ランニング教室のタグまとめ

ランニング教室」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはランニング教室に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ランニング教室」タグの記事(21)

  1. 2019夏の函館山 - 函館マラソンを走る 

    2019夏の函館山

    函館山は標高で言うと300m少しでそれ程高い山ではないが、元町地区へ入り山の麓から見上げると結構な迫力がある。今日は山頂付近にガスがかかり見えない為、雲の上の楼閣のようだ。これを登るのだから気持ちが引き締まる。そこへ辿り着かなければ見えないものがあるのは人生もランニングも同じだ。ここからは見えない楼閣の中は一体どうなっているというのか。登り口の駐車場は今日もいっぱい。函館山は幼稚園児でも登れ...

  2. 2019ランニング教室後期START~オーバーヒートに気を付けて~ - 函館マラソンを走る 

    2019ランニング教室後期START~オーバーヒートに...

    2019ランニング教室の後期スタートしました。函館マラソン後1週間ということでしたが皆さんの元気な姿に驚かされます。この1週間一度でも走った人はもう次の大会に向けて心と体が動きだしてい証拠です。大会後1週間というのは次の大会への所信表明みたいなもので身体にはもちろん疲労がありますが、走ることで、身体に次の大会に向けて準備をすることを宣言しておくのです。マラソンの一番効率のいいPBの出し方とい...

  3. 2019函館マラソン9 - 函館マラソンを走る 

    2019函館マラソン9

    マラソンの中でも寒暖差がある。ここはいかないと!と気持ちも身体も熱くなっている時。いるのかいないのサーモグラフィーを使わないとわからないぐらい冷静に走っている時。こういう時は、体のどこにも力が入っておらずただ足を前に置いていっているだけ。こういう時間が長ければ長い程、調子がいい。緑の島を抜けてからはそんな時間が訪れた。・・・嵐の前の静けさ。(ちょっとかっこええやん)2回目のともえ大橋をひた走...

  4. 2019函館マラソン6 - 函館マラソンを走る 

    2019函館マラソン6

    ハーフを過ぎると漁火通りから雰囲気ががガラリと変わり函館駅周辺、大門地区へと入っていく。今や五稜郭周辺の本町が函館の歓楽街として賑わうがかつてはこの大門地区が函館随一の歓楽街だったという。今は外国からの観光客も増えキラリスという商業施設ができたりかつての大門も賑わいを取り戻している。かつての.....何か忘れている気がする。かつての...ようかん。五勝手屋羊かんだ!函館マラソンVrがレア!確...

  5. 2019函館マラソン5 - 函館マラソンを走る 

    2019函館マラソン5

    このレースで、初めて風を背中から感じる。出口さんが登りをあまり得意としていないことから折り返しの500m手前にある緩やかな坂で前に出た。ついてこられるかなと思ったが折り返しの時に確認すると既に20mほど差ができていた。ここからは自分のペースで行く。コースの試走も2回程している。大丈夫だ。と自分に言い聞かせる。自分のペースで行くといっても目一杯のスピードで走るのではなくあくまでも2時間40分を...

  6. 2019函館マラソン4 - 函館マラソンを走る 

    2019函館マラソン4

    漁火通り。文字通り漁火をたいたイカ釣り漁船が夏から秋にかけての真イカ漁の時期に夜の津軽海峡を照らす様を見る事ができる。函館に来た5,6年前までは陸(おか)からもイカが釣れてスミをはきながら上がってくるイカに感動した。10杯、20杯と釣れるので、イカを食べるまでの下準備が大変だった。だからちょっと前まではイカは買うものでなくイカール星人みたいに台所を襲ってくるぐらい襲来していたのだ。しかしここ...

  7. 2019函館マラソン3 - 函館マラソンを走る 

    2019函館マラソン3

    マラソンゲートをくぐるとまずは序盤、梁川町の町の中を三角形にぐるっと回る。テキサス前を通過する山下コーチ、山岸さん先頭のヴェイパー集団につられて走ってはまずいと少し距離を置く。それでも3分23秒で1kを入ってしまった。落ち着け。いや調子いいんだからいっちまえ。このとばっちりは必ず後半予期せぬところから飛んでくるぞ。応援してくれる人にいい走りをみせろ。冷静にプラン通りいけという自分とイケイケド...

