モネのタグまとめ

モネ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはモネに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「モネ」タグの記事(33)

  1. 本日の空中庭園@池袋モネの水連 - meの写真はザンス

    本日の空中庭園@池袋モネの水連

  2. 印象派モネの睡蓮*浜名湖ガーデンパーク - MIRU'S PHOTO

    印象派モネの睡蓮*浜名湖ガーデンパーク

    毎日こんな庭を眺めていられたら^^趣味の園芸8月号で紹介されています↓ instaフォローしてね☆ ↓Copyright(C)2019 miruhana. All rights reserved.↓ぽちっとお願いします↓にほんブログ村↓↓ランキング参加中↓↓人気ブログランキング*************************************************

  3. モネの池 - 写真の雑貨店

    モネの池

    3度のかいぼりによって水質が改善した井の頭池では、絶滅危惧種の水草「ツツイトモ」が大繁殖しています。水面に映る風景がこの水草により筆を加えたような効果を生み出し、「モネの名画を思わせる」と話題になっています。FUJIFILM X-T3 フジノン XF 18-135ミリ F3.5-5.6 R LM OIS WRFUJIFILM X-T3 フジノン XF 18-135ミリ F3.5-5.6 R ...

  4. 藤を見に… - 侘助つれづれ

    藤を見に…

    藤を見に行きました裏山の池に***少しずつ手入れしているつもりの池ですがまだまだこの荒れよう足場が悪く写真も思うように撮れませんこの太い藤蔓が楠に絡みつき池の上に花を垂れていますめざせモネの池道のりはるか遠けれど一歩ずつ

  5. 多摩毎日カルチャースクール  4月からの《絵画鑑賞講座》のお知らせ - ルドゥーテのバラの庭のブログ

    多摩毎日カルチャースクール 4月からの《絵画鑑賞講座...

    多摩毎日カルチャースクール(小田急線、京王線永山駅)で4月から始まる《絵画鑑賞講座》のご案内です。展覧会のプロがナビゲートする!五感で感じる絵画鑑賞講座【講座の紹介】美術史的な知識を学ぶだけでなく、五感を使って絵と対話し交感する鑑賞法を身につけるための講座です。まずは、目の前の絵画に対して、どう感じるか、何を考えたかを言葉にしてみましょう。そして、講師のナビゲーションで、作品に対するオリジナ...

  6. よみうりカルチャー八王子4月からの《絵画鑑賞講座》のお知らせ - ルドゥーテのバラの庭のブログ

    よみうりカルチャー八王子4月からの《絵画鑑賞講座》のお知らせ

    よみうりカルチャー八王子で4月から始まる《絵画鑑賞講座》のご案内です。〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門』【内容】知識としての美術史を学ぶだけではなく、絵を前にした時にその絵と対話し、交感する鑑賞法を身につけるための講座です。講師のナビゲーションで、その絵に対する自分なりの評価もできるようになることを目指します。取りあげる作家については、時代背景や作品にまつわるエピソードのほか...

  7. 幕末維新博外伝「記念特別講演会」の開催のお知らせ。 - モネの庭だより

    幕末維新博外伝「記念特別講演会」の開催のお知らせ。

    ─モネと北斎、東西の芸術家が時を越えてここ北川村「モネの庭」で出会う。二人に共通するもの、共鳴し合うものは何だったのか。今回の特別講演には「すみだ北斎美術館」学芸員の五味和之氏とノンフィクション作家、クリエイティブディレクターでもある馬場マコト氏をお招きして、モネと北斎の二つの世界が、ここ「モネの庭」で一つとなって、お二人に語っていただきます。<講演会>14:30開場15:00~15:30<...

  8. 美術散策>モネの「草上の昼食」 - デジの目

    美術散策>モネの「草上の昼食」

    会期が14日までと迫ってきたので、台風の合間を縫って国際美術館のプーシキン美術展へ出かけました。▼テーマが「旅するフランス風景画」で内容が分りやすく、今回は一人でゆっくり出来るので音声ガイドも借り出し、全体をざっと見て2度目はゆっくり2時間半かけての鑑賞。パリ市街拡大の大工事の画家への影響、鉄道がロシアとフランス繋ぎ近くなったことなど美術史的な面からの理解が深まる展示内容でした。▼その中でも...

  9. 9月18日(火)/横浜のモネ展へ - Long Stayer

    9月18日(火)/横浜のモネ展へ

    今日は『モネ それからの100年』に行ってきました。場所はみなとみらいにある横浜美術館です。モネが睡蓮を描き始めてから100年、というのが今回の展覧会のキャッチのようです。今回展示されている彼の絵画25点から気に入ったものをご紹介します。「アヴァルの門」1886年ブルターニュ半島の荒々しい自然を点描で写し出しています。一瞬で変化する海面の色や輝きが伝わってきます。「チャリング・クロス橋」18...

  10. 【横浜美術館】モネそれからの100年展 - お散歩アルバム・・秋の入り口

    【横浜美術館】モネそれからの100年展

    モネ展は様々なスタイルでしょっちゅう開催されるので、珍しくもありませんが、横浜美術館に入るのは久しぶりなので、おおお~~~変わらないわ(*´▽`*)と、思いました。廻りの景色が少しは変わったのだろうか?お向かいにマークイズが出来てもう5年になるそうですし、月日の過ぎるのは疾風の如く、屋の如し、、横浜美術館:モネそれからの100年来週で終わりだそうです。ご覧になりたい方は是非お早目に。平日でも...

