モネのタグまとめ

モネ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはモネに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「モネ」タグの記事(34)

  1. 両手にプリンス(8/26) - ニャンコ座リポート  since 2005 April

    両手にプリンス(8/26)

    朝から菅波先生とりょうちんのそろい踏み。幸せだけど、困ったわ。王子様が好きな私のイケメン定義から言うと、2人は完璧です。祐さんごめんね。こんな息子と、こんな孫がいると良いですね。こういうのを何というのでしょう。諸説ありまして、両手に蜂蜜・(昔の)ドリカム状態(ハイファイセットも同じだ)・重苦しいのはオペラ座の怪人(怪人とラウルだよ)・女城主直虎・けんかをやめて~もそうですね。パラリンピックも...

  2. 謎の隣人、宇田川さん - Diamond Gold Body by Smiling, Laughing 笑って金剛身

    謎の隣人、宇田川さん

    謎の隣人、宇田川さんということで、風呂掃除と、達筆と声ぐらいしか情報がありませんが、どういう人なんでしょうと想像が膨らみますね。宇田川といえば、勝手に江戸後期の津山藩医で蘭学者の宇田川玄随を想起しますが、そういう血筋の人なんでしょうかね?または、個人的には、謎の隣人ということであれば、「めぞん一刻」に出てくる、五代部屋の隣に住んでいる四谷さんでしょうか。不明のまま。ということで、宇田川さんも...

  3. 国宝級イケメンがいっぱい(7/10) - ニャンコ座リポート  since 2005 April

    国宝級イケメンがいっぱい(7/10)

    新型コロナウィルスの猛威に対し、私の価値観でやれる努力をし、みんなが早く自由な日々に戻れるよう、願っています。「ミュージカルな庭」のFacebookへの投稿、その後も見てくださる人が後を絶たず、1番最初の投稿への「イイネ」は、今現在300を超えています。コメントくださる人もいて、北海道は自然いっぱいで、広くてうらやましいなどと書いてくださるのですが、600坪のガーデニングなどやりきれないと知...

  4. 日傘をさす女 - 隠居お勉強帖

    日傘をさす女

    数年前の「モネ展」で、芸人出演の大量告知CMあり。その貪欲な商売気に、行く気が失せた。代わりに、馬場の古本街で幾冊ものモネ画集を購った。その時に「散歩、日傘をさす女」を簡易模写。先日撮った「日傘の女」と、なに気に並べてみたくなった。

  5. 「モネを見せろ」 - おさや糸店 岩倉市                          名古屋市 小牧市 江南市 一宮市 春日井市 犬山市 稲沢市 北名古屋市 近隣

    「モネを見せろ」

    show me the money ならぬshow me the monetだそうな。バンクシー10億円だそうな。もともとのモネ(風)の作品に描き加えて、コーンとショッピングカートが・・・・、描き加えた分、高くなっている・・・・・わけではないと思う。オークションにかけておいて、売れたらシュレッダーにかける。揶揄の対象にされても、バイヤーは買うのであった。こちらは、カートもコーンも描かれていな...

  6. モネの状況 - 毎日が発見

    モネの状況

    johnnie0729 RT @monst_AppBank: ⭐️モンストニュースまとめ3/4⭐️✔激獣神祭の新限定キャラ「オニャンコポン」登場✔新轟絶「イグノー(光属性)」降臨✔無料で引ける!「春の運試しガチャ」登場✔モネ獣神化✔ハーメルン獣神化・改✔Ver.20.1アプデ情報✔来週の…ジョニー@アークス(復帰)兼モンストストライカー(2021/03/04 17:02:21) 53nan...

  7. ポーラ美術館「モネとマティスもうひとつの楽園」 - 木造三階建の詩

    ポーラ美術館「モネとマティスもうひとつの楽園」

    新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で、東京はGO TO TRAVELからも外されどこかに出かける予定も立たない夏休みですが家族で車で近郊に行くのならと、妻と箱根に一泊してきました。とりあえずお盆の渋滞を避けようと夜中に出て箱根天成園で露天の朝風呂に入り、目指したのはポーラ美術館「モネとマティスもうひとつの楽園」。森の中に佇む、とてもいい雰囲気の美術館でした。やはりコロナウイルスの影響で、海...

  8. モネ展 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    モネ展

    モネ展「印象、日の出」から「睡蓮」まで京都市美術館開催期間:2016年3月1日-5月8日主催:京都市美術館(京都市)/マルモッタン・モネ美術館/読売テレビ/読売新聞社サイズ:A4表:クロード・モネ<睡蓮>(部分)1903年モルモッタン・モネ美術館蔵(別バージョン)サイズ:A4(片面)クロード・モネ<印象、日の出>(部分)1872年マルモッタン・モネ美術館蔵

  9. 光のフェスタinモネの庭2019 - モネの庭だより

    光のフェスタinモネの庭2019

    夜のイベント「光のフェスタinモネの庭2019」。今年は花盛りの11月2日(土)より開催します!!光のフェスタでは水の庭の紅葉や水辺の草花を”モネが好んだ”色でライトアップ。「水の庭」が光のアート空間に変わります。この時期は気温が低く、池の水も透明度が増すため水鏡に奥行きが生まれます。昼間の庭園とはひと味違う幽玄な世界をお楽しみください。頭上で輝く星空も必見です!今年は最終週の2日間、イベン...