  8. せっかくの時 - 函館マラソンを走る 

    せっかくの時

    GWに入り令和に元号が変わっても朝の気怠さは変わらない。藻が蔓延る海を歩くような足取りで階段を降りリビングの電気をつける。目がスカッと覚めて背中がシャキとのびて朝から力こぶ作ってヨシヨシとほくそ笑むような日は1年の中でも数えるほどしかない。コーヒーを入れるためにヤカンに水をいれチッチッチッ、ボッとガスに点火する。お湯を沸かしている間洗濯物を取り込む為に脱衣場の扉を開けると乾燥機がサーキュレー...

  9. 2019伊達ハーフマラソン~ビューティフルデイ~ - 函館マラソンを走る 

    2019伊達ハーフマラソン~ビューティフルデイ~

    ビューティフルデイ!こんなに穏やかな伊達日和は中々ない。それぐらい、コンディションに恵まれた大会でした。これだけでこの大会にエントリーした甲斐があったと思ってしまいます。佐藤さんと、谷口さんが春run漫の応援グッズで道南RCだけでなく、走りゆくすべてのランナーに応援です。こんな日に、走れないのがもどかしいのか応援しながらラウンジをする佐藤さんスクワットをする谷口さんもう体を動かしたくて仕方が...

  10. 3月のランニング教室 - 函館マラソンを走る 

    3月のランニング教室

    今年は雪解けが早かったにも関わらずしぶとく雪がちらつく寒い週末が続いています。3月24日(第2回)、31日(第3回)のランニング教室も雪がちらつく中ですが行われました。寒かったので参加人数も少ないかな・・・とおもいきや、皆さん雑巾をしぼるようにやる気をひねり出して千代台にやってこられました。メニューはまだまだ3回目ですので比較的、穏やかなメニューの10kペース走です。Aチームは山下コーチが引...

  11. 2019ランニング教室START~オーバーワークに気を付けて~ - 函館マラソンを走る 

    2019ランニング教室START~オーバーワークに気を...

    2019ランニング教室始まりました。今年は新聞にランニング教室のSTARTが掲載された事もあって新しい方もたくさんこられました。コーチ陣も、もう中々いい歳ですのでお名前を覚えるのに時間がかかるかもしれませんがどうぞご了承ください。さて初回ということもあり皆さん少し頑張りすぎのように見受けられました。暖かくなって、体が動くともっている筋力以上の出力をかけてしまいがちです。雪の上で走っていた時は...

  12. 2019ランニング教室開幕! - 函館マラソンを走る 

    2019ランニング教室開幕!

    走っていても陽射しは暖かいけど、残雪のカーディガンを羽織った横津岳から吹き降ろす北風がまだまだ冷たい函館の街で2019ランニング教室がスタートします。今年の冬も五稜郭公園にて自主トレが毎週のように行われてれました。ランニングタイムの上がる大原則は「継続は力なり。」です。自主トレの人数も年々増えて行ってシーズンに対する意気込みが伝わってくるようです。3,4年前は冬は冬眠しますという方のほうがお...

  13. 除貧相男子を目指す - 函館マラソンを走る 

    除貧相男子を目指す

    鏡に映る頬骨の浮かび上がった貧相な顔に美術の教科書に載ってたゴッホの自画像を思い浮かべた。(ゴッホに失礼だ)2月は400Kを走り、28日には所々に残雪の残る恵山道で25kも敢行した。晩ごはんを食べて、寝る前に体重計に乗ると53kgまで落ちていた。11月56kg台であったから1か月で1kづつ減っていることになる。53kgと言えば、これは現役時代の私のベスト体重である。それでは走っている感覚もベ...

