ユーミンのタグまとめ

ユーミン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはユーミンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ユーミン」タグの記事(35)

  1. 苗場Vol.39@だってユーミンだもん♪ - ずっとそばに 

    苗場Vol.39@だってユーミンだもん♪

    不完全燃焼で帰ってきました、今年の苗場^^;39回目の苗場Live今年は初参加の職場先輩と2人で、雪の新潟へすごく楽しみにしてくれてた先輩が満喫出来ればいいなぁと思っていたけれど、よりによって過去イチ最悪の座席でした。まあ・・・こういう事も長年通っていればありますねぇ会場、座席の良し悪しで、ここまでテンション下がるんだ・・・と、今回は痛感しました。仕方ないんですけどね・・でもね、やっぱり遥々...

  2. 2年振り苗場 - ずっとそばに 

    2年振り苗場

    「ユーミンからは引退できない、活動休止は死ぬとき」インタビューでそんな風に応えてくれたみたい。39回目の苗場公演昨年は失意の(苦笑)落選今年はkazuさんお留守番^^;「せっかくチケット取れたんだから、行ってきなよ」心優しい言葉に(笑)甘えて今年は「大人」な雰囲気のステージのよう大好きなアルバム「FACES」からも数曲苗場・・寒そう(苦笑)行ってきます!

  3. 今頃、年の瀬。 - かいじゅうたちのいる我が家。

    今頃、年の瀬。

    生協さんで毎年買っている、干支菓子。今年は、いのしし。いつもと変わらない味で、間違いナシっ。2月に入って、ようやく見終えた「紅白」。録画していたのを、見られる時に少しずつ。私に時間が出来た時、かつTVが空いている時でないと、見られないからね。その頃合いが、難しい。(^^;あの頃とは事情が色々と変わってきていて、そのことを考えながら見てしまうと、色々と考えてしまう。でも、ユーミンがひこうき雲を...

  4. ユーミンのネタ - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    ユーミンのネタ

    林立夫さんがギター、細野晴臣さんがドラム、鈴木茂さんがベース、に持ち替えてお遊びしている部分のカット。全編

  5. 松任谷由実 タイムマシンツアー さいたまスーパーアリーナ公演 - あれも食べたい、これも食べたい!EX

    松任谷由実 タイムマシンツアー さいたまスーパーアリーナ公演

    昨年のお話です。12月19日の事です。松任谷由実 TIME MACHINE TOUR Traveling through 45yearsさいたまスーパーアリーナ公演に行ってきまさ。お仕事終えたらダッシュでさいたま新都心駅へ!ユーミン様のコンサートに、かれこれ20年?ずっと一緒に行ってるF子ちゃんと一緒。11月の椎名林檎さんの生林檎博で来ているので、しょっちゅう来ている気分です。東海道線がさい...

  6. 新年! - 平野部屋

    新年!

    明けましておめでとうございます。旧年はありがとうございました。最後の平成ですね。数年ぶりにNHK紅白歌合戦を見てしまいました。なんと多摩美大学の先輩「ユーミン」が登場。学生時代よく聞きました。多摩美大学の日本画で卒業制作が「雲」。で飛行機雲を懐かしく聴き入りました。そして、大学の芸術祭の模擬店の厨房で何度も歌ったサザンの「勝手にシンドバット」。今何時、そうねだいたいね・・・。今何時!40年前...

  7. この曲を聴いて泣かない女子はいるのかな? - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    この曲を聴いて泣かない女子はいるのかな?

    中学生~高校生だったかな。NHKの放送で2回ほど観た。その頃は「綺麗な曲だな」程度しかおもわなかった。人生経験が足らないね。それよりはバックバンドがむちゃカッコいいとおもっていた。そういうところは目利きがしていた。昨夜、この曲を簡単なピアノアレンジして弾けるようにしたら。とても心に響く曲だとわかった。動画のコメントでも号泣したとかの感想が多い。ぜひ完成させて、母親の施設のピアノで受付の女子に...

