ユダヤ人のタグまとめ

ユダヤ人」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはユダヤ人に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ユダヤ人」タグの記事(23)

  1. ユダヤ人の顔の特徴は鉤鼻? - ガリラヤの風

    ユダヤ人の顔の特徴は鉤鼻?

    この写真は、スターウォーズにも出演した女優・モデルのナタリー・ポートマンです。彼女はイスラエル生まれのれきっとしたユダヤ人です(小さい頃、アメリカに移住しましたが)。父方はポーランド・ルーマニア系からの、母方はロシア・オーストリア系からのユダヤ人の血を引いています。父方の祖父母はアウシュビッツ強制収容所で死亡しています(写真は、2012年にシネマトゥデイの広告に使用されたもの)。ユダヤ人の一...

  2. 「安息日がイスラエルを守った」(ユダヤの格言) - ガリラヤの風

    「安息日がイスラエルを守った」(ユダヤの格言)

    ユダヤ人の歴史を通じて、安息日(シャバット)はユダヤ人の生活の中心でした。この安息日は、金曜日の日没から始まり、土曜日の日没で終わります。安息日がなければユダヤ教も存続せず、ユダヤ人の歴史も消滅していたと言われています。ユダヤの格言に、「安息日がイスラエルを守った」とあるほどです。 ユダヤ人は安息日を守るのに命がけでした。現在も宗教的でない家庭でも、この日には家族で共に集い、共に食事をし、共...

  3. 白人の偽アシュケナージ系ユダヤ人が支配する現文明は歴史的、民族的背景にある「ウソ」からはじまっている。 - 蒼莱ブログ

    白人の偽アシュケナージ系ユダヤ人が支配する現文明は歴史...

    ユダヤ人には、正当な血統を持つユダヤ人と偽物のユダヤ人が存在します。地球人類に害を与え続けているのが、欧米白人の偽アシュケナージ系ユダヤ人です。このブログには、ユダヤ人について比較的解り易く解説されています。↓以下、これをクリックして読んで知って下さい。https://noomi22.hatenablog.com/entry/2019/10/03/191712

  4. MY MEMORY OF US - OVERBOARD

    MY MEMORY OF US

    MY MEMORY OF US (マイ・メモリー・オブ・アス)はい、どうも。いつもニワカのブログでありますが、今回もプレイして面白かったゲームの狭く浅い感想です。ここ数年インディーゲームは本当によく出来ていて面白いものばかりですが、これも面白かったです。ゲームの内容はいつも通りあまり触れませんが、ロボットが支配する戦火で少年少女が自由や友情の為に戦って行くアドベンチャーゲームです。「LIMB...

  5. 聖書の預言No.62(吹替)『これから世界に起きる出来事』 - 日本を愛する防人のつぶやき

    聖書の預言No.62(吹替)『これから世界に起きる出来事』

    聖書の預言No.62(吹替)『これから世界に起きる出来事』今、アメリカは世界で一番強大な力がある国であることは皆様も御承知であるといます。すべての重要な海外取引では基軸通貨『米ドル決済』であること、そしてアメリカはFRBでじゃんじゃんお札が刷れること。世界最大の軍事力を持っていること。おまけにシェールガスで、世界NO.1の産油国になったこと。向かうところ敵なしに見えますね(^^)そして皆様は...

  6. ドナドナ。 - 自由空間の間取り

    ドナドナ。

    思わず思い出してしまいました・・・。ドナドナの歌を・・・。大きな瞳を真ん丸にして、自分のことを観るや否や、首を上げて見つめて来た牛達です。この牛達の運命は安易に想像することが出来ます・・・。思い出してしまいました。あのドナドナの歌を・・・。深い深い意味深な歌・・・。哀しい出来事が起こっていた現実。遥か遠い昔の話になりつつありますが・・・。何で牛に生まれて来てしまったんだろう?人に生まれて来た...

  7. 「ぼくたちに翼があったころ」 - 絵本のおかあさん

    「ぼくたちに翼があったころ」

    押してくれると、うれしいな(^^V)絵本ランキングにほんブログ村にほんブログ村ぼくたちに翼があったころ (世界傑作童話シリーズ)タミ・シェム=トヴ/福音館書店undefined小学6年生以上向けヤヌシュ・コルチャックをご存じですか?小児科医で児童文学者で教育者だった彼は、ユダヤ系のポーランド人。ユダヤ人孤児の為の孤児院を、ポーランドのワルシャワで約30年間に渡って経営されていました。そして、...

