リストのタグまとめ

リスト」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはリストに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「リスト」タグの記事(23)

  1. デューランゆかり 横山直宏 オンラインサミットの極意 実践に関する疑問と検証 - Mnb78のおらが郷のブログ

    デューランゆかり 横山直宏 オンラインサミットの極意 ...

    デューランゆかり 横山直宏さんの「オンラインサミットの極意」。オンラインサミットの極意の手法を使うと、集客の知識がさほどない人が、「ほとんど自分で集客せずに」1,000リストから5,000リストを集めています。って、いっているけど手を出すのはどうだろう・・・大丈夫?気になるけれど、迷うよね。⇒2chのスレでは?確認してみるオンラインサミットの極意は、日本でこれまであまり知られていなかったオン...

  2. 牧野 普久(まきの くにひさ)のZoom集客の奥義 評判と感想 - Mnb78のおらが郷のブログ

    牧野 普久(まきの くにひさ)のZoom集客の奥義 評...

    ある人のレビュー記事で知った牧野 普久(まきの くにひさ)さんの「Zoom集客の奥義」。Zoomを使ったオンラインセミナーなら 会場を手配する必要がない 会場のコストが0円で開催できる 会場のキャパを考えなくていい 会場へ移動なしで出張費0円などのメリットを得ることが可能!評価が悪くなかったので、興味を持ったけれど私でもそんな結果、出るのかな?簡単にうまくいくわけないよね・・・⇒2chの口コ...

  3.  ジャケットに魅かれて。。。11 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて。。。11

    2019年7月17日(水)MAKING LOVE TO CLASSICAL MUSICNaiveクラシック・レーベル最大手のひとつであるナイーヴ。古楽から現代までのすべてのレパートリーを網羅し、演奏のクオリティは最高鋒を追求しながら、高音質でも知られる。また、ジャケットのデザイン性にも優れ、聴いて見て、両方で楽しませてくれる好きなレーベルだ。ナイーヴな僕?にとっては、この得体の知れないジャケ...

  4. リスト;ピアノ協奏曲第1番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    リスト;ピアノ協奏曲第1番

    ショパンと並んで、ピアノの名手であるリスト。彼のピアノ協奏曲第1番を掲載。名曲ですな。

  5.  名盤◎銘盤NO25ベルマン、物憂いイタリアの側面を見せる名曲を弾く - 気楽おっさんの蓼科偶感

    名盤◎銘盤NO25ベルマン、物憂いイタリアの側面を見...

    2019年3月13日(水)リストの「イタリア」朝、ベルマンのピアノを聴く。昨夜のエッセイの続きじゃないが、先日ちょうどNMLの新着タイトルで配信されていた一枚。リスト弾きで名を馳せたラザール・ベルマンで「巡礼の年 第2年 イタリア」 、そして「巡礼の年 第2年(補遺)ヴェネツィアとナポリ」、ここでのイタリアはおおよその想像に反して、物静かな、物憂い側面を見せる。1838年、リスト27歳から2...

  6. 活き活き - パン - お茶畑の間から ~ Ke-yaki Pottery

    活き活き - パン

    さてさて、Ke-yaki Kitchenではパンのご予約も承っておりま〜す。この日は訪問者があるから、、、とか今度の日曜日は家族一同大集合だから、、、とか手土産にひとつ持って行こうかしらん、、、とかそんな時、是非思い出して下さい🤗「どんなパンがあったかしらん?」とお悩みの際にはBread List (パンのリスト)をご用命下さい❗️とにかくお気軽にお問い合わせ下さいま...

  7. リスト;リゴレットパラフレーズ - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    リスト;リゴレットパラフレーズ

    リストは、ハンガリー出身のピアニストで作曲家。「ピアノの魔術師」の異名がある。リスト。ショパンとは色々な意味で対比されて面白いが、リストの曲には情熱と激しさがある。「リゴレットパラフレーズ」はヴェルディの歌劇「リゴレット」からリストなりの編曲を加えて作曲したものでリストらしさが出ていて素晴らしい。YundiLIさんの演奏。

  8. 自家製りんごケーキに涙 - 流れる雲のように

    自家製りんごケーキに涙

    自家製りんごケーキが出てきた。がっ、シナモンの香りがしない(泣)シナモンを感じられないりんごケーキなんてピアノの音色がしないカンパネラを聴かされるようなもんだわぁ。

  9. リスト;月の光 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    リスト;月の光

    リストのピアノ曲の第2弾、「月の光」リスト。ピアニストとしても有名。天才音楽家にありがちな繊細さが上手く表現されている。演奏は辻井伸行さん。「亡き王女のためのパヴァーヌ」も掲載されている。逸品・傑作である。

  10. リスト;ラ・カンパネラ - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    リスト;ラ・カンパネラ

    リストはハンガリー出身の作曲家、ピアニスト。ショパンと対比される音楽家である。リスト。ピアノの名手であったらしい。ショパンに比べ、作風は繊細且つ強烈であり、難解でもある。ここでは、ラ・カンパネラを取り上げて置く。辻井伸行さんの演奏で~。

  11. Liszt Romance S.169 終了 - No Man's Land

    Liszt Romance S.169 終了

    やっと終わったプロジェクトピース。本日やっと先生から「ま、よしとしましょう」と言われた。ちょっと前の録音だけど、この曲↓最後の決め手のポイントは、コントロール可能で適度な演奏速度を「ホーム」ペースとして保ち、ルバートで自由に速度を変化させても必ずそこに戻ること。聴き手がそのホームペースを感じられること。演奏の意図が感じられ、ミス等でそこから脱線してもフレキシブルに調整してもとの路線に戻り演奏...

