ムラサキツバメのタグまとめ

ムラサキツバメ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはムラサキツバメに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ムラサキツバメ」タグの記事(162)

  1. 2017.11.21千葉県・マテバシイの公園ムラサキツバメ2017.12.2 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.11.21千葉県・マテバシイの公園ムラサキツ...

    2017.11.21江戸川河川敷のヤマトシジミの撮影を止めて、千葉のムラサキツバメを見に行く。ここも、最寄駅から地下鉄に乗りJRに乗り換え、南に約1時間。これも、河川敷に通ったと同様、ラッシュアワーは過ぎたとはいえ、通勤に近い様相。1年ぶりに現地に着いてみると一部植栽の様子が変わってはいたが、それほどの変化はない。順番にムラサキツバメの塒を見て廻る。まずは落葉樹のモクレンに6頭、有名なカクレ...

  2. ☆ムラサキツバメ・ムラサキシジミ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ムラサキツバメ・ムラサキシジミ☆

    風もなく気温も上がった27日、気になるチョウを見に行きました。離れた場所からも、地面近くを飛び廻るムラサキツバメが確認出来ました。低く飛んで地面に下りると、翅を広げてくれます。5頭はいたと思いますが、傷んだ子が半数、飛び切り新しい子もいます。ムラサキシジミは、翅がボロボロになった子が殆どでしたが、綺麗な子を選んで。暖かい日差しに誘われて、ルリタテハも飛んで来ました。

  3. ムラサキ兄弟。 - jick のぐうたら蝶日記

    ムラサキ兄弟。

    今年は寒くなるのが早いですね、こうなると蝶が居なくなるのも早くなりそうで寂しいです。見られる蝶の種類も数も大分限られて来ました。ただ、天気が良ければ私の好きなムラサキツバメやムラサキシジミ、ウラギンシジミなどはまだ見られます。休みの日程と天気の都合が悪くて今年はまだ千葉のルーミスシジミを撮りに行けていませんが、今週末には行けそうな感じなので是非晴れて欲しいものです。しかし先週の日曜日に足がも...

  4. 小畔川便り(ムラツの小集団:2017/11/10,12,13,15) - 小畔川日記

    小畔川便り(ムラツの小集団:2017/11/10,12...

    11月10日、この日は最初にドングリの所のムラツが飛び出してしまったので、その後どうなったかなと様子を見に行ったら、うれしいことに戻ってきていた。ニコンD500シグマアポマクロ150さらにその近くには別のムラツもいて、合計3頭が1mくらいの範囲に止まっていた。ニコン1V31ニッコール70-300ニコン1V31ニッコール70-300アカタテハも日光浴をしていた。ニコン1V31ニッコール70-3...

  5. ☆ムラサキシジミ・ムラサキツバメ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ムラサキシジミ・ムラサキツバメ☆

    雨が上がり、温かくなった15日、ムラサキシジミやツバメの様子を見て来ました。ムラサキシジミが綺麗な翅色を見せてくれました。ムラサキツバメ5m以上はある高い葉で、ムラサキツバメとシジミが冬越しの準備です。無事に越冬して欲しいものです。

  6. 室戸岬へ(台風の翌々日3) - 不思議の森の迷い人

    室戸岬へ(台風の翌々日3)

    マーキングされたアサギマダラを見つけました。昨日に続き2頭目です。マーキングのルールを知らないので後で調べてみると、「アラセ」が地名、「10/18」は日付、そして、マーキングした方が「Doi」さんと言うことでしょうか?台風の風に乗ってどこから来たのかと思いましたが、どうやらDoiさんは高知の方のようです。台風の翌々日も多くのアサギマダラが舞っています。9時頃は陽の当たる常緑樹の葉の上で陽を浴...

  7. そろそろ越冬開始?ウラギンシジミ+αin2017.11.11①+α - ヒメオオの寄り道

    そろそろ越冬開始?ウラギンシジミ+αin2017.11...

    そろそろ越冬蝶たちが塒探しをするのでは?と「見沼田んぼ」を電動アシスト自転車で探索してみました。in2017.11.11見沼田んぼ東京都郊外の里山で見つけてもらった角のような突起を持つこの蟲は全体像はこんな感じで小さな黒っぽい顔が、突起と反対側にある「ウラギンシジミ」幼虫です。in2017.09.02東京都郊外の里山昨日、見沼田んぼを歩くとまず「ウラギンシジミ雌」「ウラギンシジミ雄」が見つか...

