ルリシジミのタグまとめ

ルリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはルリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ルリシジミ」タグの記事(27)

  1. 小さな被写体・・! - さすらいの写遊人

    小さな被写体・・!

    初撮り雑草に混じっていました(5mmほどの小さな花、名前不明)

  2. ルリシジミの集団吸水Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ルリシジミの集団吸水Byヒナ

    ミヤマカワトンボの居た川ではルリシジミが集団吸水していました。吸水と言っても水分がそれ程無い所にも居て、獣糞が落ちているようでも無かったので、何を吸っていたのかは謎です。タイではシジミ、シロチョウ、アゲハなど大規模な集団吸水を様々観察しましたが、地元ではあまりお目にかかりません。初春にスギタニルリシジミで見る位なので、ルリシジミとしては初めての光景でした。イシガケチョウも居ました~

  3. 良く行く小径 - 飛騨山脈の自然

    良く行く小径

    自宅から車で10分ほどの良く行く小径にで掛けた。ウラギンシジミがいたが相当くたびれた♀だったが、産卵して秋に沢山の新成虫を期待したい。ルリシジミはイタドリの花に産卵中だったが残念ながら捉えれなかった。イノシシのかご罠は各地でよく見るが檻に入ったものを見たのは初めてだった。よく見たらうりんぼうもいて親子で捕まったようだ。近くへ寄ったら金網の隙間に鼻を入れて全身で威嚇してきた。。檻が結構揺れてい...

  4. ■シジミチョウ 3種18.6.24(ヤマトシジミ、ルリシジミ、ベニシジミ) - 舞岡公園の自然2

    ■シジミチョウ 3種18.6.24(ヤマトシジミ、ルリ...

    また梅雨の晴れ間?久しぶりに、卒業した下町の高校の同窓会「T交会」総会・懇親会にでかけてきた。記念講演は、8年後輩の霊長類学の権威・松沢哲郎教授の「心の進化を探るーはじめての霊長類学」。動画を交えての講話は、初心者向けで分かりやすいものだった。ちょっと「箸休め」に吸蜜中のシジミチョウの姿をご覧ください。ヤマトシジミ18.6.21FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO40...

  5. オオムラサキの羽化、ゴイシシジミ、ルリシジミ - SAMARAwの花鳥風月(Photolog)

    オオムラサキの羽化、ゴイシシジミ、ルリシジミ

    2018年6月19日オオムラサキの羽化を見たくてまた出かけました、3度目にして5時間待ってやっと見ることができました。オオムラサキ蛹10時ごろ14時53分ごろ開き始めました。糞をしています15時11分飛び立つにはまだ時間がかかります。ゴイシシジミルリシジミ産卵中ベニカミキリ

  6. 2018.6.1東京・白金の森トラフシジミ2018.6.13 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.6.1東京・白金の森トラフシジミ2018.6...

    2018.6.21週間前、トラフシジミが1頭出たとのこと。トラフの特異的開翅日の条件を満たしていないけれど、そろそろ数が増えているかもしれないと朝一番で出かける。トラフシジミはすぐに現れた。というより、9時の開園前にはもう路上に集まっていた。トラフはこの時期、日に照らされた路上で吸水する。夏トラフはムクロジの花の季節でもあるが、落ちた花で吸蜜している個体も多い。路上だけではなく湿った倒木や下...

  7. 中国地方へ(2) - 飛騨山脈の自然

    中国地方へ(2)

    ナラガシワ林を離れて草つきに行ってみた。ゴマダラチョウが悠然と飛んでいた。地元では非常に少ない蝶なので撮影チャンスが極めて少ない。ちょっと薄暗いところにはコジャノメがいたが多くは破損個体だ。温暖化の影響か近年地元でよく見かけるようになった。スジグロシロチョウの♀がゆっくり飛んでいた。非常に敏感で近かくに寄れなかった。クララに産卵行動をとるルリシジミがいた。クズの葉などでひと休みしたところ。大...

  8. またまた蝶を・・・ - takiのカメラ散歩~☆

    またまた蝶を・・・

    ルリシジミです。ちょっと色の薄いのと綺麗な色のとがいました。綺麗な方が雄なのでしょうね。2018.05.24撮影。

  9. 初夏のさとやまのあれこれ - 不思議の森の迷い人

    初夏のさとやまのあれこれ

    一気に駆け抜けていった今年の初夏、ゴールデンウィーク後半から梅雨入り間近の6月上旬まで、初夏のさとやまの景色を一気にご紹介します。まず、5月上旬とても暑い日でした。ダイミョウセセリが発生していました。そしてコチャバネセセリです。黄銅色の翅を輝かせて飛び回ります。アマガエルには厳しい天気です。葉陰に入れたのは顔だけです。ゴールデンウィークはヒトにとっては例年過ごしやすい季節のはずです。蝶たちに...

  10. ☆ルリシジミ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ルリシジミ☆

    毎年、ミズイロオナガシジミの見られる場所に、行ってみました。9時前の事です。いつも、下草に止まっているのを見るので、探して歩きました。何かが笹の奥で動きました。白い色が見えたのでミズイロオナガ?と思いましたが、ルリシジミでした。ルリ子さんです。近くを歩いてみると、サトキマダラヒカゲが出て来ました。ウメモドキの花も咲いています。田植えの終わった田んぼの土手には、ニワゼキショウが・・・。ルリシジ...

  11. 新春初撮り(2018/03/25) - Sky Palace -butterfly garden- II

    新春初撮り(2018/03/25)

    関東地方に移住してから初めての春のチョウを狙いますが、正直ポイントを全然知りません。というか、私の住む周辺に山がありません。仕方ないので、川に行きました。ポイントに着いたら、なんだかカメラマンが群がっています。カメラが狙う先をよーく見ると鳥がいました。種類が良くわからないですが、珍しそうなのでとりあえず撮っておきました。コイカル(アトリ科)どうやらコイカルという鳥です。そんなに珍しいのかと思...

