ルイ・マルのタグまとめ

ルイ・マル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはルイ・マルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ルイ・マル」タグの記事(3)

  1. 本日の映画鑑賞(1,2)-「鬼火」と「ハチミツとクローバー」- - 暇人吉之助清話-ワセスポ、昭和、世相、時事-

    本日の映画鑑賞(1,2)-「鬼火」と「ハチミツとクロー...

    手抜きというわけではないのですが(いや手抜きだろう)本日から定期的にシリーズとしてFB(フェイスブック)に書き込んでいる映画鑑賞記を転載させて戴きます。ほんと、筆が進むまま適当に書いた文章なんで適当に暇つぶしに読んでやってくださいませ。「鬼火とハチミツとクローバー」ルイ・マル監督作品は好きなのと嫌いなのがはっきりと分かれる。「死刑台のエレベーター」「さよなら子供たち」は前者。今回、鑑賞した「...

  2. さよなら子供たち - 暇人吉之助清話-ワセスポ、昭和、世相、時事-

    さよなら子供たち

    ナチス占領下のフランスで寄宿舎生活を送る少年の微妙な心の揺れ動きを繊細なタッチで描いた奥行きのある作品です。監督は「死刑台のエレベーター」で一躍、ヌーベルバーグの旗手と評されたルイ・マル監督。彼の自伝的作品らしいのですが、決して、自身の分身である主人公にのめり込むこともなく、適当な距離感を取りながら淡々と時間を進めているところが、少年の複雑な感情の機微を現実感を持って上手く訴えかけています。...

  3. 死刑台のエレベーター - 暇人吉之助清話-ワセスポ、昭和、世相、時事-

    死刑台のエレベーター

    マイルス・デイヴィスの物憂げなトランペットが効果的に流れジャンヌモロー・モローの気怠い雰囲気がモノクロ映像と融合して、どこか都会特有の寂寞さに重苦しさを感じながらも淡々と、そして着実にストーリーは進んでいく。犯人が最初からわかっていて、その犯行事実を突き止めていくというありがちな構成ではあるが、それだけにしっかりとした演出ができていないと、空虚さばかりが目立つ薄っぺらな作品に堕する。“ヌーヴ...

総件数:3 件

似ているタグ