モーツァルトのタグまとめ

モーツァルト」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはモーツァルトに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「モーツァルト」タグの記事(113)

  1.  朝の一曲187久々にへブラーのコンチェルトなど。。。 - 気楽じい~の蓼科偶感

    朝の一曲187久々にへブラーのコンチェルトなど。。。

    2021年7月5日(月)朝の一曲久々にへブラーのコンチェルトなど。。。モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K. 467イングリット・ヘブラー - Ingrid Haebler (ピアノ)ロンドン交響楽団ヴィトルド・ロヴィツキ - Witold Rowicki (指揮)イングリッド・ヘブラーほど、その主要レパートリーをモーツァルトに特化して演奏をし続けているピアニストは稀である。それだ...

  2. 通販サイトにL.ブレッヒ指揮モーツァルト「魔笛」のSP盤をアップ - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    通販サイトにL.ブレッヒ指揮モーツァルト「魔笛」のSP...

    通販サイトに以下のレコードをアップしております。レオ・ブレッヒ(cond:1871-1958)w/ベルリン国立歌劇場管魔笛「序曲」(モーツァルト)HMV E 46410インチ盤質A-4,000円*レコードプレーヤーの場合シェラック・ノイズ多めの印象、蓄音器演奏向きでしょうか通販サイトで一部試聴可能です。こちらちなみに、レオ・ブレッヒはドイツ出身の指揮者で1910年代にはベルリン国立歌劇場の音...

  3.  ジャケットに魅かれて 。。。88 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。88

    2021年6月7日(月)MOZART, W.A.Piano Concertos Nos. 17 and 24 André PrevinAdrian BoultLondon Symphony Orchestraありふれた構図だが、微笑ましくて好きだ。プレヴィンの若いことよ。

  4. ピアノ・ソナタ イ短調 K.310(300d)〜第1楽章モーツァルト - 風任せ自由人

    ピアノ・ソナタ イ短調 K.310(300d)〜第1楽...

    少し前に「よみがえる天才3モーツァルト」(岡田暁生著ちくまプリマー新書)を読んだ。モーツァルトは好きな作曲家の一人。それなりに伝記なども読んでいたが、この本で今まで自分が気がつかなかった色々なことを知ることとなった。さて、今回弾いたピアノ・ソナタ イ短調 K.310(300d)は以前から好きな曲で時々弾いてはいたが、この本でその特異性を知り、更に興味をもって練習に取り組むことになった。その本...

  5. ミュージカル【モーツァルト!】を観て来ました - ♪Allegro moderato♪~穏やかに早く~

    ミュージカル【モーツァルト!】を観て来ました

    初日です。山崎育三郎さんと古川雄太さんのダブルキャストですが、山崎さんの方。どちらも観たかったな~。ヴァルトシュテッテン男爵夫人もダブルキャストでした。香寿たつきさんの方でした。日本語のミュージカルってあんまり好きじゃないけど、皆さんすごい歌上手かった!!(当たり前だけど)でもやっぱ歌・・・外国語の歌に日本語を載せるとなんか間抜けなんだよね。最初から日本語の歌で作ったミュージカルならいいんだ...

  6. モーツァルトが来た - びぃのブログ

    モーツァルトが来た

    札幌も緊急事態宣言が今日から発動たが、モーツァルトが札幌にやって来た。主演はダブルキャスト。山崎育三郎と古川雄大。今日は古川雄大。楽しかった。hitaru ほぼ満員御礼。

  7. 深沢亮子さん&本多昌子さん@東京文化会館 - ピアニスト山本実樹子のmiracle日記

    深沢亮子さん&本多昌子さん@東京文化会館

    こんにちは!ピアニストの山本実樹子です3回目の緊急事態宣言発令前日、上野の文化会館に行ってきました。深沢亮子&本多昌子さんによるオールモーツァルトプログラムによるコンサートでした。プリモとセコンドを交代しつつの連弾と最後に2台のためのソナタ同じ作曲家ばかりをゆっくり堪能するのも、寛いで楽しめて良いものだなぁと改めて思いました。でも、それはMozartだったからかもしれません。演奏が魅力的だっ...

