ルノワールのタグまとめ

ルノワール」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはルノワールに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ルノワール」タグの記事(13)

  1. ルノワール伝統と革新 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    ルノワール伝統と革新

    ルノワール伝統と革新国立新美術館公式サイト開催期間:2010年1月20日-4月5日主催:国立新美術館・読売新聞社・日本テレビ放送網サイズ:A4表:ピエール・オーギュスト・ルノワール<団扇を持つ若い女>1879-80年頃クラーク美術館蔵

  2. 拝啓 ルノワール先生 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    拝啓 ルノワール先生

    拝啓ルノワール先生─梅原龍三郎に息づく師の教え三菱一号館美術館開催期間:2016年10月19日-2017年1月9日主催:三菱一号館美術館・朝日新聞社サイズ:A4表:(上)ピエール=オーギュスト・ルノワール<パリスの審判>1913-14年公益財団法人ひろしま美術館蔵(下)梅原龍三郎<パリスの審判>1978年個人蔵

  3. 布「花」ルノワール - おさや糸店 岩倉市                          名古屋市,小牧市,江南市,一宮市,春日井市,犬山市,稲沢市,北名古屋市

    布「花」ルノワール

    ルノワールである。印象派の巨匠である。パネルなので、カーテンとか、タペストリーによい。バッグにもできそうね。ウェアは冒険かな?↓こちらで買うことが出来ます。掲載の商品は、発送することもできますので、下記メールフォームから、お届け先住所、数量など、ご連絡ください。完売で商品がない場合もありますので、ご了承ください。メール岩倉市昭和町1-23おさや糸店0587-37-0003営業時間・アクセスお...

  4. イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ) - 歴史と、自然と、芸術と

    イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)

    『至上の印象派展-ビュールレ・コレクション-』に出展されていた表記作品には、永年に渡り少々思い入れがあるので、特に一章を設けて記したいと思う。自分はこの作品を、小学生時代に知った。両親が加入していた某生命保険会社のおばさんが毎月集金に来る際に、季節の花の絵葉書や名画のカードなどをくれた。その中にこの作品のカードが含まれていたので、極めて早く知ることが出来たのである。カードはお土産にいただいた...

  5. 至上の印象派展ビュールレ・コレクション - 歴史と、自然と、芸術と

    至上の印象派展ビュールレ・コレクション

    [見学日]2018年4月27日(金)[会場]国立新美術館 某所で【イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢】で用いられた表記展覧会のチラシを入手、この作品については別途まとめるが幼少期からの思い出があるので、直ちに見学を決意した。しかし展覧会が開催されたのは特に忙しい年度末から年度初めにかけての時期、気がつけば会期終了が迫り、例によってサービス残業をして早退し、何とか時間を確保した。 タイトルのとお...

  6. 『絵画鑑賞白熱講座』春の特別イベント《絵事放談》のお知らせ - ルドゥーテのバラの庭のブログ

    『絵画鑑賞白熱講座』春の特別イベント《絵事放談》のお知らせ

    《~これまで誰も教えてくれなかった『絵画鑑賞白熱講座』》 春の特別イベントのお知らせ イッキ描きの画家・菊地理氏を迎えて ー《絵事放談》ー日 時: 3月31日(日) 13:00~15:30 参加費: 500円 (お茶とお菓子付き)ゲスト: 菊地理 ナビゲーター: 中尾陽一 場所 : プロトマニア 
[東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分]...

  7. ルノワール展 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    ルノワール展

    オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵ルノワール展国立新美術館公式サイト開催期間:2016年4月27日-8月22日主催:国立新美術館・オルセー美術館・オランジュリー美術館・日本経済新聞社サイズ:A3(二つ折りA4サイズ)表:ピエール・オーギュスト・ルノワール<ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会>(部分)1876年オルセー美術館蔵ムーラン・ド・ラ・ギャレットはパリの北、そのころはまだ郊外だ...

  8. 1584よろしかったでしょうかなんて初喫茶 - 紀本直美の俳句ブログ

    1584よろしかったでしょうかなんて初喫茶

    今年の初喫茶店はルノワールでした。「よろしかったでしょうかなんて初喫茶直美」(よろしかったでしょうかなんてはつきっさ)〔季語:初喫茶(新年)]

  9. モネ、ルノワールと印象派展 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    モネ、ルノワールと印象派展

    モネ、ルノワールと印象派展Bunkamuraザ・ミュージアム公式サイト開催期間:2004年2月7日-5月9日主催:日本経済新聞社・Bunkamura・テレビ東京サイズ:A4表:右オーギュスト・ルノワール<青い服の子供(エドモン・ルノワール>1889年左クロード・モネ<アルジャントゥイユの鉄橋>1873年

  10. ルノワール+ルノワール展 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    ルノワール+ルノワール展

    ルノワール+ルノワール展京都国立近代美術館公式サイト開催期間:2008年5月20日ー7月21日主催:京都国立近代美術館・オルセー美術館・読売テレビ・読売新聞大阪本社サイズ:A4表:ピエール・オーギュスト=ルノワール<田舎のダンス>(部分)1882-83年オルセー美術館蔵ルノワールは、40歳を迎えたころに芸術家としての行き詰まりを覚える。光の描写を追求し続けた結果、自分の絵から明確な形がなくな...

  11. 奇跡のクラーク・コレクション - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    奇跡のクラーク・コレクション

    奇跡のクラーク・コレクションルノワールとフランス絵画の傑作三菱一号館美術館開催期間:2013年2月9日ー5月26日主催:三菱一号館美術館・読売新聞社・クラーク美術館サイズ:A3(二つ折りA4サイズ)

  12. ルノワール―伝統と革新 - 明日への小ネタ

    ルノワール―伝統と革新

    映画を見たついでに国立新美術館に行きました。ちょうどそこでやっていた企画展がルノワール。以前、Bunkamuraでルノワール親子の作品を見ましたが今回はピエール=オーギュスト・ルノワールの作品のみです。一番感動したのは熊本県立美術館で見た「胸に花を飾る少女」と再会したこと。あれは何年前だったか忘れましたが熊本城のすぐ近くにある美術館にふと立ち寄って見たあの絵。あのときは平日だったせいかとても...

  13. ルノワール+ルノワール展 - 明日への小ネタ

    ルノワール+ルノワール展

    平日に美術館に行こう!と思って、bunkamuraでルノワール+ルノワール展を見てきました。画家、ピエール=オーギュスト・ルノワール映画監督、ジャン・ルノワールこの親子の作品が並べられていて、比べて見ることができます。絵画と映像作品が並べて展示してあるのがとても斬新だと思いました。なかなかこういう状況は生まれないですからね。父親の作品をオマージュしているものが並べられていて、一瞬を切り取った...

総件数:13 件

似ているタグ