メンデルスゾーンのタグまとめ

メンデルスゾーン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはメンデルスゾーンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「メンデルスゾーン」タグの記事(28)

  1. ピアノ - 日々の記録

    ピアノ

    先日のピアノ教室ではハノンと、ベートーヴェンのレントラー、メンデルスゾーンの舟歌をみていただきました。ハノンは、スタッカートとリズムは難航中ですね。相変わらず。。。ベートーヴェンのレントラーはとりあえず怪しいですが、暗譜したので次回は別の曲をやります。メンデルスゾーンの舟歌は、右手だけでもかなり怪しいです。だんだんリズムがわからなくなってきます。まだ譜読みしばらくかかるなー。

  2. 今年最初のピアノ教室 - 日々の記録

    今年最初のピアノ教室

    今年最初のピアノ教室へ行ってきました。メンデルスゾーンのベニスの舟歌Op.30No.6を弾くことにしました。今日は、ハノンと、ベートベンのレントラー、それに舟歌の右手のみみていただきました。今年はもうちょっと練習してレベルアップしたいものです。

  3. メンデルスゾーン;交響曲第4番「イタリア」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    メンデルスゾーン;交響曲第4番「イタリア」

    ドイツロマン派音楽の大家、メンデルスゾーン。才能は言うまでもないが、そのセンスの良さが気に入っている。メンデルスゾーン。メンデルスゾーンの交響曲も素晴らしい。特に、第4番は通称「イタリア」。構成力は群を抜いている。じっくりと聴きたい。

  4. メンデルスゾーン;「真夏の夜の夢」序曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    メンデルスゾーン;「真夏の夜の夢」序曲

    メンデルスゾーンの音楽は、小生が高校時代に最初に購入したレコードであった。安物のレコードプレーヤーで必死にメンデルスゾーンの音楽を聴いた思い出がある。もう、51年も前のことである。Mendelssohn、繊細なお顔立ちである。小澤征爾さんの指揮、貴重な映像。序曲のあとに、「スケルツォ」も入っているようです。素晴らしい曲ですねぇ。息子さんも登場したりして~。

  5. メンデルスゾーン;結婚行進曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    メンデルスゾーン;結婚行進曲

    メンデルスゾーンはロマン派音楽の正統な大家。メンデルスゾーン。ユダヤ人であるが故の迫害も受けていたようである。「真夏の夜の夢」、「フィンガルの洞窟」、「イタリア」~名曲は数々ある。選択に迷うが、今回は、「真夏の夜の夢」から「結婚行進曲」を。これもまた、定番である。厳粛な思いになる名曲。小澤征司さんの指揮の貴重な映像である。

  6. メンデルスゾーン;春の歌 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    メンデルスゾーン;春の歌

    メンデルスゾーンも傑出した音楽家で、尊敬する人物。正統派のドイツロマン派音楽の巨匠である。ユダヤ人であるための迫害も受けたらしいが、その苦しみは、凡人たる小生には窺い知れない。メンデルスゾーン。Mendelssohn・・・直訳すればメンデルの息子という意味になる。ここでは、ピアノ曲の「春の歌」を挙げておく。美しい小曲である。掲載したい名曲は数えきれないが、第1弾としてこの曲を聴きたい。

  7. 無性に「無言歌集」が聴きたくなって・・・ - 気楽じい~の蓼科偶感

    無性に「無言歌集」が聴きたくなって・・・

    2018年11月4日(日)今日はフェリックス・メンデルスゾーンの171回目の命日にあたる。夜になって、無性に「無言歌集」が聴きたくなった。そう、ボリュームを少し落として、イルゼ・フォン・アルペンハイムのピアノで聴いている。彼女は指揮者アンタル・ドラティの奥さんだ。優美で温かいタッチはメンデルスゾーンのピアノ曲にぴったりと合う。彼女はオーストリアのインスブルック生まれだが、その名がまた素敵だ。...

  8. みな同じに聞こえる不思議な指揮者、ジンマン - 気楽じい~の蓼科偶感

    みな同じに聞こえる不思議な指揮者、ジンマン

    2018年6月26日(火)今朝はアメリカ人指揮者デイヴィッド・ジンマンのメンデルスゾーンを聴く。この人の手にかかるとやはり響きというか音色というか音楽そのものが軽く感じられる。この軽いという表現は、なにも悪い意味だけで言っているのではないが、確かに他の指揮者とは異なった音楽に聴こえるから不思議だ。そのことを一言で表現するならば、たとえばメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」、そう、...

総件数:28 件

似ているタグ