ローマのタグまとめ

ローマ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはローマに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ローマ」タグの記事(221)

  1. ⑳旅の終わり。アッシジ〜ローマ。 - あ・こ・が・れ

    ⑳旅の終わり。アッシジ〜ローマ。

    旅のレポート最終回です。三週間の長旅もいよいよ終盤。少しつかれも溜まってきましたが、楽しまなくちゃ~。四泊したフィレンツェから列車でアッシジへ。一泊だけですが、大好きな街なのではずせない!聖フランチェスコの街、カトリックの聖地アッシジに到着。町並みそのものが、私にとって何よりの観光地。歩いている時間が、ただ夢のように感じられるほど。大好きな町アッシジ、それにスペインならトレド、って同じように...

  2. 主婦の夢 - ローマの台所のまわり

    主婦の夢

    食べることに熱心なお国柄だけあって、イタリアには台所メーカーが数多ある。70、80年代は美しい台所を夢見ながらも高嶺の花だったらしいが、イケア等の登場でオシャレな台所が庶民も実現できるようになったことは、この業界にも画期的だっただろう。ポストに入っていたチラシ。なんと写真の台所が2,290ユーロで買えると。しかも1ユーロ足せばリビングルームまたは寝室家具も一式サービスしてくれると。どんな値段...

  3. レモンの出番 - ローマの台所のまわり

    レモンの出番

    ジャケットが手離せなかった5月から一転、気温30度のローマ。急にサッパリしたものが口にしたくなる人間の身体の不思議。こうなるとレモンの出番。料理に皮を擦って香りを添えると、食欲が出てくる。今日はツナとフダン草、タマネギのシンプルなパスタを作った。シンプルなんだけれど、仕上げに擦りおろしたレモンの皮を加える。冷えた白ワインと一緒にいただくと美味しいんだなぁ。

  4. ローマ食堂〜仔羊のホルモンとアーティチョーク炒め - ローマの台所のまわり

    ローマ食堂〜仔羊のホルモンとアーティチョーク炒め

    復活祭にレストランで初めて食べた仔羊のホルモン。美味しかったので一度、肉屋のおじさんに教わったとおりに家でも作ってみたけれど、仔羊の匂いが気になって、しばらくは仔羊を遠慮したくなった。今朝、市場の八百屋のマリアさんと話していると、パンを買いに行った相方が寄ってきて、嬉しそうにビニールの買い物袋を持ち上げて私に見せた。パン屋の隣にある馴染みの肉屋を覗いたら商品ケースの中の仔羊のあばら肉の横に並...

  5. ある晴れた日 - Via Bella Italia ベッライタリア通りから

    ある晴れた日

    ずうううううっとお天気が悪かった5月。22日にもなった今日、やっと夕方までお天気です!毎日毎日、雨。ほんの数時間、いや、ほんの数分、太陽出た!と思いきや、もくもくと雲が空を覆い、突如雹が降っちゃったり、雪まで降っちゃう。5月のこんな時期まで、冬物セーターを着たり、暖房を焚くなんて、北海道にいたときでも経験はしたことないです。確かに札幌にはライラックが咲く頃、一時期気温が下がり、「リラ冷え」と...

  6. 今日は美容院@トレヴィの泉♪ - ローマより愛をこめて

    今日は美容院@トレヴィの泉♪

    トレヴィの泉~♪今日のローマは、晴れとは行かないまでも、曇りの一日でした。とはいえ、いつ雨が降りだすか分からないような曇り空で、バッグの中の傘は必需品。ハラハラしましたが、結局雨は降らなかったので、よかったです~トレヴィの泉といえば~そうです。今日は、日本人美容室ヤンクスに行ってきたのでした。2月に行ったきり・・ずっと忙しかったので、3か月ぶりというありさま・・わ~、ヤンクスでネイルもするこ...

  7. 台所は持っていくもの - ローマの台所のまわり

    台所は持っていくもの

    引っ越しすることになった。新しい家は、ローマの遺跡めぐりが大好きなデンマーク人夫婦が定年退職後に買って10年ほど住んだもの。とてもきれいで、しかも家の中はデザイン家具が北欧のミニマルテイストでまとめられていてとってもカッコいい。キッチンは、イケアのものだけれど、配色や空間の使い方も計算されていて見た目がスッキリして清々しい。ガス台でなくIHなのが気になったけれど、それはたいした工事もせずに交...