  8. ムラサキシジミ - 風の翅

    ムラサキシジミ

    蝶の姿もまばらになってきた11月照葉樹林の中の広場の日だまりのツバキの葉に美しいメタリックブルーの翅を広げるムラサキシジミの姿が見られる季節になったムラサキツバメやウラギンシジミもこの場所で同時期に見られる忙しい11月の空き時間をつくり蝶を撮影するひとときはとてもよい気分転換だ▲ムラサキシジミ▲ムラサキツバメ▲ウラギンシジミ

  9. ☆ムラサキシジミ・ムラサキツバメ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ムラサキシジミ・ムラサキツバメ☆

    チョウを追っていると、一年があっという間に過ぎてしまいます。今年も、ムラサキシジミやムラサキツバメの季節になってしまいました。朝は冷えましたが、日中は気温も20℃程に上がりました。チラチラと、足元を飛んでは翅を開く小さなチョウ達・・・。翅が裂けた子もいましたが、綺麗な個体を選んで載せてみます。ムラサキシジミムラサキツバメ

  10. 小畔川便り(台風の後で:2017/10/30.31、11/1) - 小畔川日記

    小畔川便り(台風の後で:2017/10/30.31、1...

    10月30日は2週連続の台風22号が通り過ぎて、冷たい北風が吹いて木枯らし1号になった。外はひゅうひゅう風が吹いていて、窓から見る川原もススキが大きく揺れてなにも蝶の姿はない。どうしようかと思ったけど、台風一過の真っ青な空を見ると落ち着かずに、こんな時の様子を見ておくのも大事かなと思って出かける。レンズも今までのニコン70-200に変えて、シグマアポマクロ150に変えてみた。今年はドングリが...

  11. 2017.10.27東京・白金の森ムラサキシジミ2017.11.2 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.10.27東京・白金の森ムラサキシジミ201...

    2017.10.27晴天2日目。港区にある自然教育園にムラサキツバメを探しに行く。例年、10月中旬がここではシーズンであるが、天気が悪く行く機会がなかった。9時過ぎにポイントに着くが、周りの木立が高くなったなったせいか道路にまだ日が射していない。湿地に行ってみると、ルリシジミ♀が1頭だけ弱々しく飛んでいた。そろそろ日が射し始める時間と、ポイントに戻るもののムラサキの類はなかなかやって来ない。...

  12. 小畔川便り(秋色の蝶たち:2017/10/27) - 小畔川日記

    小畔川便り(秋色の蝶たち:2017/10/27)

    10月27日は天気も良く穏やかな日だった。翌日からは台風22号とそれに刺激された秋雨前線の影響で天気が悪くなるという。前日の26日に出掛けた時に、ルリタテハやキタキチョウがたくさんいたので、これらの蝶が台風や越冬態勢に入る前にきちんと撮っておこうと思って出かける。ルリタテハは樹幹や葉の上で翅を開いて日光浴をしていた。家内撮影ニコンD5500ニッコール55-200樹幹に止まっているのが、飛び立...

  13. 小畔川便り(ヤマトシジミの求愛とムラサキ兄弟:2017/10/24.26) - 小畔川日記

    小畔川便り(ヤマトシジミの求愛とムラサキ兄弟:2017...

  14. 青葉ヶ池で見た蝶4種 - 花と葉っぱ

    青葉ヶ池で見た蝶4種

    撮影:8月25日(千葉市・県立青葉の森公園)公園の一角にそれほど大きくない池がある。青葉ヶ池と名付けられている。池の周囲を一周歩くと、少ないがそこそこに蝶が見られた。期待していた蛾は少なかった。夏場は蛾や蝶が少ないようだ。ムラサキシジミとムラサキツバメはミドリシジミ亜科に分類され、よく似ている。葉っぱなどに止まっているときは、ほとんど翅を閉じていて、翅を閉じるとほとんど同じような斑模様なので...

