ルリタテハのタグまとめ

ルリタテハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはルリタテハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ルリタテハ」タグの記事(87)

  1. リュウキュウムラサキの占有行動 - 蝶超天国

    リュウキュウムラサキの占有行動

    8月22日日にちが前後してしまいました。リュウキュウムラサキが隣県で見られると教えて貰ったので・・・・午前年休をとり見に行ってきました。以前にも見たことがあるのでテリ場の目星をつけて探したところなんとか1頭だけ見つけることが出来ました。大きな破損もなく綺麗そうに見えます。周りにモンキアゲハやカラスアゲハが飛ぶとスクランブル発進しますが・・・・すぐに元の場所に戻ってきます。静止する枝は少しずつ...

  2. 胡桃の森へ - 不思議の森の迷い人

    胡桃の森へ

    7月半ばの朝、上野駅で神奈川のYさんと待ち合わせ宇都宮線に乗りました。最寄り駅には9時ころ着いたのですが、タクシーがいないのです。やっと私たちの順番が来たのは20分後でした。運転手さんに伺うと「車はあるけど運転手がいない」とのこと、どこも人手不足は深刻です。既に車で到着していたNAGUさんご夫妻と合流できたのは10時になってしまいました。それぞれ胡桃の森でオナガシジミを探したのですが、やっと...

  3. 幼虫と蛹を探しまくる - 蝶超天国

    幼虫と蛹を探しまくる

    7月20日と21日20日の最後は久しぶりにヤマキチョウの幼虫や蛹の様子を見て回りました。経験を積んだおかげで終齢幼虫や蛹はクロツバラの食痕からすぐに見つかるようになりました。まずは終齢幼虫ですが頭を持ち上げている姿が特徴的です。摂食中の様子も初めて撮影することが出来ました。これは21日に別の場所で見つけた幼虫です。久しぶりに前蛹も見つかりました。前蛹を見つけるのは期間が短いので高難度です。蛹...

  4. 群馬の里山 - 飛騨山脈の自然

    群馬の里山

    群馬の里山へ樹液の出ているところをIさんに連れて行ってもらった。クヌギにはジャノメチョウが吸蜜していた。葉に止まっていたルリタテハが樹液に飛来した。外来種のアカボシゴマダラは今回初めて見させていただいた。目立たない所でハグルマトモエが吸蜜していた。新鮮なスミナガシ♀?が急に樹液に飛来した。口吻の赤いのが良く目立つムラサキシジミはこの時期なかなか開始しないので裏だけ。♂と確認後にリリースした。...

  5. 34ルリタテハ「蝶図鑑」 - 超蝶

    34ルリタテハ「蝶図鑑」

    紺色地に明るい瑠璃色が美しいルリタテハです。

  6. タテハチョウ科の仲間3種 - 花と葉っぱ

    タテハチョウ科の仲間3種

    撮影:7月24日(千葉市・加曾利貝塚公園)オオムラサキが樹液を吸っていたのと同じ樹幹で、タテハチョウ科の仲間3種が、カナブンやヨツボシケシキスイと一緒に樹液を分け合っていた。アカボシゴマダラ(赤星胡麻斑蝶)タテハチョウ科 コムラサキ亜科斑紋はゴマダラチョウによく似ているが、後翅の外縁に鮮やかな赤い斑紋がある。口吻(吸管)は黄色~橙色。複眼は黒色。開翅長45~75ミリ、前翅長42~52ミリ。「...

  7. 蝶の産卵から羽化まで - しらこばとWeblog

    蝶の産卵から羽化まで

    こちらは、埼玉県南部ですが、梅雨時とはいえ、今年は、よく降ります。昨夜も、激しい雨音で、目が覚めました。用心して、メダカの水槽の水位は下げていますが、もう少しで、溢れるところでした。雨の合間に、庭へ、野鳥は飛んできますが、このところ、蝶やトンボを見かけません。毎年、蝶の幼虫を見かけると、保護・観察で飼育していますが、まだ、この夏は、成虫も来ないので、もちろん、幼虫もまだです。写真ネタもないの...

  8. 里のブナ林 - 飛騨山脈の自然

    里のブナ林

    標高600m前後のブナが混じる雑木林に行ってみた。林道整備で借り払われた大場儀節にルリタテハが飛来した。新成虫なので綺麗だ。近くに♀もいたが越冬個体か新成虫かよく分からない。今年はどこに行ってもルリタテハをよく見かけるがこんな年も珍しい。この地はよく出かけるところだがオオミドリは見たことがなかった。♂を見る前に葉上で静止する♀に出会った。一瞬ゼフの飛翔と見間違えるムラサキシジミがフジの葉に止...

  9. 大雪山麓のオオイチモンジほか(北海道・関東&台湾のタテハチョウ)2019 - ヒメオオの寄り道

    大雪山麓のオオイチモンジほか(北海道・関東&台湾のタテ...

    7/3~7/6大雪山層雲峡温泉に宿泊してチョウを中心とした生き物を撮影してきました。今回は大雪山麓の「オオイチモンジ」を中心に台湾と関東・北海道の蛺蝶(和名:タテハチョウ)の仲間を紹介します。2019.07.05北海道上川町2019.04.27台北市立動物園「黄蛺蝶(和名:キタテハ)」は、日本国内では北海道南岸部~九州に広く分布しています。この個体は春の台湾で撮影しましたが、日本の夏型に近似...

