ヤマトシジミのタグまとめ

ヤマトシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヤマトシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヤマトシジミ」タグの記事(125)

  1. 2月の新生蝶3種 - 風任せ自由人

    2月の新生蝶3種

    皆さんのブログを見ると、既に新生蝶が撮影されている。自分も発生の早いことで知られる場所に行ってみた。すると、いきなりベニシジミが3匹飛んでいるのが目に入り、1匹を撮影していると別の2匹が追いかけっこを始めた。もしやと思ってそっちに鞍替えすると、あっと言う間に交尾が成立してしまった。その撮影を終えてから周辺に目をやるとモンキチョウも多数飛んでいるのが確認できた。そのうちヤマトシジミの雄も1匹確...

  2. 2018.12.21東京・恵比寿ヤマトシジミ2018.12.26 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.12.21東京・恵比寿ヤマトシジミ2018....

    2018.12.21年賀はがきを買いに行くついでに裏の公園に立ち寄ると、いつもの日だまりに1頭だけヤマトシジミが飛び回っていた。今年はカタバミも咲いておらず、吸蜜できるのはアベリアくらい。寒さの中で栄養補給もできずかなり厳しい感じだ。長年使っているキヤノンのプリンターは3色しか使わないので望んだ色が出ないのだが、高い純正インクでなくてもそれほど支障はなかった。しかし、光沢紙で名刺を作ると黒い...

  3. 忘れていたの*Ⅲ - It's only photo 2

    忘れていたの*Ⅲ

    11月のフォルダーに忘れていたヤマトシジミくん。。。煌めく光の中にそっと止まったのとても綺麗だった。。。待たせてごめんね。。。やっと見てもらえたね。今日もご訪問ありがとうございます。

  4. 2018.12.4東京・サザンカの裏通りヤマトシジミ2018.12.19 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.12.4東京・サザンカの裏通りヤマトシジミ2...

    2018.12.4朝から気温が上がった季節はずれの異常な天気。正午で22~23℃まで上がった。9時半、早くもムラサキツバメは植え込みを飛び回っていた。とまって翅を開いても頭を上に向けての奴さんスタイルなのでうまく撮れない。そんな中、遠目でも白いオスのヤマトシジミが飛んできた。しばらく後をつけたらやっととまった。なんとか撮ることができてほっとするが、すぐ飛び立つ。こんどはエノキの葉の上にとまる...

  5. 成虫で越冬しない蝶ほかin2018.10~12関東平野南部 - ヒメオオの寄り道

    成虫で越冬しない蝶ほかin2018.10~12関東平野南部

    最初は私も1点展示するチョウの写真展が東京都新宿にある新宿御苑インフォメーションセンターで12月18日~12月28日開催されます。22日の土曜日、23日の日曜日には講演会もあります。興味ある方はぜひ来場ください。10月以降撮影した未掲載の越冬しないチョウの写真の1番目は「アオスジアゲハ」です。ステンドグラスのような翅の輝き最高です。in2018.10.07東京都心の公園11月なのに大きな黒い...

  6. 2018.11.21千葉県・江戸川河川敷ヒメアカタテハ2108.12.1 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.11.21千葉県・江戸川河川敷ヒメアカタテハ...

    2018.11.21前日は後半薄雲が拡がり気温も下がったためか、ヤマトシジミはほとんど姿を現わさなかった。この日は快晴。最初に出くわしたのは新鮮ななオス。寒冷期のオスはとても美しい。数100mほど離れたセイダカアワダチソウにベニシジミがいたが、隣には新鮮なオスも吸蜜していた。これほど新鮮なオスがいるということは、メスもいるはずと探すが擦れたというよりボロボロのメスしか見つからない。少し上流側...

  7. 2018.11.16千葉県・江戸川河川敷ヤマトシジミ2018.11.29 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.11.16千葉県・江戸川河川敷ヤマトシジミ2...

