モモコのタグまとめ

モモコ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはモモコに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「モモコ」タグの記事(32)

  1. 今年も嬉しい誕生日 - bonsoir

    今年も嬉しい誕生日

    10月18日それは茶臼山動物園で暮らすウォンバット、モモコの誕生日今年も嬉しい誕生日10月18日の少し前かなり大きな台風過ぎて街は心配、動物園にも少しの被害頑張るモモコのお祝いは今年もそっとささやかに優しく静かな動物園の中、優しく静かにモモコをお祝いモモコはそっといつものように裏に出て隣の工事をしばらく眺め毛づくろい辺りは静か、聞こえてくるのはゆっくり揺れる森の音モモコこっちへおいでよモモコ...

  2. 散歩に誘う夜のこと - bonsoir

    散歩に誘う夜のこと

    静かに歩く夜の散歩月明かりと夜風が僕ら気持ちいい、そんな夜になったから────しばらく散歩をしてみよう昼寝をたくさんした僕ら────そうさ、しばらく散歩をしてみよういつもと庭を変えた僕等、この時間少し違う風景にもだいぶ慣れたさくさく、さくとんとん、とん眠ってしまったモモコさんをそっと起こす起こしているんだ今日は眠ってばかりだった僕等きっとお腹が空いてるはずさ僕のお腹はぐーという音モモコさんに...

  3. 一年すぎれば慣れてくる、一年経つと見えてくる - bonsoir

    一年すぎれば慣れてくる、一年経つと見えてくる

    ────見覚えのある大きくて丸いたくさんの葉っぱが一面季節が一回りした証拠僕がこの動物園に引っ越してきてから一年を過ぎたんだ「一年か、どうりでさ────」驚きもせずそんなことをつぶやくくらい心に余裕そう、僕はここのところ自分の気持ちが落ち着いたなと感じてた慣れたんだ一年すぎてねこの季節から始まって、きっと景色はぐるぐるっと回り過ぎていったはずその間には多分、色々なことがあったりしてさ色々な人...

  4. 「これは夢だ」と夢の中 - bonsoir

    「これは夢だ」と夢の中

    ────これは夢だ、きっとこれは夢なんだと夢の中「これは夢だ」と声に出してる夢の中夢の中だとわかればなんだか気楽、どんなことでも出来るようどんなことでも伝えることが出来るよう失敗しても大丈夫だってこれは夢だから目を覚ませばほら、どんなことでもいつもどおりさっきのようにフキの葉っぱがうるさくて丸太のトンネル、抜けた世界に戸惑い、驚いたこのところ動物園は緑があふれるあふれてる地面はフキで埋もれて...

  5. モモコの思い出、臼と一緒にあれから深く - bonsoir

    モモコの思い出、臼と一緒にあれから深く

    ────あれは桜が咲いていた日、晴れてとても静かな風が吹いていた日のことさ丸太のトンネルをくぐり抜けてまた外へと出る前、まだ知らないモモコさんの顔を僕は見た僕とのフェンス、その側に丸く反った欠片、木の大きな欠片が一つそしてしきりに気にするモモコさんそうだ、その時その顔、周りの空気春を越せばここへと引っ越してきてもう一年そんな僕が初めて見た雰囲気なのさ僕はモモコさんの邪魔をしないよう、声を出さ...

  6. スミレちゃんはみんなの傍に、私の傍に - bonsoir

    スミレちゃんはみんなの傍に、私の傍に

    ────春になれば必ず会えるって信じてた────春になれば声が必ず聞こえてくるって知っていたいつも探して、季節外れだってわかっていたけど探し続けていつしかそれは楽しい時間に変わっていって目印の近くにきっと、きっと────そう考えて夢に見て雪が溶けてフキノトウがどんどんと顔を出し始めれば「────そろそろだね、もう本当は傍に来ているのかな」って少しそわそわ目印の近くだって思いながらも色々なとこ...

  7. 大きな木のトンネルをくぐり抜けて - bonsoir

    大きな木のトンネルをくぐり抜けて

    ────僕の庭、土管で出来たトンネルには不思議な力があったんだ晴れた日に僕と一緒にくぐり抜ければいつもと違う場所へと繋がる、繋がっているそうだ、僕等の仲間が暮らす国オーストラリアに繋がっていたんだよ────────もしもだよこのトンネルにも同じような力があるならさ、ウォンバットの神様がそんな力を与えてくれているならさ僕と一緒に出かけないかい?オーストラリアのどこにでも、僕はみんなを連れていっ...

