ラヴェルのタグまとめ

ラヴェル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはラヴェルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ラヴェル」タグの記事(10)

  1. Boléro - まほろば日記

    Boléro

    子供の頃、父がある日、”まほろばは、モーリス・ラヴェルのボレロという曲を聴いたことはある?”と私に尋ねた。”この曲は素晴らしい。一見単調に思えるリズムの繰り返しだけれど、しばらく耳を傾けていくうちに、知らず知らずのうちになぜか興に入るんだよ。””なんなのだろうね、この素晴らしさは。”そんなことを呟きながらレコードをかけてくれたことがあった。ひとつの同じリズムが最初は無機的に静かに繰り返されて...

  2. 眞子様とボレロ(いろいろ追記しました) - ルーン・タロット予報

    眞子様とボレロ(いろいろ追記しました)

    皆様、こんにちは。ルーンタロット予報へようこそ。お久しぶりの更新になります。しばらく、義母、義父が体調を崩していたり、子供たちが風邪をひいたりと、中々、次のブログに手が付けられない状態でした。今日は、ふと思ったことをつらつらと書いていきたいと思います。最近、眞子様の誤婚約について取り上げられるようになりましたね。ただ、これまでと違うのがKK親子の疑惑だったり、素行の悪さ、身内が3人も不審な死...

  3. 亡き王女のためのパヴァーヌラヴェル - 風任せ自由人

    亡き王女のためのパヴァーヌラヴェル

    今回弾いたのは、フランス近代の作曲家ラヴェルが作曲した「亡き王女のためのパヴァーヌ」。二度目の録画、投稿だ。前回投稿したものは録音が悪く、譜読みで明らかなミスもしていた。この曲はラヴェルが24歳の1899に作曲され、1902年に初演された。ほのかに憂いを帯びた優雅なメロディーで人気を集め、1910年には作曲家本人によって管弦楽曲に編曲された。その後、ポピュラー音楽やジャズでも取り上げられるな...

  4. 左手のピアニストになれるかって?? - 音作衛門道楽日記

    左手のピアニストになれるかって??

    コロナで世の中は閉鎖的になり、音楽は音楽業界は壊滅に近くなりさらに低周波音被害者はいや被害者らしき人は今も立ち往生して行き場をなくし見えない戦争跡のようなそんな社会になって久しいそんなことを考えていたらこんな若い演奏者にぶち当たった僕、右手がきかなくなってジストニアって病気で脳の神経が混乱??して右手の中指とか麻痺して音楽学校の卒業試験間近で担当官に相談したら卒業試験は受けなくちゃならないが...

  5. 灯りになるバラと音楽と振袖 - バラやらナンやら

    灯りになるバラと音楽と振袖

    「なぁ、今アタマのなか何が流れてる??」廊下ですれ違ったお父ちゃん(ダンナ)にふと聞いたその時アタシは『高橋一生が歌うエレカシの俺たちの明日』日和見という言葉(byお父ちゃん)ゲゲゲッそれは先日アタシが言うた言葉やないか別にお父ちゃんに向かって言うたわけとはちゃうけど・・日和見のハナシは聞きたい気分じゃなかったのでふぅ~~~んと言っとくお父ちゃんもアタシの歌が聴きたくないのかふぅ~~~んと言...

  6. ボレロ その① - ヒロシのCD部屋

    ボレロ その①

    所有しているボレロのCDすべての演奏時間を書き出そうと長年思い続けて、いまだ実らず。一覧表にしたら面白いだろうなぁ、と思うのはオタクの証拠。ただ、数が多過ぎて全部を探し出すのに手間がかかるので、時間がある時にしよ〜と思ってたら…ね。ヒマ人みたいだし。。。そもそも、そうしてみようと思ったのは、ヤルヴィシンシナティ(2003年録音)の演奏がやたら速かったから。そのトータルタイムはなんと、13分3...

  7. フランスもので弾きたい曲を発見 - きんどーちゃんのピアノルーム

    フランスもので弾きたい曲を発見

    前回の記事の続き「発表会の候補曲ドビッシューその2」があるのですが。プレリュード以外で候補曲があって、その曲も練習を始めているのでその曲について書くつもりだったけど。例によって語り出すと長くなりそうな気配がしたので閑話休題。本題の前にちょっと雑談&お喋りを。(普段の記事から雑談感満載の単なるダラダラしたお喋りですけどね)いろんな曲を漁って選曲祭りを開催中、いろいろ気になる曲を見つけてしまいま...

  8. ソナチネ~第2楽章ラヴェル - 風任せ自由人

    ソナチネ~第2楽章ラヴェル

    こんな雨模様の日の楽しみはピアノ。ラヴェルのソナチネの第2楽章を録画してYouTubeにアップした。その第2楽章は「メヌエット」。メヌエットはフランスの民俗舞踊に由来する3拍子の曲で、バッハが後妻アンナのために捧げた音楽帳『アンナ・マクダレーナ・バッハのためのクラヴィーア曲集』に収録されたメヌエットがよく知られている。そのメヌエットは以前はバッハの作曲とされていたが、ぺツォルトが作曲したもの...

  9. ソナチネ〜第1楽章ラヴェル - 風任せ自由人

    ソナチネ〜第1楽章ラヴェル

    ラヴェルのソナチネはとても素敵な曲。楽譜を10年ほど前に手に入れて挑戦してみたが、慣れない和音や早い動きに指が馴染まず、すぐに諦めてしまった。その後、現在居住するマンションに引っ越してからAVANT GRAND N3で改めて練習をしてみたところ、第1楽章と第2楽章はどうにかなりそうな気がしてきた。そうは言っても満足のいく演奏にはそう簡単に近づけるものではなく、今回の録音には未消化の部分や技術...

  10. 亡き王女のためのパヴァーヌラヴェル - 風任せ自由人

    亡き王女のためのパヴァーヌラヴェル

    彩とりどりの想い出をありがとういつかまたあの桜の木の下で…下の題名をクリックすると動画が見られます。♪亡き王女のためのパヴァーヌ

総件数:10 件

似ているタグ