レストアのタグまとめ

レストア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはレストアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「レストア」タグの記事(21)

  1. 1986 TRIUMPH HARRIS BONNEVILLE ヘッド周り(バルブガイド) - Vintage motorcycle study

    1986 TRIUMPH HARRIS BONNEVI...

    今日はトライアンフ・ハリスボンネのお話。ガタがあったバルブガイドの入れ替え作業です。まずバルブガイドの抜き取り。以前に750ccのガイドの抜き取り作業の際、燃焼室側からガイドを叩きガイドが変形し抜き取りに苦労した覚えがあります。(ガイドが少々柔らかい)そのため今回は頭部分に螺子をきっておきボルトを入れ抜き取り。抜き取り後、バルブガイドホール計測。それぞれの穴の状態は良く軽くホーニングし内計1...

  2. 16番 2-6-0 モーター換装へ - ノブえもん堂本舗

    16番 2-6-0 モーター換装へ

    皆さん、こんにちは。各地での大雨の被害、お見舞い申し上げます。本題へ…16番の2-6-0、付属のDHモーターも使用可能なのですが、提供くださった大山さんのご希望でもあるモーター換装を行います。先ずは、モーター寸法を調べましょう。汚い手書きで申し訳ありません💦画像内のアルファベットを説明します。「A」載せられるモーターの最大幅を探します。台車枠の内々寸法、これはモーターのケース...

  3. 16番 K.T.M社製らしき2-6-0 - ノブえもん堂本舗

    16番 K.T.M社製らしき2-6-0

    皆さん、こんばんは。ここ何回か更新しております「16番 K.T.M社製らしき2-6-0」色々調べ、どうやら「Rio grande」の様です。煙突の形状や、カウキャッチャーを取り付けた様子が無い、駆動軸位置など相違点もありますが、組み立てた方の好みで作り変えられた可能性もあります。生産されたメーカーさんについても「K.T.M カツミ」さんだと思っておりましたが「カワイ」さんの可能性も出てきま...

  4. 16番 K.T.M社製 DHモーター - ノブえもん堂本舗

    16番 K.T.M社製 DHモーター

    皆さん、おはようございます。昨日アップしました「16番 K.T.M社製らしき2-6-0」コメント欄にて、取り付けられていたモーターは「DHモーター」だと教えて頂きました。nari-masa様♪こちらのローター径を測ってみると、ローター直径が約10.5ミリのDH105モーターだと判明しました♪ありがとうございます(^人^)早速メンテスタートですが、その前に‼️ぐるりと一周、ビスの数や位置、何処...

  5. 16番 K.T.M社製らしき2-6-0 - ノブえもん堂本舗

    16番 K.T.M社製らしき2-6-0

    皆さん、こんにちは。塗装をするには天気が悪く、体調がなかなか戻りません💦いつでも塗装ができる様にと、また洗って干してます。他の塗装待ちも、再度洗って干します。表題の「16番 2-6-0」ですが、ボディやシャシー周りを全バラし、モーターもバラしました。ネット検索をして、おそらくカツミさんの商品なのだろうと思います。細身のスマートなボイラーに少し大きめのキャブ、3軸の小さめの動...

  6. 1979FXS トランスミッション その2 - Vintage motorcycle study

    1979FXS トランスミッション その2

    今日はS君のショベルヘッド、まとめ的ブログトランスミッションの続きです。シフター回り組み付け、シフターフォーク位置チェック。1速、2速位置が微妙だったのでシム調整。ガタがあったラチェットギアはシャフトにあわせブッシュ単品製作。圧入・ホーニングしクリアランス調整。キックシャフトブッシュもシャフトにあわせ単品製作。圧入しラッピング、ホーニングしクリアランス調整。またついでに真鍮でドレンボルト製作...

  7. (仮)16番 K.T.M社製らしき2-6-0が入庫しました。 - ノブえもん堂本舗

    (仮)16番 K.T.M社製らしき2-6-0が入庫しました。

    皆さん、こんばんは。日頃、模型やバイクの板金などでお世話になっているO山様より「K.T.M社製らしき2-6-0」が届きました♪私の勉強用の教材として提供くださりました(>人<)ありがとうございますm(_ _)mテンダー付きの2-6-0機関車です♪これから状態を確認しながらバラし進めて行きます。まだ、サッと見た第一印象ですが、以下の4点。●シリンダーブロックの取り付け位置が狭く、動輪の回転時に...

  8. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1927 SUNBEAM M9Oさんのサインビーム手スポ・ポンチ攻撃をされていたクランクケースの軸受けベアリング部。溶射・肉盛・研磨できれいな軸受け部となり、ベアリングをちゃんと圧入出来ます。レース外輪の研磨冶具を製作しスラストチェック用のアンダーサイズレース製作。1979FXS1200S君のショベルヘッド心配していたS&Sのツースロートのの始動ですたが、セル付きってこともあり無事始動。(ソ...

  9. 1978FXE1200 エンジン分解作業 - Vintage motorcycle study

    1978FXE1200 エンジン分解作業

    今日はMさんのショベルヘッドエンジン分解作業のお話。以前に色々と手が入ってい車両のようであります。まずはヘッド分解。ロッカーアームバルブとのあたり面は一部修正研磨が必要。ロッカーシャフトの段減りは無く、ブッシュ交換でいけそうだ。ヘッドバルブ圧入部は以前に溶接で修正している跡があります。それに伴い鍔部分の厚みでを厚くして高さ調整をしているようです。幸いバルブとガイドのクリアランスは悪くないので...