  8. あの場所、目印、どんな日々でもわかるよう - bonsoir

    あの場所、目印、どんな日々でもわかるよう

    見れば雪は全てを覆い、一度綺麗に片付けて綺麗な水へと変わるよう、春に向けて残すようあの場所、目印、どんな日々でもわかるようまた会おうねって願いをそっと託すよう────潤沢な干し草にうつつを抜かして、僕は気づくのが遅くなってしまったんだもう出かけないだろうなって思い込み雪の冷たさ、夕暮れ寒さ暖かい部屋への甘えモモコさんは確かに部屋の前に、部屋の中にいたはずなんだ夕暮れあとは、飼育係さんを待つだ...

  9. モモコと冬のピクニック - bonsoir

    モモコと冬のピクニック

    白く深く降り積もった雪かき分けてモモコは冬のピクニック少し歩きにくいけど、静かな庭で一人楽しくピクニック今日の始まり夢の中いつものように動物達と遊ぶ夢先に目を覚ましたウォレスがモモコをそっと起こそうと、何かを小さくささやくけれどまだまだ夢は終わらない雪降り積もる山は静か、風がなければもっと静か今は夢でしか会えない動物達とお喋り愉快な夢の中「晴れたようだよモモコさん。今日はどうする、どうするの...

  10. 慣れていくこと、慣れやしないこと、変わらないこと - bonsoir

    慣れていくこと、慣れやしないこと、変わらないこと

    ────朝、目を覚ませば寒いお庭何日かしてもう慣れた「モモコちゃん、おはよう」そんな声が聞こえてこなくなった朝もう何ヶ月が経った今でもまだ少し慣れやしない夢の中ではまだスミレちゃん────だからかもきっとそうお部屋にお掃除、飼育係さん私、いつものようにお庭に出れば、秋が終わった後の冷たい空気今日の空は曇り空きっとそのうち雨が降る今日の空は重く銀灰、落ち葉の色は冬の色そのうち雪の下に隠れてしま...

  11. あの時、なんて言っていたの - bonsoir

    あの時、なんて言っていたの

    ────葉っぱ、当たり前のように色がついて風に舞うそして地面にそっとそっと、幾重にも幾重にも、静かにそっと積もっていったあと少しで今年の葉っぱは全部散るわかっている、知っているわかっている、知っているだって、今まで秋が来ればスミレちゃんといつも木を見上げてた「あの葉っぱが最後だね、スミレちゃん」「そうだね、あの葉っぱが最後だね、モモちゃん」ここへ来たときから毎年欠かさず見てきた風景毎年欠かさ...

  12. モモコと美味しいコッペパン - bonsoir

    モモコと美味しいコッペパン

    茶臼山動物園で暮らすウォンバット、モモコ晴れて気持ちがいい日、山の風吹く日まだ明るいのに部屋に一度戻ってきたのはなんのためそれは飼育係さんがお部屋でいい匂いをさせていたため今日のおやつのコッペパンを持ってきてくれたため追いかけて後ろをついて、モモコはゆっくり登ってくよ途中ちょっと待っててくれた飼育係さんとコッペパンあと少しあと少し上まで到着秋の地面に落ち葉とまだまだ残るフキ一番上まで登ればみ...

  13. 今日は嬉しい誕生日② - bonsoir

    今日は嬉しい誕生日②

    お誕生日のパーティーは飼育係さんと一緒に静かに進む大好きなフランスパン、たくさん齧ってお腹いっぱいモモコは今日で26歳、今度の数字は「27」お誕生日は晴れたらいいね、今日のように晴れたらいいねと秋の日に飼育係さんと裏手の通路みんなでお祝い誕生日モモコは急いで駆けてきて、プレゼントを見つけたよお祝いバナナ、美味しいお芋そして大好き、フランスパン何から食べようやっぱり大好きフランスパン全部が見え...

