メタファーのタグまとめ

メタファー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはメタファーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「メタファー」タグの記事(8)

  1. サイズな経験 - 無邪気なアラカン

    サイズな経験

    屈(かが)むアラカンです。靴下でも、ズボンでも、シャツでも、Sは上段、Mは中段、そしてLやLL以上のサイズは下段という順になっています。おっきいサイズは、なぜ棚の下に置かれるのでしょうか?大柄な人を屈ませる理由として考えられるのは、1.単に配慮が無い。2.身体の大きな人への劣等感から生じる嫌がらせ。3.大きい人は太っている人が多いから運動させる。たぶん、理由は1番でしょう。当方は屈むのが嫌な...

  2.  ストーリーをまったく覚えてない! - 憂き世忘れ

    ストーリーをまったく覚えてない!

    百田さんの「幻庵」を読んでいるのだけれど、囲碁のルールすら知らない。ヨミとかノビたとか。ドラえもんか?のレベル。名前も似た様な方々ばっか。だから、ストーリーをまったく無視して読んでいる。でも楽しい。私にとっては「其角」の小説だから。「海賊とよばれた男」なんて、実質、二回読んでいます。でもやっぱ、ストーリーは漠然としている。思えば、村上春樹さんの小説も、そう。ストーリーをまったく覚えていない。...

  3. 「副読本」ハルキストとナオキスト - 憂き世忘れ

    「副読本」ハルキストとナオキスト

    「副読本」で、村上春樹さんと百田尚樹さんの、小説の違いについて言っている。私にとっては、まるっきり一緒なんだけど。村上さんは「比喩」を多用していて、登場人物が無国籍。これがオシャレなんだろ。まるでパズルを解くようだと。一方、百田さんは、表現がストレートでスルスルと読みやすいと。うんうん、解る。でも、スルスル読めるというのがアダ!「永遠の仔」から「永遠の0」を疑ったとき、「永遠の0」の冒頭を読...

  4. メタファーでもシンボルでもイメージでも。ピクチャー化させることの大切さ。 - よしのたかみ /// いろLab. のブログ

    メタファーでもシンボルでもイメージでも。ピクチャー化さ...

    こんにちは、イン・ルーチェです。週末二日間は、思いっきりオフモードを満喫できました。お陰様で、週明けの今朝は、心地よくスタートしています。と言っても、特別なことは、何もせず、ひたすら自宅の屋上で、ぼ〜っとしていました。土地が狭く、庭らしい庭を用意できない代わりに、屋上を設けています。今年、ようやく屋外用のソファセットを設置できたので、こうしてお茶を飲んでみたり(*^_^*)「家を建てる時に、...

  5. 未知の解の訪れ方と、新しいアイデアの生まれ方…その時、私に何が起こっているか! - よしのたかみ /// いろLab. のブログ

    未知の解の訪れ方と、新しいアイデアの生まれ方…その時、...

    こんばんは、イン・ルーチェです。満月を控え、夜空も明るさを増しています。本年度の講義が始まりました。「色彩学」→「カラーデザイン」→「カラーコーディネート」と、講座名称の変更はありましたが、かれこれ20年になります。基礎理論として伝えることに変わりはないのですが、講座の組み立てを一新したいと、頭をひねっていました。その甲斐あってか、これまでとは、全く異なるスタートのきりかたを思いつき、学生の...

  6. 騎士団長殺し(その5) - ビジネスサポート・コミュニケーションブリッジ

    騎士団長殺し(その5)

    晩餐に招かれてから数日経ったある夜「秋川まりえがモデルを務めることに同意してくれました」という免色 渉からの電話を受けた。彼から極秘の依頼を受けた絵画教室の主催者が彼女の叔母の秋川笙子に打診したのだが、むしろ、まりえの方が、積極的に賛成したのだという。彼女の肖像画を描きたくてたまらない気持ちを押さえ「二日ほど待っていただけますか?」といって電話を切ったが、結局、引き受けることになり、日曜日の...

  7. 〜探求せよ。そうすれば見つけることができる〜 - よしのたかみ /// いろLab. のブログ

    〜探求せよ。そうすれば見つけることができる〜

    こんばんは、イン・ルーチェです。強風に閉口しながらも、春めいた陽光に心浮かれた1日でした。誘われて、初シルク・ドゥ・ソレイユに行ってきました。今回の演目「キュリオス」は、産業革命の頃が舞台となっています。先日お伝えした数野ギータちゃん主催の「伊泉龍一先生のスピリチャリズム講座」の中心となる時代と重なっていたり、私を虜にする歯車の重なりがモチーフだったり、、、などなど、ど真ん中直球ストライク!...

  8. 北斎の絵は「見立て」 - 憂き世忘れ

    北斎の絵は「見立て」

    北斎展をやっているみたいね。「見に行かないの」と家人に言われた。「この絵、遠近法変じゃない?」などと度々言っているから。別に見たくない。北斎の絵は、画集でじっくり、時にはルーペで見て「その意味するところ」を考えるものだと思っているから。「北斎展」のポスターといえば、必ずこの絵。「富嶽三十六景」の一枚。「富嶽三十六景」は「歌舞伎」の「技法」を描いていると解釈しています。この絵は「見立」を表して...

総件数:8 件

似ているタグ