ヤマエンゴサクのタグまとめ

ヤマエンゴサク」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヤマエンゴサクに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヤマエンゴサク」タグの記事(23)

  1. 船通山② - 清治の花便り

    船通山②

    4月20日登山口から一時間まだ500mのところ^^ヤマエンゴサク三瓶で飽きるほど愛でたから、撮るのは止めようと思うのだが・・・やっぱりカメラが向くのです^^・まだ出てくるサンインシロガネソウこちらも・・また・・^^・うしろ髪引いて放さぬ白銀草歩地爺・大株も^^・小株も^^・山陰白銀草斐伊源流の水の音歩地爺・渓流の苔に花咲く猫の目草歩地爺・山頂まで1500mあるのに・・カタクリの蕾・・一本・鈩...

  2. 北茨城の山野草 - 茨城蝶遊記Ⅱ

    北茨城の山野草

    2021年4月16日(金),曇りのち雨.そろそろチャマダラセセリが出ているだろうと福島と北茨城に出かけたが,曇っていて風がとても冷たくチョウが飛ぶような気温ではなかったため山野草の撮影に切り替えた.昨年チャマを撮影したポイントは環境が悪化し,グーグルマップでめぼしをつけておいた場所を4か所行ってみたが環境がいまいちだった.ミヤマエンレイソウヤマエンゴサクキクザキイチゲアズマイチゲニリンソウエ...

  3. ■小谷戸の里に咲く花21.3.22(ヤマエンゴサク、センボンヤリ、ハラン) - 舞岡公園の自然2

    ■小谷戸の里に咲く花21.3.22(ヤマエンゴサク、セ...

    夜半まで吹き荒れた風雨がやんだ。気温は高めだが北風が冷たい。擬木杭・柵に小さな蜘蛛がいっぱいいた。同定に時間がかかりそう。小谷戸の里で咲く花を探しに行った。ヤマエンゴサク21.3.22FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO1250 1/500,F8「そろそろ芽が出ているかな?」と覗き込んだ、毎年生えている場所。6日前には全くなかったのに、今日は花が全開していたのには驚いた...

  4. う~ん…君の正体は何だ? ま、良いんだけどさ - Dimension Green

    う~ん…君の正体は何だ? ま、良いんだけどさ

    この花って、他の人が撮った写真だと綺麗な薄青なのに、俺が出遭うのは赤みが強いのか紫ばかりなんだよなぁ…それとも種の判定を間違えてるか?ジロボウエンゴサクの可能性も…と思ったが、花の色はあまり当てにならないので、ヤマエンゴサクかエゾエンゴサクかオトメエンゴサクかどれかだろう。葉っぱの形からおそらくヤマエンゴサクだと判定した。もっと葉っぱをちゃんと写せばこんなことで悩まなくても良いんだけどねぇ…...

  5. ☆山裾に咲く花☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆山裾に咲く花☆

    長閑な山里で見かけた、野草たちです。初見の花もありました。シハイスミレニシキゴロモ・・・ピンクの花もありました。ヤマエンゴサクネコノメソウニリンソウチゴユリオオカメノキ

  6. 山野草GR3その4 - 紀州里山の蝶たち

    山野草GR3その4

    皆さん、おはようございます。所用で紀南に行って来ました。まだまだ、春が残っていました。

  7. 4月15日の三瓶山①*中国自然歩道①* - 清治の花便り

    4月15日の三瓶山①*中国自然歩道①*

    4月15日・春祭り中止になりて三瓶山歩地爺・4月13日の降雪で大田から白く見える三瓶山へ青少年交流の家ー名号分岐ー中国自然歩道ー姫逃池ルートー男三瓶山麓には黒文字の花山日和歩地爺・穴熊の穴より出でて春の道穴熊に観察されし雪の果て歩地爺・ムラサキケマン芽生え・下萌の中国自然歩道かな歩地爺・ミヤマキケマン・黄が先に紫が追ふ華鬘草歩地爺・花筏芽立ちてすぐに蕾もち歩地爺・サンインスミレサイシン・胡麻...