    2018.11.162回目の江戸川河川敷、と言っても平な場所ではなく南向きの土手。草丈が短く、ヤマトシジミを探索しやすいが、登ったり下ったりするので足腰の鍛錬によろし。しかし、4時間探しまわってほとんど成果なし。気温が高めなので薄曇りでも開翅はする。これだけ見つからないとは。擦れていないだけでもいいのかもしれない。ちょっときれいなベニシジミ。オスのヤマトが来るたびにスクランブル発進していた。...

  8. 新鮮ヤマト&ベニシジミ他 - 風任せ自由人

    新鮮ヤマト&ベニシジミ他

    EL PALEO EXPRESS待ちの間に秩父鉄道の線路脇でウラナミシジミを撮影した。ウラナミシジミその帰り、春先蝶の撮影でよく訪れる公園に寄った。11月下旬だというのに新鮮なヤマトシジミとベニシジミを見つけることができた。ヤマトシジミベニシジミムラサキツバメの越冬集団を撮影した場所ではキタキチョウ、ウラギンシジミを撮影できた。キタキチョウウラギンシジミ

  9. 今年一番の冷え込み - 紀州里山の蝶たち

    今年一番の冷え込み

    皆さん、こんにちはー。全国的に今年一番の冷え込みのようでした。でも、午後からは風も弱く、穏やかな気候でした。近場の土手では、コセンダングサの花弁が弾けて、ヒッツキムシだらけ。コセンダングサの上空をシャープに飛ぶのはウラナミシジミ、根本辺りをチラチラ飛ぶのはヤマトシジミ。いよいよ終盤です。

  10. 2018.11.10東京・恵比寿ヤマトシジミ2018.11.23 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.11.10東京・恵比寿ヤマトシジミ2018....

    2018.11.10土曜日。テニスに行く前の30分だけの撮影。気温が高いのか早くもオスが飛び回っていた。少し離れたニラの花にとまったヤマトを見に行くとメス。スーパーブルーだった。花の上を動き回るのでピントがなかなか合わないし、明るすぎるのでブルーがきれいに撮れなかった。後翅の斑紋から今までの個体とは別だった。光の加減でブルーが出ていないが、ニラの吸蜜はちょっと面白い感じになった。この後、いつ...

  11. 小雪 - 飛騨山脈の自然

    小雪

    本日は小雪でいい夫婦の日だそうだ。最低気温がマイナスになり雪が降るのは間もなくと思われる。晴天になったので出かけたが10℃いくかいかないくらいの気温だ。ヤマトシジミ♂が割と活発に飛んでいた。かなりくたびれた♀は1頭確認できた。ヒメアカタテハは2頭確認したがが1頭は後翅が破損していてほとんどなかった。ツマグロヒョウモンは元気に飛んでいた。この地では幼生期・成虫とも越冬できないので成虫の終焉を見...

  12. 手賀の丘公園で探鳥しましたが・・・ - 花と葉っぱ

    手賀の丘公園で探鳥しましたが・・・

    撮影:11月20日(手賀の丘公園)曙橋から我孫子市側の手賀沼北岸へ移動し水の館の駐車場に停めた。遊歩道に向かって歩いていくと、遊歩道を案内者?に従った30人ぐらいの学生の団体が列をなし、私がこれから歩こうとする方向に向かっていた。駄目だこれは!鳥見なのに、これでは鳥が逃げてしまう!運が悪るかった!諦めるしかなかった。さてどうしようか?期待できないが帰途立ち寄るつもりだった手賀の丘公園へ。案の...

  13. 2018.11.8東京・恵比寿ヤマトシジミ2018.11.21 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.11.8東京・恵比寿ヤマトシジミ2018.1...

    2018.11.8ヤマトシジミの青メスを探しに千葉県の江戸川の堤防に行く前にSビールに寄ってみたところ、花壇の真ん中でスーパーブルーが開翅していた。しかし、その後ろにはオスが控えており、シャッターに指をかけたとたん飛び去り万事窮す。あきらめてここを引き揚げようとしたとき、薄日を浴びて翅を開いている姿を発見した。近づきすぎ影を作ってしまい飛ばれたが、葉陰ですぐ見つけた。翅の傷、鱗粉の散らばり方...

