ルリタテハのタグまとめ

ルリタテハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはルリタテハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ルリタテハ」タグの記事(161)

  1. ルリタテハの幼虫@都内某所(2021.9.16) - 東京いきもの雑記帳

    ルリタテハの幼虫@都内某所(2021.9.16)

    中村です。今日もお天気が悪いので、おとなしく自宅で内業してます。という訳でまたもや過去の写真ですみません。お仕事をしている都内某所の緑地で撮ったルリタテハの幼虫です。白いトゲトゲが立派で、ボディーのオレンジやグレーや黒斑が絶妙なデザインで、これで美しい虫だと思うのですが、これがさらに綺麗なチョウになるとは想像が難しいですね。管理している方に声をかけて、駆除しないようにお願いしてきおきました。...

  2. ■ルリタテハ 幼虫21.10.12 - 舞岡公園の自然2

    ■ルリタテハ 幼虫21.10.12

    冷たい大陸高気圧が列島を覆って、普通の秋の雨降る1日に。外気温が20℃そこそこで一気に寒空になった。ホトトギスの葉をむしゃむしゃ食っているのは、ルリタテハの幼虫。3頭も見つけた。ルリタテハ 幼虫12.10.7FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO1600 1/200,F9葉だけでなく花まで食っていた。ルリタテハ10.11〃(trimming) ISO400 1/280,F...

  3. とほほととぎす… - 侘助つれづれ

    とほほととぎす…

    とほほなホトトギスルリタテハのトゲトゲさんに葉っぱを全部食べられちゃったホトトギスだけど椿ともみじの葉っぱを借景に美しく咲いてます***そしてこちらはサルトリイバラを食べて見事美しく翅をひろげたルリタテハさんいってらっしゃい素敵な羽化の瞬間を見ることができました蝶のために花を植えよう

  4. クロコノマチョウノーベル賞に真鍋さん - 蝶のいる風景blog

    クロコノマチョウノーベル賞に真鍋さん

    ノーベル物理学賞に真鍋淑郎さんが選ばれた。今は米国籍というが90歳だそうだ。うれしいニュースだ。朝7時に庭に出るともうツマグロヒョウモンが元気に飛び回っていた。交尾も2回見ているのでもうすぐ産卵もするのだろう。せっかく産卵しても幼虫が育つスミレはもうまったくないぞ。庭をうろうろしている幼虫もいて、妻が「かわいそう」と気の毒がっている。それもそうだ。園芸店に行ってパンジーを10株買って来た。庭...

  5. ルリタテハウラギンシジミなど - 生きる。撮る。

    ルリタテハウラギンシジミなど

    今年初撮り。ルリタテハかなり遠い・・・ウラギンシジミ別の場所でアカボシゴマダラご覧いただきありがとうございます。エキサイトユーザー以外の方も♡押していただけます。励みになっています。ありがとうございます。

  6. サルトリイバラの秋… - 侘助つれづれ

    サルトリイバラの秋…

    秋庭サルトリイバラの実色づいてきました***そしてサルトリイバラの秋のお楽しみもうひとつ葉っぱに隠れたトゲトゲさん見つけましたルリタテハの幼虫あちこち葉っぱが食べられていますすでに蛹の姿で羽化待ち2体すこし前に確認したときには全く姿がなかったので今年は諦めかけていたのにうれしいことですホトトギスにもトゲトゲさんいましたみんな食欲旺盛です

  7. 仲秋の花と虫ほか - しらこばとWeblog

    仲秋の花と虫ほか

    今夜は、中秋の(8年ぶりの満月の)名月が昇りますね。当地は、夜になると、雲がかかりそうな予報です。ウォーキングは、(当地の月の出の時刻の)18時過ぎからにします。コロナは、ちょうど1か月前、3日続けて、感染者が2万5千人を超えたときには、どうなることやらと思いましたが、その数日がピークで、昨日は、2224人にまで減りましたね。👍ワクチン接種率が上がったのが功を奏したの...

  8. 蝶と遊ぶⅦ…5種類の蝶 - 上州自然散策3

    蝶と遊ぶⅦ…5種類の蝶

    色々な蝶を写して見たが、蝶に疎いので名前を間違えている可能性があります。①ウラギンヒョウモン? ②キタテハ ③ルリタテハ 翅を広げたところを写す前に逃げられた。④ミドリヒョウモン? ⑤コミスジ?

  9. 赤目のゴイサギ - Magnolia lane 3

    赤目のゴイサギ

    眠たそうなゴイサギノダケにコミスジチョウヤブミョウガヤブヤンンマ?キミガヨラン残念なアオゲラ(^^;)残念すぎるエナガ(^^;)ルリタテハ湿地エリアは、ツリフネソウが咲き始めたところです。誘致林付近で、キビタキやサコウチョウの目撃情報があり、数名のカメラさんがいましたが・・・2羽のツミがやって来てバトルを展開。ツミに罪はありませんが(^^ゞ鳥たちは退散してしまったはずです。ウラギンシジミがキ...

  10. ルリタテハの幼虫vs.ホトトギスの葉 - しらこばとWeblog

    ルリタテハの幼虫vs.ホトトギスの葉

    台風14号は、九州の西で、息を吹き返して、とんでもないルートを辿っていますね、台風っていうやつは、よほど日本が好きなのか、あっちへ行け~わが家の小庭には、先日は、珍鳥の朱い鳥(アカショウビンの若鳥)が訪ねてくれましたが、青い鳥ならぬ、青い蝶に好かれて、ルリタテハの幼虫に、愛培の20品種ものホトトギスの葉が、食べ尽くされてしまいました。(悲)幼虫は、葉の裏側にいて、小さい間は、気づかないのです...

