モーツァルトのタグまとめ

モーツァルト」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはモーツァルトに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「モーツァルト」タグの記事(13)

  1. ひよこちゃん登場 - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    ひよこちゃん登場

    2018年4月17日(火)モーツアルトがついにきれました。昨秋、みなとみらいへ行ったとき買ったひよこちゃんの登場です。今日が誕生日にあたるアルトゥル・シュナーベルが、哀愁を感じさせるモーツァルトのロンド イ短調 を奏でます。モーツァルト:ロンド イ短調 K. 511Rondo in A Minor, K. 511アルトゥル・シュナーベル - Artur Schnabel (ピアノ)録音: 1...

  2. モーツァルト/ディヴェルティメント第15番変ロ長調K.287 - just beside you Ⅱ

    モーツァルト/ディヴェルティメント第15番変ロ長調K.287

    No.108 : 室内楽曲 この曲は弦楽五重奏の他にホルン2本を加えた娯楽音楽で、ディヴェルティメントの定型と言える6楽章構成で書かれています。第2楽章とフィナーレにはドイツ民謡を主題として用いたり、第1ヴァイオリンに特別に大きな役割を持たせて名人芸を発揮させていたりと、とても楽しくて聴き応えもあり充実した曲です。推薦盤disc1 : ボスコフスキー/ウィーン・モーツァルト合奏団 併録曲:モ...

  3. モーツァルト/ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調K.452 - just beside you Ⅱ

    モーツァルト/ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調K.452

    No.106 : 室内楽曲 ピアノと音色の異なる4本の木管楽器による珍しい編成の五重奏曲で、モーツァルトが28歳の時に書いた室内楽の傑作です。モーツァルトはこの曲に大変な自信をもっていたようです。1784年4月1日ブルク劇場で行われた初演でも、たいへんな喝采を受けたと父レオポルトに報告しています。 曲は室内楽的な楽しさ、喜びにあふれています。さまざまな美しい旋律がピアノや異なった木管楽器によ...

  4. モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466 - just beside you Ⅱ

    モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466

    No.105 : 協奏曲 昨日「NHK交響楽団郡山公演」を聴いてきました。指揮は尾高忠明さん、ピアノ独奏はデビュー30周年を迎えられた仲道郁代さんで、プログラムは          モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466           (アンコール曲 ショパン/ノクターン第20番)          ブラームス/交響曲第1番ハ短調Op.68        ...

  5. モーツァルト/vn、va のための二重奏曲(全2曲) - just beside you Ⅱ

    モーツァルト/vn、va のための二重奏曲(全2曲)

    No.103 : 室内楽曲 ハイドンの弟のミヒャエル・ハイドンはザルツブルグの大司教から、ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲を6曲書くように依頼されていましたが、4曲を書き終わって病気になってしまいました。友人であったモーツァルトは彼に代わって残りの2曲を代作し、ミヒャエルの急場を救ったというわけです。 モーツァルトのヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲は、和声的な響きの豊かさを醸しだ...

  6. モーツァルト/クラリネット協奏曲イ長調K.622 - just beside you Ⅱ

    モーツァルト/クラリネット協奏曲イ長調K.622

    No.100 : 協奏曲 今回は、< just beside you Ⅱ > としての記念すべき100曲目のブログ・エントリーです。 拙ブログでは私の手元にある好きな曲、好きな演奏家のLP盤だけを紹介してきました。一曲につき一枚のこともあれば、複数枚のレコード・ジャケット写真が載ることもあります。単純に100曲のエントリーと言っても、数えてみたらアップしたLP盤は延べ数で592枚...

  7.  第九伝説 その7 モーツァルトの9番 - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    第九伝説 その7 モーツァルトの9番

    2018年2月23日(金)1631年→1639年→1761年→1769年→1874年→1882年→2004年→2012年→2117年→2125年・・・これには一つの法則がある。金星が太陽面を黒い円形のシルエットとして通過していくように見える「金星の太陽面通過」の周期で、8年→105.5年→8年→121.5年→8年→の変則な間隔で発生する極めて稀な天文現象の発生する年である。モーツァルトは幼い...

