リッチーのタグまとめ

リッチー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはリッチーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「リッチー」タグの記事(15)

  1. Richey Ultra - 明雅屋の感想

    Richey Ultra

    Richey ultra27.5+ホイールで組みました。最新の規格、リーチが長く、ヘッドがちょい寝たトレンドを押さえたジオメトリー。マット塗装も今風です。組み上がった際に試乗したときに感じたのは、こういう上質なフレームで組んだ自転車に乗ると、たとえサイズが合ってなくても乗りやすいんですよね。トレイルで乗るとどのくらい乗りやすいのか、とても気になります。個人的には、27.5+タイヤはクロモリフ...

  2. RICHEYULTRA - 明雅屋の感想

    RICHEYULTRA

    RICHEYULTRA入荷。27.5+で組みます。どんな感じで仕上がるか楽しみです。

  3. 気になった事。 - 服部産業株式会社サイクリング部(3冊目)

    気になった事。

    ヘッドパーツの部品を眺めていて・・・ダストカバーに印刷してある「RITCHY」の文字体が少しずつ違うなぁ~って気づきました。年代で違うというのは知っていましたがこれらは微妙に違うンですよ。。。製品は左奥が古くて、右奥が新しいのって分かるかなぁ?@服部産業サイクリング部「乗鞍ヒルクライム」はエントリーしました。毎年泊まっている「宿」も予約完了!あとは走るだけ!

  4. リッチーのボトルケージ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    リッチーのボトルケージ

    リッチーからステンレス製のモダンデザインなボトルケージが入荷しました。モデル名は「クラシックボトルケージ」。創設時から多くの金属フレーム・パーツを手掛けてきたリッチーの自信と誇りを冠したモデル名です。(グー〇ル先生検索によるとクラシックには"一流の"という意味があるそうです。)この商品の嬉しい点は頭の低いボルトが付属しているんですね~。バイクに付属しているボルトの中には頭...

  5. リッチー WCSレーススリック タイヤ 700✖23C - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    リッチー WCSレーススリック タイヤ 700✖23C

    使っていたタイヤのトレッド面が減ったので交換した。(大きな傷もできたし)「V社」のル〇ノプロで結構気に入っていたが、スペアを買っていなかったから手持ちの「WCSレーススリック」にする事に!した!25Cが主流になりつつある昨今、手持ちは23C・・・気にすることなく愛車へ取り付けた。まず前輪だけ~通勤ライドで使う~コンパウンドのかたさが違うのか!?空気圧は同じにしているのだが、転がる!抵抗が少な...

  6. Ritchey 2018 4-AXIS ステム - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    Ritchey 2018 4-AXIS ステム

    Ritchey(リッチー)は、マウンテンバイク創始者の一人であり、元ロードレーサーでもあるトム・リッチーが興したブランドです。自らのアイデアで開発・テストして生産される製品は、フレームからコンポーネントまで、多くのチームに供給され、多くの国々で愛用されています。その品質の高さから、弊社ではウィリエールの完成車にも採用しています。グレード紹介スーパーロジック:最先端のカーボン技術を使い、強さ、...

  7. Ritchey 2018 C220 ステム - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    Ritchey 2018 C220 ステム

    Ritchey(リッチー)は、マウンテンバイク創始者の一人であり、元ロードレーサーでもあるトム・リッチーが興したブランドです。自らのアイデアで開発・テストして生産される製品は、フレームからコンポーネントまで、多くのチームに供給され、多くの国々で愛用されています。その品質の高さから、弊社ではウィリエールの完成車にも採用しています。グレード紹介スーパーロジック:最先端のカーボン技術を使い、強さ、...

  8. Ritchey 2018 C260 ステム - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    Ritchey 2018 C260 ステム

    Ritchey(リッチー)は、マウンテンバイク創始者の一人であり、元ロードレーサーでもあるトム・リッチーが興したブランドです。自らのアイデアで開発・テストして生産される製品は、フレームからコンポーネントまで、多くのチームに供給され、多くの国々で愛用されています。その品質の高さから、弊社ではウィリエールの完成車にも採用しています。グレード紹介スーパーロジック:最先端のカーボン技術を使い、強さ、...

