ユニパーのタグまとめ

ユニパー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはユニパーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ユニパー」タグの記事(8)

  1. 改造日記⑱ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    改造日記⑱

    ユニパーのカーボンホイールを組み立てています~初回分はこれで完売です。次に入荷がまだハッキリしていないので組み立て作業はこれが終わると暫くはお休みになります。リヤホイールから組み立てていきますまず左右のオーバーボードキャップを外します。 こんな風になります。スポークを曲げて作った工具で簡単に抜けました。 続いてフリー本体を外します~手で引っ張れば抜けます。結構、力が要りますが滑り止めのついた...

  2. 改造日記⑭ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    改造日記⑭

    改造日記⑬の続きです。リヤホイールを組み上げて、引き続きフロントホイールの作業に入ります。ロード用ならオチョコ量がないので組み立てが楽なんですけど、ディスクブレーキ対応ハブはリヤと同じく少々面倒くさいですね?RS505からCX75にすると22g軽くなります。組み立てる前はいつもスポークに緩み止め剤を塗ります~ホイールの用途で、使うリキッドは変えています。仮組みの状態で実測すると「706g」に...

  3. 改造日記⑪ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    改造日記⑪

    ユニパーのカーボンホイールです。フロントも組み上げました!作業途中の画像です~アクスルを外してからスポークをハブに通します。 使わないリムを数本重ねて作った作業台の上にカーボンリムを載せて、スポークを通します~早く出来るから便利です!こんな感じですね、スポークを通した後にアクスルを通してから、ニップルの締め込み作業に入ります~組み上がったら、スポークとハブの馴染みを出す為にスポークにストレス...

  4. 改造日記⑩ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    改造日記⑩

    ユニパーの「29er」アルミリムです。昨シーズンにシクロクロスで使用した物ですが、よく見ると凹んでいるのが分かりますね?ギャップを上手く越えられなった結果です。。。軽量リムの弱点です。軽さを取れば強度は激減するというリスクが生まれます。どちらを重要視するかは使う人次第、でもここまで凹んでもエアー漏れがなく走行出来たのには驚きでした。片方だけ凹んでいるので、応力が集中して加わったので普通(?)...

  5. 改造日記⑧ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    改造日記⑧

    ユニパーアルミ軽量ロードホイール(フロント用)を組み立てていきます。リヤ用が「745g」だったので、どうせなら前後ペアで1300gを切りたい!達成するにはフロントを「554g」以下にしなければなりません。(リヤ用の詳しくはご覧下さい→745g)フロントハブの実測重量です。「68g」 スポーク(20本)の実測重量です。「94g」ニップル(20個)の実測重量です。「7g」リムの実測重量です。「4...

  6. 改造日記⑦ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    改造日記⑦

    ユニパーアルミ軽量ロードホイール(リヤ用 21H 2:1仕様)を組み立てていきます。ノンドライブ側のスポークをハブ本体に通す作業において、ハブを分解(ベアリングを抜く)する工程があります。画像はフロントハブですが、ベアリングを抜く工程は同様なのであります。両サイドのキャップを外してから作業がスタートします。今回作業をスムーズにする為に、新しい工具を自作しました。ハブシェル本体を受けるアダプタ...

  7. 改造日記⑥ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    改造日記⑥

    組み上がりました~完成体で前後ペアの重量は「1645g」になりました。予想外に軽かったので「驚き」です。スポークテンションはちょっと低めにしました。 ハブの重量「186+375g=560g」を考えると結構軽く仕上がっています。やはり、リムの軽さが効いているのでしょう!この軽さが踏み出しの軽さに直結するんですよね。チューブレスレディでこの軽さは異常?その分リスクもあって大きな衝撃荷重がかかると...

  8. ユニパー・ニューカーボンホイール・neo35 - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    ユニパー・ニューカーボンホイール・neo35

    ユニパーのニューカーボンホイールです。出来立てホヤホヤのニューデザイン・カーボンリム(チューブラー)で組み上げた2:1 アレンジメントのロードホイールなのです!とにかく、カッコイイのです!!!!! リム設計は現行モデルよりワイド化、ハイトは若干低くなりました。(20mm→24mm、38mm→35mm)強度はアップ、スポークテンションは1300Nまで耐えうる優れ物です。メンテナンス性を上げる為...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