ヤマトシジミのタグまとめ

ヤマトシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヤマトシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヤマトシジミ」タグの記事(140)

  1. 藪虱の花が咲いたよ!【 20196/8(土) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    藪虱の花が咲いたよ!【 20196/8(土) 】

    セリ科の越年草 ヤブジラミ(藪虱)です。 白い鉤状の刺毛が衣服につく様をシラミにたとえたものとか。名前に似合わず可憐な花です(爆)この花には オオセイボウ(大青蜂)がやって来ます。まだ花が少ないせいでしょうか、今シーズンの飛来頻度は極めて悪いです。今日は2回でやめましたが、1時間20分後にやっと再登場しました。陽を避ける所がないので、薄曇りでもなければとても我慢できません(爆)みなさん熱中症...

  2. 飛び始めたシジミチョウの仲間たち - 花と葉っぱ

    飛び始めたシジミチョウの仲間たち

    撮影:6月5日(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)午前中は曇っていて涼しそうでしたので、暇つぶしに蝶撮りに行った。当てが外れて、涼しいどころか蒸し暑く汗びっしょりになってしまった。期待したカラスビシャクやレンリソウは影も形もなかった。ゴマダラチョウやアカボシゴマダラも姿なし。今日も汗だくのくたびれ儲けの予感濃厚だ。そろそろ栗の花が咲き始めただろうと、栗の木を目指してまっしぐら。栗の花に蝶が集ま...

  3. ヤマトシジミ「蝶図鑑」 - 超蝶

    ヤマトシジミ「蝶図鑑」

    日本全国にいると思ってましたがフィールドノートによると北海道には分布していないみたいです。ベニシジミと同様、どこでも、いつでも見られる蝶、ヤマトシジミです。撮るのは、春一番とか、秋の蝶閑散期ごめんなさい!♂♀共季節により変化して綺麗です。庭で撮れた斑紋異常

  4. 2019.4.29東京・恵比寿アオスジアゲハ2019.5.5 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.4.29東京・恵比寿アオスジアゲハ2019....

    2019.4.29薄曇りの空模様。近くでアゲハ。と言っても黒系アゲハはおらずアゲハとアオスジアゲハだけ。ケシの花にとまっているだけだと思うが、アゲハの春型は後翅の黄色部分が広くて美しい。アオスジアゲハは相変わらずヒメウツギにやって来る。近くには来なかったこともあるが、あえて花の向こうの舗道の敷石を背景に入れてみた。大田区では、クスノキを植えアオスジアゲハを「区蝶」として増やし、東京オリンピッ...

  5. 里山レポート「令和の散歩道」 - 不思議の森の迷い人

    里山レポート「令和の散歩道」

    もっと早く令和時代最初の散策に出かけたかったのですが、雨のせいで3日になってしまいました。さて、「令和」という言葉、私の感覚では「平成」と比べ「シャープ」な響きを感じます。そんなイメージにぴったりなのはアオスジアゲハではないでしょうか?今年はなぜか藤の花がとても綺麗です。花の数も例年より多いようです。まるで新しい時代の始まりを飾っているようです。今日は天気予報通り、午前中は陽射しがたっぷりで...

  6. ヤマトシジミ青メス(2019/04/29) - Sky Palace -butterfly garden- II

    ヤマトシジミ青メス(2019/04/29)

    混雑のアクアラインを抜けて、千葉にやってきました。目当てはヤマキマダラヒカゲ房総亜種。だったのですが、到着したら空が曇ってしまい、気温も低下し、風まで吹き始めました。とてもじゃないけどヤマキを撮影できる条件ではありません。せっかく来たので近くでチョウ探し。すると、ヤマトシジミの青メスを2頭みつけました。あまり真剣に撮影したことがなかったので、成果はゼロではないということにしておきましょう。■...

