ヤマトシジミのタグまとめ

ヤマトシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヤマトシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヤマトシジミ」タグの記事(377)

  1. 2020.11.18東京・恵比寿ヤマトシジミ2020.12.3 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.11.18東京・恵比寿ヤマトシジミ2020....

    2020.11.18ヤマトシジミを見に行くと草刈りが始まっており、まだ作業していない箇所で探すが♀は1頭いただけで♂も少ない。しかし、昼休みで作業を中断している間に、ツワブキにスーパーブルーが吸蜜しているのを見つけた。ツワブキは咲き始めたばかり。幸いツワブキの花には直射ではなく、木漏れ日が弱く当たっていたので、ブルーを何とか出すことができた。しかし、黄色いこの花にとまるチョウの色は難しい。花...

  2. 晩秋の野鳥と昆虫 - 花と葉っぱ

    晩秋の野鳥と昆虫

    撮影:11月30日(印西市・県立北総花の丘公園自然生態園)およそ10年振りに近くて遠い花の丘公園へ行った。かなり広くて歩きがいがあります。丘の坂を下り、畑や田圃との境にある裾野の小道をゆったりと歩きました。シジュウカラ(四十雀)シジュウカラ科葉っぱが散って素通しになった樹々を賑やかに飛び回り、止まった小枝を盛んに突っついていました。隠れている虫を探しているようです。トンボ池でダイサギが一羽の...

  3. 2020.11.14東京・恵比寿ヤマトシジミ2020.12.1 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.11.14東京・恵比寿ヤマトシジミ2020....

    2020.11.14日課になった朝のヤマトシジミ探索だが、出て来るのは9時半すぎ。暗いブルーとほとんどブラック。2020.11.15ブルーが暗いが広い。細い枝で開くことは珍しいが、微風でも揺れる大好きなポーズ。翅脈が目立つ少し明るいブルー。翅脈が黒いとブルーが美しい。しかし、開翅はここまで。日影で半開翅。一見、ヤマトとは思われない。2020.11.16ローズマリーのスーパーブルー。翅の色は花...

  4. ヤマトシジミ住宅地の蝶 - 蝶のいる風景blog

    ヤマトシジミ住宅地の蝶

    駅前のマンションの植え込みのソテツで育っているクマソを見て来た。このところの寒さは南方系のクマソには耐えられる限界なのだろう。羽化失敗や羽化不全の個体を見て生きて行く厳しさを実感した。コロナで若い人の自殺が増えているという。何とか頑張って欲しいと願うばかりだ。マンションや商業施設が並ぶ住宅街だが、不思議と蝶が目に付いた。ソテツの間のツワブキの黄色い花にヤマトシジミやウラナミシジミがやって来た...

  5. 2020.11.11東京・サザンカの裏通りムラサキツバメ2020.11.25 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.11.11東京・サザンカの裏通りムラサキツバ...

    2020.11.11まだ少し早いかもしれないと思いながら、都下のポイントに行く。9時半ころに到着したが、すでにそこそこの数のムラサキツバメが出ていた。すぐとまって開翅する♀は軽く撮影し、♂を探す。飛び回っている♂はとまっても翅を開くことが少ないし、頭を上に向けて翅を開くので色は全く出ない。気温が高いのかV字開翅が多かった。横向きにとまった♂は1頭だけ撮れた。少し構造色が出たがやっとという感じ...

  6. 2020.11.10東京・恵比寿ヤマトシジミ2020.11.23 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.11.10東京・恵比寿ヤマトシジミ2020....

    2020.11.10自然教育園をすぐに切り上げ、自宅裏でヤマトシジミの青♀を探す。というより、飛んで来るのを待つ。カタバミの花はとても少なく、ローズマリーがいい吸蜜源となっている。くたびれた♂に混じって、すぐに♀が見つかった。翅を開くとスーパーブルーだった。♂に見つかり飛び去ったが、次々と見つかる。この2枚はそれぞれ別個体。日射しが強いのできれいに撮れない。今度はかなり明るいブルー。ただ、青...

