ルリシジミのタグまとめ

ルリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはルリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ルリシジミ」タグの記事(46)

  1. 蝶々、蝶々 - 花と葉っぱ

    蝶々、蝶々

    撮影:6月18日(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)モンキチョウ(紋黄蝶)シロチョウ科前翅長約30ミリ。開張は約50ミリ。雌が露を吸い始めると、雄が近づいて周りを飛び回っていた。ルリシジミ(瑠璃小灰蝶)シジミチョウ科翅の裏面は白っぽい灰白色で黒い斑紋がある。前翅長約15ミリ。アカシジミ(赤小灰蝶)シジミチョウ科成虫はクリの花などで吸蜜する。雌雄同色で翅の地色は橙色、後翅には尾状突起がある。前翅...

  2. ゼフィルスの住む沢、シジミチョウ達(2019/06/04・06) 外秩父山地④ - 里山便り

    ゼフィルスの住む沢、シジミチョウ達(2019/06...

    この時期貴重なポイントです。小さな 'ゼフィルス' 以外の 'シジミチョウ' の1化の新個体達が観られるのも魅力な一つです。例年 'ムラサキシジミ' が見られるのですが、今年は 'ルリシジミ' も数多く見られます。..........POTD..........(Picture of the Day)逆...

  3. 今朝も始発電車に乗って - 不思議の森の迷い人

    今朝も始発電車に乗って

    6月初めは平地産ゼフィルスの季節です。しかも今日の目的は朝早い蝶です。そのため今年2回目の始発電車に乗ることになりました。それでも現地に到着したのは午前8時、既にオオミドリシジミは活動していました。陽の当たる梢を占有するためスクランブル発進を繰り返していました。ミドリシジミよりもブルーに近い輝きです。ミドリシジミの仲間の中では輝きが強い方ではありませんが、独特な美しさがあります。低い位置には...

  4. ■梅雨入りした谷戸で19.6.8(ミドリシジミ、ルリシジミ、キタキチョウ) - 舞岡公園の自然2

    ■梅雨入りした谷戸で19.6.8(ミドリシジミ、ルリシ...

    きのう梅雨入りして、今日は雨の予報がくるくると変わって夕方近くには陽も射し始めた。小谷戸の里での会議からの帰り道、水気たっぷりの谷戸田を歩いて被写体探し。きのうの雨の中のミドリシジミも加えます。水気たっぷりの谷戸田19.6.8CANON G7X 8.8-36.8mm ISO400 1/800,F8水不足気味の田んぼに、恵みの雨だった。キタキチョウ〃〃ISO400 1/1000,F8逆光に透け...

  5. ミズイロオナガシジミ梅雨入り間近 - 蝶のいる風景blog

    ミズイロオナガシジミ梅雨入り間近

    今週末にはひょっとすると梅雨入りだという。昨年と比べると大分遅れているミドリシジミの発生が始まったかもしれない。早起きして地元のハンノキ林に出かけてみた。電車とバスを乗り継いで6時15分頃到着した。ハンノキ林に入ってみる。ここ数日に誰かがやって来たのか、踏み跡があった。朝露を踏みしめ下草に降りているミドリシジミを探す。きっと翅を広げてエメラルドの輝きを誇示しているだろう。しかし、ミドリシジミ...

  6. みどりの季節を迎えて - 不思議の森の迷い人

    みどりの季節を迎えて

    6月になって再び神奈川の公園を訪れました。先日はアカシジミしかいなかった栗の木の近くでウラナミアカシジミも見られるようになったと聞きました。しかし、この日はウラナミアカどころかアカシジミの姿も見られませんでした。諦めて公園内を探すと、すっかりみどり一色になった背景にヒオドシチョウが留まっているのを見つけました。この公園を訪れるようになって10年程になりますが、ヒオドシチョウを見るのは初めてで...

  7. さいたま市内のルリシジミ & 台湾の琉璃小灰蝶の仲間ほかin2019 - ヒメオオの寄り道

    さいたま市内のルリシジミ & 台湾の琉璃小灰蝶の仲間ほ...

    先週末「ミズイロオナガシジミ」が埼玉県南部のゼフィルスの林で発生していたので、今日くらい「ミドリシジミ」が羽化しているのではと、さいたま市内のゼフィルスの森に出かけてきました。例年通りなら5月末にはミドリシジミが発生している場所ですが、今年は10日以上発生が遅れているようで3時間半程度探して1頭も見つかりませんでした。代わりに撮影出来たのがルリシジミの雄です。in2019.06.01さいたま...

  8. 西風の季節その3 - 紀州里山の蝶たち

    西風の季節その3

    今日は、北海道で歴史的高温の一日だったようです。今日の脇役もアップしておきます。

  9. 35ルリシジミ「蝶図鑑」 - 超蝶

    35ルリシジミ「蝶図鑑」

    日本全国、何処にでもいる蝶ルリシジミです。が・・・開翅シーンに出会えるのは稀です。

  10. 越後のギフ-3(2019/4/20.23) - 小畔川日記

    越後のギフ-3(2019/4/20.23)

    4月20日は中越の雪の多い地方にギフの様子を見に行った。現地で会った地元の方の話では、2月までは例年より雪が少なかったそうだけど、3月、4月に寒の戻りがあって雪も降ったそうで、春の訪れはもう少し先の感じだった。いつものポイントに着くと、naoggioさん,Akakokkoさん,midoriさんがお見えになっていて、我々夫婦の到着前に一度ギフが枯れ草の上に降りてきたということだった。しばらく様...

