ルアーフィッシングのタグまとめ

ルアーフィッシング」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはルアーフィッシングに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ルアーフィッシング」タグの記事(7)

  1. 嵐の帰還(北海道釣り旅8) - 第3の釣り

    嵐の帰還(北海道釣り旅8)

    平成29年10月30日。期待は外れるものである。特に望み薄なことが分かっていて、強く執着しているときは尚更である。いつものように宿の朝飯を食べて、冷たい雨が降り続く中ポイントに向かった。昨日のポイントに入れば、何匹かは必ず釣れるものと思い込んでいた。しかし、昨日の水質から一気に濁りが入っていた。それ程の雨量ではないと思ったが上流で沢山降ったのだろう。川はカフェラテのような色になっていた。一応...

  2. 再生する川(北海道釣り旅7) - 第3の釣り

    再生する川(北海道釣り旅7)

    平成29年10月29日。昨晩は鉄人の人の北海道の釣友の方々と飲み過ぎて、二日酔いのまま朝御飯を食べた。北の本流のポイントに入ったのは午前8時半であった。北海道の釣友のエキスパート達は2時間前から釣っており、私達が来た時点では数匹釣り上げていた。早速、そこを釣らせて貰った。鮭の産卵床の下でニジマスやアメマスが流れてくる卵を狙って集まっているらしい。そこにフライを通すとよく釣れるらしいのだが、ど...

  3. ルアーとニジマス(北海道釣り旅6) - 第3の釣り

    ルアーとニジマス(北海道釣り旅6)

    平成29年10月28日。昨夜、鉄人の人(先輩)が合流した。ダイバーの人と鉄人の人は名寄の居酒屋で飲んでいたが、猿払川でやりきった私には余裕がなく不参加とさせてもらった。朝6時に天塩川に向けて、鉄人の人と出発した。ダイバーの人はウェーダーが乾かず午前の釣りはキャンセルするとのことだった。霜が凄い朝だった。以前も来たことのある畑脇から降りるポイントに入った。一番近い畑が放棄されて背高泡立ち草の群...

  4. イトウの幻影(北海道釣り旅5) - 第3の釣り

    イトウの幻影(北海道釣り旅5)

    平成29年10月27日。猿払のホテルで朝飯を食べて、猿払川のポイントに入ったのは午前8時だった。既に多くの釣り人が立ち込んで釣りをしている。我々も遅れて入って行くと、不思議とポロ沼との合流の正面が空いていた。どう考えても好ポイントだろ、といそいそと入っていった。底は予想通り泥で、くるぶしまで沈む。ただ、時々踏み場所を変えてやれば、致命的なことにならなさそうだった。ポロ沼を目掛けてキャストする...

  5. 朱鞠内湖の風(北海道釣り旅4) - 第3の釣り

    朱鞠内湖の風(北海道釣り旅4)

    平成29年10月26日。レイクハウスに泊まり、午前5時半の渡船の時間に合わせて出発した。平日の木曜日だが、10名ほど来ていた。他人のことは言えないが、一体この人達の仕事はどうなっているのだろう。軒並み30代から50代の男達だが、きっと実社会ではそれなりの役割を担っているはずなのだが。てなこと考えていると、出発の時間になったのだが、ダイバーの人が来ない。船頭の姉さんに少し待ってくれと頼んだとこ...

  6. どこまでも藪こぎ(北海道釣り旅3) - 第3の釣り

    どこまでも藪こぎ(北海道釣り旅3)

    平成29年10月25日。豊富温泉の宿で朝飯を食べて午前8時前にサロベツ原野を目指した。(なお、この宿の朝食もかなり旨かった。)このポイントは宿の若旦那が、知り合いの釣り好きの友達に訊いてくれたものであった。半時間ほどで件のポイントに着いた。いかにもイトウが好みそうな川であった。(釣りキチ三平の「イトウの原野」のような風景だ。)左岸側の牧草地沿いを釣る。道路の側こそ簡単に川にアプローチ出来るが...

  7. 嵐の旅立ち(北海道釣り旅1) - 第3の釣り

    嵐の旅立ち(北海道釣り旅1)

    平成29年10月22日からおよそ1週間、釣りをするために北海道へ向かった。全てを忘れて、ひたすら釣るつもりである。しかし、出発を控えた週に超大型の台風21号がやって来た。日曜日朝の便なので、飛ぶことは確実だと思ったが、実家や職場に被害があると楽しくない休暇になってしまうのが、最大の気掛かりだった。朝起きると大阪は雨だった。結構強く降っている。衆議院選挙の投票日だったので、出掛けのついでに投票...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