  8. エンゴサク(延胡索)の... - 山庭居 ~庭に居ます~

    エンゴサク(延胡索)の...

    エンゴサク(延胡索)の名を知ったのは、私が庭を作り始めた6年ほど前のことです。倉本聰作の2008年のTVドラマ「風のガーデン」をレンタルして見たのです。作中のモチーフに、青い小さなスプリングエフェメラル「エゾエンゴサク=蝦夷延胡索」が出てきます。このドラマにより、上野ファームの上野砂由紀さんが一躍有名になり、「北海道ガーデン紀行」の火付け役となったように記憶しています。そして、ドラマの中でも...

  9. ■小谷戸の里の花20.3.25(ヤマエンゴサク、センボンヤリ、カイドウ) - 舞岡公園の自然2

    ■小谷戸の里の花20.3.25(ヤマエンゴサク、センボ...

    高気圧がやってきて穏かな日になるという予報。「学習支援」の前に散策。気温が上がる前なので蝶との出会いは少ない。しばらく行っていない「小谷戸の里」で、咲き始めたと思われる花を捜した。ヤマエンゴサク20.3.25FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO800 1/80,F16「満開」というのか、全部の蕾が開いていた。センボンヤリ〃〃ISO160 1/160,F8やっと見つけた1...

  10. 里山の花④ - Mag's DiaryⅢ

    里山の花④

    この里山は初めての場所、県北のお花見に出かけるときに通る道の傍だ、これからは寄り道をしなくっちゃ。ラショウモンカズラが旬だった。ヤマエンゴサクは終わりだった。葉の形が広い。こちらは葉が細い。ヤマエンゴサクの葉はいろいろ変化が大きいらしい。ヤマルリソウが満開だった。他にイチリンソウやカテンソウ、マムシグサなど、季節を変えて訪れれば楽しそう。おまけはベニシジミ。黄色いタンポポがよく似合う。

  11. 三瓶山中国自然歩道芽吹く - 清治の花便り

    三瓶山中国自然歩道芽吹く

    春寒し乞食外交仕方なし歩地爺4月16日芽吹きの三瓶をお散歩国の天然記念物三瓶山の自然林に遅い春芽吹き始めたばかり花だけが先行していたクロモジ黒文字の花を追かけ尖がり葉歩地爺アセビまだ馬酔木三瓶の春を訪ひて歩地爺ミヤマカタバミタチネコノメスミレサイシンエンレイソウとヤマエンゴサク延胡索大樹の空を覆ふまで足元で可愛や可愛や延胡索歩地爺地下に塊茎を張り巡らしとるらしい塊茎は干して煎じて鎮痛の妙薬だ...

  12. 裏高尾の早春花 - 野山の花たち

    裏高尾の早春花

    ここ数年3月末に裏高尾を訪ねている。今年の早春花は早いのかそれとも遅いのかを確認するためであるが、大好きなヤマエンゴサクを見るのを大の楽しみにしている。また、普段はめったにおめにかかれない草に出会えるのもここの楽しみである。イラクサ科のカテンソウを見ることができる。赤はつぼみ、白が花である。大いに地味な草ではある。ジロボウエンゴサクに出会えた。今年もヤマエンゴサクの群生に出会えることができた...

  13. 脇役? - Mag's DiaryⅢ

    脇役?

    主役にしたいけれど、旬を過ぎていたり、うまく撮れていなかったり・・・。来年こそ主役で撮りたいと思う花たち。ヤマエンゴサク。もしかしてキンキエンゴサクかもと思うが、区別点が撮れていない。一輪だけ咲いていたキクザキイチゲ、猪に住処を荒らされていた。ピンクがかったヒメウズの花、もっときれいに撮れていると思っていたのだけれどなぁ。崖にへばりついていたマムシグサの実、しゃんと立っているところを撮りたい...

  14. ■小さい花 3種19.3.21(ヒトリシズカ、ヤマエンゴサク、キウリグサ) - 舞岡公園の自然2

    ■小さい花 3種19.3.21(ヒトリシズカ、ヤマエン...

