ライフプランニングのタグまとめ

ライフプランニング」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはライフプランニングに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ライフプランニング」タグの記事(20)

  1. 過去問のツボ押し~公的年金(各種給付)~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~公的年金(各種給付)~

    2019年9月2級学科試験より公的年金の給付に関する出題ですが、まずは「加給年金」をしっかり覚え込みましょう。「加給年金」は厚生年金に関わるものですが、年金受給者になったときの特定の家族に対する手当のようなもので、現役時代の扶養手当のイメージでとらえてください。検定試験では、受給要件の被保険者期間について問われます。加給年金の受給要件・65歳未満の配偶者、または18歳到達年度末日までの子(概...

  2. 過去問のツボ押し~雇用保険の高年齢雇用継続給付~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~雇用保険の高年齢雇用継続給付~

    2018年5月2級学科試験より雇用保険には、特定の人に対して雇用継続を促す制度があります。特に大切なのが今回の問題にある「高年齢雇用継続給付」に関するものです。◎「高年齢」=60歳以上65歳未満の雇用保険被保険者・「雇用継続基本」=雇用保険(失業保険)の基本手当を受給しない・「再就職」=雇用保険(失業保険)の基本手当を受給した後まず上記の表現をしっかり理解しましょう。続いて受給の要件を整理し...

  3. 過去問のツボ押し~企業の財務諸表~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~企業の財務諸表~

    2017年5月2級学科試験より企業の財務に関する問題では、まず「流動資産」の部分をおさえましょう。流動資産とは、1年以内に現金化できる資産を指します。さらにその中で最も速く現金化できるものを「当座資産」として分類します。流動資産のポイント・現金や預金に加えて「売掛金」が含まれる。・「当座資産」には商品(製品)は含まれない。売掛金とは、一定の期日までのまとめ払いのことです。企業の取引では日々大...

  4. 過去問のツボ押し~資料の読み取り~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~資料の読み取り~

    2017年5月2級実技試験(資産設計提案業務)より実技試験(資産設計提案業務)では、今回のようなデータを提示して分析させる出題が時折見られます。ライフプランに関するものや金融など、これと言った特徴はありませんが、いずれにしても普段から新聞などで目にするお金に関するデータを正確に理解していることが求められているといえます。まず(ア)については、国公立の39.5万円と私立双方の約60万円とは明ら...

  5. 過去問のツボ押し~ファイナンシャル・プランニング・プロセス~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~ファイナンシャル・プランニング・プロセス~

    2017年1月2級実技試験(資産設計提案業務)よりファイナンシャル・プランニング・プロセスには6つの手順を踏むこととされています。①顧客との関係確立②顧客の現状や希望目的等の情報を聞き取る(ヒアリング)。③顧客の情報を基に、現状の問題点を分析する。④問題点に対する対策やプランを提案する。⑤プランの実行を支援する。⑥定期的にプランの見直しを行う。素直に6つのプロセスを覚えてしまっても構いません...

  6. 過去問のツボ押し~著作権~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~著作権~

    2017年9月2級実技試験(資産設計提案業務)より著作権に関する出題は頻度としては少ないですが、ポイントが限られる内容なので簡単に得点できる部分です。著作権法上の「引用」の要件(主従関係)・自分の著作物 = 主・引用部分 = 従著作物を作成する際に、他の著作物を許諾なく使用できないのは原則ですが、「引用」は必要な要件を満たすことによりこの例外として認められています。よく見かけるものには著作物...

  7. 過去問のツボ押し~住宅ローン繰上げ返済~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~住宅ローン繰上げ返済~

    2018年5月2級実技試験(資産設計提案業務)より住宅ローンの償還予定表を使った繰上げ返済に関する出題です。問われていること自体はごく簡単な事柄ですが、問題文が示しているところが償還予定表のどの部分のことなのかを正しくつかまないと、選択肢に引きずられて足をすくわれかねません。やさしい問題だからこそ慎重に取り組みましょう。問題文にあるよう「…46回返済後に」繰り上げ返済をするわけですから、46...

  8. 過去問のツボ押し~財形貯蓄制度~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~財形貯蓄制度~

    2017年1月2級実技試験(資産設計提案業務)より財形貯蓄制度に関しての必須知識は「非課税限度額」です。本問題の表の(ア)および赤字の部分をまずおさえましょう。・一般財形・・・なし・財形住宅・・・550万円・財形年金・・・550万円この非課税限度額をはじめ、財形貯蓄制度については「5」がキーナンバーとして多く登場します。頭に入れる際には是非意識しておいてください。・財形年金の対象者・・・55...

  9. 過去問のツボ押し~遺族年金~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~遺族年金~

    2018年5月2級実技試験(資産設計提案業務)より遺族年金に関する出題は、学科実技を問わず登場回数が多い所です。特に重要なポイントは、遺族基礎年金の扱いと、寡婦に関する加算制度の部分です。遺族基礎年金・・・子が18歳になる年度末まで遺族基礎年金は、言ってみれば国からの子育て支援です。イメージ図で言うと、1歳の幸子さんが18歳である年度(多くの場合は高校卒業年度)までは、遺族基礎年金が支給され...

  10. 過去問のツボ押し~企業の決算書~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~企業の決算書~

    2017年9月2級学科試験より企業の決算書に関する出題ですが、問題からまずは基本を押さえましょう。赤字の部分の理解整理がとても大切です。売上総利益=売上高-売上原価会計期間(会社の儲けを計算する区切り)の売上げ(売上高)から原価(売上原価)を差し引いたものが「売上総利益」で、「粗利益」とか「荒利」などと呼ばれるものです。なお、問題文2.では、「売上原価」について突っ込んだ言及があります。売上...

