リヒャルト・シュトラウスのタグまとめ

リヒャルト・シュトラウス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはリヒャルト・シュトラウスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「リヒャルト・シュトラウス」タグの記事(5)

  1. R.Strauss: Aber der Richtige..@Arabella Steinbacher/Lawrence Foster,WDR SO. - MusicArena

    R.Strauss: Aber der Richtig...

    久し振りに聴くアラベラ・シュタインバッハーの録音で、R.シュトラウスだけを集めたトリビュート・アルバム。レーベルはペンタトーンで、もちろんSACDハイブリッド。https://tower.jp/item/4784755/Richard Strauss: 'Aber der Richtige' / Violin Concerto & MiniaturesViolin...

  2.  続・指揮者100選☆24ヤンソンス - 気楽じい~の蓼科偶感

    続・指揮者100選☆24ヤンソンス

    2019年12月8日(日)ドイツの最高峰はバイエルン州とオーストリア・チロル州の国境にある標高2,962mのツークシュピッツェである。今年没70年にあたるリヒャルト・シュトラウスは、10代の頃のツークシュピッツェ登山の体験をもとに、その翌日にピアノに書きとめ、30余年後の1914年にガルミッシュにある彼の山荘で「アルプス交響曲」を作曲している。登山の道行きは夜明けから始まり、崇高な日の出を見...

  3. リヒャルト・シュトラウス、来たるべき管弦楽手法の巨匠を予知させる秀作 - 気楽じい~の蓼科偶感

    リヒャルト・シュトラウス、来たるべき管弦楽手法の巨匠を...

    2018年12月8日(土)いい曲、なんの曲。今年の6月にも「リヒャルト・シュトラウス、絶対音楽から標題音楽への過渡期の作品」と題して、リヒャルト・シュトラウスが22歳の時に書いた交響的幻想曲「イタリアから」のことにふれたが、その「イタリアから」の2年前の20歳のとき、これはまちがいなく、将来大作曲家になるであろうことを暗示させる交響曲をすでに書き上げている。交響曲第2番 ヘ短調 作品12は、...

  4. リヒャルト・シュトラウス、絶対音楽から標題音楽への過渡期の作品 - 気楽じい~の蓼科偶感

    リヒャルト・シュトラウス、絶対音楽から標題音楽への過渡...

    2018年6月14日(木)いい曲、なんの曲。リヒャルト・シュトラウス(1864~1949)は交響曲を4曲書いた。よく知られるのは家庭交響曲(1903年39歳)とアルプス交響曲(1915年51歳)だが、その前に若くして、16歳で交響曲ニ短調を、20歳で交響曲第2番ヘ短調 を書いている。そのあと、1886年、彼が22歳の時に、交響的幻想曲「イタリアから」という佳作を作曲している。この作品は今では...

  5. メタモルフォーゼン - 原語から見える聖書のイメージ

    メタモルフォーゼン

    リヒャルト・シュトラウスのサロメで世紀末的な官能の世界が踊られましたが、1945年がその世紀末の終焉wikiによると彼のメタモルフォーゼンは「ナチス・ドイツ崩壊直前の4月12日に完成された[2]。」「・・・、本作の草稿のひとつに「ミュンヘンを失いたるなげき」と書いているように、大戦によってドイツの町並みや農村の風景などが破壊されて行き、自作の初演が行われた多くの劇場や音楽会堂も次々と...

総件数:5 件

似ているタグ