  11. モネ風景をみる眼 - Art Museum Flyer Collection

    モネ風景をみる眼

    モネ風景をみる眼19世紀フランス風景画の革新国立西洋美術館公式サイト開催期間:2013年12月7日-2014年3月9日主催:国立西洋美術館・公益財団法人ポーラ美術振興財団ポーラ美術館・TBS・読売新聞社サイズ:A3(二つ折りA4サイズ)表:クロード・モネ<睡蓮>1916年国立西洋美術館蔵裏:クロード・モネ<睡蓮>(部分)1907年ポーラ美術館蔵

  12. ターナーからモネへ - Art Museum Flyer Collection

    ターナーからモネへ

    ウェールズ国立美術館所蔵ターナーからモネへ岡崎市美術博物館公式サイト開催期間:2017年9月23日-11月12日主催:岡崎市美術博物館・中日新聞社サイズ:A4上:ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナー<難破後の朝>1840年頃ウェールズ国立美術館蔵下:クロード・モネ<サン・ジョルジョ・マッジョーレ、黄昏>1908年ウェールズ国立美術館蔵

  13. うつくしいくらし、あたらしい響きクロード・モネ - Art Museum Flyer Collection

    うつくしいくらし、あたらしい響きクロード・モネ

    うつくしいくらし、あたらしい響きクロード・モネアサヒビール大山崎山荘美術館公式サイト開催期間:2016年9月17日-12月11日主催:アサヒビール大山崎山荘美術館表:クロード・モネ<水禽>部分1907年アサヒビール大山崎山荘美術館蔵

  14. モネそれからの100年 - Art Museum Flyer Collection

    モネそれからの100年

    モネそれからの100年横浜美術館公式サイト開催期間:2018年7月14日-9月24日主催:横浜美術館・テレビ朝日サイズ:A3(二つ折りA4サイズ)表:クロード・モネ<睡蓮>(部分)1906年吉野石膏株式会社蔵(山形美術館寄託)

  15. 【横浜美術館】モネそれからの100年 - お散歩アルバム・・秋の入り口

    【横浜美術館】モネそれからの100年

    それからがいつからなのかよく理解出来ないまま、思ったよりも沢山のモネの絵と、思ったよりもずっと多い見物客にびっくりしました。モネの絵画は日本にあるものの寄せ集めですが、沢山あるのに驚きました。日本人はモネが大好きなのね。その昔の松方さん以来ずっと、、、しかし、絵を見る前にフローラで展覧会協賛ランチを食べたものだから、日没の太陽が人参に思えるワタクシでした。トホホ

  16. モネとジヴェルニーの画家たち - Art Museum Flyer Collection

    モネとジヴェルニーの画家たち

    モネとジヴェルニーの画家たちBunkamura ザ・ミュージアム公式サイト開催期間:2010年12月7日-2011年2月17日主催:Bunkamura・毎日新聞社サイズ:A3(二つ折りA4サイズ)上:クロード・モネ<睡蓮>(部分)1897-98年個人蔵下:リチャード・ミラー<水のある庭>1910年頃テラ・アメリカ美術基金蔵

  17. 横浜美術館モネそれからの100年 - 生きる。撮る。

    横浜美術館モネそれからの100年

    行こう行こうと思っていたが暑さに負けて・・・やっと今日出かけた・・・大好きなモネの絵・・・2点を除いて日本にある作品のようだ・・・写真は禁止なので・・・絵葉書を買ってから気が付いた。一番魅かれたのは「睡蓮」チラシの作品だった・・・2007年10月、一人旅のパリでモネの絵を見にマルモッタン美術館まで足を延ばした。(ブローニュの森近く・・モネの息子から寄贈された65点のモネ作品が並ぶ)いつもはモ...

  18. モネと印象派の画家たち - Art Museum Flyer Collection

    モネと印象派の画家たち

    モネと印象派の画家たち高知県立美術館開催期間:2003年6月20日-8月14日主催:高知県立美術館・高知新聞社・RKC高知放送サイズ:A4表:クロード・モネ<睡蓮の池>(部分)マルモッタン美術館蔵

  19. エゾノヒツジグサ - 北海道photo一撮り旅

    エゾノヒツジグサ

    平岡公園の湿地で見つけた「エゾノヒツジグサ」です。スイレン属で色鮮やかなものは園芸用に品種改良されたものだそうです。平岡公園の湿地帯は、かって石狩平野に多く見られた低湿地帯の植生を再生させたもので、野生の白い「エゾノヒツジグサ」の素朴さが可愛いですね~にほんブログ村 にほんブログ村ブログ作成の励みになります気に入って頂けた写真文章などがお目に留まりましたらお好きなバナーのクリックをお願いいたします

  20. 7月14日より「モネ それからの100年」 - PETIT POINT CINQ のプチコラム

    7月14日より「モネ それからの100年」

    印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成となる「睡蓮」大装飾画の制作に着手してから約100年。ひたすらに風景を見つめ、描き続けたモネの作品は、今日にいたるまで私たちを魅了してやみません。躍動する線。響きあう色。ゆらめく光や大気の一瞬をとらえる眼差し。風景にもぐり込んでいくようなクローズアップによって、描かれたイメージが、逆に画面を超えてどこまでも続いていくかに思わせる《睡蓮》の広が...

総件数:33 件

似ているタグ