ルリシジミのタグまとめ

ルリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはルリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ルリシジミ」タグの記事(50)

  1. 2019.9.25東京・白金の森ルリシジミ2019.10.3 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.9.25東京・白金の森ルリシジミ2019.1...

    2019.9.25チョウ類保全協会の秋の観察会が港区の自然教育園で9月29日に行われる。自然教育園はホームグランドなのでガイド役を頼まれておりその下見に行った。自然教育園に東京砂漠にぽっかり空いた緑のオアシスだ。ここから直線距離で500mほど離れた恵比寿ガーデンプレースの高層ビルから見るとよくわかる(9月19日、最上階のレストランから撮影)。後ろは品川のビル群、その向こうは東京湾。自然教育園...

  2. 2019.9.15東京・恵比寿ヤマトシジミ2019.9.20 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.9.15東京・恵比寿ヤマトシジミ2019.9...

    2019.9.15日曜日。サッポロビールの前庭に行くが、休日だけ立ち入ることのできる芝生はカタバミ群落ともども、すっかり刈られていた。芝生の上をぽつぽつ飛んでいたヤマトシジミを追うが歯が立たず。その後、いつもの場所に移動するが、ここでも数が少なかった。2019.9.16天気予報は外れ、夕方まで雨。雨が上がった後、日が射す。パノラマ合成用写真の練習。端が歪む18ミリ相当ではなく、24ミリ相当で...

  3. ルリシジミ - Mag's DiaryⅢ

    ルリシジミ

    わあっ、きれいだあ!!!と、思った。でも、その色が撮れていない。いつもはスルーするルリシジミがとってもきれいだったので追っかけたのに(=_=)

  4. 梅雨空の陸奥へ(弐) - 不思議の森の迷い人

    梅雨空の陸奥へ(弐)

    午後3時を過ぎた頃は、数多くのチョウセンアカシジミに出逢えたことの満足感に浸っていました。そんなときすぐ目の前の枝に、少し感じの違うシジミチョウが留まっているのを見つけました。翅の色が薄く、いやに模様がシンプルなチョウセンアカシジミには、尾状突起、しっぽが有りました。それが、ずっと逢いたかったウラキンシジミでした。意図しているのか、していないのか、シジミチョウは人に見つかると縦になってしまう...

  5. ■シジミチョウ 3種19.6.27(ベニシジミ、ヤマトシジミ、ルリシジミ) - 舞岡公園の自然2

    ■シジミチョウ 3種19.6.27(ベニシジミ、ヤマト...

    梅雨前線を押し上げるように熱帯低気圧が北上中。終日小雨気味。休養日にした。きのうの散策で出会ったシジミチョウたちです。雌・雄、表・裏翅、春・夏型を網羅的に撮り揃えるのは、今後の課題にします。ベニシジミ19.6.26FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO400 1/1250,F8ヤマトシジミ〃〃ISO400 1/1000,F8ルリシジミ〃〃ISO800 1...

  6. 蝶々、蝶々 - 花と葉っぱ

    蝶々、蝶々

    撮影:6月18日(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)モンキチョウ(紋黄蝶)シロチョウ科前翅長約30ミリ。開張は約50ミリ。雌が露を吸い始めると、雄が近づいて周りを飛び回っていた。ルリシジミ(瑠璃小灰蝶)シジミチョウ科翅の裏面は白っぽい灰白色で黒い斑紋がある。前翅長約15ミリ。アカシジミ(赤小灰蝶)シジミチョウ科成虫はクリの花などで吸蜜する。雌雄同色で翅の地色は橙色、後翅には尾状突起がある。前翅...

  7. ゼフィルスの住む沢、シジミチョウ達(2019/06/04・06) 外秩父山地④ - 里山便り

    ゼフィルスの住む沢、シジミチョウ達(2019/06...

    この時期貴重なポイントです。小さな 'ゼフィルス' 以外の 'シジミチョウ' の1化の新個体達が観られるのも魅力な一つです。例年 'ムラサキシジミ' が見られるのですが、今年は 'ルリシジミ' も数多く見られます。..........POTD..........(Picture of the Day)逆...

  8. 今朝も始発電車に乗って - 不思議の森の迷い人

    今朝も始発電車に乗って

    6月初めは平地産ゼフィルスの季節です。しかも今日の目的は朝早い蝶です。そのため今年2回目の始発電車に乗ることになりました。それでも現地に到着したのは午前8時、既にオオミドリシジミは活動していました。陽の当たる梢を占有するためスクランブル発進を繰り返していました。ミドリシジミよりもブルーに近い輝きです。ミドリシジミの仲間の中では輝きが強い方ではありませんが、独特な美しさがあります。低い位置には...

  9. ■梅雨入りした谷戸で19.6.8(ミドリシジミ、ルリシジミ、キタキチョウ) - 舞岡公園の自然2

    ■梅雨入りした谷戸で19.6.8(ミドリシジミ、ルリシ...

    きのう梅雨入りして、今日は雨の予報がくるくると変わって夕方近くには陽も射し始めた。小谷戸の里での会議からの帰り道、水気たっぷりの谷戸田を歩いて被写体探し。きのうの雨の中のミドリシジミも加えます。水気たっぷりの谷戸田19.6.8CANON G7X 8.8-36.8mm ISO400 1/800,F8水不足気味の田んぼに、恵みの雨だった。キタキチョウ〃〃ISO400 1/1000,F8逆光に透け...

