メスグロヒョウモンのタグまとめ

メスグロヒョウモン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはメスグロヒョウモンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「メスグロヒョウモン」タグの記事(11)

  1. 秋のタテハ&ヒョウモンチョウ in2017.09~10埼玉県 - ヒメオオの寄り道

    秋のタテハ&ヒョウモンチョウ in2017.09~10埼玉県

    埼玉県の秋のタテハチョウというとやはり「ヒメアカタテハ」が一番素敵ですね!同色のキバナコスモスとのツーショット大好きです。キバナコスモスにゴージャスな蝶登場です。              in2017.09.16見沼田んぼこの時期最も個体数の多い「ツマグロヒョウモン」雄のようです。              in2017.09.24埼玉県中北部の公園「ツマグロヒョウモン」雌は雄以上の豪華さ...

  2. 加曾利貝塚公園の喋々 - 花と葉っぱ

    加曾利貝塚公園の喋々

    撮影:9月21日(千葉市・加曾利貝塚公園)蛾はエビガラスズメが1種類しかいなかったけれど、蝶は6種類が花の蜜を吸ったりしていた。蝶の数が少なかったのは草原に咲く花が少なかったからかな~。ヒメウラナミジャノメはタテハチョウ科ジャノメチョウ亜科の蝶。翅の裏側が綺麗な波模様になっている。ヒカゲチョウもタテハチョウ科ジャノメチョウ亜科の蝶で、日陰ばかりを好んで飛んでいる。止まった時はほとんど翅を閉じ...

  3. 盛夏〜初秋の高原で - 風任せ自由人

    盛夏〜初秋の高原で

    この夏、あまり出かける機会は多くなかったが、それでも何回かは長野県、群馬県、栃木県の高原に出かけていた。その際に撮影した蝶たち。ヒカゲチョウウラギンスジヒョウモンメスグロヒョウモンミドリヒョウモンギンボシヒョウモンクモガタヒョウモンウラナミシジミキベリタテハオオウラギンスジヒョウモンモンシロチョウキベリタテハはスジボソヤマキチョウを蝶友さんと撮影した翌週、再びその周辺を探索した際に別荘地の外...

  4. やっと見つけたクジャクチョウ - 蝶超天国

    やっと見つけたクジャクチョウ

    9月3日日帰りで信州まで行ってきましたが、滞在時間は2時間だけ・・・昨年から激減して見かけなかったクジャクチョウをやっと撮影できました。夢中でアザミに吸蜜していますが、なかなか開翅せず・・・・陽が翅表前面に当たるまで随分粘りました。翅の裏は真黒で・・・表とは全く違うのがよく分かります。たった1頭でしたが、アザミの周囲から離れない様子でした。他にもいろいろいましたが・・・高原なのでシータテハか...

  5. メスグロヒョウモン - 風任せ自由人

    メスグロヒョウモン

    前の記事で道路沿いに咲く花にヒョウモン類が集まっていたと書いたが、クジャクチョウが現れるまで夢中になって撮影していたのはメスグロヒョウモンの雌だった。メスグロヒョウモンの雌は何匹か訪花していたが、一番奥にいたのは擦れが少なくてそこそこ綺麗な個体だった。草の生い茂った斜面を降りるのは危なかったので、道路の端から100-400mmズームレンズで引き寄せての撮影だった。雌はあまり飛び回らないので近...

  6. 皆、同じように見えていた - 昆虫(動植物)撮影記録

    皆、同じように見えていた

    ミドリヒョウモンペアメスグロヒョウモンシータテハ

  7. メスグロヒョウモン♀他 8月28日 中信にて - 超蝶

    メスグロヒョウモン♀他 8月28日 中信にて

    中信の高原で標高を下げつつ寄るヒョウモンチョウ達が群れる場所流石に今の時期、擦れ・破れ個体が多い中綺麗なのを選って撮影しました。メスグロヒョウモン♀ウラギンヒョウモン♂ギンボシヒョウモン♀?ミドリヒョウモン♀ギンボシヒョウモン♂メスグロヒョウモン♂とジャノメチョウ♀ミドリヒョウモン♂×2おまけのヒメキマダラヒカゲ一番沢山見られたアサギマダラ知多半島では、ひと月後位でしょうか?綺麗な姿で南下し...

  8. 蝶なのか蛾なのか - 昆虫(動植物)撮影記録

    蝶なのか蛾なのか

    日中飛んでいるから蝶かと思えば蛾だったり(先入観のせい)蛾に似ていると思ったら蝶だったり混迷する世界だメスグロヒョウモンこれは蝶セセリチョウこれも蝶イカリモンガ蛾です見分け方は、触角の先が膨らんでいれば「蝶」ストレートであれば「蛾」とのこと

  9. ヤマキは空振り、ヒョウモン天国 - 蝶超天国

    ヤマキは空振り、ヒョウモン天国

    8月13日この時期はヤマキチョウを探すことが多いのですが・・・・朝は何処へ行っても曇りか霧雨でヤマキを諦め・・・午後は好天を信じてヤマキチョウの生息地に移動しました。まずは、ウラギンスジヒョウモンが出迎えてくれました。♀はどれも新鮮なようです。吸蜜以外はススキの茂みの中に良く止ります。♂は翅が傷んでいるのが殆どですが、綺麗そうなのもいました。翅裏も魅力的ですが・・・♀と比較するとやや擦れてい...

  10. 長野遠征二日目 - jick のぐうたら蝶日記

    長野遠征二日目

    キベリタテハとの出会いを期待していた峠が全くの不発に終わりましたので、林道を先に進んで見ました、蝶が居たら停めて撮影すると言う行き当たりばったりな方法ですが意外と当たりました。  道が結構広くなってしまったので適当に脇道それてみましたが、物凄く狭い未舗装道路で不安になりましたが、すぐに舗装路に合流、そこにサカハチョウ、キタテハ、スミナガシが居ました。特にスミナガシは今年5月に初見しましたが、...

  11. メスグロヒョウモン - 埼玉南部の昆虫等生物観察

    メスグロヒョウモン

    裏庭のネズミモチの花に来たメスグロヒョウモン。この蝶は、雌雄で全く色が違う。どうしてメスがこのようなグレー系で、雄が普通のヒョウモン蝶のような黄色系なのだろうか。メスは一見するとミスジチョウやイチモンジチョウに似ているが、それと何か関係があるだろうか?メスグロヒョウモンの食草はスミレで、近辺にはたくさん生えている。

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