  12. フランツ・リスト生誕207年の誕生日 - klavierの音楽探究

    フランツ・リスト生誕207年の誕生日

    今日10月22日は、フランツ・リストの207年目の誕生日です。5年ほど前に「音楽家の家」という本の記事を書きましたが、その中に載っている、リストが人生の中期~後期に住んでいた、ドイツのワイマールにある家の写真の一部です。リストが演奏旅行から持ち帰った家具、絨毯、ベートーヴェンのデスマスク、ハイドンのものだった物机、貴重な自筆譜の数々......またリストの広い教養を物語るたくさんの書棚、そし...

  13. 欲しいもの - 暮らしのおともに

    欲しいもの

    あまり読み返す事の無い雑誌を思い切って整理して、処分。1冊700円だの800円だのするのに割と簡単に買ってしまい、『ふーん』とか『へーぇ』とか言いながらおんなじようなテーマや特集を漫然と目を通して本棚にしまう。情報は、どんどん変わっていき行ってみたいなぁ、と思ってた雑誌に載ってたお店はいつのまにか無くなってたりする。以前は切り抜きして『スクラップ』しておいたのだけどそれは時間の経過とともにく...

  14. あいれふホールでの響き~発表会にて~ - klavierの音楽探究

    あいれふホールでの響き~発表会にて~

    3月25日(日)pm12:45~あいれふホールにて。現在通っているピアノ教室の全体発表会、私が初めて参加したのは10年前。長かったような、あっという間なような、色々な曲に巡り合った10年間。響きの良いと言われているあいれふホールでの発表会に参加するのは私は初めてでした。(3年前は、亡父の闘病中のため不参加)やはり人の演奏を聴いていても、すごく響きが良く聞こえてきました。この建物の10階がホー...

  15. Aimez-vous Liszt ? - klavierの音楽探究

    Aimez-vous Liszt ?

    明日はピアノ教室の発表会。今回はいつもの会場、末永文化センターではなく、「あいれふホール」にて行われるため、響きの良い曲、そして生涯のレパートリーとしたい大好きな曲、フランツ・リスト” 詩的で宗教的な調べ ”第2番「アヴェ・マリア」に再チャレンジする事にしました。何度レッスンを受けても、その度に先生から新しいアドバイスを頂き、一つの曲の中からたくさんの発見がありました。直前レッスンでのアドバ...

  16. Schubert: 4 Impromptus D899 Etc@Mona Asuka - MusicArena

    Schubert: 4 Impromptus D899...

    昨夏のOEHMSのリリースで、Mona Asuka(モナ=飛鳥・オット)の公式デビュー盤。http://tower.jp/item/4575308/Mona Asuka plays Schubert and LisztFranz Schubert:4 Impromptus, Op.90, D899No.1 in C MinorNo.2 in E-Flat MajorNo.3 in G-Fla...

  17. リスト/ピアノソナタロ短調使徒7章25節-26節 - 原語から見える聖書のイメージ

    リスト/ピアノソナタロ短調使徒7章25節-26節

    文化村ル・シネマで「新世紀パリ・オペラ座」を見てきましたオペラ座通りからちらりとあれがオペラ座かと見ただけそのうち新オペラ座がバスティーユに出来て・・新世紀パリ・オペラ座ってなんだろう?その程度の関心からですいきなり演目がシェーンベルグのモーゼとアロンでびっくりしましたちょうど「ステファノの説教」から子牛のところを読んでたので偶然です見事に肥えた本物の牡牛を舞台に上げてあれやこれやのお世話そ...

  18.  新盤☆秀盤NO22少年から青年へ~ダニール・トリフォノフの実力 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    新盤☆秀盤NO22少年から青年へ~ダニール・トリフォ...

    2017年10月26日(木)20歳でドイツ・グラモフォンと専属契約を結んで、今やドル箱スターピアニストに成長したアリス=紗良・オットだが、ドイツ・グラモフォン契約の男性版といえばこの人だろう。甘いマスクだけでなく腕はすでに超一流の域に達しているダニール・トリフォノフ。同じ20歳のとき、前年のショパン国際ピアノコンクール第3位入賞に続き、ルービンシュタイン国際コンクールで第1位に輝き、その直後...

  19. Orfeo ed Euridice  チケット届く - klavierの音楽探究

    Orfeo ed Euridice チケット届く

    3連休中の日曜日、教会から帰宅したら、ちょうど待っていたチケットが届きました。パリ、シャンゼリゼ劇場より。5年ほど前から漠然と気になっていた グルックのオペラ『オルフェオとエウリデーチェ』。1854年にフランツ・リストが、この曲のオペラを指揮するに際して、その序曲として交響詩「オルフェウス」を作曲したという事を知り、このオペラに興味が湧いていたのですが、来年初夏にパリのシャンゼリゼ劇場にて、...

  20. 買い物リスト - ordinary days

    買い物リスト

    幼稚園事で毎日忙しくて自分の歯科予約をうっかりすっぽかしてしまったritowaです・・・。毎朝、手帳を見ているのにぃ。さて、買い物に行く際に皆さんは買うべきものをどのように把握していますか?私は付箋やメモ用紙に書いたものを書いておいて持って行くのですがついついこの書いた紙を自宅に忘れて行ってしまうのです。スーパーに行ってバッグやポケットをゴソゴソ。あれっ、ない!持ってきたはずだったのになぁ~...

総件数:23 件

似ているタグ