  10. ミズイロオナガシジミ梅雨入り間近 - 蝶のいる風景blog

    ミズイロオナガシジミ梅雨入り間近

    今週末にはひょっとすると梅雨入りだという。昨年と比べると大分遅れているミドリシジミの発生が始まったかもしれない。早起きして地元のハンノキ林に出かけてみた。電車とバスを乗り継いで6時15分頃到着した。ハンノキ林に入ってみる。ここ数日に誰かがやって来たのか、踏み跡があった。朝露を踏みしめ下草に降りているミドリシジミを探す。きっと翅を広げてエメラルドの輝きを誇示しているだろう。しかし、ミドリシジミ...

  11. みどりの季節を迎えて - 不思議の森の迷い人

    みどりの季節を迎えて

    6月になって再び神奈川の公園を訪れました。先日はアカシジミしかいなかった栗の木の近くでウラナミアカシジミも見られるようになったと聞きました。しかし、この日はウラナミアカどころかアカシジミの姿も見られませんでした。諦めて公園内を探すと、すっかりみどり一色になった背景にヒオドシチョウが留まっているのを見つけました。この公園を訪れるようになって10年程になりますが、ヒオドシチョウを見るのは初めてで...

  12. さいたま市内のルリシジミ & 台湾の琉璃小灰蝶の仲間ほかin2019 - ヒメオオの寄り道

    さいたま市内のルリシジミ & 台湾の琉璃小灰蝶の仲間ほ...

    先週末「ミズイロオナガシジミ」が埼玉県南部のゼフィルスの林で発生していたので、今日くらい「ミドリシジミ」が羽化しているのではと、さいたま市内のゼフィルスの森に出かけてきました。例年通りなら5月末にはミドリシジミが発生している場所ですが、今年は10日以上発生が遅れているようで3時間半程度探して1頭も見つかりませんでした。代わりに撮影出来たのがルリシジミの雄です。in2019.06.01さいたま...

  13. 西風の季節その3 - 紀州里山の蝶たち

    西風の季節その3

    今日は、北海道で歴史的高温の一日だったようです。今日の脇役もアップしておきます。

  14. 35ルリシジミ「蝶図鑑」 - 超蝶

    35ルリシジミ「蝶図鑑」

    日本全国、何処にでもいる蝶ルリシジミです。が・・・開翅シーンに出会えるのは稀です。

  15. 越後のギフ-3(2019/4/20.23) - 小畔川日記

    越後のギフ-3(2019/4/20.23)

    4月20日は中越の雪の多い地方にギフの様子を見に行った。現地で会った地元の方の話では、2月までは例年より雪が少なかったそうだけど、3月、4月に寒の戻りがあって雪も降ったそうで、春の訪れはもう少し先の感じだった。いつものポイントに着くと、naoggioさん,Akakokkoさん,midoriさんがお見えになっていて、我々夫婦の到着前に一度ギフが枯れ草の上に降りてきたということだった。しばらく様...

  16. 蝶 - 菜奈ちゃんコーナー

    蝶を撮るのは楽しいです、これから色んな蝶を見つけて撮りたいと思います。ツマキチョウのメスベニシジミルリシジミ今日から遠征してきます

  17. スギタニの多い林道を歩く - 蝶超天国

    スギタニの多い林道を歩く

    4月6日今週末はこの日しかフィールドに出られない予定なので気合を入れて早朝に出発しました。到着した時は上着が必要でしたが、陽が差しだすと暑いほどです。気温が一気に上がったので林道を飛び回るスギタニは多いのですが、写真になりません。キブシの花に吸蜜するスギタニルリシジミが絵になります。吸蜜個体にチョッカイを出すヤツがいて落ち着きません。それに正対するシーンを撮るのは忍耐が必要です。逆光になると...

  18. シマアジ - 菜奈ちゃんコーナー

    シマアジ

    3度目の撮影で何とか撮影出来たルリシジミの交尾が撮れました

  19. 小畔川便り(コツバメの吸蜜他:2019/3/24.31) - 小畔川日記

    小畔川便り(コツバメの吸蜜他:2019/3/24.31)

    3月25日に、24日に撮影したコツバメの飛翔などを載せたけど、その日に撮影した飛翔以外の写真を載せておくことにします。家内の写真がほとんどになります。この日はコツバメが、植栽されたパンジーに吸蜜に来ていた。家内撮影白いパンジー以外に黄色のパンジーにも吸蜜に来ていた。家内撮影オオイヌノフグリでも吸蜜していた。家内撮影黄色のパンジーには、ほかにヒメアカタテハも吸蜜に来ていた。家内撮影ルリシジミは...

  20. シミズガニルリシジミアズマヒキガエル - 里山の四季

    シミズガニルリシジミアズマヒキガエル

    2019.3.31生き物情報千葉県北総地域でもソメイヨシノの見頃をむかえました。湧水のしみだす里山の縁を散策しました。シミズガニ(サワガニの青色型)甲殻類サワガニ科日本の固有種地域によって黒褐色型、橙褐色型、青色型があるらしいのですが印旛郡では青色型。雑食性です。天敵はヒキガエルやカワセミ、サギ類、イタチ・・・ここにはこれらみんな生息しています。本当に自然豊かな千葉県!左右のハサミの大きさが...

総件数:50 件

似ているタグ