  8. 国際電話 - ネリーエマ

    国際電話

    もはやサインしも生贄も不要になったんです。ユダヤ人も4人も区別なしにともにキリストという膜を通って父なる神に近づくことができるようになったんです。だから私たちは祈りの中で天皇父をと呼びかけイエスキリストの名によって祈ります。と言った時に私たちはまさに神のみそがで神の栄光の三者で私たちの祈りを父なる神に申し上げてるんです。遠いところではないんです。ある方がいました。神への祈りは国際電話じゃない...

  9. 旧約聖書 - ケンタウルスアウリガ

    旧約聖書

    ユダヤ人達は捧げ物捧げるときに午前9時に朝の捧げもの下げたんです。けれども夕方の捧げもの憂国の捧げものってのは午後3時に捧げたんです。ですからイエスキリストが息を引き取るときのタイミングってのはユダヤ人が憂国の捧げもの神殿に捧げている時間です。暗黒が襲ったってんですね。これは西署に親しみのない私達でも暗黒って言うと何か不吉な感じがいたします。が聖書ではさらに暗黒って言うと神の裁きの象徴として...

  10. マタイの福音書 - ルポメネカメロパルダリス

    マタイの福音書

    道を建てるってのは百人隊長の1月2月文の給料で無理だよほとんど彼は自分が持って 3のほとんどを費やしてあの街道を建てたに違いないユダヤ人を愛しそしてイスラエルの髪を彼は恐れた人だったんです。ここまで話の内容わかりましたね。そしてユダヤ人達はこの人はあなたにそうしていただく何が資格のある人だって言ってんだから来てました。さマタイの福音書をもとユダヤ人の長老たちが来てるんじゃないんだよ百人隊長が...

  11. 『日本人とユダヤ人』イザヤ・ベンダサン著 - ふつうの生活 ふつうのパラダイス♪

    『日本人とユダヤ人』イザヤ・ベンダサン著

    昭和46年発行のベストセラー。そして、大宅壮一ノンフィノション大賞をとったフィクションの名著。という皮肉な本。書名だけは知っていたけれど、どんな本なのか、知らずに、ずっと気になっていた一冊。今回事情を知らずにまじめに読んでから、ネットでいろいろ調べて初めて、ユダヤ人と名乗る著者イザヤ・ベンダサンが架空の人物であり、山本七平の著作であることを知った。書いてあることのほとんどが嘘であるという酷評...

  12. 妨害が入ってくる - スコルピウスディクロアイト

    妨害が入ってくる

    異邦人の家です。そこから西に向かうってのはこれはユダヤ人の家に帰ろうとしてるんです。そして後で分かります。けれども彼が向かおうとしている目的地は昨日されているところです。そこがどういう場所であるかは後で再度確認します。そしてここで逆風が吹いてくるんです。けど逆風ってのは弟子訓練にとって不可欠の要素です。逆風がなければ弟子訓練は成り立たないと言ってもいいくらいに重要な要素です。私たちも人生でい...

  13. 神が臨済 - ノープス彼岸花

    神が臨済

    求めではなくてユダヤ人達は食事の前に祈ったんです。けどそれはその食事を与えてくださった方を称える祈りなんです。だから祝福を求め関東魚を祝福してください。とか食べる人々を祝福してください。っていう意味じゃないんです。食事を与えてくださるを買ったを叩いてるんです。英語でド s っていうことは祝福するならよく神様に向かって愛撫 s your name って呼んだけどこれは神様を祝福するとよりは神を...

  14. ユダヤ人が9/11をやった!~イスラエル(モサド)がやった証拠がここにある~付録:9/11実行組織やケネディ暗殺も! - めざまし政治ブログ

    ユダヤ人が9/11をやった!~イスラエル(モサド)がや...

    ユダヤ人(イスラエルとアメリカの二重国籍)が9/11同時多発テロ事件を起こした、と具体的にその背景も含めて書かれたホームページがあったので紹介します。 ※例によって自動翻訳なので、変な訳があったら原文にあたってください(^-^;原文は下記Jews did 9/11 -Israel did 9/11, ALL THE PROOF YOU NEEDhttp://jewishcrimenetwo...

