放送していた。胸が熱くなる番組だった。先日行われた葬儀には1300人が参列、お別れの言葉を述べた駐日アフガニスタン大使は涙ぐんでいた。中村医師は次男を10歳の時、脳腫瘍で亡くしていたことを初めて知った。これだけ他の人のために尽くした医師の最後はテロによる銃撃だ。神というのは何と理不尽なのだろう。中村さんは幼い頃蝶の好きな...

  20. 里友さんとご一緒に、ムラサキ兄弟撮り(2020/12/about in the middle)② - 里山便り

    里友さんとご一緒に、ムラサキ兄弟撮り(2020/12/...

    Photobikers 'Scott-Oh彡' のご希望はオス個体ですが、メス個体も出てくれば、丁寧に拾います。..........POTD.........'Scott-Oh彡' の奥様も、美人でチャーミングですが、此方も負けじと顔見せです。------------------------------------------------------...

総件数:456 件

似ているタグ