  8. 治癒力。 - アノネーゼの週末 (書架こぶね)

    治癒力。

    私の若い頃は…と言葉にする日が来るなんて不思議な感じだがとにかく私の若い頃は携帯電話もメールもなかった。誰かを好きになっても容姿に絶対の自信がない限り面と向かって告白するなんて心臓が飛び出しそうな恐ろしいことは出来ず電話をかける途中で何度ガチャンと受話器を置いてしまったことだろう(笑)いちばん心臓への負担が少ないと思われる手紙でさえあ〜でもないこ〜でもないと書き直しやっとポストの前に立っても...

  9. 泣きたいときは泣こう! - マミーの伝言☆彡

    泣きたいときは泣こう!

    早起きの癖はなおらない。もっともっとゆっくり寝たいのに朝4時半に目覚めてしまう。朝しか自分の時間が取れなかったし、遅くまで寝ていることを母はいつも非難していた。ずっと早起きのクセ。二度寝したら、母親がどかどかと来る夢を見た。毒親は離れても死んでも心の傷は治りにくいという。どれだけ育てられた影響が大きいことか。。。。今日はぼけーーーっと静かに過ごす。ユーミンを聞いてみる。懐かしくて泣ける泣ける...

  10. ユーミンコンサートに行ってきました。 - マミーの伝言☆彡

    ユーミンコンサートに行ってきました。

    11月24日。エコパ静岡アリーナで行われたユーミンのコンサートに行って来ました!(*^_^*)実はユーミンはこんなに売れる前からのファン。初めて買ったレコードが荒井由実でした。当時は早朝1番からチケットを取りに行き最前列でユーミン追っかけしていました。出待ちして握手してもらったり~ワクワクだったなぁ~以後、他のアーティストを聞くようになり遠のいていましたが。<タイムトラベル>タイトル通り、ベ...

  11. 冬支度。 - アノネーゼの週末 (書架こぶね)

    冬支度。

    秋が深まると頭の中で流れ出す曲がある。ここ数日気が付いたら口遊んでいて『そう言えば靴下を履いているな』と笑ってしまった。自宅に限っての事だが冬以外靴下は履かない。足をすっぽり覆うスリッパも苦手。部屋履きはビーチサンダルが定番だ。(笑)春夏秋はノースリーブor半袖で過ごしている。眠くなるから昼間の暖房はご法度。舟ばかり漕いでまったく仕事が捗らない。しかし昨日からさすがに寒い(笑)今週末は暖房費...

  12. 「アトムの子」 - SUGAR & BUTTER

    「アトムの子」

    きのう、福岡サンパレスであった「山下達郎PERFORMANCE 2018」に、ダンナとふたり行ってきました。昨年も行ったので、1年半ぶりでしたが、なんときのうは、全国ツアー49公演の千秋楽でした!この日を狙ってチケットを取ったわけではないのですが、たぶん全国からコアなファンも来ていただろう、この日のチケットがとれてラッキー!抽選だからなかなか当たらないんですよ・・。でも席は3階席でした!(泣...

  13. 1983【松任谷由実】REINCARNATION - my music tunes list

    1983【松任谷由実】REINCARNATION

    14枚目1983年2月21日東芝EMI収録曲Side AREINCARNATION“輪廻転生”がテーマ。ライブビデオ『1981 Yuming Visual Volume1』に収録された「REINCARNATION」とは別歌詞。尚、プロモーション用に製作された非売品のアナログシングル盤では、曲の終わりがフェードアウトで終了するバージョンを聞くことが出来る。オールマイティー前の曲のラストの安藤ま...

  14. 【松任谷由実】VOYAGER - my music tunes list

    【松任谷由実】VOYAGER

    1983年12月1日(15枚目収録曲Side Aガールフレンズ1989年苗場プリンスホテルCMソング。1991年TBS系『ルージュの伝言』でドラマ化された(第1話、出演・松下由樹)。結婚ルーレットダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ19枚目のシングル。後出の「時をかける少女」と共に原田知世に提供した曲のひとつ。原田知世主演ミュージカル『あしながおじさん』主題歌。1994年に安達祐実がカヴァー。青...

