ワラビのタグまとめ

ワラビ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはワラビに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ワラビ」タグの記事(49)

  1. 2番手のワラビとスベリヒユ - 野外生活の忘備録

    2番手のワラビとスベリヒユ

    いつもワラビ採りに行っている河川敷に雑草の伐採が入ったので、2番手に伸びているワラビを採りにいった。ワラビ畑状態。やや細いが、先客がいたにもかかわらず、かなりの量がとれる。今年もスベリヒユに挑戦。去年は梅雨明けまで待ってから採集したらエグくて美味しくなかったので、今年は梅雨明け前にに採集。3分ほど茹でてから冷水で色止め。ラー油と醤油でいただいたらとても美味。やはり採集タイミングが自重要なよう。

  2.  春の山菜~その12(コシアブラほか)2021/6/6~13 - ソロで生きる

    春の山菜~その12(コシアブラほか)2021/6/6~13

    平地ではもはや春の季節は過ぎて初夏に入っているが、標高を上げればまだ春が残っている。とはいえ山菜シーズンも最終盤となった。

  3.  春の山菜~その11(ゴンボッパ・コシアブラ・ワラビほか)2021/5/25~30 - ソロで生きる

    春の山菜~その11(ゴンボッパ・コシアブラ・ワラビほ...

  4. ワラビ再び - 野外生活の忘備録

    ワラビ再び

    夕方から晴れてきたので、久しぶりに近所の河原にワラビを採取にいく。オオハナウドや爆発したワラビに混じって食べ頃のワラビが取り放題。先客がいたようだが、それにもかかわらずの大量採集。初めはわからなかったが、ノビルも控えめに花を咲かせていた。他の草に紛れて全く目立たない。10本ほど引き抜いてみると十円玉くらいの立派ば球根がついている。歯は硬くて食べられない感じ。クズの新芽が食べられると野草図鑑に...

  5.  春の山菜~その8(コシアブラ・ワラビ)2021/5/15 - ソロで生きる

    春の山菜~その8(コシアブラ・ワラビ)2021/5/15

  6.  春の山菜~その7(シドケ・ワラビ)2021/5/9 - ソロで生きる

    春の山菜~その7(シドケ・ワラビ)2021/5/9

    山スキーを予定していたが、平地は晴れ間も出るのに山は時折雨が降る天気。昼まで待ったが午後から回復しても時間的に山スキーはもう無理だ。諦めて山菜採りに切り替えた。始めはシドケを標高800mの急斜面で。数年前に1度採ったことのある場所だが何とか覚えていた。シドケはやや大きくなっていたが食べるには十分である。今度はワラビ採りということで移動する。現地近くでたまたまコシアブラを見つけてしまいしばらく...

  7. 2021.05.08 雪が恋しくて月山 - お山遊び

    2021.05.08 雪が恋しくて月山

    予想した強風と予想していなかった黄砂のため、山頂には行かず中腹を徘徊して来ました。今年のブナの新緑は例年通り5月半ばですね。予想が外れました。強風で沼面が揺れ、狙った画が撮れなかった。※画像クリックで拡大(画質UP)します。いつものアングル。昼で早々に撤退。ワラビ採り三昧でした。新規開拓!EOS R6 + RF24-105mmF4L IS USM

  8. ワラビと納豆の天ぷら - 静かに過ごす部屋

    ワラビと納豆の天ぷら

    今頃になり おじいちゃんが山からワラビを採って来ておばあちゃんが作ってくれた「納豆とワラビの天ぷらが美味しかった」っと娘が2人揃って懐かしむことを言う。ワラビに巡り合ったときのためタンサンだけは用意しておいた。4月に入りスーパーとか道の駅とか探し求めフラフラとしていたのですがなかなか巡り合うこともなく。諦めココロも持っていました。ところが2021.5.3(月)半日活動で野呂山に上がった時八重...

  9. 山菜シーズン - へっぽこな・・

    山菜シーズン

    以前はタラの芽、ゼンマイ、ウドから始まり、ワラビ、タケノコ(ネマガリタケ)、ミズ(ウワバミソウ)と散々山に入りましたが、今はワラビとコゴミを少々採る程度昨年の5/3日の最高気温は30.1℃でしたが、今年は全然涼しいですそれでもコゴミは伸び切っていて採る時期が遅かったみたい(季節感を味わえればいいので、この量で満足です)コゴミは今夜これから天ぷらに、ワラビはあく抜きをして明日カラシ醬油とかで食...

  10. それいけワラビ - 野外生活の忘備録

    それいけワラビ

    昨年見つけたワラビのポイントへ。平日の通勤の時にワラビを取っているおばちゃんを見かけたので、おこぼれを期待して行ってみる。案の定、ひととおり取られた後で、小さいのが残っているのみ。それでも、踏み込みづらい場所やハナウドの株の中などを探すと、それなりに採集できた。ついでにコゴミとノビルを少し摘んで引き上げる。ワラビは重曹で一晩アク抜き。コゴミは湯がいてマヨネーズ醤油、ノビルは餃子のお供になって...