  10. 本日の空中庭園@池袋モネの水連 - meの写真はザンス

    本日の空中庭園@池袋モネの水連

  11. 印象派モネの睡蓮*浜名湖ガーデンパーク - MIRU'S PHOTO

    印象派モネの睡蓮*浜名湖ガーデンパーク

    毎日こんな庭を眺めていられたら^^趣味の園芸8月号で紹介されています↓ instaフォローしてね☆ ↓Copyright(C)2019 miruhana. All rights reserved.↓ぽちっとお願いします↓にほんブログ村↓↓ランキング参加中↓↓人気ブログランキング*************************************************

  12. パリから郊外へ~ジヴェルニー - こ~ちゃんのすっとこドッコイなお家の暮らし4

    パリから郊外へ~ジヴェルニー

    今回のフランス旅でとても楽しみにしていたジヴェルニー『モネの家』がある場所ですルノワールやセザンヌと共に1800年代の新芸術運動そして印象派をおこしたクロード・モネジヴェルニーの自然と水辺の風景に魅せられて43歳の時にこの地に移り住む事になります以来86歳で生涯を閉じる1926年までこのジヴェルニーで暮らし多くの名作をこの世に送り出したのですパリのオランジュリー美術館で観た【睡蓮】シリーズの...

  13. 藤を見に… - 侘助つれづれ

    藤を見に…

    藤を見に行きました裏山の池に***少しずつ手入れしているつもりの池ですがまだまだこの荒れよう足場が悪く写真も思うように撮れませんこの太い藤蔓が楠に絡みつき池の上に花を垂れていますめざせモネの池道のりはるか遠けれど一歩ずつ

  14. 多摩毎日カルチャースクール  4月からの《絵画鑑賞講座》のお知らせ - ルドゥーテのバラの庭のブログ

    多摩毎日カルチャースクール 4月からの《絵画鑑賞講座...

    多摩毎日カルチャースクール(小田急線、京王線永山駅)で4月から始まる《絵画鑑賞講座》のご案内です。展覧会のプロがナビゲートする!五感で感じる絵画鑑賞講座【講座の紹介】美術史的な知識を学ぶだけでなく、五感を使って絵と対話し交感する鑑賞法を身につけるための講座です。まずは、目の前の絵画に対して、どう感じるか、何を考えたかを言葉にしてみましょう。そして、講師のナビゲーションで、作品に対するオリジナ...

  15. よみうりカルチャー八王子4月からの《絵画鑑賞講座》のお知らせ - ルドゥーテのバラの庭のブログ

    よみうりカルチャー八王子4月からの《絵画鑑賞講座》のお知らせ

    よみうりカルチャー八王子で4月から始まる《絵画鑑賞講座》のご案内です。〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門』【内容】知識としての美術史を学ぶだけではなく、絵を前にした時にその絵と対話し、交感する鑑賞法を身につけるための講座です。講師のナビゲーションで、その絵に対する自分なりの評価もできるようになることを目指します。取りあげる作家については、時代背景や作品にまつわるエピソードのほか...

  16. 幕末維新博外伝「記念特別講演会」の開催のお知らせ。 - モネの庭だより

    幕末維新博外伝「記念特別講演会」の開催のお知らせ。

    ─モネと北斎、東西の芸術家が時を越えてここ北川村「モネの庭」で出会う。二人に共通するもの、共鳴し合うものは何だったのか。今回の特別講演には「すみだ北斎美術館」学芸員の五味和之氏とノンフィクション作家、クリエイティブディレクターでもある馬場マコト氏をお招きして、モネと北斎の二つの世界が、ここ「モネの庭」で一つとなって、お二人に語っていただきます。<講演会>14:30開場15:00~15:30<...

  17. 淡い夕焼け - 遊びをせんとや

    淡い夕焼け

    17時半までの勤務を終え門を出る時の空模様その美しさにブログ用に1枚印象派ルノアールモネを彷彿とさせるこの場にしばらく留まれば赤く染まりゆく空を眺められるだろうと思いつつ疲れはてた心身を一刻も早く家路へと急いだ。ブログを止めていた間(5年位)はっと思った景色も画像に残す事はなくもう一度こうやって振りかえられる場所がありその一瞬を画像と共に思い起こす時もまた良き時間となる。連勤で疲れが蓄積本日...

  18. 美術散策>モネの「草上の昼食」 - デジの目

    美術散策>モネの「草上の昼食」

    会期が14日までと迫ってきたので、台風の合間を縫って国際美術館のプーシキン美術展へ出かけました。▼テーマが「旅するフランス風景画」で内容が分りやすく、今回は一人でゆっくり出来るので音声ガイドも借り出し、全体をざっと見て2度目はゆっくり2時間半かけての鑑賞。パリ市街拡大の大工事の画家への影響、鉄道がロシアとフランス繋ぎ近くなったことなど美術史的な面からの理解が深まる展示内容でした。▼その中でも...

  19. 9月18日(火)/横浜のモネ展へ - Long Stayer

    9月18日(火)/横浜のモネ展へ

    今日は『モネ それからの100年』に行ってきました。場所はみなとみらいにある横浜美術館です。モネが睡蓮を描き始めてから100年、というのが今回の展覧会のキャッチのようです。今回展示されている彼の絵画25点から気に入ったものをご紹介します。「アヴァルの門」1886年ブルターニュ半島の荒々しい自然を点描で写し出しています。一瞬で変化する海面の色や輝きが伝わってきます。「チャリング・クロス橋」18...

  20. 【横浜美術館】モネそれからの100年展 - お散歩アルバム・・秋本番

    【横浜美術館】モネそれからの100年展

    モネ展は様々なスタイルでしょっちゅう開催されるので、珍しくもありませんが、横浜美術館に入るのは久しぶりなので、おおお~~~変わらないわ(*´▽`*)と、思いました。廻りの景色が少しは変わったのだろうか?お向かいにマークイズが出来てもう5年になるそうですし、月日の過ぎるのは疾風の如く、屋の如し、、横浜美術館:モネそれからの100年来週で終わりだそうです。ご覧になりたい方は是非お早目に。平日でも...

総件数:34 件

似ているタグ