  8. モーツァルト/弦楽五重奏曲第1番変ロ長調K.174 - just beside you Ⅱ

    モーツァルト/弦楽五重奏曲第1番変ロ長調K.174

    No.197:室内楽曲モーツァルトは、弦楽四重奏にもう一台のヴィオラを加えた弦楽五重奏曲を、全部で6曲残しました。弦楽五重奏曲の歴史は、1771年のボッケリーニや1773年のミヒャエル・ハイドンらの作品によって、ようやくその分野が確立されたようです。モーツァルトの弦楽五重奏曲第一作は、そのミヒャエル・ハイドンの作品に刺激されて1773年12月に書かれました。楽器編成はミヒャエルと同じく、ヴィ...

  9. 2021年3月のザルツブルク - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    2021年3月のザルツブルク

    ザルツブルクは今日涼しくなったものの、一時は22℃の気温まで急上昇。コロナ新規感染者などは890万人(大阪府と同程度)のオーストリア国内で、連日3000人以上・・・。FFP2マスク義務、外出制限、美容室利用前のコロナ検査義務、レストラン・カフェの店内飲食禁止等は効果を表さず。時間制限があってもお店が開いている日本が羨ましい限り。とはいえ、どんな状況でも季節は廻ってくるもので、今年も10日ほど...

  10.  朝の一曲178長い指に驚きながら聴く1枚 - 気楽じい~の蓼科偶感

    朝の一曲178長い指に驚きながら聴く1枚

    2021年3月27日(土)朝の一曲クラシック音楽のジャケットでは珍しい男女のセミヌード写真。ここまでやるか、ということだが、音楽そのものは清楚なもので、モーツァルトの4手のためのピアノ・ソナタ ハ長調 K. 521なんか実にさわやかな演奏である。驚いたのは男性の両手の大きさと、長い指。そんなことにも感心しながら聴ける気軽な1枚でした。ほかに、シューベルトの幻想曲 ヘ短調 Op. 103, D...

  11. モーツァルト/レクイエムK.626 - just beside you Ⅱ

    モーツァルト/レクイエムK.626

    No.196:声楽曲あの日から10年、今日は追悼と祈りの一日です。自宅のあった富岡町夜の森北区は、未だにそのほとんどが帰還困難区域です。昨年春に夜の森駅周辺が避難指示の一部先行解除となりましたが、桜の名所として広く知られた夜の森公園の「桜のトンネル」は、今も、原発(1F)事故による帰還困難区域の中です。避難指示が先行解除されていた富岡ニ中付近の「桜のトンネル」が、昨年全国...

  12.  クラシック雑記帳521783年3月23日のコンサート - 気楽じい~の蓼科偶感

    クラシック雑記帳521783年3月23日のコンサート

    2021年3月6日(土)モーツァルトは、ザルツブルクを24歳で去りミュンヘンに移る。そして翌1781年3月にはウィーンでの定住を決意、1782年には父の反対を押し切ってカール・マリア・フォン・ヴェーバーの従姉であるコンスタンツェ・ヴェーバーと結婚する。ウイーンでは、フリーの音楽家として演奏会、オペラの作曲、レッスン、楽譜の出版などで生計を立てていた。当時多くの演奏会を催したがその記録は残って...

  13. モーツァルトの「クラリネット五重奏曲」 - 天浪堂日乗

    モーツァルトの「クラリネット五重奏曲」

    前回、昔好きだったパスキエ、ペヌティエ、ピドゥーら「レ・ミュジシャン」の音源に久しぶりに接してみたところ、今聴いても古びているどころか抜群に良いことが分かったので、他の音源も聴き直してみました。今回聴いたのは、ミシェル・ポルタルのクラリネットをフィーチャーしたモーツァルトの室内楽二曲、「クラリネット五重奏曲K.581」と「クラリネット、ヴィオラ、ピアノのための三重奏曲k.498」が収められた...