  14. いよいよ2018函館マラソン - 函館マラソンを走る 

    いよいよ2018函館マラソン

    大会2日前の金曜日は朝から雨です。(いきなり、しけたこと言うなあ)スタート、ゴールのある千代台はテントやマラソンゲートが設置されました。いよいよ、3回目を迎える函館マラソンが開幕しますね。皆さんの体調はいかがでしょうか。当日の天候は今のところ朝方に雨がぱらつきそうですがいい具合にスタート時間にはやむという予報です。強い太平洋高気圧に押し上げられ本州の方では続々と梅雨が明けていますが押し上げら...

  15. 五稜郭で走り込み - 函館マラソンを走る 

    五稜郭で走り込み

    函館マラソンまで後1か月となりました。練習の量、質的にもピークを迎え疲労が最もたまっている時期かもしれません。ランニング教室でも例年通り、五稜郭にて距離走を行いました。30kを行く人もいるのでいつもより早い8時半スタートです。天気は良すぎるぐらいの晴れ、ちょっと気温が高すぎる感じもしましたがレースの当日は更に気温が高い事も予想されます。あんまり贅沢は言ってられません。贅沢は言わず、痛みを受け...

  16. ランニング教室版大人のタイムトライアル - 函館マラソンを走る 

    ランニング教室版大人のタイムトライアル

    天気のずっと優れなかったGW後半の最終日。今朝もカーテンを開けると、第一回の函館マラソンを思い出させるような重く鈍い空。しかも気温も低くただでさえ少し敷居が高く感じるトラック練習なのにせめて気持ちよく走ってもらいたかったなあと沈痛な思いで函館マラソンのスタート、ゴール地点でもある千代台へ向かいました。しかし!集合時間になると、雨も上がり風もなくタイムトライアルには絶好のコンディションに!ゼッ...

  17. スピード練習というジャングルへ - 函館マラソンを走る 

    スピード練習というジャングルへ

    先週の雨でスライドした4月3回目のランニング教室が行われました。ちょうど、この日は千代台で道南春季選手権が行われており、場所を五稜郭へ移動して練習しました。私は道南春季の審判をしていた為五稜郭へはいけなかったのですがコーチ陣が多かった事や宇佐美さんの鼻息が荒かったので充実した(ハードな?)トレーニングになるなこれは、という予感はしていました。しかし皆さんにそれは伝えず心のなかで『グッドラック...

  18. あきれる程ステキなペース走 - 函館マラソンを走る 

    あきれる程ステキなペース走

    すっかり春ですね。北海道では桜のつぼみが膨らむと新入生、新入社員、新入ランナーたちが希望に胸を膨らませる季節です。ランニング教室の4月2回目の練習はペース走でした。ペース走というのは、マラソントレーニングの中でも一番オーソドックスなトレーニングです。簡単に言えばジョッグではない(この意識が大事)比較的余裕のあるペースからなるべくレースペースまで徐々に近づけていくという練習です。これをビルドア...

  19. 函館山ヒルクライム!inスプリング - 函館マラソンを走る 

    函館山ヒルクライム!inスプリング

    函館山ヒルクライム!ヒルクライムという言葉。カッコいいですよね!登りっぱなしという、妥協を許さない荒々しさに心をグイッと鷲掴みにされます。箱根駅伝の5区。ツールドフランスのピレネー越えなどそこに人が惹きつけられるのは、クライマーの息遣いや、足のこわ張りなどが伝わりあたかも自らがその山へ挑んでいるかのように感情移入してしまうからだと思います。気温が下がり、気圧が変化し天気は刻一刻と変化する。そ...

  20. 2017ランニング教室START! - 函館マラソンを走る 

    2017ランニング教室START!

    いよいよ始まりました。春爛漫と言う言葉がふさわしい色とりどりのランニングウェアに身を包み皆さんが集まってこられました。ほとんどが去年まで参加されていたメンバーですが新しい生徒さんの顔も見られます。私なんかは、人見知りするタイプなので新しい生徒さんの気持ちが、よく分かります。「なんかみんな仲よさそう・・・、この雰囲気に入っていけるだろうか。」でも、きっと大丈夫ですよ。私も4年前、初めてコーチと...

総件数:21 件

似ているタグ