  14. 今日は嬉しい誕生日① - bonsoir

    今日は嬉しい誕生日①

    今日は嬉しい誕生日今日は楽しい誕生日なんだか幸せ、そんなモモコは誕生日10月18日は茶臼山動物園で暮らすウォンバット、モモコの誕生日今年で26歳素晴らしいこと、素敵なこともうすぐハロウィン、そんな日のこと朝、モモコはぐっすり夢の中飼育係さんが掃除に来ても、何があっても夢の中きっと楽しい夢の中今日の夢はどんな夢今見ている夢どんな夢きっと美味しいフランスパンを齧る夢先にウォレスが出ていた外に、モ...

  15. この夏、この夜、また一年後 - bonsoir

    この夏、この夜、また一年後

    昼間が暑い日まだもう少し、もう少し続くけど今年の夏はすぐに終わり、地球のどこかそっと向こうへこの夜もうすぐ、動物園が終わった後にもっと深くお部屋の中でまたいつもどおり過ぎていくこと、終わることその寂しさ以外はまたいつもどおりの夜になる甘い甘いとうもろこし毎晩食べて私は満足緑の中に黄色が並ぶ甘い甘いとうもろこしとうもろこし食べてる間に空、どんどん暗く曇りの夜空は変に重く湿った地面、今夜は重い何...

  16. 穴の中で過ごす日々に、今までと同じようにと心に言い聞かせ - bonsoir

    穴の中で過ごす日々に、今までと同じようにと心に言い聞かせ

    茶臼山動物園で暮らすウォンバット、モモコ寝起きのモモコ一人、外へと出てきて、眺める隣どうしても気にしてしまう隣のウォレス今はいない、今は顔見たくない気にして気にして、どうしてもどうしてもどうしても、叫び怒鳴ってしまうから木漏れ日どこか、今日はどこかどこか優しく風に揺れその風どこか、気がつけばどこかどこか涼しく秋の物今年もどうやらちゃんときちんと夏の背中が見えている季節は必ず先へと進み、春夏秋...

  17. 夏の思い出、それは色々 - bonsoir

    夏の思い出、それは色々

    ────暗くなって目を覚ます穴から出た僕、もう秋なんだって、寒さ少し感じて「ああ、ここはやっぱり山の上。今までの夏とは、今までの秋とは何か違う────」僕は自然と声に出す夏の初め、僕は何故かお引越しもう忘れかけてた僕とは別のウォンバット一応僕等は出会ったわけなのさ当たり前、もちろん別れもあったからなのさ────────今日はどのくらい眠っていたんだろう目を覚まして少し歩けば、僕にでもわかるく...

  18. モモコとウォレス、暑い夏 - bonsoir

    モモコとウォレス、暑い夏

    ウォレス、新しい家、新しい庭、新しい動物園────そして新たな出会いにすっかり慣れてモモコはまだ、まだ何かを受け入れない夏が来て暑くて暑くてしかたのない茶臼山動物園二人の気持ち、きっと誰もわからないモモコとウォレス、そんな二人の暑い夏────暑いね前の家、前の庭、夏はあそこも本当に暑かったけど、ここもやっぱり暑いんだそう、きっとどこででも同じこと僕らは上手に夏を越えていかなければいけない今日...

  19. モモコとウォレス - bonsoir

    モモコとウォレス

    ────それは突然、それはとても急なことこれからは一人だと思っていた動物園での静かな暮らしある日、見知らぬウォンバットの声を聞き、見慣れないウォンバットの顔を見た見知らぬウォンバットは戸惑い歩き、モモコはただただ驚き季節はゆっくり夏へ「あのウォンバットは誰?」問いかけてモモコ『名古屋という所から来てくれたウォレスっていうんだよ────仲良く、ね』モモコとウォレス春の終わりに二人の暮らし、そっ...

  20. 茶臼山動物園のウォレス、隣で暮らす女の子 - bonsoir

    茶臼山動物園のウォレス、隣で暮らす女の子

    茶臼山動物園で暮らし始めたウォンバット、ウォレス新しい庭、新しい部屋────そして新しい朝ウォレスの生活が変わって3日目の日────隣で話す声が聞こえ、醒めかけの夢の中に滲み入ってきたゆっくりと目が覚めた僕は久しぶりに輸送箱の中で寝ていたようだ「モモコ」と呼ばれる女の子飼育係さんととても仲がいい────そう、心配なんて何も無いそういうこと、きっとそういうことモモコさんを追って外へ出た見上げた...

総件数:32 件

似ているタグ