  9. 無事お引越ししました~【リッチーの大冒険編】 - Sola*Tsuchi  花とアクセサリー

    無事お引越ししました~【リッチーの大冒険編】

    すっかりご無沙汰してしまいました。前回の記事は一か月前。ちょうど「お引越しします」というお知らせでしたね。あれから怒涛の日々を過ごし(笑)ようやく少し落ち着いてきました。新居のリビングからの眺め。東京なのに、この景観。この空間に惹かれてこの部屋に決めました。***大分からの荷物の搬出は4月10日。引越し業界繁忙期ピークを越した頃とはいえまだまだお忙しいようで作業開始時間の指定は出来ずざっくり...

  10. グランツーリズモRチーム目線~WCSエヴォカーブ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    グランツーリズモRチーム目線~WCSエヴォカーブ

    使ってみたいパーツがあったので、久しぶりにグランツーリズモRチームに乗り換えます。リッチーのハンドルバー「WSCエヴォカーブ」です。アップバーが扁平していて、バックスウィープ(手前方向にカーブ)しています。脇が締まりやすく手首も自然な位置になるので、力を入れやすいです。特に登りでは活躍してくれそうです!バーテープはプロロゴのサンプル品を使ってみます。リッチーの商品はコチラも参照ください。(一...

  11. Ritchey 2018 CURVE(カーブ)ハンドル - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    Ritchey 2018 CURVE(カーブ)ハンドル

    Ritchey(リッチー)は、マウンテンバイク創始者の一人であり、元ロードレーサーでもあるトム・リッチーが興したブランドです。自らのアイデアで開発・テストして生産される製品は、フレームからコンポーネントまで、多くのチームに供給され、多くの国々で愛用されています。その品質の高さから、弊社ではウィリエールの完成車にも採用しています。グレード紹介スーパーロジック:最先端のカーボン技術を使い、強さ、...

  12. Ritchey 2018 EVO CURVE(エボカーブ)ハンドル - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    Ritchey 2018 EVO CURVE(エボカー...

    Ritchey(リッチー)は、マウンテンバイク創始者の一人であり、元ロードレーサーでもあるトム・リッチーが興したブランドです。自らのアイデアで開発・テストして生産される製品は、フレームからコンポーネントまで、多くのチームに供給され、多くの国々で愛用されています。その品質の高さから、弊社ではウィリエールの完成車にも採用しています。グレード紹介スーパーロジック:最先端のカーボン技術を使い、強さ、...

  13. 2018 リッチー商品一覧 - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    2018 リッチー商品一覧

    ハンドルEVO CURVE(エボカーブ)http://htrsp2.exblog.jp/29072001/CURVE(カーブ)http://htrsp2.exblog.jp/29073425/NEO CLASSIC(ネオクラシック)http://htrsp2.exblog.jp/29107351/ステムC260(シーニヒャクロクジュウ)■C260[65°]https://htrsp2.exb...

  14. リッチーパーツ② - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    リッチーパーツ②

    リッチー社の「WCS」カーボンスペーサーが再入荷しました。10mmは2枚入り、5mmは5枚入りです。初回分は入荷するとすぐに売り切れてしまった超人気商品です!アルミ製に比べるとかなり軽量です。新形状になったスペーサーは内側に肉抜きが施されているので、もしかしたら世界最軽量かもしれませんね?ウィリエールの完成車には10mmが2枚、5mmが2枚装備されているのでカーボン製のWCSに交換すると「1...

  15. リッチーパーツ① - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    リッチーパーツ①

    服部産業(株)でも2018年度から「リッチー」パーツを販売しております。ウィリエール完成車にスペックしておりましたところパーツ単体の販売要望が多々あり取り扱う事になりました。結構、人気があるのが角度付きステムです。ノーマルは6度アップ~より深いポジションを出したい時は通常17度を使うと思いますがそれより深いポジションを要望される時に~30度ステムの設定があります。他メーカーではなかなか見かけ...

総件数:15 件

似ているタグ