ライントランスのタグまとめ

ライントランス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはライントランスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ライントランス」タグの記事(5)

  1. 真空管アンプのアウトプットトランス - Studio Okamoto の 徒然日記

    真空管アンプのアウトプットトランス

    トンビさん製作の真空管プリアンプは非常に音が良いのですが、メインシステムにつなぐとノイズが出てしまいます。原因はメインシステムのパッシブチャンデバにあると思います。しかし、パッシブチャンデバは、電源部がないので、ノイズ対策に限界があります。バランス転送にすれば、ノイズがでないことは、実証済なのでプリアンプにバランス出力を組み込むため、いろんなトランスを試してきました。インピダンスは600Ωか...

  2. 新アイテム - Studio Okamoto の 徒然日記

    新アイテム

    真空管プリアンプのNewアイテムが入荷しました。まずは、JJ製ロングプレート802S(12AU7 ECC82相当)です。金メッキロングプレートは、音が良いとの情報があるのですが、今回購入したモノは、足に金メッキはされていません。真空管の足に金メッキするのはどうかなんだろう、懐疑的に思っていたので気にしないことにします。黒いものは、アムトランスの抵抗です。抵抗にしては、結構な値段です。プリアン...

  3.  Lundahl LL1524 その3 - Studio Okamoto の 徒然日記

    Lundahl LL1524 その3

    プリアンプの製作であるトンビさんに教わって、信号の取り出し位置を変更しました。 ゲイン調整の抵抗の前から音声信号を取り出しました。アンバランス回路を切った方がよいかもしれませんが、取り合えず、バランス出力の場合のゲインを確認します。トランスは、タムラの2kΩ:600Ωです。おっと。ボリューム復活です。時間が遅いので、大きな音は出せませんが、夜中の視聴では、ボリュームはワンクリックで十分です。...

  4. Lundahl LL1524 その2 - Studio Okamoto の 徒然日記

    Lundahl LL1524 その2

     真空管プリアンプのバランス出力用トランスLUNDAHL LL1524を組み込む前に、トランスを外付けとしてテストを行いました。おっと。ノイズがすごい。バランス出力のグランドはトランスの2次側の中点としましたが、これじゃダメなようです。問題点がもう一点。ボリュームがかなり小さいです。困ったな。LL1524は1+1:1+1のトランスなので、単純にプリアンプのアンバランス出力をトランスでバランス...

  5. Lundahl  LL1524 その1 - Studio Okamoto の 徒然日記

    Lundahl LL1524 その1

    真空管プリアンプのOutput トランスとして使うため、LUNDAHL LL1524を購入しました。LL1538と大きさを較べると、平面積で2倍、高さで1.4倍です。トライテックのHPによると■ 周波数特性5Hz ~ 100kHzという広い周波数特性をもっています。■ 巻線比1 + 1 : 1 + 1■ 最大出力レベル+24dBu ( 50Hz )となっています。広い周波数特性と最大出力レベ...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