ヤセウツボのタグまとめ

ヤセウツボ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヤセウツボに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヤセウツボ」タグの記事(9)

  1. 最近気になる植物ヤセウツボ@旧江戸川河口(2021.5.14) - 東京いきもの雑記帳

    最近気になる植物ヤセウツボ@旧江戸川河口(2021.5...

    中村です。水元公園や谷津干潟のツアーの時にもけっこう見かけていた植物で、奥様からもお墓参りの時に見かけた、と聞き、とうとう愛犬のお散歩コース=旧江戸川河口の草地でも見かけた植物をご紹介します。その名もヤセウツボといいます。学生時代に買った山と渓谷社の図鑑には「ハマウツボ科」とあり、ナンバンギセルも含まれるようですが、最近の分類はどうなんでしょう?その図鑑によると北アメリカやヨーロッパ原産の外...

  2. 根っからの寄生植物・ヤセウツボ - 水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

    根っからの寄生植物・ヤセウツボ

    皆さま、こんにちは。コバヤシです。今日、水元公園のポプラ並木道沿いの草地に、ヤセウツボという、ちょっと変わった植物を見つけました。赤褐色の茎に、上から下までまんべんなく花をつけています。てっぺんの、ツクシの頭みたいな部分はつぼみで、これからもまだまだ咲くようです。でも、妙なことに、どこを探しても葉っぱがありません。葉っぱは光合成によって養分を作るための、大事な器官の一つのハズですが、まさか虫...

  3. 地味な花 - 花と葉っぱ

    地味な花

    撮影:4月24日(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)ヤセウツボ(痩空穂)ハマウツボ科ハマウツボ属ヨーロッパ原産で、1930年代に渡来した寄生植物。シロツメクサなどに寄生し、葉緑素を欠き、枯れたように見える。高さ15~40センチ。全体に腺毛が密生する。4~6月に長さ12ミリ程度の唇形花を咲かせる。外来生物法により、要注意植物に指定されていて、千葉県では有害植物に指定。ツルカコソウ(蔓夏枯草)シソ...

  4. 誰も目もくれない - 花と葉っぱ

    誰も目もくれない

    撮影:6月17日(千葉市・県立生態園)ワルナスビ(悪茄子)の清楚に見える花見た目は花は真っ白で綺麗ですが・・・名前が悪い!確かに茎や葉に長く鋭い棘があり、実には毒がある!非常に丈夫で繁殖しやすく、生態系に悪影響を及ぼす恐れがある「要注意外来生物」です。しかし、積極的に駆除しているという話は聞いたことがない。これ、環境問題ですよ!お暇な○○大臣!花は直径2~3センチの白色または淡い紫色。ヤセウ...

  5. ヤセウツボ・キバナヤセウツボ - 里山の四季

    ヤセウツボ・キバナヤセウツボ

    ヤセウツボ痩靭ハマウツボ科ハマウツボ属ヨーロッパ・北アフリカ原産葉緑素を持たないので光合成で養分を作ることができません。それで他の植物に寄生します。自分の根を宿主の根に食い込ませて養分を吸収します。宿主はマメ科、キク科、セリ科、牧草など。特にマメ科のシロツメグサやアカツメグサに寄生しているのをみかけます。これはオオジシバリ(キク科)に寄生しています。キバナヤセウツボ黄花痩靭ヤセウツボの黄花の...

  6. 寄生植物 - いや、だから 姉ちゃん じゃなくて ネイチャー・・・ その2

    寄生植物

    葉緑素を持たず自身では栄養分を作れないそうですなのでシロツメクサ や ムラサキツメクサ に寄生していますヤセウツボという可愛らしくない名前そしておどろおどろしい風体は嫌いではありません何より個性的ですよねでも要注意外来生物の指定がある厄介者だそうで

  7. チョウも花も - Mag's DiaryⅢ

    チョウも花も

    6月5日は、3か所を回った。チョウ探しが主目的だけれど、お花見も大事だょ。ヤセウツボはいつもの場所で、他の草にまみれて。毎年見るイチヤクソウの姿がなかった。イワツクバネウツギは、いつものように静かに咲いていたょ。サワルリソウは去年見た場所は土砂崩れに巻き込まれていた。土砂と一緒に運び出されたようだ。まあ、すぐ近くに花があったので良かったけれどね。サイハイランは去年と同じ場所に咲いていた。災害...

  8. 生態園のウメガサソウなどなど - 花と葉っぱ

    生態園のウメガサソウなどなど

    撮影:6月6日(千葉市・県立中央博物館生態園)5月の連休中は駐車場に入るのに20台ぐらいの列で、出てくる車待ちの状態だった。待つのは退屈なので、諦めて帰宅。6月初めの土曜日の夕方も数台が並んでの待ち。待っていても散策の時間が無くなってしまうので、さっさと帰宅。休日は無理だとわかったので、木曜日に再々挑戦でした。見たかったのはウメガサソウだったのですが、少し遅かったようです。綺麗に咲いている花...

  9. またまた加曾利貝塚 - 花と葉っぱ

    またまた加曾利貝塚

    撮影:5月11日(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)今年は昨年同時期に見られた蝶や花が見られない。個人の印象ですが、蝶も花も昨年より出現が遅くれているようだ。ハマウツボ科のヤセウツボ(痩空穂)は、ヨーロッパ~北アフリカ原産で昭和初期に渡来した。シロツメクサ、ムラサキツメクサなどに寄生して養分を吸収する。全体に腺毛が密生している。葉は退化していて葉緑素がないので褐色で、枯れたように見える。高さ1...

総件数:9 件

似ているタグ