モンキチョウのタグまとめ

モンキチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはモンキチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「モンキチョウ」タグの記事(253)

  1. ツマグロヒョウモンフジコ・ヘミングの公演 - 蝶のいる風景blog

    ツマグロヒョウモンフジコ・ヘミングの公演

    買い物に行った時、フジコ・ヘミングの公演ポスターが駅に貼ってあった。隣の町のホールで6月に開かれるという。妻が「行ってみたいなあ」という。僕はあんまり食指は動かなかったが一緒に行くことにした。NHKの影響力はやっぱりすごい。彼女は若い時の実力はすごいものがあったが、その後聴力を失いプロ・ピアニストとして苦難の道を歩んで来た。今は左耳の聴力はいくらか回復しているという。そんな苦難の時、NHKが...

  2. ツマグロヒョウモンフジコ・ヘミングの公演 - 蝶のいる風景blog

    ツマグロヒョウモンフジコ・ヘミングの公演

    買い物に行った時、フジコ・ヘミングの公演ポスターが駅に貼ってあった。隣の町のホールで6月に開かれるという。妻が「行ってみたいなあ」という。僕はあんまり食指は動かなかったが一緒に行くことにした。NHKの影響力はやっぱりすごい。彼女は若い時の実力はすごいものがあったが、その後聴力を失いプロ・ピアニストとして苦難の道を歩んで来た。今は左耳の聴力はいくらか回復しているという。そんな苦難の時、NHKが...

  3. ブルーモンキって本当に居るんですね~ - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ブルーモンキって本当に居るんですね~

    2月20日に見た「幸運の女神」、ブルーモンキって本当に居るんですね~。先日、秩父の蝶(tef teffさん)から情報の御一報を頂き、その事で初めてブルーモンキの存在を知る事が出来ました。日本蝶類科学学会の会報「バタフライサイエンス」(2020年、18号)に短報で掲載されたモンキチョウの異常型ですが、2月に撮影したブルーモンキと全く同じ形質を持ったメスと、それに似たオスの2個体を採取した標本写...

  4. 小畔川便り(電車と蝶、交尾個体と電車:2021/3/10,14) - 小畔川日記

    小畔川便り(電車と蝶、交尾個体と電車:2021/3/1...

    3月10日は晴れ、午前中は北風が非常に強い。外に出るのはやめようと思ったけど11時くらいから風が少し弱くなってきたので川原に出る。風は強いけど、気温は最高17℃くらいと高いので蝶はまあまあみられる。キタテハがいたので飛び立ちを撮影する。散策路の半分くらいまできたらモンシロチョウが交尾していた。広角でも撮ろうと思って近づいたら飛ばれてしまった。5mくらい飛んでハナニラの花に止まった。やったねと...

  5. 久しぶりの堀カワセミ(3/23) - 見沼の私記3

    久しぶりの堀カワセミ(3/23)

    今日は堀で久しぶりにカワセミのメスを目撃する。最上流域から水面近くを下流方向へ飛ぶカワセミ、後を追い、中流域のプルボックスに止まって居た。その後下流方向へ消えた、後を追ったがいない、縄張り確認に来たのか?。再度公園に行くがカワセミは居ない様だ。M用水を上流方向へ蝶を探しに歩く。途中ノウルシ(植物)・モンキチョウ(蝶)を目撃モンシロチョウを数頭目撃。春先のみ見られるツマキチョウはまだの様だ。ノ...

  6. 12/29年内最後のチョウ探索 - ブログ和歌山の里山便り2

    12/29年内最後のチョウ探索

    天気予報によると、この日が2020年最後の好天のようで、30日から正月休みにかけては第1級の寒波襲来だとか。この日が年内最後のチョウ探索のチャンスということで、合間を見て近所をぶらぶら。12月の寒波を生き延びたチョウたちの活動が見られました。ベニシジミ羽化してさほど経っていないのか、きれいな個体が見られました。モンキチョウこちらもさほど傷んでないようですが、色褪せたような印象でした。ウラナミ...