  7. 里山レポート「蛙の唄が始まる頃に」 - 不思議の森の迷い人

    里山レポート「蛙の唄が始まる頃に」

    里山を歩くと季節毎に聞こえてくる音も移り変わります。春から初夏へと季節が変わろうとする4月下旬、田圃では蛙の合唱が始まります。子供の頃トノサマガエルと教わった蛙が、本当はトウキョウダルマガエルだったのか、よくわかりません。そんなことを考えながら歩いていると、足元でツマキチョウが吸蜜していました。やっと褄の黄色を写すことができました。しかし、4月も下旬になるとツマキチョウはだいぶ翅が傷んでいま...

  8. 春のシジミチョウ満喫in2019.03.24~04.13南関東 - ヒメオオの寄り道

    春のシジミチョウ満喫in2019.03.24~04.1...

    春の妖精「コツバメ」の次に春に出逢いたいシジミチョウというとin2019.04.06都心の公園まずオレンジが鮮やかな「ベニシジミ」次に表翅が淡い水色に煌めく「ルリシジミ」雄in2019.03.24埼玉県中北部の公園この子は「スギタニルリシジミ」?in2019.03.31神奈川県ギフチョウの里「スギタニルリシジミ」が、気温が上がると神奈川県ギフチョウの里では吸水に続々と登場してくれました。↑の...

  9. ヤマトシジミ - あだっちゃんの花鳥風月

    ヤマトシジミ

    近所の竹やぶにウグイスの鳴き声は良く聞こえます。何とか写真を撮ってやろうと思い行くのですが、今回も空振りでした。鳴き声の近くで、座って待ち、上にあがってくるのを待つのですが、いっこうに姿を見せません。すぐそばで鳴いているのに。飛んで移動する時だけ、姿が見えます。ヤマトシジミを撮っただけで帰ってきました。

  10. 追加 - 風任せ自由人

    追加

    今まで撮影して掲載してきた記事への追加的な写真の数々最初は山間南斜面でスギタニルリシジミ?と目を疑った。その後、初見した場所周辺ではかなり頻繁に、そして時には複数個体を同時に目撃している。もう殆ど気にもかけなくなってきたベニシジミやモンキチョウだが、吸蜜シーンや交尾となれば話は別だ。ヤマトシジミ青雌との遭遇率は100%を保っている。この雌もかなりのレベルだ。生憎の曇り空だったが、陽光があれば...

  11. ☆ヤマトシジミ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ヤマトシジミ☆

    3月14日、晴れましたが、風が冷たい。公園に行ってみると、ハクモクレンが咲き出していました。花壇には、ワスレナグサも咲いています。人のいない草地を歩いて見ます。タンポポが沢山咲いていますが、チョウはいません。シロツメクサやホトケノザの中に、小さなチョウが飛びました。今年初めて見る「ヤマトシジミ」でした。青い表翅も覗かせましたが、全開翅とは行きませんでした。飛び方も弱々しく、今日羽化したばかり...

  12. ヤマトシジミ青メスの産卵他(2019/3/8.9) - 小畔川日記

    ヤマトシジミ青メスの産卵他(2019/3/8.9)

    3月8日は晴れ、気温は12℃位か。自宅前の川原が工事の関係で撮影しやすい良い場所が立ち入れなくなってしまったので、蝶仲間がヤマトシジミの青メスなどを撮影している場所に出かけてみることにした。初めての場所なのでどんな場所だろうという好奇心がかなりある。駐車場に車を止めて周囲の様子を見ると、ポイントだろうと想定していた場所は、すごい傾斜の階段を登った上。15m位と距離が短いからいいけど、これまで...

  13. ヤマトシジミ青雌産卵 他 - 風任せ自由人

    ヤマトシジミ青雌産卵 他

    本日も県内の山間南斜面に出かけた。雌も複数確認できて、その中で一番きれいな青雌がサービス満点に開翅を披露してくれた。別の青雌は芽生えたばかりの小さなカタバミに産卵していた。そして、運よく産みつけた卵も見つかった。ヤマトシジミ青雌ヤマトシジミ別個体の産卵シーンと卵ヤマトシジミ雄以下の写真は、このポイントに来る途中に寄った公園で、或いはこのポイントで別の日に撮影したもの。モンキチョウキタテハベニ...

