ワインとつまみのタグまとめ

ワインとつまみ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはワインとつまみに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ワインとつまみ」タグの記事(59)

  1. 鰻のキモ串、ギンポ唐揚げ - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    鰻のキモ串、ギンポ唐揚げ

    絶滅するーっとか言いながら食べまくる、土用の丑の日も終わりました。しかしウナギって本当に美味しいな。私も大好きだ。鰻やにいったら私はちゃんと肝串と肝吸いも頼む。鰻と言うと身ばかり注目されて、肝は脇役だけれど、私はキモも好きである。で、このあいだ上野アメ横吉池の魚屋で、うなぎの肝がビニル袋いっぱいに入って売っていたので、心ひかれて買ってみた。まずは肝串…うまいっ!!スーパーの肝串(あるいは、そ...

  2. タコづくし - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    タコづくし

    上野アメ横はずれの吉池の魚やでタコの卵巣を買った。タコの卵巣をタコのマンマといったりするのだが、煮漬けてみたら本当に中からムニュムニュ出てきて(卵?)、マンマ(ご飯)みたいだった。だからタコのマンマというらしい。お味は、タコの風味があって、タコより柔らかく、不思議な食感のタコという感じだった。(まあ、タコですからねえ)こちらはタコとトマトのペペロンチーノ。

  3. 茄子のはさみ揚げ、山芋の磯辺 - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    茄子のはさみ揚げ、山芋の磯辺

    昨日はひさびさ、茄子のはさみ揚げ。ベランダ菜園の大葉を飾って。山芋の磯辺揚げ

  4. アスパラづくし - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    アスパラづくし

    北海道音更よりひと箱4200円で送っていただいた旬のアスパラ。定番のアスパラの生ハム巻き。アスパラと鶏肉のグラタン

  5. アスパラとマグロのピザ、マグロのカマのオーブン焼き - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    アスパラとマグロのピザ、マグロのカマのオーブン焼き

    パルシステム生協で、毎年、買っている北海道音更の旬のアスパラガス。今年は不作だということで1箱4200円もしたのだが(例年は3000~3500円)、旬の北海道のアスパラの美味しさを知ってしまった私は、それでも今年も注文しました。今年第一弾は、アスパラとマグロのピザこちらのマグロのカマは近所のスーパーで300円だったもの。表面はこそげとってフライパンで焼き、残りは骨と一緒にオーブンへ。たっぷり...

  6. 若鶏の白ワインヴィネガー煮 - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    若鶏の白ワインヴィネガー煮

    若鶏の白ワインヴィネガー煮作りました。たっぷりの白ワインヴィネガーとヴェルモット酒で煮る。付け合わせはニンジンとピーマンのサラダ

  7. 金目鯛と目鯛のカルパッチョ - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    金目鯛と目鯛のカルパッチョ

    那珂湊で買ってきた魚たちはこんなふうになった。金目鯛と目鯛のカルパッチョフツウにお刺身盛り合わせさて、このたび「目鯛」という魚を始めて食べたわけだが、身も脂がのっててかつ締まっており、とても美味しかった。この魚、よく見ると、頭の額のあたりに小さなコブみたいな膨らみがあって、ナポレオンフィッシュみたいな形なのだが、この膨らんだ部分はゼラチンだった。このゼラチンがさらに美味だった。金目鯛と同じ水...

  8. ブロッコリーのポルテッペ(団子) - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    ブロッコリーのポルテッペ(団子)

    ブロッコリーのボルテッペ(団子)作りました。ゆでたブロッコリーをつぶして、パルメザンチーズとパン粉と卵を混ぜで団子状にして揚げます。ちょっと一味足りない気がした。これの真ん中にプロセスチーズ入れて、団子状にして揚げてみたら美味しいのではと思いました。

  9. マッシュルームづくし - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    マッシュルームづくし

    新鮮なマッシュルームがたくさん手に入ったので、昨日はマッシュルームづくし。生のマッシュルームはスライスした瞬間からキノコのいい香りが飛んでくる。マッシュルームをフードプロセッサにかけてクリームソースにして。マッシュルームのパスタ市販のピザにルッコラと生ハムと生のマッシュルームを足す。

  10. イワシの酢シメのタルティーヌ、キタロス(カレイの香草焼き) - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    イワシの酢シメのタルティーヌ、キタロス(カレイの香草焼き)

    イワシの酢シメでタルティーヌ。前回は食パンをトーストして作ったが、今回はバゲットでやってみた。夫にどっちが美味しいと思うかときいたら、どっちも美味しいという回答しか得られず。食パンバージョンhttps://wainbiyori.exblog.jp/26510459/「歴メシ~世界の歴史料理を美味しく食べる」に出ていたキタロス(カレイの香草焼き)をアレンジ。(これは失敗)くだんの本によれば、ギ...