  12. 三月の散歩道で - 不思議の森の迷い人

    三月の散歩道で

    桜が咲いてから、雨が多く気温も低かったのですが、今日はやっと平年並みの暖かさが戻りました。しかし、陽射しは頼りない土曜日でした。それでも、午後から歩いたいつもの散歩道でルリシジミを撮ることができました。今年初です。3月の中旬から何度か散歩道を歩きましたが、今年は晴れて気温が上がっても風が強く、蝶を撮りにくい春でした。モンシロチョウの初見は3月12日でした。同じ日にベニシジミの発生も確認できま...

  13. ■ルリシジミ18.3.20 - 舞岡公園の自然2

    ■ルリシジミ18.3.20

    「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、すっきりと春にはならない。厳冬の寒さに戻った1日。春と思った草花も虫も、いったん引っ込んでしまうだろう。「春になった」と出現したのだろう、おとといの散策で春の野の蝶「ルリシジミ」を2頭見つけた。小さな蝶だが、拡大して見ると綺麗な姿をしています。ルリシジミ 118.3.18FUJIfILm X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO4...

  14. 今期最初の蝶撮影その2 - 風任せ自由人

    今期最初の蝶撮影その2

    コツバメなどを撮影したポイントで最初に撮影したのはベニシジミ。ベニシジミコツバメを探していて草むらで見つけたのはルリシジミの羽化直らしい個体。ルリシジミコツバメなどの撮影が叶ってから、ポイントを離れてその周辺を探索してみた。すると、ある畑にモンキチョウやモンシロチョウが飛んでいるのを見つけた。それらを撮影していると、ヤマトシジミも見つかった。そのヤマトシジミの雄は、まるで八重山産かと思うよう...

  15. 室戸岬へ(台風の翌々日3) - 不思議の森の迷い人

    室戸岬へ(台風の翌々日3)

    マーキングされたアサギマダラを見つけました。昨日に続き2頭目です。マーキングのルールを知らないので後で調べてみると、「アラセ」が地名、「10/18」は日付、そして、マーキングした方が「Doi」さんと言うことでしょうか?台風の風に乗ってどこから来たのかと思いましたが、どうやらDoiさんは高知の方のようです。台風の翌々日も多くのアサギマダラが舞っています。9時頃は陽の当たる常緑樹の葉の上で陽を浴...

  16. 初見のカレハチビマルハキバガ、2度目のウスオエダシャク、シジミチョウ3種(ウラナミアカシジミ、ルリシジミ、ヤマトシジミ) - 花と葉っぱ

    初見のカレハチビマルハキバガ、2度目のウスオエダシャク...

    撮影:7月11日(千葉県松戸市・21世紀の森と広場)、8日(千葉市・加曾利貝塚公園)どちらも、よく晴れ渡り、かなり暑かったです。日射しを避けて木陰を拾いながら歩きました。カレハチビマルハキバガ(枯葉禿丸翅牙蛾)マルハキバガ科(初見)(加曾利貝塚公園)前翅長は約5ミリ、開張約11ミリ。前翅中央付近には、暗褐色の鱗隆起が並ぶ。コントラストがくっきりしていて綺麗。ウラナミアカシジミ(裏波赤小灰蝶)...

  17. トラフシジミ、ミドリシジミ、パンダカミキリ(?)等 - SAMARAwの花鳥風月(Photolog)

    トラフシジミ、ミドリシジミ、パンダカミキリ(?)等

    2017年6月14日トラフシジミ夏型♀ミドリシジミ♂ミドリシジミ♀O型ルリシジミベニシジミコミスジダイミョウセセリスジグロシロチョウラミーカミキリ

  18. 6月8日今日のチョウ - Mag's  DiaryⅡ

    6月8日今日のチョウ

    花撮りの帰り道に寄ったところでルリシジミが開翅していた。アザミではイチモンジセセリが吸蜜。黄色い花が似合うキタキチョウ。紫の花に止まったらが喜ぶキタキチョウ。うふっ、ゼフを追っかけているときは見向きもされないチョウ3種(*'ω'*)

  19. 2017.5.31東京・白金の森ミズイロオナガシジミ2017.6.10 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.5.31東京・白金の森ミズイロオナガシジミ2...

    2017.5.31自然教育園にゼフが出ているらしい。アカシジミはとっくに終わっているはずで、ウラナミアカシジミとミズイロオナガシジミくらいはいるかもしれない。いるかもしれないというのは、教育園では、ゼフはシーズンに2~3頭見つかると上出来というほど稀。いつも期待していない。自宅を出てすぐ、キマダラセセリを見つけた。場所を変えながらかなり長い間吸蜜していた。少し暗いが背景が素晴らしく、かなりの...

  20. 翅表が眩しいルリシジミ - 蝶超天国

    翅表が眩しいルリシジミ

    6月2日ヒメヒカゲの前に県西部の平地性ゼフの発生状況を見に行きました。擦れたウラゴマシジミ以外は全く見つからず、代わりにいたのはルリシジミでした。新鮮な♂が沢山いて獣糞に群がるルリシジミの飛翔を撮ってみました。やはりルリシジミは翅表の綺麗さが魅力です。コマツナギの花にも沢山吸蜜していました。♀は花穂に産卵していいて・・・・・アップで見ると・・・お尻のすぐ先に今産んだ青っぽい卵が見えます。スイ...

総件数:27 件

似ているタグ