  11. タテハチョウのなかま - 駄猫と本の部屋 ぶらん亭

    タテハチョウのなかま

    え〜、「駄猫と本の部屋」と銘打っておきながら、最近は猫も本も出てきませんね。野山(と言うほどでもありませんが)の散歩が、今ちょっとマイブームなもので。まあ、猫も本もそのうち出てまいります、今しばらくお待ちを。ということで、今日はタテハチョウのなかまです。と言ったって別に珍しいものは出て来ません。そこらで普通に見かけるのばかりです。おっさん、人間が小さいもんですから、蝶のなかまでも、実はシジミ...

  12. ルリタテハの幼虫 - しらこばとWeblog

    ルリタテハの幼虫

    昨日の記事は、可愛い孫の話でしたが、今日は、かわいくもある一方、幼虫が、大事な愛培のホトトギスの葉を食するルリタテハの幼虫です。いまのところ、3頭見つけました。それぞれ、齢が数日、異なるようです。今月初めのころ、親蝶の姿を見かけていました。幼虫の食草で、たくさんあるユリの葉に産み付けるのを期待していましたが、やはり、葉が柔らかいホトトギスに産んでいました。昨年、20頭以上も羽化させたツマグロ...

  13. ルリタテハ - Magnolia lane 3

    ルリタテハ

    いつの間にかキンモクセイが咲き、良い香り~♪ホウノキの実雑木林の中、綺麗なブルーが目を引きます!辺りを探すと、樹液に蝶たちが集まっていました。ルリタテハ翅裏は木肌そっくりの擬態👀色合いの違う?数頭がいましたが、オスメスの違いなのか分かりません(^^;)サトキマダラヒカゲ・・・翅の痛んだ個体も多く見られました。頭上では、シジュウカラが一生懸命に何かの実を食べていました。...

  14. 鳥待ちの合間に - 季節の映ろひ

    鳥待ちの合間に

    土手の上でツツドリを待っている間に、蝶にもレンズを向けてみました。ルリタテハとヒメアカタテハが翅を全開してくれました。ルリタテハヒメアカタテハ最後までご覧いただき有難うございます。気に入っていただきましたら、ポチッと応援して下さい!宜しくお願いします(ノ^-^)ノ前記の記事↓↓に訪問いただき感謝です。

  15. 白樺林の蝶 - 飛騨山脈の自然

    白樺林の蝶

    白樺林で見られた新鮮なシータテハ。平地にもいるアカタテハ。エルタテハの♂。エルタテハの♀。クロヒカゲ。ルリタテハは3頭いたが1頭逃げられた。ルリタテハの開翅を撮ったらオオゾウムシも写っていた。シータテハの夏型♀がまだ綺麗な状態だった。道路の縁石で吸水している秋型のシータテハ。

  16. お山のキベリタテハたち再び - トドの野鳥日記

    お山のキベリタテハたち再び

    8月中旬から続けてきたお山の蝶シリーズもシーズン終盤を迎えました。日課となった山小屋の散歩コースで見かけた葉どまりのキベリタテハたち(1,2枚目:白樺などの幹にはとまってくれません)、岩どまりのキベリタテハとルリタテハたち(3,4枚目)を最後とし、鳥さんたちの記録に戻ることとしましょう。

  17. 樹液酒場のお客たち蝶編 - 公園昆虫記

    樹液酒場のお客たち蝶編

    人間界では、コロナ禍にあって、酒場のお酒の提供が制限されたりしているが、昆虫界は関係ない。私は昼間しか見にいかないが、たぶん、夜間の時間制限もないだろう。今年は、地元の公園ではナラ枯れが進んでいて、カシノナガキクイムシが開けた穴から、樹液が出ていることが多い。(本当は、コナラたちが必死でナラ枯れを防ぐために流している樹液なのだろうが、)昆虫たちはラッキーとばかりに集まってくる。この夏、あっと...

  18. 低山の蝶 - 飛騨山脈の自然

    低山の蝶

    暑い日中ではあるが木陰でヒメウラナミジャノメが元気に飛んでいる。突然ルリタテハが近くの石に飛来した。綺麗なジャノメチョウも出てきてくれた。直射日光が強いのでウラギンシジミは草むらに逃げ込むように止まった。

  19. ルリタテハ飼育観察記録 - しらこばとWeblog

    ルリタテハ飼育観察記録

    ある年のルリタテハ(蝶)の飼育観察記録です。夏の朝、窓を開けシャッターを上げると、愛培のホトトギス(杜鵑草)から青っぽい蝶が飛びあがりました。しばらくすると、また、戻ってきて、なにやら産卵している様子。ルリタテハでした。幼虫の食草が、ホトトギス(そのほかに、サルトリイバラやユリも)で、普通は、森や林や公園に生息している蝶ですが、我が家のように、ホトトギスを育てていたり、植えこんである住宅街で...

  20. 樹液に集まるタテハチョウたち - トドの野鳥日記

    樹液に集まるタテハチョウたち

    カメラ散歩中に林内の樹液に多くのタテハチョウたち(ヒオドシチョウ/シータテハ/ルリタテハ/アカタテハ)が集まっているのを見かけました。ヒオドシチョウをマジマジと観察したのは初めてです。

総件数:161 件

似ているタグ