  11. 幸せな山菜おかず - がちゃぴん秀子の日記

    幸せな山菜おかず

    休みの日の朝ごはんには、自分用にいつもお味噌汁今日はワラビと豆腐です。昨日、友人が作ってくれたタケノコの梅肉和え初めてだけどあっさりとおいしかったこういうのもいいな・・・いただき物のタケノコとワラビ定番でさっと焚きました。あれっ、お玉でお皿に入れたら盛り付け的におかしいなちゃんと直して写せばよかったのに、恥ずかしい・・・ま、いいか。

  12. 旬を味わいました - 光さんの日常2

    旬を味わいました

    今日の夕食は奈良の若草山で収穫したワラビと山梨のお土産のたけのこ畑で収穫したスナップエンドウを使って山菜ご飯にしましたワラビは採りたてのワラビを沢山送って頂きました柔らかく極上のワラビです重曹を使ってアク抜き夕方にはすっかりアクが抜けました山梨の家のお隣さんからお土産に掘り立てのたけのこをスナップエンドウも今が旬ですうるち米と餅米を半々で具材を入れて炊きました具材はあらかじめ味をつけて煮てお...

  13. 山菜三昧 - がちゃぴん秀子の日記

    山菜三昧

    いただいた三つ葉は胡麻和えたけのこは煮物、大好きなので毎日食べてもあきません。わらびのお浸し私がよそ見している間に、向かいの夫からプレゼントが入れられカツオがのせられないほどの山盛りになっています。でも、結局好きなのでぺろりと食べました。春は山菜が美味しい季節です。

  14. 花見 - 清治の花便り

    花見

    昨日の黄砂は酷かった・黄砂来て土手の桜の黄ばみけり歩地爺・・3月26日三年の作らぬ畑に桃の花歩地爺・朝の陽に遠目にどきり紫荊(はなずおう)歩地爺・そこらじゅう畑に庭に黄水仙歩地爺・あの日より丈少し伸びチューリップ歩地爺・春らしき弁当求めローソンへそれぞれに刺鹿神社の花の下歩地爺・去年の花見は非常事態宣言前の4月2日だった今年は3月26日年々花見が早くなる花見は初めてのRiLu・孫三人桜の下を...

  15. タケノコやらメヒカリやら - うまこの天袋

    タケノコやらメヒカリやら

    近くのスーパーにメヒカリが出ていました。もう頭もワタも取って料理するばっかりに処理がしてあります。ほどよいお値段、イヤむしろコレだけ手がかかっている割りにはかなりお値打ちでも、これくらいにしないと売れないからかも。かわったお魚はなかなか売れないようです。このスーパーは15年ほど前には毎週土曜日に三河湾から魚屋さんのおばちゃんが売りに来ていて色々珍しい物をおぼえたのですがメヒカリもその時知った...

  16. うれしい初物 - がちゃぴん秀子の日記

    うれしい初物

    掘りたての柔らかいタケノコとふっくらしたワラビをいただきました。どちらも大好物なのでうれしくてたまりません。早速茹でて、たけのこは明日たこうと思います。あく抜きしたワラビは、おひたしでシンプルにいただきました。これで、体が春を認識した感じです。ごちそうさまでした。

  17. 金山町のおばちゃんのアドバイス - おじさん秀之進の山中リタイヤ生活

    金山町のおばちゃんのアドバイス

    昨日、新聞にチラシが折り込まれていたCOOP生協で買物。そしたら、店頭に人だかり。のぞいてみたら、プラスチックのパックに詰められたお惣菜の数々。値段を聞いてみたら、安いじゃないですか。とたんに目の色が変わったかどうかはわかりません(笑)。天ぷら、麩を揚げて煮た料理、青みず、ウド、ワラビ。山菜の煮物なんて、高いですよね。売ってたのは、金山町から来たおばちゃん達(だそうです)。おばちゃんたちが言...

  18. 3番手のワラビ - 野外生活の忘備録

    3番手のワラビ

    大雨の次の日、ためしに新しいワラビ畑にいってみたら、雨後の筍のごとくワラビが生えている。3番手の採集になるが、摘んでみたら片手では持ちきれないほどに。枯れススキでしばって帰宅すると重曹がきれているとのこと。アク抜きは明日に延期。今年のワラビはそろそろ終わりだと思う。家庭菜園は順調な様子。ナスを2本、レタスミックスをひと束収穫した。それぞれパスタとサラダでいただく。美味。ようやくミニカボチャの...

  19. 今年はちょっとえぐい - 野外生活の忘備録

    今年はちょっとえぐい

    実は花壇跡地の隙間に、スベリヒユが3株生えていた。去年、だまされたと思って食べてみたら以外においしかったので、今年も狙っていた。みるみる大きく育って、本日採集。さっと湯がいて、ごま油、醤油、白ごまでナムルにしてみる。少しえぐい。湯がきが足りなかったか。葉っぱがどうもえぐい感じがする。油でいためるとおいしくなりそう。もう1回くらい採集できるかも。先日見つけたワラビ畑がいつのまにか見事に草刈りさ...

  20. 後ろ足のおたまじゃくし - 野外生活の忘備録

    後ろ足のおたまじゃくし

    おたまじゃくしの捕獲に再トライ。川沿いの田んぼを探索してみたら、うじゃうじゃ発見できた。よそ様の田んぼなので網をいれるのをためらっていたが、田んぼに水を引き入れる用水路の溜り水にたくさん泳いでいる。渡りに船と、そちらから採集する。おそらくアマガエルの幼生だと思う。季節が進んでいてパチンコ玉ほどの大きさに育っていて、後ろ足がすでに生えている。少し可愛らしさが半減だが、娘2人はおたまじゃくしを初...

総件数:49 件

似ているタグ