  8. 春を迎えたい - ローマの台所のまわり

    春を迎えたい

    例年になく、5月になったというのに肌寒い日が続くローマ。ここのところ最高気温が20度を下回っていた。そんな天候の中、エンドウ豆が今朝やっとマリアさんの無農薬野菜の屋台に登場した。他の店に行けば南から来たものが手に入ったけれど、何故か地元産の初物が欲しかったので、そこはグッと我慢していた。エンドウ豆と一緒に買うのは、アーティチョーク、ソラ豆、スカローラ(レタスの一種)と決まっている。チーズ・ハ...

  9. ローマ食堂〜魅惑のマリトッツィ - ローマの台所のまわり

    ローマ食堂〜魅惑のマリトッツィ

    ローマ名物スイーツと言えばマリトッツィ。ブリオッシュに泡立てた生クリームがはさんである「だけ」のものなんだけれど、時々無性に食べたくなる。ただ、こぶし大の大きさで半端ない生クリームの量に躊躇し、これを食べたらしばらくお腹が空かないだろうと思うと食べずじまいでいることがほとんど。行きつけのバールで朝からいい年のおじさんが口のまわりに白い髭を作って幸せそ〜にほうばっているのを目にすると、そのたく...

  10. 街に残るもの - ローマの台所のまわり

    街に残るもの

    ローマが都市、しかも一国の首都として機能しなくなって、久しい。街を歩けば、ゴミが散乱し、歩道も、車道もボコボコ。メトロに乗れば、煤けた空気で曇った車両が如何にも陰気で、バスに乗れば、市バスは大赤字だというのに、切符を買って乗る人はごくわずかで、その問題を解消しようという本気の働きかけは行政にも、バスを運営している側からも感じられない。かさなる車両故障やスト、遅延が公共交通機関の利用を市民から...

  11. ホルモン食べよう〜復活祭 - ローマの台所のまわり

    ホルモン食べよう〜復活祭

    イタリア人を食事に招待するとき、何か食べられないものは?と尋ねると、「内臓以外なら何でも食べる」という返事をたびたび聞く。牛の第1胃袋はトリッパといって、時々食堂のメニューでも見かけるけど、内臓と言われてピンと来ずに調べてみると、仔羊の肺やら心臓やら内臓を指すらしい。焼肉屋焼き鳥でホルモン系には慣れているけれど、さて仔羊の一体どんな味なんだろうと興味があったものの、レストランでお目にかかった...

  12. 姿は見えない〜スモークサーモンのリゾット - ローマの台所のまわり

    姿は見えない〜スモークサーモンのリゾット

    リゾットに欠かせない出汁。肉をあまり食べないので、もっぱら人参、玉ねぎ、セロリといった香味野菜とハーブのみでとっている。イタリア人はここにジャガイモも入れる人が結構いる。通う合気道場の仲間が、出汁はハーブは無しで人参、玉ねぎ、セロリ、ジャガイモで作って出汁をとった後の野菜は捨てるんだと教えてくれたことがあった。もったいないと思うからか、どうなのか、他の野菜を使うのは気にならないのに、ジャガイ...

  13. 赤いフダンソウにはオレンジを - ローマの台所のまわり

    赤いフダンソウにはオレンジを

    赤いフダンソウ(不断草)。甜菜の家族だけあって、ほのかに甘い。数年前に、この甘さには、オレンジの香りが合いそうだとなーと思って、ニンニクとアンチョビ、鷹の爪と一緒に蒸し焼きにしたものの仕上げに、無農薬オレンジの皮をパラパラと加えて、美味しいオリーブオイルを垂らすと、とっても美味しかったので、フダンソウを買う時は必ずオレンジも買うことにしている。パスタの具にして良し、副菜として良しのお気に入り。

  14. 絡めば家庭平和 - ローマの台所のまわり

    絡めば家庭平和

    ローマで暮らし始めたころ、しょっちゅう言われたのが、麺と具が良く混ざっていないということ。イタリア人の相方は食べ物を残すのはご法度の家庭で育ったので、いつも、どんな物を出しても全部食べるが、パスタとソースの絡み具合が悪いと、「むーーーー」と怒りのオーラを放ち始め、最後の一口まで無言で食べる。食べ終わると、気をそらそうといろんな話題をふっかけても、「ソースの絡み方がなってない」と苦言が呈される...