  15. 目をつぶらないで映画「ヒトラーと戦った22日間」 - 梟通信~ホンの戯言

    目をつぶらないで映画「ヒトラーと戦った22日間」

    ポーランドのソビボル絶滅収容所に蒸気機関車にひかれた列車が着くと、囚われのユダヤ人たちが歓迎の演奏を行い、拡声器からは「新しい人生が始まる」というメッセージが放送される。ぞろぞろ降りてきたユダヤ人たちは、一時的な手続きだという言葉を信じて男と女、手に職のある者に分けられ荷物を預けさせられる。僕はこの後に続く地獄図絵を知っていながら、到着直後のユダヤ人たちの一種の期待すら感じられる興奮の喧騒を...

  16. ヒトラーを欺いた黄色い星-2-Die Unsichtbaren - 殿様の試写室

    ヒトラーを欺いた黄色い星-2-Die Unsichtb...

    ヒトラーを欺いた黄色い星-2-Die Unsichtbaren (C)2016 LOOK! Filmproduktion / CINE PLUS Filmproduktion (C)PeterHartwig ストーリー 1943年2月、強制労働のためベルリンに残されたすべてのユダヤ人が逮捕され、ナチス宣伝相ゲッベルスは首都ベルリンからユダヤ人は一掃されたと宣言する。 だが、実際には700...

  17. 実に面白い・・・ヴェルナー・ゾンバルト『ユダヤ人と経済生活』講談社 - 九峰の備忘録

    実に面白い・・・ヴェルナー・ゾンバルト『ユダヤ人と経済...

    ヴェルナー・ゾンバルト『ユダヤ人と経済生活』講談社 (2015/6/11)半分まで読み進んだところ。実に面白い。謎が氷解しつつある。具体的な資料と数字を挙げて、論証していく。しかも偏見を排している。内容紹介20世紀初頭、マックス・ヴェーバーと並び称されたドイツの経済学者、ゾンバルトが1911年に著した代表著作。ゾンバルトは、ヴェーバーが「近代資本主義の発展にはプロテスタンティズムの経済倫理が...

  18. ショスタコーヴィチ/交響曲第13番使徒7章33節~34節 - 原語から見える聖書のイメージ

    ショスタコーヴィチ/交響曲第13番使徒7章33節~34節

    横浜美術館のコレクションは写真可肘掛け椅子で眠る女不気味な絵が多い中、この絵の大らかさがとても気に入りましたドラマールとか美人さんの恋人が多い中、このモデルさん誰でしょう?シュールとリアルさは紙一重ですねさて今日のパラグラフは「ステファノの説教」使徒の行動7章33節から適当な段落までの雑感ですミディアンの地に長い間お世話になってうちにエジプトのことはモーセの心の中に生き続けていたんでしょうか...

  19. 関係者の裏切りでしょう>アンネフランク逮捕の真相 - 見たこと聞いたこと 予備3

    関係者の裏切りでしょう>アンネフランク逮捕の真相

    yahoo:「アンネ・フランク逮捕の真相、元FBI捜査官が解明の試み」元米連邦捜査局(FBI)捜査官が、70年以上前にナチスドイツにより強制収容所に連行されたアンネ・フランク一家に何が起きたかを、ビッグデータの集積と最新の捜査技術を駆使して解明することを目指すチームを立ち上げた。アンネは1944年8月4日、2年間潜伏していたアムステルダムの隠れ家が発見され、収容所に送られて死去した。潜伏中の...

  20. 明日への希望をつなぐ旅☆「ファニー13歳の指揮官」 - 絵本のおかあさん

    明日への希望をつなぐ旅☆「ファニー13歳の指揮官」

    押してくれると、うれしいな(^^V)にほんブログ村ファニー 13歳の指揮官ファニー・ベン=アミ/岩波書店undefined小学6年生くらい~フランスに暮らしていたユダヤ人少女ファニーの戦争体験で、作者の実話です。物語は1939年8月、フランスの秘密警察に連行される父親の話で始まります。ナチスが権力の座に付いた時、ユダヤ人である一家5人はドイツからフランスへ逃げて来たのでした。「パパを連れて行...

総件数:23 件

似ているタグ