  14. 2017.11.7東京・恵比寿ヤマトシジミ2018.11.19 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.11.7東京・恵比寿ヤマトシジミ2018.1...

    2018.11.7前日、スーパーブルーに遭遇したのは正午近くでその後はは雨。ということは同じ場所に留まっているに違いない。ということで、気温が上がり始める8時半すぎに行ってみると、2~3頭のオスが翅を開いていた。そのうち、スーパーブルーがここに飛んで来るだろうと思っていたら何のことはない。この青い花は何だろうと近寄ったらスーパーブルーそのものだった。枝被りだったので1回シャッターを切り、左に...

  15. 2018.11.6東京・恵比寿ヤマトシジミ2018.11.17 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.11.6東京・恵比寿ヤマトシジミ2018.1...

    2018.11.6曇り空だが気温が高いせいか、少し空が明るくなるとヤマトシジミは開翅する。オスばかりだったが、少し青いメスがいた。上から靑鱗が一番輝くアングルを探す。横からも撮ってみる。花は枯れかかっているとはいえ、逆に、いい感じにだ。まだウラナミシジミが飛び回っており、小菊の上で3頭が騒いでいた。真ん中のメスをめぐるオスの争い。3つの顔が並んだ時は可愛かった。ふと少し先を見るとブルーが輝い...

  16. ■■原点■■ - Sippo☆のネイチャー探索記 2

    ■■原点■■

    夕暮れに佇むヤマトシジミさん・・・晩秋に出会うこの子はどこかほっとする風合いを醸し出している虫さんが大好きになって、来る日も来る日も近所をうろちょろ撮り歩いていた時足元にいたのが、ヤマトシジミ。名前もわからない。でも、この子はチョウチョだよね!?可愛いっ匍匐体制で撮影してた。ある程度撮影して、ふと気づくと何やら、匂う。真横に、ワンコの〇〇〇そんな懐かしい思い出が蘇るヤマトシジミという蝶があり...

  17. ヤマトシジミ青雌他 - 風任せ自由人

    ヤマトシジミ青雌他

    クロツバメシジミを撮影したツメレンゲの咲く場所でヤマトシジミの青雌を見つけた。そこではウラナミシジミの吸蜜も撮影できた。入間基地近くにある公園の駐車場に車を停めた時、そこの生垣にウラギンシジミがいた。

  18. ヤマトシジミ11月11日 - 超蝶

    ヤマトシジミ11月11日

    日曜日のヤクシマルリシジミの撮影場所でいちばん多いのは、ヤマトシジミです。この日は、低温季型の青♀に注目です。♂です。朝日を浴びて全開翅注目の青♀これだけ青いと♂と見分けがつきません。別個体更に別個体更に更に・・・

  19. 晩秋の山里 - 飛騨山脈の自然

    晩秋の山里

    快晴に誘われて郊外に出かけた。雑木林は冬間近で最後の化粧をして彩っていた。空地にわずかに残っていたシロツメクサにウラナミシジミ♀が吸蜜に訪れた。♂は見ることができなかった。畑に作ってある菊にツマグロヒョウモン♂が飛来した。1~2日前くらいに羽化したと思われる新鮮さだ。ヤマトシジミは数頭見かけたがボロ個体ばかりだ。これは割とましな♂だ。今年はまだ冷え込みが足りないせいか青の発達した♀はこれから...

  20. 奇跡 - スズキヨシカズ幻燈画室

    奇跡

    教室裏の駐車場、白く枯れた雑草の中に「ぽつり」ノコンギクの清楚な薄紫色の花。まるで奇跡のように見えました。ヤマトシジミ羽をやすめていた透き通ってしまいそうに儚げに朝日の中で(ほほえむ)@土曜日の教室でした。「ひさしぶりだなあ〜!!」元気に声をかけたらばしばらく教室を見回してから「なにもかわらないなあ〜ひさしぶりのきがしないなあ〜」と間延びした感じで返されましたよ。「ですよね」(はははー)f^...

総件数:125 件

似ているタグ