  7. 春のチョウ - 旅のかほり

    春のチョウ

    春の花が咲きだすとチョウさんたちも喜んで飛んでくる特にニホンタンポポが咲く土手の周りにはいろいろなチョウが飛んで来て春を感じさせてくれますモンキチョウ何頭か元気にとんでいたみかけるのは例年通りかなベニシジミ春型別個体ルリシジミヤマトシジミ今のチョウは元気がいい近づくとすぐ飛んでいってしまうキタキチョウニホンタンポポの味が忘れないのかも知れないねスジグロシロチョウも菜の花にモンシロチョウここで...

  8. 2021年3月埼玉県北部久喜市のチョウたち - 春ちゃんのメモ蝶3

    2021年3月埼玉県北部久喜市のチョウたち

    2021年3月私の住む埼玉県北部の久喜市(旧鷲宮町)では、鷲宮神社の脇を流れる青毛堀川沿いに植えられている河津桜の下に菜の花が咲きます。この開花に合わせるように、早春のチョウたち,モンシロチョウ、モンキチョウ、ベニシジミが新成虫で飛び出し、成虫越冬のキタテハ、キチョウも活発に吸蜜を始めます。今年は、最も早く河津桜が咲きました。早春のチョウたちの発生は、3月6日、気温が上昇した日でした。まずは...

  9. 小畔川便り(電車と蝶:3度目の正直) - 小畔川日記

    小畔川便り(電車と蝶:3度目の正直)

    3月7日は薄日で最高気温は9℃、風もややある。あまり条件が良くないけど11時くらいから川原へ。歩き始めるとベニシジミが出てきてくれた。家内撮影家内撮影モンキチョウも出てきたので、1J5の広角で飛び立ちを撮影。雲の様子がお気に入り。家内はベニシジミの産卵を撮影していた。家内撮影家内が周囲を掃除しておいたタンポポにモンキチョウが吸蜜に来た。ネットに入れられた個体なのか翅にやや擦れが見られる。家内...

  10. 2021.3.15東京・中目黒ヤマトシジミ2021.3.17 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2021.3.15東京・中目黒ヤマトシジミ2021.3...

    2021.3.15暖かい日だった。午後から用事があるので、昼前に桜で有名になった目黒川の傍にある公園に行く。徒歩15分ほど。2日前に東京の桜が咲いたとのことだが、ここはまだのようだ。着いてすぐにヤマトシジミの♀を発見。菜の花に吸蜜したがもうかなり傷んでいた。擦れた♂も見つかったがこれは帰り際。ここにはこんな早い時期に来たことはないのだが、もう出ているとは意外だった。モンシロチョウが飛んでいた...

  11. 小畔川便り(モンキチョウの求愛とキタテハのねぐら:2021/3/4.5) - 小畔川日記

    小畔川便り(モンキチョウの求愛とキタテハのねぐら:20...

    3月4日は晴れ、最高気温は13℃くらい。11時くらいから川原へ。歩き始めてすぐにモンシロチョウが川原に止まったので早速1J5+6.7-13の広角で撮影。ベニシジミも出てきてくれた。こちらは広角向きの位置には止まらなかったのでオリンパスのE-M5Ⅲ+14-150で撮影。飛び立つところは1J5で撮影。家内がモンキチョウが絡んでいるという。家内撮影家内撮影家内撮影家内撮影家内が座り込んで撮影してい...

  12. モンシロチョウ他3月14日 - 超蝶

    モンシロチョウ他3月14日

    このお休みの知多半島、土曜日の午前中は大荒れのお天気、お昼からは晴れたものの強風、今日の日曜日も、朝から良く晴れたものの強風の1日でした。それでも気温が高く近所のいつもの場所では、蝶が沢山!!!モンシロチョウモンキチョウキタキチョウベニシジミヤマトシジミキタテハヒメアカタテハ

  13. 2021.3.11東京・裏高尾ベニシジミ2013.3.14 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2021.3.11東京・裏高尾ベニシジミ2013.3....