    終始くもり空で、強風が吹き募る1日。気温は20℃を超えて「横浜でサクラが開花」と報じられていた。青空がのぞく3時過ぎに散策に。大島桜やヤマザクラも開花していた。小谷戸の里で見つけた極小の花々です。ヒトリシズカ19.3.2180mm/macro ISO1600 1/100,F8落ち葉掻きのタイミングがよかったのか、ヒトリシズカがたくさん伸びていた。ヤマエンゴサク〃〃ISO1600 1/100,...

  15. 春満喫 - 飛騨山脈の自然

    春満喫

    飛騨地方北部は多雪地帯だが、今年はいつもの年よりはかなり少なかった。ただ2月が非常に寒くまた雨がほとんど降らなかったので雪解けは進んでいなく、場所によっては例年より生物の目覚めは遅かった。日向ではヤマエンゴサクが咲き始めていた。花の下の苞が切れ込んでいるのがヤマエンゴサクの特徴だ。クルミもようやく芽吹いた状態になってきた。エンレイソウは花をつけていた。日本海側の多雪地帯の象徴スミレサイシンは...

  16. 裏高尾を訪ねてその2 - 野山の花たち

    裏高尾を訪ねてその2

    私がここ裏高尾に毎年この時期に訪れるのはヤマエンゴサクに会いたいというのが大きな理由です。このなんとも言えない淡いブルーのスプリングエフェメラルが大好きです。アズマイチゲです。この花も大好きです。あたり一面にこの花の葉が茂っている中でポツンポツンとしか咲いてくれないアズマイチゲ。清楚で可憐です。我が家で鉢植えに挑戦しても毎年、ため息ばかりで一向に咲いてくれません。キバナノアマナも咲いていまし...

  17. 20180401 【植物】ヤマエンゴサク - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20180401 【植物】ヤマエンゴサク

    カタクリの群落の一角に群生していたのは、ヤマエンゴサクでした。10cmにも満たない背丈ですが、まとまって咲いて存在感をアピールしていました。

  18. ■ヤマエンゴサクとヤマネコノメソウ18.3.26 - 舞岡公園の自然2

    ■ヤマエンゴサクとヤマネコノメソウ18.3.26

    春がいちだんと進んで桜の開花・満開情報が目白押し状態のようです。早朝歩きでお疲れモードながら、今日も妻と花見、お弁当を楽しむ。園内某所で「ヤマ」のつく希少植物が花をつけていました。解説をつけると長くなるので、花のみにて失礼します。 ヤマエンゴサク18.3.24FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/30,F8ヤマネコノメソウ〃〃 1/800,F6.4

  19. 飛騨市北部の春 - 飛騨山脈の自然

    飛騨市北部の春

    飛騨市北部の富山県境は岐阜県下でも豪雪地帯にあたる所だ。そんな場所にも遅い春が巡って来ていた。カタクリにギフチョウが吸蜜にやってきた。でも殆んどはこのように枯葉に止まることが多いので絵にならない。時折ヤマエンゴサクに蜜を求める個体もいた。この個体は羽化直後の傷のない綺麗な♀だったが、しっかりスフラギスは付いていた。越冬タテハが横切ったので確認したらクジャクチョウだだった。夏には見かけないので...

  20. 三瓶山麓森の道③ - 清治の花便り

    三瓶山麓森の道③

    ②からの続きです11:30北の原姫逃池に到着弁当食べて山道を登りますまだまだ小さなコシアブラ眺めて採ったらいけんで!東屋に到着大島桜だげなひと休み桜の下で記念写真あっちゃんの顔tombeeが邪魔してるバニラの香りハイイヌガヤの花シハイスミレスミレサイシンミヤマカタバミ左:チャルメルソウゴマの香りゴマキ一面のヤマエンゴサク今年も逢えましたボタンネコノメクルマバソウやっと葉っぱが車輪様に揃いまし...

総件数:23 件

似ているタグ