モトグッチのタグまとめ

モトグッチ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはモトグッチに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「モトグッチ」タグの記事(75)

  1. 夕涼みラン - ドカポルGS

    夕涼みラン

    夕方5時過ぎても気温は30度、それでも普通な夏の暑さなので近所を20キロ程お散歩してきました。その前にガレージで、夏のオーバーヒート対策のため鉄ッチン製レッグシールドを外そうとフロントバンパーやステップの取付けボルトを外していくと気付かされたのです。一枚板を曲げただけのレッグシールドですが、三角形に開けられた通風孔をエキパイが貫通しているのです。つまり、エキパイを外さないとレッグシールドは外...

  2. 出光イーハトーブトライアル - ドカポルGS

    出光イーハトーブトライアル

    山積み本棚を片付けていたら懐かしいものが出てきました。30代の最後から40代初めまで出場した「出光イーハトーブトライアル」。出場したのは1996年から2000年までの5年間で、二日間のクラシッククラスでした。ルートは、岩手県北部の七時雨キャンプ場をスタートして林道や獣道ばかりで太平洋岸の普代村までの往復です。参加した5回のうち2回は、当時高校生だった息子とチームを組んで参加しました。当時使っ...

  3. 試運転 - ドカポルGS

    試運転

    一通りの整備と今後のやるべきところが分かったので、とりあえず試運転してきました。チョークは効かないのですが、この暑さとキャブが濃いめのセッティングなようでエンジンは始動できます。ガソリンを満タンにして向かったのはいつもの南房総です。最寄りインターから高速を使い一気にワープして富津中央をアウト、信号に殆ど引っかからない県道里山ワインディングで遊びます。先日のチマチマワインディングで見た目以上の...

  4. 古いオートバイに乗るといふ事 - ドカポルGS

    古いオートバイに乗るといふ事

    それは、辛抱と忍耐。そして、喜びと自慢。それが、自己満足と分かっていても。車検が取れればいいよと手にしたV7は、正にその通りでした。エンジンやミッションなど心臓部分はOH済みという事に間違い無いのでしょう、多分。しかしながら、周辺パーツはかなり適当です。メインスイッチの破損やチョークワイヤーが切れてタンクやサイドカバーを外していくと、あっちもこっちも適当なやっつけ仕事が見えてしまったのです。...

  5. 一つ治して二つ壊す - ドカポルGS

    一つ治して二つ壊す

    昨日走って感じたバネそのもののフロントサス。入れ過ぎたか磨耗してるかで少し漏れるというので、じゃあ作動油程度入っていればOKと言っておいたのです。そしたら、見事にカラ欠でしたwww.ヤマハの5番を買っておいたので、チョイ少なめの150ccづつ入れてみました。それまでは押し込むとバネそのもので弾け返り、パコーンという金属打音がしていました。それが普通のダンパーのようにクシューっという僅かな音で...

  6. ダメ出し - ドカポルGS

    ダメ出し

    止まらないガソリンコックをバラして点検。合わせて、キャブのオーバーフロー対策も実施しました。その結果は、走り回った後のダダ漏れは今のところありません。実は今回のダダ漏れする前に気になる症状が出ていました。近所を20キロ走り回ると、ガソリンはリザーブほど減っていないはずなのにガス欠症状が出ていたのです。同じ症状はTXでも経験していたので迷わず点検と対策を施しました。その対策とは、タンクキャップ...

  7. ガバガバ - ドカポルGS

    ガバガバ

    V7の酷いお漏らしで、ガレージどころか家を丸焼けにしてもおかしくない事態には参りました。原因は、ガソリンタンクからキャブレターに繋がるゴムパイプのつなぎ目からの漏れが原因です。V7のタンクは左右別にコックがあり、クロスパイプとそれぞれにフィルターが付き合計12箇所で繋がれているのですが、バンドで緩み止めがされていたのは4箇所のみ!!!普通ならば、バンドが無くてもホースの張力によってオス側のカ...

  8. 8( I-I )8 - ドカポルGS

    8( I-I )8

    各組共通1001.1111.1881.8008.8118.8888希望してもないのに、奇跡のシンメトリックなナンバーw見てると顔文字に見えてくるのです。ナンバー丸出しアカッペラざんす。

  9. V7ギャラリー - ドカポルGS

    V7ギャラリー

    夕方6時過ぎ、気温は30度を切りませんが名義変更を終えて走らずにはいられません。いつもの印旛沼周辺のカントリーロードをユルユルと一周。先日は、そのポテンシャルを知りたいと無謀にも全開走行してしまいましたが、やはりV7はゆっくりと走るに限ります。ステップ比の大きな4速ミッションが更にその気にさせてくれます。40キロも出せばトップギアの4速で全て足りてしまう柔軟性を確かめてみようと更に速度を落と...

  10. プロローグ! - ドカポルGS

    プロローグ!

    モトグッチ Vツインの歴史は排気量703ccのV7から始まりました。この世に登場したのは1965年でしたか。この後750ccのスペシャル、主に北米向けに850ccと排気量は大きくなっていきました。V7のシビリアンモデルは69年で終わっているようですが、その後もポリツィアストラダーレの警察車両として排気量そのまま生き続けでいたようです。1976年に生まれポリツィアストラダーレで10年働き、その...

  11. 乗り納め??? - ドカポルGS

    乗り納め???