  11. 蝶 - 菜奈ちゃんコーナー

    蝶を撮るのは楽しいです、これから色んな蝶を見つけて撮りたいと思います。ツマキチョウのメスベニシジミルリシジミ今日から遠征してきます

  12. ルリシジミの産卵Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ルリシジミの産卵Byヒナ

    今季初シジミはルリシジミ。例年ならコツバメの方が先ですが、撮影の都合でそちらは後回し。黄色い花が咲き誇るイヌムレスズメへ産卵に来ているところを撮りました。産卵時間は比較的長いので沢山撮れそうでしたが、頻繁に向きを変えるのと、密生しているイヌムレスズメにあまり近づけないことで苦戦しました。背景が黄色に染まるこの花とのコラボは好きです~

  13. スギタニの多い林道を歩く - 蝶超天国

    スギタニの多い林道を歩く

    4月6日今週末はこの日しかフィールドに出られない予定なので気合を入れて早朝に出発しました。到着した時は上着が必要でしたが、陽が差しだすと暑いほどです。気温が一気に上がったので林道を飛び回るスギタニは多いのですが、写真になりません。キブシの花に吸蜜するスギタニルリシジミが絵になります。吸蜜個体にチョッカイを出すヤツがいて落ち着きません。それに正対するシーンを撮るのは忍耐が必要です。逆光になると...

  14. シマアジ - 菜奈ちゃんコーナー

    シマアジ

    3度目の撮影で何とか撮影出来たルリシジミの交尾が撮れました

  15. 小畔川便り(コツバメの吸蜜他:2019/3/24.31) - 小畔川日記

    小畔川便り(コツバメの吸蜜他:2019/3/24.31)

    3月25日に、24日に撮影したコツバメの飛翔などを載せたけど、その日に撮影した飛翔以外の写真を載せておくことにします。家内の写真がほとんどになります。この日はコツバメが、植栽されたパンジーに吸蜜に来ていた。家内撮影白いパンジー以外に黄色のパンジーにも吸蜜に来ていた。家内撮影オオイヌノフグリでも吸蜜していた。家内撮影黄色のパンジーには、ほかにヒメアカタテハも吸蜜に来ていた。家内撮影ルリシジミは...

  16. シミズガニルリシジミアズマヒキガエル - 里山の四季

    シミズガニルリシジミアズマヒキガエル

    2019.3.31生き物情報千葉県北総地域でもソメイヨシノの見頃をむかえました。湧水のしみだす里山の縁を散策しました。シミズガニ(サワガニの青色型)甲殻類サワガニ科日本の固有種地域によって黒褐色型、橙褐色型、青色型があるらしいのですが印旛郡では青色型。雑食性です。天敵はヒキガエルやカワセミ、サギ類、イタチ・・・ここにはこれらみんな生息しています。本当に自然豊かな千葉県!左右のハサミの大きさが...

  17. ☆カラシナ街道☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆カラシナ街道☆

    26日、午前中は曇って寒々していましたが、昼から青空が広がり、気温も上がりました。昨年、ツマキチョウが群れていた、カラシナの咲く丘陵地へ出掛けました。ツマキチョウはまだ出ていない様で、飛んでいるのはキタキチョウとモンシロチョウ。暫く待つと、何かが飛んで来ました。羽化したばかりの様な、新鮮なルリシジミでした。テングチョウです。ベニシジミも出てくれました。ノゲシには、キタテハが。用事を済ませ、帰...

  18. ■春先のチョウ 3種19.3.23(ルリシジミ、ベニシジミ、モンシロチョウ) - 舞岡公園の自然2

    ■春先のチョウ 3種19.3.23(ルリシジミ、ベニシ...

    寒い!一気に真冬を思わせる寒さに戻ってしまった。1日、家に引き籠っていた。きのうまでの連日の暖かさで、出現が待たれていた新生蝶のルリシジミと越冬蝶のベニシジミの姿をやっと見ることができた。ルリシジミ♀19.3.22FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO200 1/3200,F2.8後翅が傷んで左の表翅が見える。どうやら♀のようです。〃♂3.17〃 ISO...

  19. 初の新生蝶はルリシジミ - 蝶超天国

    初の新生蝶はルリシジミ

    3月15日コツバメ発生の情報を戴いたので会社近くの里山に行ってみました。風もなく暖かに感じますが気温は11℃くらいで、越冬タテハも飛びません。暫く周囲を歩いていると・・・・まずテングチョウが飛び出しました。気温が上がってくると林道のあちらこちらで姿が見られる様になりました。しかし、目指す新生蝶であるコツバメが見当たりません。するといきなり明るい青が輝くシジミが飛び出しました。今シーズン初の新...

  20. 2018.10.17東京・恵比寿ウラナミシジミ2018.10.27 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.10.17東京・恵比寿ウラナミシジミ2018...

    2018.10.17ウラナミシジミの日々。オスは飛び古したものばかりと思っていたがそうではなく、中には新鮮な個体が混じっていた(1コマ目)。メスは相変わらず産卵に明け暮れていた。日陰だったが(2コマ目)、風が吹き日射しが入る(3コマ目)。4コマ目はニラの花での吸蜜。萩は白いほうが花盛りといった感じ。日が当たると大きく翅を開くがこれが限界。白花でもピンクの花が少し混じっている。日陰のこんな姿も...

総件数:46 件

似ているタグ