  7. 6/13その1ツバメシジミ斑紋異常?他 - ブログ和歌山の里山便り2

    6/13その1ツバメシジミ斑紋異常?他

    この日は特に目的もなくMFへ。時折雨が降ったりする変な天気でしたが、いろいろ楽しむことができました。ツバメシジミ何頭かいたツバメシジミのうちの1頭に黒い模様があることに気付きました。一番上の写真のように一方の後翅に小さな黒い模様が、もう一方の後翅には大きな黒斑と前翅にも黒斑がありました。これは異常斑紋なのか、それとも何かで汚れている(黒いマジックインキのようにも見えます)のかは不明です。ヤマ...

  8. 散歩道 - 飛騨山脈の自然

    散歩道

    天気が良いので河川堤防を歩いた。母校の裏山だが紅葉もほぼ終盤だ。空気が澄んでいるのでとても気持ち良い。近くの保育園の園児が遊びに来ていた。ヨウシュヤマゴボウの未熟な小さな実を取っていた。成熟したものが服につくと落ちにくいし、何より毒草なので先生はそのことを子供たちに伝えていただろうか。ヤマトシジミは少数しか見られずもう末期の感じがする。今秋はあまり寒くないのが影響してか♀はあまり青くなっていない。

  9. ヤマトシジミを美しく撮りたいByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ヤマトシジミを美しく撮りたいByヒナ

    ヤクルリを撮っていたらすぐ居なくなってしまったので、ターゲットをヤマトシジミに変更。ヤマトを少し前に久しぶりに撮って以来、普通種の撮り方を考えるようになりました。当たり前すぎて書くほどの事でもないですが、出会いの少ない生き物ほど撮影の熱意は高まりやすく、いつでも出会えるものは疎かになりがち。出会いが少なければ、とりあえず証拠レベルでも記録に残すことが優先で、構図や生態にこだわるのは余裕が出来...

  10. ムラサキツバメ塒を巡る - 蝶のいる風景blog

    ムラサキツバメ塒を巡る

    マイナンバーカードの電子証明書の有効期限が切れるので、更新手続きをしてくれという通知が来た。このカードは登録して以来、何かに使ったことは一度もない。妻と一緒に市役所に行くと暗証番号を聞かれた。4ケタの数字と数字とアルファベットを組み合わせたものと2つ登録したらしいが、まったく記憶がない。思いつくものを画面に打ち込むがヒットしない。それにしても面倒臭いものだ。マイナンバーカードが普及しないのも...

  11. 初フィールドで出会った生き物たち - *la nature*

    初フィールドで出会った生き物たち

    横浜にこんな公園もあったのね!と初めて行ってみる事に♪野鳥との出会いを期待していたんですが・・・でもそれなりに昆虫との出会いはありました^^太陽が顔を出し蝶たちが活発に飛び交っている様子を目で追っていたら・・・???これはどういう事?先にヤマトシジミが吸蜜しているところにグイグイと後ろに割り込んできた蝶これもヤマトシジミかな??ただ吸蜜に来ただけ???秋らしく落ち葉どまりも&#127...

  12. 2020.11.3-6京都・奈良(2)京都御所2020.11.16 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.11.3-6京都・奈良(2)京都御所2020...

    2020.11.4京都に来ても、いままで足を向けたことのない京都御所。とにかく広い。そしてこの上なく贅沢。時間が早かったせいか参観者はまばらで、係り員のほうが目立った。入った瞬間、異次元の世界。順路が指定されており、朱色の門の向こうに紫宸殿があった。1コマ目、出来損ないのパノラマ合成。2コマ目、柱が邪魔し正面の紫宸殿は撮れない。門の中には入れないのかと思ったら、横から入ることができた。広大な...

  13. お天気良くて良いですね~ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    お天気良くて良いですね~

    このところ快晴の秋晴れが続いており、とても気分が良いですね~。暫くブログの更新もしてなかったけど、決して床に伏していた訳ではなく、ゆっくり休養して見ようと思ったのでした。(^.^)でも、昨日の午前中は近所の掛かり付けの町医者に出向いて、インフルワクチン注射をして来ました。夫婦揃って午前10時30分頃に行ったら注射待ちの高齢者が大勢いて、順番が廻って来たのは11時30分頃でした。その直ぐ後に来...