  11. ラザニア、豚ヒレ、春巻き - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    ラザニア、豚ヒレ、春巻き

    食事制限で少しやせて、パンツも緩くなったのだが、うっかり今週で戻ってしまった。戻るに至った今週のメニュー。火曜日。ホワイトソースとミートソースを交互に重ねて…ラザニア。水曜日。冷蔵庫の豚ヒレ肉が、おつゆが出ちゃって、もういい加減使わないという事態になったので豚ヒレ肉のロースト、きのこのレモンクリームソース木曜日。このあいだあく抜きだけしておいたタケノコを早く使わないとということで、春巻き。コ...

  12. 豚肩ロースの塩レモンソテー - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    豚肩ロースの塩レモンソテー

    塩レモンに半日付け込んだ豚肩ロースをソテーで。焼き加減もうまくいったし、塩レモン美味しいし。せっかく少しやせたのだが、これでまた戻ったに違いない。まあ、めげずにまた来週から小食ダイエットしよう。

  13. マスタードの海を泳ぐタラ - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    マスタードの海を泳ぐタラ

    「歴メシ~世界の歴史料理を美味しく食べる」なる本に出ていた、「マスタードの海を泳ぐタラ」なる料理(中世英国の王侯貴族の料理(リチャード三世の食卓)を現代風にアレンジしたレシピ)を、さらに私なりにアレンジしてみた。レシピでは粒マスタードを200g使うのだけれど、そこまで振舞わなくていい気がして(笑)そんなに使わなかった。さらに自分なりのアレンジとして、タラはまずはバターで表面を焼いて、そのあ...

  14. 釧路に帰省するなり⑤しみじみと八角を喰らう - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    釧路に帰省するなり⑤しみじみと八角を喰らう

    釧路の和商市場で買った八角。焼いたらこんななった。美味しかったぁ。八角って皮がバリバリ硬いうえにトゲもあって、非常に攻撃的な外見である。加えて骨も硬いのだが、身はふわふわしてて口の中でとろけるように柔らかく、本当に美味しい。骨と皮の硬さからは、身のふわふわぶりが想像できない。この落差がまず楽しい。タチウオも骨がすこぶる固く、尖っていて、本当に剣先のようだが、身は柔らかくてふわふわの魚だ。外側...

  15. れんこん鶏ひきバーグ - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    れんこん鶏ひきバーグ

    加賀蓮根をすりおろして鶏ひき肉と混ぜハンバーグ風にしました。加賀蓮根だからこそできるこの粘り。冬も終わって加賀蓮根も終わりである。生協パルシステムの冷凍「邑久のカキフライ」。邑久というのは岡山県の虫明湾というところにあるそうで、ここの牡蠣、大きくてとても美味しい。広島産の牡蠣は加熱すると小さくなるので、実は私はあまり好きでないのだが、同じ瀬戸内海産だが、この邑久の牡蠣は加熱しても身が小さくな...

  16. 幸せのエビフライ - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    幸せのエビフライ

    昨日はエビフライしました。背と腹の切込みが甘かったようで、真っすぐに揚げられなかった。次回こそきれいに真っすぐに揚げてやる。幸せのエビフライなどとタイトル打ってみたが、これはなぜかというと、昨日、いやなことがあったのだが、エビフライ食べたら気持ちも軽くなったから。きっとエビフライには人を倖せにする力があるに違いない。ちなみにこのエビは正確にはブラックタイガー。インドネシアのフェアトレードの養...

  17. サバ料理二品 - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    サバ料理二品

    サバ料理二品。「サバの冷製ワイン風味」と「サバの子のパスタ」。冷製ワイン風味はフレンチビストロのレシピ本を参考に作ったもの。サバとスパイスを白ワインとヴィネガーで煮る。冷やして煮凝らせて、これをもらいものの天然酵母のパン(いちごを発酵させて作った酵母)と合わせたらとっても美味だったサバの子とは輪島で買ったサバの子のぬか漬け。これをエメンタールチーズのすりおろしとマッシュルームとあえてイタリア...

  18. 白子とほうれんそうのソテー、ホッキ貝のパスタ - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    白子とほうれんそうのソテー、ホッキ貝のパスタ

    白子をからあげにして、オリーブ油でソテーしたほうれんそうとトマトと一緒にさらに軽くソテーした一品。今度、来客があったらこれもいいな。貝類は表面をさっとあぶってパスタにすると本当に美味しい。生で食べるよりこのほうがお気に入り。今日はホッキ貝で。

  19. いわしの酢シメでオードブル - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    いわしの酢シメでオードブル

    私はイワシの酢シメをよく作るのだが、こういうおかずは、たいていゴハンと合わせるものだ。酢飯ならなお良い。でもちょっと気になって、パンに合わせてみたら、美味しいこと美味しいこと。写真のオードブルは、トーストしたパンにトマトとルッコラをのせ、その上にイワシ酢シメをのせたもの。美味しく作るコツはパンはトーストすることと、トマトないしは酢シメにした酢にパンを少し浸し味をしみこませるとよい。もうこれか...

  20. 魚介の前菜(自家製オイルサーディン、エビのレモンマリネ) - 生保レディのリアル ~元生保。女性の労働という視点で書いてます

    魚介の前菜(自家製オイルサーディン、エビのレモンマリネ)

    魚介の前菜二品自家製オイルサーディンとルッコラエビのレモンマリネ

総件数:59 件

似ているタグ