  15. 加曾利貝塚公園の蝶5種(ウラナミアカシジミやムラサキツバメ、ヒメウラナミジャノメなど) - 花と葉っぱ

    加曾利貝塚公園の蝶5種(ウラナミアカシジミやムラサキツ...

    撮影:7月13日(千葉市・加曾利貝塚公園)日射しを好むチョウは広場に、日陰を好むチョウは林内や林縁を飛んでいた。蛾と違って止まっているのは瞬間だったり短時間だったりなので動かない蛾より撮り難い。ウラナミアカシジミ(裏波赤小灰蝶)シジミチョウ科ミドリシジミ亜科前翅長19ミリ前後。翅の表は橙色。翅を開くのを待っていたが、開きそうになかった。ムラサキツバメ(紫燕蝶)シジミチョウ科ミドリシジミ亜科前...

  16. コクラン再見、芽出しマヤラン、黒いムラサキツバメ - 花と葉っぱ

    コクラン再見、芽出しマヤラン、黒いムラサキツバメ

    撮影:7月3日(松戸市・千駄堀)先日撮ったコクランのところにまっしぐら、のつもりだったが、場所が分からなくなってしまった。ガイドマップを眺めても、何しろ広すぎて、今どこにいるのかさえはっきりしなかった。かなりボケてるな・・・つくづく思った。コクランは森の中、とにかく森に入り登らなければならない。取り敢えず森に沿って歩きながら遠くに見える陸橋の下へ向かった。さらに森に沿って歩き登り口を探す。丸...

  17. ツワモノどもが夢の跡ほかin2016.12.30~2017.02.05 - ヒメオオの寄り道

    ツワモノどもが夢の跡ほかin2016.12.30~20...

    昨日は、日本チョウ類保全協会の「保全を考える集い」の受付のお手伝いをして、今日は休養しフィールドに出なかったので見沼田んぼの越冬チョウの状況をXセルにまとめてみました。比較的大きなデータなのでクリックし拡大してご覧ください。in2017.02.05見沼田んぼin2017.01.21見沼田んぼ最初の夢の跡は「ムラサキツバメA群」です。iさんによると1/26を最後に完全に見失いました。in201...

  18. 小畔川便り(昨年最後のムラサキ兄弟の開翅:2016/12/23) - 小畔川日記

    小畔川便り(昨年最後のムラサキ兄弟の開翅:2016/1...

    1月28日の今日は晴天で暖かく、風も比較的弱く、霧島緑さん、banyanさん、dragonbutterさんなどが公園にお見えになっていた。蝶も越冬していたムラシ、ムラツがねぐらから飛び出してにぎやかだった。ウラギンシジミはそのままの場所で静かに越冬していた。これからだんだんとにぎやかになってくると思うので、昨年末に撮影してまだそのままお蔵入りになりかけている記録を先に乗せておくことにします。...

  19. 越冬ムラシ&ムラツ嬉しかったこと悲しかったこと - ヒメオオの寄り道

    越冬ムラシ&ムラツ嬉しかったこと悲しかったこと

    in2017.01.21見沼田んぼ①今季、見沼田んぼでムラサキシジミとムラサキツバメを継続観察しているポイントをポイント①とすると上の写真は別ポイント②で3頭ムラサキシジミ越冬中として撮影しました。左右真ん中、上部を拡大してみると3頭以上いそうです。さて何頭のムラサキシジミが越冬中でしょうか?良く見ると5~6頭いたことがわかりました。in2016.12.23見沼田んぼ②見沼区のiさんの指摘に...

  20. 小畔川便り(寒波の後の越冬蝶たち:2017/1/16) - 小畔川日記

    小畔川便り(寒波の後の越冬蝶たち:2017/1/16)

    1月の14.15日は日本全国で大雪が降り、各地で被害が出ているようだ。今日16日もまだ雪が続いているようだけど、関東は例によって晴天。ただ気温は低くて、朝は-6℃だとか。部屋の窓の雫が凍って窓が開かなかったし、一軒家の方は水道管が凍ったとか言っていた。いずれもここに住んでから初めてのことだ。11時過ぎに蝶の様子を見に行く。いくつかショッキングな変化が起こっていた。まず、マテバシイに引っかかっ...

総件数:162 件

似ているタグ