  15. 2019 イタリア旅 - 2 :Roma~Marche(あちこち)~Tivoli - al mare 気ままにmamma (たまにnonna)

    2019 イタリア旅 - 2 :Roma~Marche...

    ローマ歩き2日め。昨日西側をかすめたヴェネチア広場を東に向かい、「フォーリ・インペリアーリ(皇帝たちの広場)」通りに出ます。キノコ雲みたいな ローマの松。よく知られている「フォロ・ロマーノ」は、この道をもう少し進んだ右側に広がっていて、古代ローマ共和政時代が最盛期だから「フォーリ・インペリアーリ」よりも古い。とはいえ、手狭になった「フォロ・ロマーノ」の外に初めてフォロを造営したのがカエサルだ...

  16. ツェッポレ〜春の到来 - ローマの台所のまわり

    ツェッポレ〜春の到来

    イタリアのカレンダーでは、3月19日は聖ヨセフ、つまりイエス・キリストのお父さんの日となっている。ローマではこの日に聖ヨセフ(イタリア語ではサン・ジュゼッペ)のツェッポレと呼ばれるお菓子を食べるのが慣わしだ。ツェッポレは、揚げたシューにカスタードクリームを詰め、シロップ漬けのサクランボをのせたもの。なぜ3月19日が聖ヨセフの日で、ツェッポレを食べるのかは諸説があるけれど、とにかくかなり昔から...

  17. ローマROMA - 映画でござる

    ローマROMA

    CGやらSFXやら極色彩溢れる映像ばかり目にしている身としましては シンプルな白黒な世界はかえって新鮮で こだわりがうかがえる映像は、まるで絵画のように美しくて 冒頭のタイルを水をかけながら磨いている端に飛行機が映り込むシーン ラストの建物の風景にやはり飛行機が飛んで行くシーンはとても印象的 ゆっくりゆっくりと進むストーリー 劇的な展開があるわけではなく 一家族に起こった出来事をただ淡々と、...

  18. 憧れ - ローマの台所のまわり

    憧れ

    今日はリゾットを作る予定なので野菜出汁を久しぶりに用意。傷みかけの玉ねぎ、人参、セロリ、ジャガイモ、黒キャベツの芯、干しトマト、と適当に鍋に入れて弱火にかけておくだけで、甘くて優しいスープができる。スープは、リゾットにはもちろんのこと、パスタソースの隠し味に少々加えたり、野菜を蒸し焼きにするときに水の代わりに加えると、お料理自体の旨味が上がる。夏に、ソラーニャ村にあるレストランのオーナーシェ...

  19. 笑顔 - ローマの台所のまわり

    笑顔

    昨日、最近、月に一度は行くようになったピッツァ屋さんで、前菜を頼むとパンも一緒に持ってきてくれた。(因みにローマでは、ピッツァ屋でピッツァだけを頼む場合は、パンは出さない。)このパンが、すっばらしく美味しかったので、ウェイターさんに、前菜もさながらパンが美味しいですね、と声をかけると、「店で焼いているんですよ」と、とても嬉しそうに教えてくれた。一切れ残っていたパンを下げようとする彼の手を制し...

  20. カーニバルのお菓子と言えば - ローマの台所のまわり

    カーニバルのお菓子と言えば

    カーニバルの時期にイタリアのあちこちで売られている揚げ菓子。(因みに左は、揚げずにオーブンで焼いたヴァージョン。揚げてないけれど、結局は記事にたっぷりと脂が含まれている。)ローマではフラッペと呼ばれるけれど、所変わればで、各地でその呼び名は変わる。素朴ながらパリパリとした歯ごたえと、ヴァニラとオレンジの香りでいくらでも食べれてしまう、冬のお楽しみのお菓子。さて、今週の水曜日には終わってしまう...

総件数:221 件

似ているタグ