  14. ★ フィガロって誰さ? - うちゅうのさいはて

    ★ フィガロって誰さ?

    大昔うちにあったレコードよりこっちの方がいいわ。これは、序曲とか序章とかいうの?今風に言うと、とってもグルーヴィー。特に1:20から先あたりが。モーツァルトっていつ頃の人だか知らないけど、たぶん、ぶっ飛んだセンスの持ち主でしょうね。にほんブログ村

  15. 2021年1月のザルツブルク - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    2021年1月のザルツブルク

    ザルツブルクはこれから2月中旬寒くなるとの予報・・・。3回目のロックダウン(不要不急の用事か健康維持等の理由が無い限りの外出禁止)が緩和され、少なくとも買い物には行けるようにやっと戻ったオーストリア。相変わらず夜間の外出には非常に多くの制限、美容室などは、48時間以内の陰性証明がない限り訪問不可。コンサートも無観客収録は可能。そんな中、2021年1月27日(モーツァルト265回目の誕生日)は...

  16. 動画:シェリングによる伝モーツァルト協奏曲第7番 - Binwa Diary

    動画:シェリングによる伝モーツァルト協奏曲第7番

    伝モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第7番こんなきれいな映像が残っていたなんて。演奏中のシェリングのなんて表情の喜ばしいこと(8:37の笑顔!)。正月早々、非常にめでたい気分になった。★クリックよろしくお願いします!にほんブログ村

  17.  萩やんLibrary⑤ - 気楽じい~の蓼科偶感

    萩やんLibrary⑤

    2020年12月28日(月)萩やんLibraryよりひときわ華やいだジャケットに直ぐ目が行った。イングリット・ヘブラーのモーツァルトじゃないですか。大好きなピアニストで、それもモーツァルトを弾かせれば古今東西、彼女の右に出る人はいないとの惚れ込みよう。そんな彼女のモーツァルトのソナタはK331、K545、K310、K330.を最初に手に入れ、しばらくして運よくDISK UNIONで豪華化粧箱...

  18. 萩やんLibrary④ - 気楽じい~の蓼科偶感

    萩やんLibrary④

    2020年12月27日(日)萩やんLibraryよりクレンペラーのモーツァルト?そんなのあり??実は僕にはぴんと来なかった。ずっと今まで、半世紀にわたりそう思い続けて来た。一度そう思うとまったくそれに手をつけないところがある。僕の悪い癖である。名盤とされるメンデルスゾーンの「スコットランド」やベートーヴェンのミサ、あるいはシューマン(写真右)などをクレンペラーの棒でいくら聴いても、クレンペラ...

  19. アルゲリッチのモーツァルトは - ヒロシのCD部屋

    アルゲリッチのモーツァルトは

    まさに天衣無縫。縦横無尽に駆け巡る音のシャワー。豊かなニュアンスを作りつつも、見事なまでに息のあった演奏で、愉悦に満ちた演奏。特にニ長調K.448のソナタでは、自由自在なフレーズ感の中にも落とし所がキッチリと決まっていて、その自然な心地よさが実に魅力的。この曲は、モーツァルト25才の時の作品で、唯一の二台ピアノ用ソナタ。充実した内容と演奏効果の華々しさでよく取り挙げられる名曲。まさにこの二人...

  20.  朝の一曲153シュライアーの彫塑的なモーツァルト - 気楽じい~の蓼科偶感

    朝の一曲153シュライアーの彫塑的なモーツァルト

    2020年12月5日(土)おもしろいことに、こうしてシュライアーの見事な歌いぶりをきけばきくほど、私は、モーツァルトの歌曲が、シューベルトの歌曲から遠く離れた世界であることを痛感させられる。これが、たとえば、ヘルマン・プライだと、一口にいえば、反対になる。プライの歌うモーツァルトの小曲は、はるかにシューベルトに近く、主情的なものが強調され、感傷の浄化を通じての客観性の獲得という道をとっている...

総件数:113 件

似ているタグ