    2021.3.11「たかがベニ、されど2時間(片道)」。前日に遭遇したベニシジミをどうするか、少々遠いので少し迷ったが、マクロと広角を持って撮りに出かける。気温は少し低いが快晴だった。現地に着くと、横幅20mの南斜面に数頭飛び回っている。早速、ナズナで吸蜜したのを背後から撮る。前翅の基部に幻光が出ていた。少し擦れた個体も見られたが、ほとんどは新鮮だった。翅を拡げるたびに幻光を撮ろうとするが、...

  14. 12/6その1キタキチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    12/6その1キタキチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ他

    前日に続いて自宅周辺を探索しました。キタキチョウモンキチョウベニシジミキタテハ初冬の日差しを浴びて、元気に活動していました。つづく…

  15. 小畔川便り(ベニシジミの配偶行動:2021/3/3) - 小畔川日記

    小畔川便り(ベニシジミの配偶行動:2021/3/3)

    3月3日は晴れ、最高気温は11℃位か、風が結構強い。家内は所用があるので一人で11時くらいから川原へ。この日は1j5に広角の6.7-13mm(35mm換算18-31mm)をつけてその様子を見ることにする。歩き始めるとすぐにベニシジミが出てきて、そのうち2頭が絡んだ。急いでカメラを向けると、オスが尾端を向けているけど、メスは嫌がって飛び立ってしまった。オリンパス E-M5Ⅲ+14-150オスも...

  16. 小畔川便り(電車と蝶、2度目のチャンス(失敗):2021/2/25-3/1) - 小畔川日記

    小畔川便り(電車と蝶、2度目のチャンス(失敗):202...

    2月25日は晴れだけど東からの風が強い。いつもの川原は南向きの斜面だから、東風だと風が吹き抜けて10℃くらいの気温でも寒く感じる。この日はベニシジミがモデルになってくれた。家内は最近飛び立ちをうまく撮っている。家内撮影あまり写真が撮れた気がしないまま家に帰りかけると、橋のたもとでモンキチョウのメスが飛び出して土手の上に止まった。風が強いからかそこでじっと止まっている。それで橋を背景にした飛び...

  17. モンシロチョウ他3月7日 - 超蝶

    モンシロチョウ他3月7日

    日曜日の知多半島、予報通りドン曇りの一日。それでも、朝のわずかな時間だけ晴れていたので近所の河川敷を散歩・・・朝陽を浴びて多くの個体が見られましたモンシロチョウモンキチョウベニシジミ

  18. モンシロチョウ登場するもキタキチョウ4頭越冬継続中in2021.02.13~03.06見沼田んぼ - ヒメオオの寄り道

    モンシロチョウ登場するもキタキチョウ4頭越冬継続中in...

    ひょっとしたらと見沼田んぼAポイントで「モンシロチョウ」を探してみると畑の中に1頭だけですが今年初のモンシロチョウが見つかりました。in2021.03.06見沼田んぼAポイント********************************************************今回の主役は越冬「キタキチョウ」です。B①、B②、次にB①の奥にB③更にB⑤個体と、のべ4頭見つけた場所の...

  19. 啓蟄だった - そらいろのパレット

    啓蟄だった

    3月5日(金)二十四節気「啓蟄(けいちつ)」初候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」虫たちがもぞもぞと動き出すころという。我らもコロナにからめとられて鬱々としてはいられない(本当に鬱になりそうだ)、とはいえ、首都圏の一都三県では緊急事態宣言が再び2週間の延期となった。今少しの辛抱は重々わかるけどしかし実のところ本当にもう嫌っ。で、ガラガラに空いている電車にちょこっとだけ乗って出掛けてみたら...

  20. 小畔川便り(暖かな日差しの中で:2021/2/21) - 小畔川日記

    小畔川便り(暖かな日差しの中で:2021/2/21)

    2月21日は5月上旬の暖かさとかで、風もあまりなく11時頃から川原に出る。この日はキタテハをよく見かけた。地面に止まるばかりでなかなか絵にならないけどなんとかチャレンジする。家内撮影家内撮影少し歩くとモンキチョウが出てきた。ギシギシの葉に止まる。ギシギシの葉の縁が赤くなってきれいだ。家内撮影メスがいたので見ていると、産卵しそうな気配。急いで追いかけて撮影する。家内撮影カラスノエンドウへの産卵...

総件数:253 件

似ているタグ