  14. 2020.11.2東京・恵比寿ヤマトシジミ2020.11.12 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.11.2東京・恵比寿ヤマトシジミ2020.1...

    2020.11.2アベリアの下に2匹目のどじょうが現れた。ただし、鮮度は少々不良。このポイントは南側の日溜まり。低い石垣の上にはアベリア、石垣の下にはカタバミがあり、吸蜜源となっている。日が当たり始める9時半ころからヤマトシジミが吸蜜や日向ぼっこに集まり、11時を過ぎるころに♀が産卵にやってくる。写真の背景はともかく、ここで待っているだけで、青♀が次々現れる。この2頭目のウルトラブルーも大型...

  15. 秋のチョウたち2020②ウィンターコスモスにて - 公園昆虫記

    秋のチョウたち2020②ウィンターコスモスにて

    地元の公園の花壇に、毎秋ウインターコスモスが咲く。ここ何年か、晩秋のチョウたちを見るポイントになってきた。アオスジアゲハアオスジアゲハは夏のチョウの印象が強いが、毎年この花壇で最後の輝きを見せてくれる。蛹越冬のチョウなので、今から交尾・産卵するはずもないと思われるのに、これほど元気な姿が見られて不思議だ。ヤマトシジミ▲ヤマトシジミ▲メスに言い寄るオスのヤマトシジミ▲もう1頭のオスが割り込む。...

  16. 蝶フォトまだあります^^ - *la nature*

    蝶フォトまだあります^^

    まだ蝶の写真が残っていました^^9月20日舞岡公園にてオオチャバネセセリと睨めっこ^^9月30日舞岡公園にて綺麗なウラギンシジミ♂に会えました♪地面どまりが残念ですが・・・(^-^;裏翅もアップで見るととっても綺麗なんですよね*10月1日児童遊園地にてヒメアカタテハこども植物園にてヤマトシジミペア♥10月4日寺家ふるさと村にて近づけなくて角度がイマイチでしたが初見初撮りのクロヒカゲ10月21...

  17. 2020.10.30東京・恵比寿ヤマトシジミ2020.11.10 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.10.30東京・恵比寿ヤマトシジミ2020....

    2020.10.30いつもの場所、朝いちばんの日光浴。この時期にこんな♂がまだいるとは意外だった。♂も個体によって斑紋に差があり、同じ種とは思われないほどだ。最初の青♀。青面積は広くはないので、スーパーブルーではないが、明るいブルーなのでとても綺麗だった。少し飛んでは翅を拡げるのでかなりの枚数を撮った。大型で後翅が明るいブルーなのでとてもよく目立つが、地べたにしかとまらない。緑の葉の上でも全...

  18. お食事ちうです♪ - It's only photo 2

    お食事ちうです♪

    小さな小さなお花から落ちないように一生懸命お食事してるヤマトシジミさんです~♪(=^m^=) ププッ今日もご訪問ありがとうございます。

  19. クロツバメシジミ他 - 風任せ自由人

    クロツバメシジミ他

    蝶仲間から「ツメレンゲが咲き、新鮮個体も多数いる。」との連絡が入ったので、レッドアロークラシックなどの撮り鉄の後、クロツバメシジミの生息地に出向いた。ところが、ツメレンゲは誇らしげに花を咲かせているものの、そこに蝶の姿はなく、崖の斜面を見上げると、それらしい黒い小さな蝶が時々チラチラと見えだけ。それでも少々待っていると、やっと下に降りてきてくれる子がいて、どうにか数カットは撮影することができ...

  20. ■クロコノマチョウほか20.11.7(クロコノマチョウ、ウラギンシジミ、ヤマトシジミ) - 舞岡公園の自然2

    ■クロコノマチョウほか20.11.7(クロコノマチョウ...

    曇り空から黒雲がひろがってきて今にも雨が落ちtきそうなtンキに。散策はお休みしました。きのうの散策で出会った秋の蝶の姿です。クロコノマチョウ秋型20.11.6FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO3200 1/250,F6.4薄暗い林の中をひらひらと飛んできて、下草にとまった。目を凝らして捜して、ようやく見つけた。枯れ葉に擬態している。前翅の角が角張っているので「秋型」で...

総件数:377 件

似ているタグ