    バカは治る気配が見えず益々悪化しています。ポルシェカレラとビートを取り替えっこwする少し前、その決心をつけた出来事があったのです。身体は一つなのに、オートバイを複数台所有してハーレム状態なのに、やはり死ぬまで治りません。(のにがつくと愚痴になるw」それは5月の末の事ですが、気になって気になってしょうがなかったオートバイ買っちゃったんです。ポルシェを手放したのは、ガレージにそのオートバイのスペ...

  12. また折れた! - ドカポルGS

    また折れた!

    車検前に折れたステーを溶接し、車検取得後の試運転や小諸で行われたルマン会議などで約1,000キロ程走ったら、また折れちゃいました。溶接箇所はガッチリ付いているのですが、今度はそのすぐ横でポッキリ。原因は、車検後に死にかけたコイルで100数十キロ走ってしまい過大な振動を与えてしまった事と付いているビタローニのベビーターボが重たくて耐えられなかったのかもしれません。根元でポッキリ。カウル外すと、...

  13. Polizia stradale - ドカポルGS

    Polizia stradale

    どうでも良いヨタ話を。イタリアの白バイ?はカッコイイ。1970年頃から、それまでのOD色から青白のツートンになったようです。でもね、このオートバイじゃトッポリーノかチンクチェントぐらいしか追い付かないんじゃないの?この頃日本では、DOHC180度クランクというハイスペックなCB450が主流で、70年にはCB750が導入されるのです。オリーブドラブ(OD色)現代ではBMWのRTが主力なのでしょ...

  14. マーニ・アルチューロ - ドカポルGS

    マーニ・アルチューロ

    先日の長野県小諸市まで一泊二日ツーリングで知りました。往復600キロですから一日300キロほどのツーリングにも関わらず、初日も二日目も脚腰痺れまくりでガタガタになってしまいました。高速道路だけならば100キロごとに長い休憩を取ればなんとかなったのかもですが、平場を少しでも走ると地獄のような苦痛を感じました。更に困ったことに身体が元気だと、やたらとブッ飛ばしたくなる気にさせるエンジン特性があり...

  15. マーニのフロント周り - ドカポルGS

    マーニのフロント周り

    私のマーニは、キャリパーサポートにレーシングキャリパーとフローティングデェスク。スタンダードは、固定ローターに直付けでオニギリキャリパー。そして昨日落札されたマーニは、フォルセラGPフォーク!!!に直付けレーシングキャリパーとフローティングデェスク!!!あと一杯缶チューハイ飲んで勢いつければ入札に参加したのに、幸か不幸か理性が働いてしまった。機能的には何も変わらないようだけど、冷やし嵌めか焼...

  16. ひび割れた12年間!!! - ドカポルGS

    ひび割れた12年間!!!

    主にモトグッチのオーナーが集う第10回ルマン会議に前夜祭から参加し、二日間で約600キロ走ってきました。マーニでこれだけの距離を走ったのは2度目のことで、前回は3年前の手に入れたばかりの時でした。その時は日帰りで同じ距離を走ってしまい、全身疲労と痺れで這うように自宅に帰りついた記憶があります。今回は一泊二日のツーリングだし、二日目は会場でブラブラするだけだから大丈夫だろうとタカをくくっていっ...

  17. 高原ツーリング - ドカポルGS

    高原ツーリング

    二日間に渡るモトグッチ 会議は無事に終了し帰宅。今回の収穫は、参加者のほとんどのグッチが整備には苦心している事を知ったことです。もちろん私の29歳になるマーニより車齢が上回るグッチがほとんどですから当然なんですけれど。そして、磨くより乗る事に重きを置いている事。楽しかった!!!自宅までの高速はスイートスポットの4千回転をキープできる交通量なので3時過ぎには帰り着いたのですが、バックステップで...

  18. 直ったかな? - ドカポルGS

    直ったかな?

    コイルを交換して高速を含む80キロ程試運転。驚いたのがスロットル操作をしなくてもセルボタンを押せばアイドリングする事と、その安定感。3年前手にしてからアイドリングはしないものと思い込んでいたので、その頃からコイルは終わりかけていたんでしょう。パラレモやカルダンにチェーングリスをたっぷりとぶっかけ荷物をくくりつけ旅支度は整いました。あとは明日の雨が早く上がる事を願うばかりです。

  19. 取付け完了 - ドカポルGS

    取付け完了

    仕事を終えた息子から、明日の試運転に間に合わせてあげるよと電話が。夜の7時過ぎから30分程でマーニの新品コイル取付け完了。ガレージのシャッターを閉めてセルボタンを押すと一発で始動。左右の排気口に手をかざすと今までとは明らかに違う揃った背圧を感じます。110番されるとヤバイので、10秒程でエンジンを止めましたが、昨年の車検が切れるまでや先日の試運転を思い出しても経験したことない抜群の始動性と同...

  20. 買っちゃった - ドカポルGS

    買っちゃった

    エンジンの不調で一昨日タンクを外してみると、コイルから漏れる黒い液体を確認。エンジンがヒートすると不調になるのはTXでもがいた経験と、同じエンジンを載せたモトグッチ に乗っていた友人のアドバイスを得て交換することにしました。楽天で注文するにあたりダイナⅢ用と明記したモノは無いので、同じ一次抵抗値と同じ色で買っちゃいました。とりあえずは明日の暇を使って取付けてみようと考えています。しかしながら...

総件数:75 件

似ているタグ