  14. ヤマトシジミ美麗青雌&雄 - 風任せ自由人

    ヤマトシジミ美麗青雌&雄

    本日も県内の山間南斜面に出かけた。期待していたのはヤマトシジミ雌の前回よりももっと新鮮な個体とミヤマセセリだった。ミヤマセセリは確認できなかったが、ヤマトシジミの方は期待通りの出会いが待っていた。すぐに見つけたのは翅表が見る位置によっては青というよりも水色に光り輝く雌だった。これは前回とは別個体かなとは思ったものの、見る角度や日差しの影響ということもあるので、現場でははっきりと分からなかった...

  15. ヤマトシジミ青雌&美麗雄 - 風任せ自由人

    ヤマトシジミ青雌&美麗雄

    昨日の本命ポイントではヤマトシジミの青雌を蝶仲間から教わって撮影できた。また帰路途中に寄った、前の記事のウラナミシジミを撮影した場所ではヤマトシジミの超新鮮な雄との出会いがあった。ヤマトシジミ青雌&美麗雄本命ポイントで最初に出会ったのはやや擦れた雄だった。その子はオオイヌノフグリで吸蜜しているシーンを撮ることができた。翅裏はやや黒味が強いかな。ヤマトシジミ雄その1その後、「2019浅間くらし...

  16. 2月の新生蝶3種 - 風任せ自由人

    2月の新生蝶3種

    皆さんのブログを見ると、既に新生蝶が撮影されている。自分も発生の早いことで知られる場所に行ってみた。すると、いきなりベニシジミが3匹飛んでいるのが目に入り、1匹を撮影していると別の2匹が追いかけっこを始めた。もしやと思ってそっちに鞍替えすると、あっと言う間に交尾が成立してしまった。その撮影を終えてから周辺に目をやるとモンキチョウも多数飛んでいるのが確認できた。そのうちヤマトシジミの雄も1匹確...

  17. 2018.12.21東京・恵比寿ヤマトシジミ2018.12.26 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.12.21東京・恵比寿ヤマトシジミ2018....

    2018.12.21年賀はがきを買いに行くついでに裏の公園に立ち寄ると、いつもの日だまりに1頭だけヤマトシジミが飛び回っていた。今年はカタバミも咲いておらず、吸蜜できるのはアベリアくらい。寒さの中で栄養補給もできずかなり厳しい感じだ。長年使っているキヤノンのプリンターは3色しか使わないので望んだ色が出ないのだが、高い純正インクでなくてもそれほど支障はなかった。しかし、光沢紙で名刺を作ると黒い...

  18. 忘れていたの*Ⅲ - It's only photo 2

    忘れていたの*Ⅲ

    11月のフォルダーに忘れていたヤマトシジミくん。。。煌めく光の中にそっと止まったのとても綺麗だった。。。待たせてごめんね。。。やっと見てもらえたね。今日もご訪問ありがとうございます。

  19. 2018.12.4東京・サザンカの裏通りヤマトシジミ2018.12.19 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.12.4東京・サザンカの裏通りヤマトシジミ2...

    2018.12.4朝から気温が上がった季節はずれの異常な天気。正午で22~23℃まで上がった。9時半、早くもムラサキツバメは植え込みを飛び回っていた。とまって翅を開いても頭を上に向けての奴さんスタイルなのでうまく撮れない。そんな中、遠目でも白いオスのヤマトシジミが飛んできた。しばらく後をつけたらやっととまった。なんとか撮ることができてほっとするが、すぐ飛び立つ。こんどはエノキの葉の上にとまる...

  20. 成虫で越冬しない蝶ほかin2018.10~12関東平野南部 - ヒメオオの寄り道

    成虫で越冬しない蝶ほかin2018.10~12関東平野南部

    最初は私も1点展示するチョウの写真展が東京都新宿にある新宿御苑インフォメーションセンターで12月18日~12月28日開催されます。22日の土曜日、23日の日曜日には講演会もあります。興味ある方はぜひ来場ください。10月以降撮影した未掲載の越冬しないチョウの写真の1番目は「アオスジアゲハ」です。ステンドグラスのような翅の輝き最高です。in2018.10.07東京都心の公園11月なのに大きな黒い...

総件数:140 件

似ているタグ