モノクロフィルムのタグまとめ

モノクロフィルム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはモノクロフィルムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「モノクロフィルム」タグの記事(192)

  1. KOBE2019 - 背景放射

    KOBE2019

    [CONTAX S2 Distagon35mm f5.6 2019, Oct]

  2. モノクロフィルム撮影 現像が上がってきました。 - 茶助爺のアルバム

    モノクロフィルム撮影 現像が上がってきました。

  3. 魅せるモノクロームを撮るために(7) - ポートフォリオ

    魅せるモノクロームを撮るために(7)

    魅せるモノクロームを撮るためにはかなり強気なライティングが必要になると思っているやはり極端と言えるくらいの陰影と輝度差これはモノクロームの醍醐味と言えるでもコントラストは強くしたく無い・・・全く矛盾しているようだがそうでも無いこの写真はRollei Superpan200 で撮影しているRetroシリーズ同様に黒密度の高いフィルムでコントラストも高いそしてシャープネスもあって実に面白いフィル...

  4. 魅せるモノクロームを撮るために(6) - ポートフォリオ

    魅せるモノクロームを撮るために(6)

    久しぶりにAdox Atomal49 を買った3年前はこればかり使っていたと思う実に繊細なネガに仕上がるとにかく微粒子で階調も良いただロジナールのようなシャープネスは無い下手をすると「ネムイ」ネガになることも多いそれは勝手にコントラストをコントロールしてしまうタイプの現像液だからだ反対に言えば失敗も少なくなる可能性がある特にハイライトの補正は強いような気がするこの写真はRollei Retr...

  5. 魅せるモノクロームを撮るために(5) - ポートフォリオ

    魅せるモノクロームを撮るために(5)

    さらにプリントを引き出してみたハッと目が止まったプリントの中の一枚にこの写真があったでもデータは覚えている400-TX とD-76鉄板中の鉄板だでも綺麗だったフィルムの選択という観点からもやはり外すことはできそうに無い400-TXをT-MAX Dev.で処理した経験はたくさんある余り大きな変化は無かったと言うか期待が大き過ぎたのかもしれないでも以前にも述べたがAtomal49 で処理した経験...

  6. 魅せるモノクロームを撮るために(4) - ポートフォリオ

    魅せるモノクロームを撮るために(4)

    Atomal49 をポチってしまったがT-MAX Dev.に未練があるしかし市場に無いのだから仕方がない今日の写真はT-MAXとT-MAX Dev.の組み合わせ実際のプリントは実に滑らかだそしてプリントする印画紙もグロッシーよりはパール(半光沢)がイイこの組み合わせは例えばFUJIFILM NEOPAN ACROS100とMicrofine とは全く違う確かにこれも非常に滑らかな階調を出すが...

  7. 魅せるモノクロームを撮るために(3) - ポートフォリオ

    魅せるモノクロームを撮るために(3)

    今回の増税では前回ほど「増税前の駆け込み」と騒がしく無いそれはポイント還元制度ほかに色々と対策をしているからかもしれないしかしフィルムにしろ現像関連アイテムは間違いなく値上がりする今の所増税分のほかで値上げを予告しているのはRollei などがあるが何れにしても値段が下がることはまず無いだろうでは「増税前の駆け込み需要」ということでフィルムを大人買い!・・・ということにはならない(笑)ただ『...

  8. 魅せるモノクロームを撮るために(2) - ポートフォリオ

    魅せるモノクロームを撮るために(2)

    しばらく歩いていつも行く山手の洋館に入った「いつも行く」とは言えここは久しぶりだ商用写真撮影には人気の洋館でウェディングなどの撮影は頻繁に行われているこの日もファッション関係と思われる撮影隊が入っていた67を導入してからここに来るのは初めてだ見慣れた景色がファインダー越しに見ると別世界に思えた前回も述べたがとにかく背景を単純化したいでもある程度の雰囲気を演出するためのカーテンや窓はあっても良...

  9. 魅せるモノクロームを撮るために(1) - ポートフォリオ

    魅せるモノクロームを撮るために(1)

    魅せるモノクロームを撮るために色々とイメージを膨らませているまずはロケハンだできる限り背景を単純化してしかも雰囲気のある場所できればアンティークな家具だったり寝室だったりするのが良い最近はスタジオよりもレンタルスペースを利用することが多くなっているスタジオでも良いのだがレンタルスペースの方が圧倒的に価格が安い確かに機材は無いがそれでも問題は無い今回訪ねたこの場所は初めてだったネット上では何回...

  10. 魅せるモノクロームを撮る(2) - ポートフォリオ

    魅せるモノクロームを撮る(2)

    YouTubeで海外の写真家が運営するチャンネルをよく見ているそこで思うのはフィルムカメラでも多くの人が日本製のカメラを使っていることだ特に中判カメラではMAMIYA製が多く中でもRZ67は大人気と言える写りが良いと言うよりは堅牢性なのかもしれないそれはともかく・・・ポートレイト撮影する海外のカメラマンの多くは「Bokeh」を好むとにかく明るいレンズ・長いレンズを使ってボケを大きくしたがる傾...

