レシピの英語のタグまとめ

レシピの英語」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはレシピの英語に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「レシピの英語」タグの記事(31)

  1. 英語でレシピを読む!~食材 18:ローリエ~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~食材 18:ローリエ~

    イギリスで外食したり食材を買ったりではさほど意識していなかったものの、クッカリースクールで学んだときは、論理、実戦とも料理や製菓に真っ正面から向き合うことになり、それは食材についても同じ。日本では、特に食関係の仕事をしていると、フランス語語源の言葉が多用されていて、はて、英語ではなんだったっけ?と一瞬戸惑ってしまったこと、しばしば。その代表は栗、かな(↓)。そして、これも、そんな言葉のひとつ...

  2. 英語でレシピを読む!~食材 16:クミン~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~食材 16:クミン~

    これは落とし穴かもしれないなぁ。アルファベット表記の綴りも使われ方も英語圏と一致している(と思う)のだけれど、発音が違う、微妙に違う。微妙に違うゆえに、それが正しい、通じる、と信じて疑わないところが、落とし穴だなぁ、と思うわけです。それは、クミン。近年すっかりおなじみになったスパイスですね。カレーや中国料理の炒め物などで使われ、飲食店の料理で食べるだけでなく、家で料理をするときに使う人も増え...

  3. 英語でレシピを読む!~食材 14:調味料~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~食材 14:調味料~

    どうしても細かいことに目が向かいがちなんですよね〜。先日、「調味料って英語でなんていうの?」という質問を受けて、ハッとしてしまいました。あ〜、こういうカテゴリーを統括する言葉、まだ紹介してなかったよ。なわけで、本日お伝えする言葉は、英語で“調味料”を意味する言葉です。それは、condimentです。“コンディメント”と読みます。日本語でもそうですが、ケチャップとかマヨネーズとか個々のものは出...

  4. 英語でレシピを読む!~食材 13:ルッコラ~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~食材 13:ルッコラ~

    日本語を母国語としない人が日本語を学ぶときに混乱するのがカタカナ語、というのはよく言われることで、逆の立場でも然り。日本語で、外国語を語源にカタカナ語として浸透しているものには、当然ながら英語がルーツでないものもたくさんあり、その最たるものは、栗(↓)でしょう。※栗は英語で“マロン”ではありません。これもだ、と思う言葉は、実際にイギリスでクッカリースクールにいたときにいくつも出てきて、“ルッ...

  5. 英語でレシピを読む!~道具 26:抜き型~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~道具 26:抜き型~

    当ブログの連載、“英語でレシピを読む!”で、前回お伝えしたのは、ビスケットやスコーン、タルトレットを作るときに伴う作業、“型で抜く”という工程。これ、英語で“cut out”と表現します(↓)。では、抜き型は何というか。“cut out”から連想すればわかりやすいかもしれません。抜き型は、英語で、cutterと言います。厳密には、“biscuit cutter”などと何のための抜き型かを記す...

  6. 英語でレシピを読む!~工程 74:型で抜く~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~工程 74:型で抜く~

    もっと早くに取り上げてもよかったのに、これも忘れていたなぁ。例えばビスケット、例えばスコーン、例えばタルトレット、これらを作るときに伴う作業、それは“型抜き”です。いざ英語で言おうとすると、はて?になるのではないでしょうか。“型で抜く”ことは、英語でcut outと言います。“(型で)切り抜いて外す → 型で抜く”って感覚かなぁ。レシピではこんな感じで登場します。cut out shapes...

  7. 英語でレシピを読む!~工程 73:(生地を)のばす/広げる~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~工程 73:(生地を)のばす/広げる~

    ブログのアクセス解析を熱心にするわけではなく、それでもPVやPV数の多かった記事はそれとなくチェックしています。ふと、検索キーワードを見たときのこと。「あ〜、これ、取り上げてなかった!」という言葉に出くわしました(わざわざ訪問してくださった方、そのときにはまだ記事にしていなくって、ごめんなさい!)その言葉は、roll out文章の中で出てきて、言葉はわからなくても工程を知っていれば、見逃して...

  8. 英語でレシピを読む!~道具 25:マグカップ~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~道具 25:マグカップ~

    ソーサーつきのカップに小指を立てて飲む、おほほ〜ってイメージをいい加減打ち消したい、のに加え、昨今では、若者は飲まなくなっている、それが、いまだ“紅茶の国”と称されるイギリスの実態です。ソーサーつきのティーカップではなく、何で紅茶を飲んでいるか、っていうと、マグカップ。ミルクを入れて、お砂糖も入れて、というのがイギリスの一般庶民の紅茶の飲み方です。巷に和製英語が溢れていて、すぐに気づくものも...

  9. 英語でレシピを読む!~食材 12:目玉焼き~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~食材 12:目玉焼き~

    日本の食事ほどは食べないかなぁ、という印象ですが、それでも卵はイギリスの食卓でも基本的な食材です。卵はゆでたり、ポーチドにしたり、スクランブルにしたり、目玉焼きにしたりして、それを完成形として食べることもありますが、料理の一部を構成する要素としても使われます。で、目玉焼き。日本では、「英語では“sunny side up”という」と紹介されるのをよく見るように思いますが、これ、卵が太陽のよう...

  10. 英語でレシピを読む!~道具 24:ココット皿~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~道具 24:ココット皿~

    ココット皿は、オーブンに入れて使える、陶器やガラス製、鉄製の小さい器のこと。ソフレやクレーム・ブリュレ(イギリスではバーント・クリーム)などで使われる、白い円型の器で高さがあり、側面に縦線が入っているアレ、といえばわかりやすいかな。近年では、ココット(皿)という表現ではなく、ラムカンという言い回しをも増えたかな〜、と感じていて、というのも、これをココット(皿)と呼ぶのは日本独自の言い方だから...