  10. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1978FXE1200Mさんのショベルヘッドピニオンシャフトベアリングレースラッピングが終わり、スプロケットシャフトベアリングレース圧入。スラストワッシャーの厚み調整してスラスト調整。分解し随分と詰まっていたコンロッドビッグエンドベアリング。ラッピングしベアリングレース内径拡大。STDローラーでフロント、リア側ともに適正クリアランスに。コンロッドのスラストも詰まり気味でありまして、フライホイ...

  11. シート張替え - ヲタ係数3.14

    シート張替え

  12. 1968BSA A65 ケーブル周り・配線作業 - Vintage motorcycle study

    1968BSA A65 ケーブル周り・配線作業

    既にエンジン始動、車検取得まで終わっているNさんのBSAでありますが、今日はまとめブログ。まずはケーブル製作スロットルケーブルは単品製作元々付いていた、スロットルホルダーに合わせマウント製作し長さ調整して取り付け。ブレーキケーブルも単品製作。クラッチケーブルは市販品の長さが合わず一部加工取り付け。配線作業配線も一から引き直し。点火方式はフルトラ、ペイゾンを使います。点火合わせ取り付け。モジュ...

  13. 鉄…錆取り - ヲタ係数3.14

    鉄…錆取り

    ストックのシャシブラ、ガスが抜けてた。。。

  14. セロー。 - ヲタ係数3.14

    セロー。

    いきなり全バラから。フレームまでバラしてワイヤーブラシ+サンドペーパー#600(家にあった)で錆取り…きれない。プラサフで錆止め

  15. 1968 BSA A65 エンジン腰上組みつけ - Vintage motorcycle study

    1968 BSA A65 エンジン腰上組みつけ

    先日に引き続き、NさんのBSA A65のまとめブログエンジン腰上を組みつけていきます。シリンダーはヘッドスタッドを外しヘッド面面研。GPM製ピストン.040”o.sでシリンダーボーリングピストンリングギャップ、クリアランス計測。ギャップ0.35mm クリアランス0.05mmと適正値。タペットガイド部がシリンダー一体となっているBSAのタペットクリアランス0.05mm~0.06mm程度だったの...

  16. 1968BSA A65 エンジン腰下搭載・プライマリー周り - Vintage motorcycle study

    1968BSA A65 エンジン腰下搭載・プライマリー周り

    今日はNさんのBSA A65のまとめブログ前回オイルポンプ周りまでのお話は終わってるんだよな・・・。今回はエンジンをフレーム搭載、プライマリー周りの組み付け。クランク組み付け前にケースをフレームに仮組みして、ケース下のマウント部のシム調整済み。ギアチェンジクアドラント、キックシャフト&スプリング組み付け。キックアーム仮組みして作動チェック。 エンジン前、エンジン下、エンジン後ろのマウントプレ...

  17. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1978FXS1200Hさんのショベルヘッドコンロッドベアリングレースの真円加工が終わり、適正クリアランスになるようにローラー選択。クランク組み付け、芯だし作業。タイミングサイド0.01mm、ドライブサイド0.015mmの振れに。1978FXE1200Mさんのショベルヘッドミッション分解、清掃、計測作業。メインシャフト側は前年期タイプ、カウンターシャフト側は後年期タイプとバラバラの年式のパー...

  18. 1951TRIUMPH T100 ギアボックス組み付け - Vintage motorcycle study

    1951TRIUMPH T100 ギアボックス組み付け

    今日は先日に引き続き、HさんのトライアンフT100のお話、作業内容まとめブログです。ギアボックッスのブッシュ周りは製作済みでブッシュ取り付け、クリアランス調整をしていきます。まずはハイギアブッシュ。製作したブッシュをハイギアに圧入。段減りしていたメインシャフトは研磨していますので、研磨したシャフトに合わせたラッピングロッドを製作しブッシュラッピングしクリアランス調整。ホーニングし完成。レイシ...

  19. 1951TRIUMPH T100 タイミングギア - Vintage motorcycle study

    1951TRIUMPH T100 タイミングギア

    今日はちょっと前の話になりますが、HさんのトライアンフT100の作業内容まとめブログ。タイミングギア周りのお話。ガタが多かったカムブッシュは抜き取り・計測。ケース側ブッシュホール、カムシャフト径にあわせブッシュ製作します。まずはドライブ側カムブッシュ製作。インテーク側のカムブッシュにはブリーザーバルブが入りますが、ここを詰め過ぎるとケース圧入後、ブッシュ内径が縮み、止まり穴であるため内径拡大...

  20. 1976FXE1200車体周り - Vintage motorcycle study

    1976FXE1200車体周り

    Hさんのショベルヘッドエンジン、ミッションをメインでの作業でありますが、車体周りも一部チェック。前後ホイールベアリング交換、シール交換、スラスト調整。スイングアームベアリング交換。ブレーキ周りのチェック、Dスプロケットも交換。オイルタンクも清掃し取り付け。エンジン腰下、トランスミッションフレームに搭載。レストアスクール生徒募集中トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを...

1 - 20 / 総件数:21 件

似ているタグ