  8. モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第2番ニ長調K.211 - just beside you Ⅱ

    モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第2番ニ長調K.211

    No.99 : 協奏曲 先週の2月14日(水)は『ギドン・クレーメル、リュカ・ドゥバルグ&クレメラータ・バルティカ』の演奏会に行ってきました。会場はサントリー・ホール。演目はベートーヴェンとモーツァルトの室内楽曲&協奏曲の4曲でしたが、さらにアンコールが4曲もあってとても楽しいひとときでした。 2曲目のモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番の独奏はもちろんクレーメルです。80年代に録音したア...

  9. モーツァルト 手紙の二重唱 使徒8章30節~31節 - 原語から見える聖書のイメージ

    モーツァルト 手紙の二重唱 使徒8章30節~31節

    久しぶりにN響のコンサートに行きましたオーチャードの定期ですとにかく生音に浸りたかったのが動機ですモーツァルトフィガロの結婚序曲クラリネット協奏曲クラリネット セバスティアン・マンツドボルザーク交響曲第8番広上淳一の指揮って、身振りが音の風のように気持ちいい響きを伝えてくれますね弱音に説得力があり、思わず耳をそばだててしまいます特に・・モーツァルトのクラリネット協奏曲の第二楽章バセットクラリ...

  10. モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラの為の協奏交響曲 使徒8章2節~3節 - 原語から見える聖書のイメージ

    モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラの為の協奏交響曲 ...

    シネマスイッチ銀座で「はじめてのおもてなし」を見てきましたこのまえの「希望のかなた」はシリア難民でした今回はナイジェリアでポコ・ハラムによるテロから逃れて難民亡命申請の青年を受け入れるお話プレスにあるようにシリアスな現実問題をコメディタッチで描いてます最初はやや上滑りな感じがしましたが、すっかり引き込まれましたポコ・ハラムって「教育は罪」という意味と初めて知りました「教育」と深いつながりを感...

  11. 音楽を聴く楽しみ - バイオリンクの片隅から

    音楽を聴く楽しみ

     今日は、午前中1回生の授業に出た後、昼には、研究室配属が決まった3回生の学生たちとキャンパス内のシーキューブという生協食堂で昼食を食べた。それから、教育サポーターをしてくれた4回生の学生とその近くに出来た、スポーツ健康コモンズという施設の、「知るカフェ+」というところへ行ってみた。「知るカフェ」は、学生と企業をつなぐことを目的とし、企業がスポンサーとなってそのスポンサー料で運営するカフェで...

  12. モーツァルト/セレナード第6番「セレナータ・ノットゥルナ」K.239 - just beside you Ⅱ

    モーツァルト/セレナード第6番「セレナータ・ノットゥル...

    No.91 : 管弦楽曲 郡山市堂前町の如宝寺にまつられている馬頭観世音の祭礼「七日堂まいり」に行ってきました。馬頭観世音に願をかけると、馬が駆けるように願いが早く成就すると伝えられているそうですが、まずは家内安全・無病息災をお願いしてきました。 モーツァルトは1773年以来、毎年セレナードを書いていますが、一作品ごとに創意にあふれて成熟度が高まっていきます。この第6番は20歳のときの作品で...

  13. モーツァルト/ディヴェルティメントK136 使徒7章21節~22節 - 原語から見える聖書のイメージ

    モーツァルト/ディヴェルティメントK136 使徒7章2...

    広河隆一「パレスチナ」の次に読んでるのが「ユダヤ人とドイツ」大澤武男、講談社現代新書です眼から鱗の非常にいい本に出合いましたディアスポラのユダヤ人たちとドイツとの歴史的なかかわり中世から近現代にいたる西洋史の裏面がとてもよくわかります偏見と迫害の真の背景が見えてきます以前にもブログにかいて気にしていたルターの反ユダヤ主義についてもありました55ページ「もし、マルティン・ルター博士が生きていた...

1 - 13 / 総件数:13 件

似ているタグ