  11. 英語でレシピを読む!~道具 23:道具~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~道具 23:道具~

    木を見て森を見ず。これまで、台所で使う道具について(便宜上、道具に入れたものもありますが)、ひとつひとつを取り上げ、英語でどう表現するか、日本語や日本のものとの違いをみてきました(↓)。01:木べら → https://ricorice.exblog.jp/23524210/02:ウィスク → https://ricorice.exblog.jp/23604607/03:フライパン → ht...

  12. 英語でレシピを読む!~道具 22:トング~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~道具 22:トング~

    今までうっかりしてたなぁ。おそらく読む分にはするするいくのだけれど、問題は音として表現されるとき。パスタや大ぶりのお肉をつかむのにトングを使うことがありますよね。英語で書くと、tongsハサミやパンツなど対でていを成しているものの例に漏れず、複数形なのでtong + s → tongsになるってわけです。でもって、日常生活でハサミやパンツをいちいちa pair of scissors、a p...

  13. 英語でレシピを読む!~道具 21:計量カップ~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~道具 21:計量カップ~

    レシピ自体にはほとんど登場しない言葉だけれど、レシピを扱う上では大事な言葉。会話では出てくることが少なくない。それは、計量カップ。なんでレシピに出てこないか、というと、〇〇カップ、とか、計量カップを使う、という表現はほとんどなく(アメリカ合衆国などでは、分量を表すのに“〇〇カップ”を使用。もっともこの場合は、“〇〇カップ”であって。“〇〇軽量カップ”ではありませんが)、 “〇〇ml”(ひと昔...

  14. 英語でレシピを読む!~単位 20:○株/○玉(球根のもの)~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~単位 20:○株/○玉(球根のもの)~

    当ブログの連載、“英語でレシピを読む!”で、これまで野菜の数え方をいくつかご紹介してきました。○株/○玉 → https://ricorice.exblog.jp/27985952/○本 → https://ricorice.exblog.jp/25111600/○片~ → https://ricorice.exblog.jp/26320387/小房 → https://ricorice....

  15. 英語でレシピを読む!~単位 19:小房~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~単位 19:小房~

    カリフラワーやブロッコリー、キャベツを丸々数えるときの“○株”“○玉”の英語表現について、前回の“英語でレシピを読む!”でご紹介しました(↓)。実際に調理するとき、カリフラワーやブロッコリーの場合は、小房に分けて使うことが多いかと思います。この“小房”を何と呼ぶか。これ、英語でfloretといいます。floretは、その綴りから、花を意味するflowerが思い出されますが、まさにそう。flo...

  16. 英語でレシピを読む!~単位 18:○株/○玉~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~単位 18:○株/○玉~

    3月に入りましたが、まだまだ冬野菜のおいしい季節です。八百屋さんで野菜を眺めているときに、ふと、あっ、これまだお伝えしていなかった!ってことに思いいたり、今回は、その英語表現をご紹介します。カリフラワーとか、ブロッコリーとか、白菜とか、キャベツとか。大ぶりの結球している野菜を数えるときに、日本語だと“1株”“2玉”っていいますよね。もっとも日常会話の中では、“1個”“2個”ですませているかも...

  17. 英語でレシピを読む!~道具 20:アルミフォイル~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~道具 20:アルミフォイル~

    台所に欠かせない消耗品といえば、サランラップやクレラップなどに代表されるラップフィルム。これ、イギリスでは、“cling film/クリング・フィルム”と言います(↓)。この、ラップフィルム同様、台所に不可欠な消耗品といえば、アルミフォイル。辞書を引くと、“aluminium foil/アルミニウムフォイル(英)”、“aluminum foil/アルミナムフォイル”(米)と出ています。が、こ...

  18. 英語でレシピを読む!~道具 19:フライ返し~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~道具 19:フライ返し~

    イギリスの場合は日本より使用する頻度が低いし、そもそも日本でもレシピ自体にはあまり出てこないし、で、後手に回ってしまっていました。。。フライ返しフライパンで作った目玉焼きをお皿に移したり、ハンバーグをひっくり返したりするときに使う、アレです。イギリスだとフライパンを日本ほど頻繁に使わないし、レシピでも、日本語の場合を想像すると分かりやすいのですが、わざわざ“フライ返しでハンバーグをひっくり返...

  19. 英語でレシピを読む!~道具 18:ミキシング・スプーン~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~道具 18:ミキシング・スプーン~

    当連載「英語でレシピを読む!」で、“道具 16:はかり”をご紹介したときに痛感したのですが(↓)、自分の情報は随時刷新していかないとなぁ。これもそんな言葉のひとつ。mixing spoon/ミキシング・スプーン“かき混ぜるためのスプーン”という意味で、まさにそのとおりの使い方をするのですが、ここで言われる“スプーン”は注意が必要です。“道具 17:穴じゃくし”でもお伝えしたように、イギリスで...

  20. 英語でレシピを読む!~道具 17:穴じゃくし~ - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    英語でレシピを読む!~道具 17:穴じゃくし~

    穴じゃくし、って使いますか?私は使わないんですよね。せいぜい鍋を食べるときに小さいタイプのものを使うぐらいで、台所では、網じゃくしかコランダーを利用しています。穴じゃくしが必要な場合、というのは、素材の大きなもの、たとえば、ゆで卵やポーチドエッグ、魚や肉などを引き上げるとき。イギリスのレシピ本でも、そんなときに使われ、穴じゃくしはslotted spoonと呼ばれます。slotは“小さい穴”...

総件数:31 件

似ているタグ