  10. 色々な蝶 - 風任せ自由人

    色々な蝶

    他に狙いがあった中でレンズを向けた6月の蝶たち。オオヒカゲルリタテハ手前に被りがあるが、産卵していると思われるルリタテハを見つけたので撮影した。その後、葉を裏返してみると卵が見つかった。イチモンジチョウベニシジミツバメシジミヤマトシジミ後尾ペアウラギンヒョウモンサカハチチョウこのサカハチチョウはアサマシジミの探索中に見つけて撮影をした。GW頃の地元では1匹も見かけなかったので、ボロではあった...

  11. 季節の変わり目 - 飛騨山脈の自然

    季節の変わり目

    照葉樹林と落葉樹が混在する林道を歩った。ヤマトスジグロと思われる第2化の新鮮個体に出会った。ミズイロオナガは出たばかりのようだ。V字開翅しているエゾミドリ葉がカールしていて脚の全体が撮れなかった。シロツメクサで開翅するベニシジミ。1化だとすると遅すぎだし、2化だと早すぎるがどちらだろう。標高からすると2化かなー?イチモンジチョウがタニウツギに産卵行動をしていた。破損したコジャノメ♀が良く見ら...

  12. ミドリシジミ6月13日 - 超蝶

    ミドリシジミ6月13日

    昨日の蝶撮り休暇夕方にミドリシジミの生息地へ・・・知多半島のミドリシジミ、ピークやや過ぎのようです。♀からA型B型AB型O型♂達です卍飛翔♀の産卵知多半島のミドリシジミはまた来年!おまけの今季新生ルリタテハ

  13. サクラ吸蜜のヒメギフ - 蝶超天国

    サクラ吸蜜のヒメギフ

    5月3日この日は早起きをして信州まで日帰り遠征しヒメギフチョウを狙ってみました。初めての場所で様子が分かりませんでしたが、サクラに吸蜜してくれました。高いところなので上向きで逆光になることが多いのですが・・・・露出補正に苦労しながらこんな写真が撮れました。背景や構図を考える暇もありませんが、暫く遊んでくれました。すぐ隣ではシータテハも吸蜜していました。別の桜にはルリタテハも吸蜜していました。...

  14. ルリタテハ(蝶)との出会い - しらこばとWeblog

    ルリタテハ(蝶)との出会い

    10連休の3日目(昭和の日)。しらこばとは、いつも365連休ですから、こんなときは遠出はなし。車で30分の隣の町(川口市安行(あんぎょう))の「埼玉県花と緑の振興センター」を訪ねました。この一帯は、マイフィールドのひとつで、いつも遊んでいる所です。出会った花々はさておき、センター内で、久しぶりに、ルリタテハ(蝶)と出会いました。ビオトープのある一画の見学路には、木材チップが敷き詰められていま...

  15. 蝶々の季節がやって来た! - 夜つぐみの鳴くところで

    蝶々の季節がやって来た!

    彩湖道満ではバンジーが花盛り。でもこの花は人気がないんですよね。少し離れた所で 忍法・葉隠れの術 を使うタテハを発見!御開帳はルリちゃんでした。丁字草が咲きはじめています。近くではナミアゲハが吸水していました。

  16. 蝶色々 - 風任せ自由人

    蝶色々

    4月に入ってから撮影した蝶で、未掲載だったもの。ルリタテハ秩父鉄道のSL PALEO EXPRESSがやってくるのを待っている時に桜に飛んできたルリタテハ。ミヤマセセリ雌雄とも4月の中旬に県内のコツバメのポイントで撮影した。この時期になってもこんな綺麗な雄がいることに驚いた。ホソオチョウ吸蜜ではないのだろうが、ヒメオドリコソウに留まった。キタキチョウツマキチョウなかなか留まらないので、飛翔撮...

  17. ■ツマキチョウ19.4.16 - 舞岡公園の自然2

    ■ツマキチョウ19.4.16

    今日も春の日。先週と同じ用事で外出。帰宅後、2時を過ぎていたがツマキチョウ目当てにフィールドに行く。先輩氏に「ここで待てば雌雄そろって現れますよ」と聞かされ待つこと暫し、別々ではあったが撮影に成功した。引き上げ途中の公園で木のベンチでルリタテハが日向ぼっこをしていた。 ツマキチョウ♂19.4.16FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO400 1/1000,F8〃♀〃〃ISO...

  18. 久しぶりに約束の場所Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    久しぶりに約束の場所Byヒナ

    春の蝶が現れ始めたので、ある場所にルリタテハを探しに行きました。ここはこの時期必ずやって来る所なので、約束の場所と名付けています。昔の記事でも同じことを書いて記事にしたっけ。見返してみると10年前から同じ写真を撮っていました。ちょっと感慨深いです。ルリタテハは他の越冬タテハと比べると、比較的翅の状態が良好。この理由を知りたいです。越冬した蝶を見ると良く頑張ったねと褒めてあげたくなります~

  19. てふてふ - 気ままな生き物撮り

    てふてふ

    暖かくなり様々なチョウが見られるようになりました。先日まではミヤマセセリ位だった林の中にもルリタテハやテングチョウが給水や給蜜に忙しく舞っています。にほんブログ村ランキングに参加しています。クリック頂くと幸いです。

  20. 天気が崩れる前に - TACOSの野鳥日記

    天気が崩れる前に

    裏山は空振り。あれの拙い鳴き声は聞こえたが姿確認できず。

総件数:87 件

似ているタグ