ラファエロのタグまとめ

ラファエロ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはラファエロに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ラファエロ」タグの記事(10)

  1. 「神の画家」「イタリアで最高の教師」と言われたラファエルの師:ペルジーノ - dezire_photo & art

    「神の画家」「イタリアで最高の教師」と言われたラファエ...

    ペルジーノ"Painter of God" Peruginoラファエルの先生として有名なペルジーノ(1448~1523)は、「神の画家」と称されたイタリアの画家で実業家でした。ペルジーノは、フィレンツェとペルージャの2つの工房で数十年の間非常に活発に制作活動をしていて、当時最も有名で影響力のあるイタリアの画家で「イタリアで最高の教師」と言われていました。

  2. プッサンとラファエッロ - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    プッサンとラファエッロ

    プッサンとラファエッロ─借用と創造の秘密─愛知県美術館開催期間:1999年3月5日-4月11日主催:愛知県美術館・中日新聞社サイズ:A4

  3. ラファエロの手がけた回廊 - Via Bella Italia ベッライタリア通りから

    ラファエロの手がけた回廊

    ローマの中心地区からトラステヴェレ地区への橋を渡ってすぐ、ちょっと1本道に入ったところにファルネジーナ荘はあります。ここはラファエロのフレスコ画がガラテアの勝利で有名です。ラファエロファンの私もこの絵が見たくて、随分前ですが、行ったことがあります。入ってすぐに恋い焦がれたガラテアの勝利があり、結構、拍子抜けしたんですが笑えええ、これ見ちゃったら、後は何があるの?ぐらいな感じに2階に上がって、...

  4. バロック様式の壮麗な威容を誇る建物と偉大な芸術家による1,400点以上のコレクション - dezire_photo & art

    バロック様式の壮麗な威容を誇る建物と偉大な芸術家による...

    バルベリーニ宮殿国立古代美術館Palazzo Barberini バルベリーニ宮殿は、バルベリーニ広場の南東に位置する17世紀のローマ貴族の最も豪華な邸宅をしのぐ印象的なバロック様式の壮麗な威容を誇る建物で、当時の最も優美豪華な別荘で、現在は国立古代美術館として偉大な芸術家による1,400点以上の作品が収められています。バルベリーニ宮殿は、並外れた装飾装置を備えた印象的な建築物である建物を知...

  5. 円熟期のラファエロや柔らかい色彩の優雅な巫女や天使とブラマンテの回廊 - dezire_photo & art

    円熟期のラファエロや柔らかい色彩の優雅な巫女や天使とブ...

    サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会SantaMaria della Paceサンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会は、ナヴォーナ広場の北部から西へ約100m、サンタマリアデルアニマ教会の隣にある第5ローマリオーネ ポンテに位置しています。15世紀の外側に4対の支柱で支えられたバロック様式のファサードと内部の繊細で素晴らしい内装と絶妙なモニュメントが残っています。ルネサンス期最大の建築家・ドナ...

  6. ラファエロの・・・ - 絵・空・ごと日記

    ラファエロの・・・

    今日は、積み重ねた作品の隙間に見つけた懐かしい作品。18歳の頃、ラファエロの作品模写。題名は〜・・・忘れた!あとで確かめておこう。ハルダッサーレ・カスティリオーネの肖像だった。今見るとまったく似てないけどね、。本物より厳しい顔!もう少しちゃんと観察しなよって自分に伝えてやりたいわ!もう30年以上前のもの。そんなに年を取ったのかな〜?昨日のようにおぼえてるけどな〜絵の題名は忘れてたけど。&am...

  7. 今日から11月 - まほろば日記

    今日から11月

    今日から11月ですね。今年も残すところあと2か月。淡々と、粛々と、それでいて日々の瞬間を大切に過ごしたいものです。想い出のアルバムから2枚を選んで載せてみました。ラファエロ『コロンナの聖母』フェルメール『ぶどう酒のグラス』2作ともベルリン絵画館(Gemaeldegalerie Berlin)所蔵※写真撮影が許可されています年末は徐々に気ぜわしくなるものですが、今年は特に静かで落ち着いた時間も...

  8. 玉川の学窓から - 花の写真手帳

    玉川の学窓から

    私は、今年4月から玉川大学通信過程の学芸員コースで学んでいます。キャンパスでは、ラファエロの絵画「アテネの学校」の陶板で、少年少女は、西欧の名画に触れる至福の時を過ごす。創立者・小原國芳の刻む言葉人生の最も苦しいいやな辛い損な場面を真っ先きに微笑を以て担当せよが、チャペルのある学窓の人生の基盤となった。

  9. イタリア・アート紀行②ヴァチカン美術館(1) - 美術とバイクと旅行と登山とエトセトラ

    イタリア・アート紀行②ヴァチカン美術館(1)

    イタリアでの最初の美術館めぐり。最初はヴァチカン美術館からです。 ・ヴァチカン美術館・中庭(作品はアルナルド・ポモドーロ「球体の中の球体1990」) 現代美術らしい、示唆に富む作品です。奥の松ボックリは1〜2世紀頃に鋳造されたもののようです。 まずはホテルの朝食。 小さなホテルですのでレストランは10席程度しかありませんが、パン、シリアル、チーズ、ハム、果物、フレッシュジュースなどひと通りの...

  10. ヴァティカン宮「岡村崔写真展」ラファエロの壁画 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    ヴァティカン宮「岡村崔写真展」ラファエロの壁画

    ヴァティカン宮「岡村崔写真展」ラファエロの壁画大丸ミュージアム・梅田開催期間:1987年2月18日-3月2日主催:ラファエロ壁画写真展実行委員会サイズ:B5

総件数:10 件

似ているタグ