  11. 過去問のツボ押し~公的医療保険~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~公的医療保険~

    2017年9月2級学科試験より本問題は、公的医療保険制度の基本事項を一度におさえることができる良問です。・健康保険の切り替わり年齢・・・75歳75歳になるまで・会社員等・・・「全国健康保険協会管掌健康保険」(協会けんぽ)または「健康保険組合管掌健康保険」(組合健保) ・自営業者等・・・国民健康保険※公務員、私立学校教員は「共済組合」75歳以降 ・すべて「後期高齢者医療制度」の被保険者75...

  12. 過去問のツボ押し~傷病手当金~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~傷病手当金~

    2018年1月2級実技試験(資産設計提案業務)より健康保険の傷病手当金に関しては、学科実技を問わずよく出題されます。ですが聞かれる内容はほぼ基本知識範囲内で収まることが多いです。・待機期間=連続して3日(4日目から支給開始)「連続して」というのがポイントで、間に出勤日を挟まないことが受給の要件になります。問題には何気なく「休業開始日」と書かれていますが、開始3日目(11月9日)に出勤日があり...

  13. 過去問のツボ押し~高額療養費~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~高額療養費~

    2017年1月2級実技試験(資産設計提案業務)より実技試験(資産設計提案業務)で出題される高額療養費の問題の典型的なパターンです。ほとんどの場合「総医療費」が記載されず、窓口での自己負担分の金額だけが提示されるというものです。・医療費の自己負担割合(小学校入学後~70歳未満)=3割 χ(総医療費)×0.3(3割)=21万円(自己負担分) χ(総医療費)=21万円÷0.3=70万円...

  14. 過去問のツボ押し~教育ローンと奨学金~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~教育ローンと奨学金~

    2018年5月2級学科試験より教育資金に関する問題は、「教育ローン」のことなのか、「奨学金」のことなのかを意識して問題文を読むことが大切です。たずねられる内容自体はそれほど難しいものではありませんが、限られた時間下では知識を混同しがちです。・教育ローン=原則親が借りる。・奨学金=学生(子)が借りる。と整理理解しておくと、記憶した知識を正しく取り出すことができます。問題文4.は借りる人が別なの...

  15. 過去問のツボ押し~可処分所得~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~可処分所得~

    2017年1月2級学科試験より可処分所得は、どのテキストにも最初の方に出てくる基本中の基本知識ですが、検定直前の頃には苦手な部分に取り組むあまり、最初の頃に覚えたものはつい忘れがちです。特に過去問を少しひねった形で出題されると、意外に深く考えてしまい後の解答に影響を与えかねません。可処分所得とは、収入の中で「個人で自由に使って(処分して)よい(可)」部分という意味です。可処分所得 = 年収-...

  16. 過去問のツボ押し~ライフプランニングでの各種係数~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~ライフプランニングでの各種係数~

    2017年9月2級学科試験より資金計画で使う各種係数については、どういった場合にどの係数を用いるかに関する出題になります。初歩の基本 ・終価=「将来」/現価=「現在」 ・年金=「毎年(積立/受取、取り崩し)」問題文中のように「~年後」という記述があったら将来のことだから「終価」、「当初の元金」なら現在のことだから「現価」というふうに判断します。したがって「終価指数」「現価指数」の問題なら...

  17. 過去問のツボ押し~確定拠出年金~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~確定拠出年金~

    2017年9月2級学科試験より確定拠出年金は問題文4にもあるように、改正により平成29年から全国民が加入できるようになりました。その関係なのか平成28年頃から毎回出題される項目となっています。最も重要視される部分は、第1号加入者(自営業)の扱いです。個人型年金1号加入者 ・掛金の限度額…国民年金基金の掛金と合わせて68,000円 ・月額掛金の単位…5,000円から1,000円単位「付加年...

  18. 過去問のツボ押し~遺族厚生年金~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~遺族厚生年金~

    2017年1月2級学科試験より遺族厚生年金に関する基礎知識を問うものですが、最も大切なのは「中高齢寡婦加算」に関するものです。中高齢寡婦加算・夫死亡時、40歳以上65歳未満・子のない妻、または大学1年生相当以上の子がいる妻特に該当年齢がキーポイントになることが多く、級および学科、実技を問わず試験対策の急所部分といえます。遺族基礎年金は末っ子が高校を卒業すると停止されますが、遺族厚生年金は継続...

  19. 過去問のツボ押し~健康保険~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~健康保険~

    2017年5月2級学科試験より健康保険に関する問題ですが、ずいぶん細かい所まで言及した設問文が並び、本番の緊張した雰囲気ではまともに読んでいると焦るかもしれません。ですがこの問題が求めているものは、退職後の「任意継続保険者」の要件に関する正しい知識です。(正解:4)・健康保険に継続して2ヵ月以上加入・退職後20日以内に申請この要件により、退職後2年間、退職直前の健康保険に加入することができま...

  20. 過去問のツボ押し~FP業務~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~FP業務~

    2017年9月2級学科試験よりFP業務は大きく2つにまとめておきます。 ・説明業務…「説明した」「解説した」「提示した」・協働業務…「証人」「後見人」「提携」今回の過去問では、「説明」という言葉をきちんと拾えるかがカギと言えます。(正解1)2017年5月2級学科よりファイナンシャル・プランナーの顧客に対する行為に関する次の記述のうち、関連法規に照らし、最も不適切なものはどれか。1.税理士資格...

総件数:20 件

似ているタグ