  15. 【松任谷由実】紅雀 - my music tunes list

    【松任谷由実】紅雀

    1978年3月5日(結婚後「松任谷由実」として最初のオリジナルアルバム)収録曲Side A9月には帰らない1988年、麻倉未稀がカヴァー。ハルジョオン・ヒメジョオン10枚目のシングルとしてアルバムと同時発売。タイトルの意味はハルジョオンもヒメジョオンもキク科ムカシヨモギ属の草で両者区別が付きにくい程よく似ているが、歌詞中には「ヒメジョオン」は出てくるが「ハルジョオン」は単語としては直接出てこ...

  16. ユーミンから刺激をもらった日⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝ - サロン・ド・ブロッサム(パーソナルカラー診断&骨格スタイル分析、パーソナルスタイリストin広島)

    ユーミンから刺激をもらった日⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

    友達が誘ってくれて、初めてユーミンのコンサートに行くことができました誘ってくれた友達とも何年ぶりかにゆっくり会えるのもうれしくて、色々懐かしいことがたくさん、刺激がたくさんで、たくさんの元気がもらえました⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝同行の友達とはお互いに、上の子供が赤ちゃんの頃から一つ屋根の下で10年暮らした仲です(二個一のテラスハウスのお隣さん)お互いの娘達も姉妹みたいに育ちました。今も近くに...

  17. 東京 - 大塚婉嬢-書のある暮らし‐

    東京

    昨日は読売書法展の表彰式で上京しました。懇親会会場を早めに出て作品が展示されている上野の東京都美術館へ向かいました。上野公園内はとにかく人、人、人でごった返していました。思わずカメラを上へ向け、ゆったりとした夏の終わりの空を眺めました。美術館をあとにする頃には公園内はかなり人が少なくなっていました。駅へ向かう私の頭の中にはユーミンの曲が流れていました。

  18. 松任谷由実 「OLIVE」 (1979) - 音楽の杜

    松任谷由実 「OLIVE」 (1979)

    単身赴任前に中古CDを買いだめしていたり、単身赴任先の図書館で名作を借りまくったりして、アルバムレビューをしたいアルバムストックが結構増えてしまっています。とはいえ、週1回更新するのが精一杯なので…。ということで3連休、ネット環境も整っている自宅にずっと居るので、今週もう1枚アップしておきます。70年代のユーミンは神がかっていたように思います。詞や楽曲、メロディ、アレンジ…、どれも天才が為せ...

  19. 庭の花、その後とユーミン - ひいぽぽタイムスNO.2

    庭の花、その後とユーミン

    小さいけど、豪華に一束咲きました。シャクナゲです。そのそばには、ミント。ここはナナちゃんの眠っているところ。その隣に、マーガレットが、咲きだしました。画像が横になっちゃったわ。チャコちゃん(^_^;)こんな格好ですけど女の子毛づくろい中です。久々にユーミンのCD買いました♪デビュー45周年ですって♫人気ブログランキング芸術・人文ランキング

  20. ミサキちゃんは新幹線に乗って - Signifié/Signifiant

    ミサキちゃんは新幹線に乗って

    午前零時。インターネット・ラジオから松任谷由実の『シンデレラ・エクスプレス』が聴こえてきた。遠い日、シンデレラになりたがっていた不思議な女の子のことが思い出された。1985年の秋の終わりの七里ヶ浜駐車場で知り合った女の子は1987年のクリスマス直前まで、毎週末大阪から新幹線に乗ってやってきた。私といっしょに週末を過ごすためだ。女の子の名前はミサキちゃん。彼女の健気さと純真さは宝石のようだった...

総件数:35 件

似ているタグ