  11. 魅せるモノクロームを撮る(1) - ポートフォリオ

    魅せるモノクロームを撮る(1)

    『魅せるモノクローム』とは何か?それについて前回・前々回と述べたが答えとしてまとまったものはない「感じるままに」がスタンスだただ機材については「感じるまま」とは行かないのが私のスタイル(笑)昨年度はKentmere400 をメインに使用して敢えて粒子を意識して撮影していたしかし今年度は真逆を行く一番の理想はKodak T-MAXシリーズだつまり平型粒子構造を持つ現代的なフィルムを使用すること...

  12. 魅せるモノクロームとは何か?(2) - ポートフォリオ

    魅せるモノクロームとは何か?(2)

    そもそも写真でイメージを表現する人はそのイメージと現実とのギャップに悩まされているはずだ目の前に素晴らしい光景(景色)があるだからそれを写真に納めたいでも実際写真になるとその時のインパクトや感動が無い・・・一体何が問題なんだろう?いくつかの答えはある簡単に言えば「立体」と「平面」だ現実にあるものはざっくり言えば3Dなのに対して写真は平面でしかないだからインパクトが減少してしまうのだと思うあと...

  13. 魅せるモノクロームとは何か? - ポートフォリオ

    魅せるモノクロームとは何か?

    先日の写真展での話をしたと思うみる人がモノクロームをどう捉えているか?は撮影者との思惑の違いが大きいのが事実だ表現としてのモノクロームは実に奥が深く難しいと思っているしかしモノクロームで撮影した写真が「時代感覚」で「古い写真」としか捉えてもらえないのは悲しいでは「魅せるモノクローム」とは何か?これは持論であるがモノクロームに特化したことでは無いつまり良い写真はモノクロだろうとカラーだろうとデ...

  14. The GIN4 第6回写真展展示作品(5) - ポートフォリオ

    The GIN4 第6回写真展展示作品(5)

    今回の出品のテーマの一つに「Kentmere400で撮影する」があったしかしこの写真を含め数点は別のフィルムにしている半切でプリントできる機会はそうそう無いのでフィルムの比較を目的として別の銘柄のフィルムで撮影することを試みたのだこの写真はRollei Retro80s で撮影している現像はKodak D-76Kentmere400 と比べると黒密度の違いやシャープネスとコントラストが著しく...

  15. The GIN4 第6回写真展展示作品(4) - ポートフォリオ

    The GIN4 第6回写真展展示作品(4)

    ご承知の通り今年の梅雨は長く晴れることがなかった例年ならば「梅雨の中休み」が存在するがとにかく今年の梅雨は雨ばかりで肌寒く晴れることが無かったそんな影響もあって撮影予定は立てていたが雨で延期となることが多くあった実を言うとこの写真はもう7年前に撮影したものだ本当はこの場所で別の女性を撮影することになっていたのだが先述の通り雨に祟られて結局は撮影できずに終わってしまったなのでこの写真で「代用」...

  16. The GIN4 第6回写真展展示作品(3) - ポートフォリオ

    The GIN4 第6回写真展展示作品(3)

    この写真はKentmere400 を使用してはいるがMAMIYA 645 Proに135mmフィルムバックを装着したもので撮影しているなので被写体の浮かび上がり方が独特に見える645で撮影してもやはりフィルムが35mmであれば質感は変わらないプリントすると粒状感がより強調される来場者の中にもフィルムの経験がある方が何名かいた様子でフィルムの銘柄を質問される人が何人かいたこの粒状感が一つの「表...

  17. The GIN4 第6回写真展展示作品(2) - ポートフォリオ

    The GIN4 第6回写真展展示作品(2)

    例年だと一人の女性モデルに1作品として出品していたなので毎年10名の女性モデルの写真が並んだのだが今年は3名の女性モデルが複数カットの出品となった特別な理由は無いのだが狭い範囲で複数の種類があるガス灯と一緒に撮影できたからか・・・この写真はRollei RPX100 で撮影した現像はHR-Dev.現像液のテストも兼ねて撮影・現像処理したものだった4月の初めだったのだが寒の戻りがありとても寒い...

  18. HASSELBLAD SWC×はかり屋2 - ハッセル時々ライカ時々ローライ

    HASSELBLAD SWC×はかり屋2

    HASSELBLAD SWC /FILM KODAK 400TXこちらも前回に引き続きはかり屋さんです。朝早くに行ったので中のお店には入ってませんがお食事出来たり楽しそうです。HASSELBLAD SWC /FILM KODAK 400TX

  19. HASSELBLAD SWC×はかり屋1 - ハッセル時々ライカ時々ローライ

    HASSELBLAD SWC×はかり屋1

    HASSELBLAD SWC FILM KODAK 400TX埼玉県越谷にあるはかり屋です。モノクロにとても合う建物。

  20. カメラを置け! - ハッセル時々ライカ時々ローライ

    カメラを置け!

    HASSELBLAD SWC KODAK 400TXGINZA SIXの屋上庭園での一枚。水平に不安があるときは地べたに置いてシャッターを押す。これに限ります(ズル…)HASSELBLAD SWC KODAK 400TXこちらも銀座の歩行者天国にてアスファルトにSWCさんを置いてシャッター。この方法は人が少ない時にやらないと怪しまれます…要注意!

総件数:192 件

似ているタグ