一人旅のタグまとめ

一人旅」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには一人旅に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「一人旅」タグの記事(248)

  1. 横浜中華街〜ふらっと入ったお店 - 大好きなワインと素敵な食卓

    横浜中華街〜ふらっと入ったお店

    先日、横浜中華街を散策してどこでランチにしようかなぁとぐるぐる歩きまわりましたどのお店にしようかほんとに迷うくらいたくさんあります。で、私が決めたのはこちら⬇︎龍門です。3店舗ほどあるようです。ランチメニューです。私が食べたいのはだいたい決まっています五目あんかけ焼きそばが大好きなのです💕パリッとした麺にあんが絡んで麺をあんでくるみながらいただく&#12851...

  2. ibisホテルのタめしが一番良かった? - 人生は楽しむのが一番!

    ibisホテルのタめしが一番良かった?

    ココバンとかキルシュ、その他ベタなフランス料理をセルフサービスするビュッフェスタイルだった。ウ~ン、これはラッキーだった。爺さんはお代わりを一杯してしまった。明朝の朝飯も楽しみだ。

  3. ロストバゲッジのWパンチだ。 - 人生は楽しむのが一番!

    ロストバゲッジのWパンチだ。

    爺さん、出し抜いて代替のチケットをゲットした。夜の成田行ANA便だった。しかしだ、ロストバゲッジされてしまい、ANA便に間に合わなかった。次の日の上海経由で妥協することにした。夕食用バウチァー15ユーロ分でマキシムのお菓子を買って、2食付で空港近くのibisホテルにただで泊まることにした。規約によると600ユーロ分のバウチァーも請求出来る。でも、爺さんが良かったと思う事は、代替チケット発行を...

  4. 暇だ。 - 人生は楽しむのが一番!

    暇だ。

    空港のwifiが恐ろしく快適になっている。しかし、もうピアノも弾いたし、ラーメン食ったし、ビール飲んだし、スタバ行ったし、土産買ってもあげる人いないし、、。記事に起こすネタも尽きた。

  5. フライトは3時間遅れだ。 - 人生は楽しむのが一番!

    フライトは3時間遅れだ。

    帰るのが嫌な亡妻と亡娘がふたりで機体を壊したのだと思って我慢することにした。お陰で11ユーロの食事券が発行されたのでラーメンにありつく事ができたし、ピアノを発見して思いっきり弾けた。

  6. と、思ったら、T2Eに行く通路が、マシンガンボーイに封鎖された。 - 人生は楽しむのが一番!

    と、思ったら、T2Eに行く通路が、マシンガンボーイに封...

    T2Fから迂回する羽目になった。無料の車に乗って行けよ!、と仏語で指示されてもね~。意味がわからずムスッとしていた日本人アラサーOL二人組がいたが、全然可愛くなく、無礼そうだったので声はかけなかった。二人で乗り越えて良い思い出を作って欲しいと思った。エールフランスはまた省人化していた。バゲッジドロッピングも殆どがセルフになっていた。セルフチェックインはいつもどおり、可愛い爺さんを演じて手伝っ...

  7. と思ってたら降ろされた。 - 人生は楽しむのが一番!

    と思ってたら降ろされた。

    終着駅が混んでるからこの先に行かないよ~、降りてね。と、いつものとおりだった。一本早いのに乗ったので、想定内だが。こういうのに限ってアナウンスは仏語だし、やはりこの路線は上級者向けかな?。

  8. B線で空港へ移動中 - 人生は楽しむのが一番!

    B線で空港へ移動中

    大使館情報でも日本人の強盗被害が報告されているヤバい路線だ。でもね、直行が出ていて安全で空いているのだ。アクセス速いし、定期券使えるし、時間通りだし。こうやってブログも書ける。要するに情報収集と活用が大事なのだ。

  9. 人生の自由について考えた。 - 人生は楽しむのが一番!

    人生の自由について考えた。

    日本国内での関わりが希薄なので、パリにいても何の寂しさもストレスも感じない。遠くにいても、唯一、義務と考えている母親のマネージメントを考えた。ネットで資金管理は完全にできているし、何かあっても結局は傍観する事しかできないし、意志決定と指示はメールと国際電話で可能だ。つまり、自分は完全な自由を手に入れていたのだ。6月に踏んだパリは異国だったが、今のパリは日本での日常と変わらない。テレビも30%...

  10. ポンビドゥセンターもいった - 人生は楽しむのが一番!

    ポンビドゥセンターもいった

    無料の報道写真展があった。こっちのアトリエも見たかった。パリは好きなものや事が沢山ありすぎて頭がぐちゃぐちゃになっている。

  11. ヴァンセンヌ城と花公園に行った。 - 人生は楽しむのが一番!

    ヴァンセンヌ城と花公園に行った。

    城は穴場だった。但し有料で入れるのはチャペルだけのようで、老人パスを持っている人しか入っていなかった。花公園は紅葉真っ盛りでカメラマンさんや絵描きさんがいた。ジョギングに散歩、幼稚園のハイキングに癒やされてゆったりと過ごした。

  12. 11日第一次世界大戦休戦記念日の記事を訂正する。 - 人生は楽しむのが一番!

    11日第一次世界大戦休戦記念日の記事を訂正する。

    VIPの車の記事を訂正する。正しくては、マクロン・トランプカーと、プーチンカーだった。それぞれ影武者カーが並走していた。これが世界最大級のセキュリティーなんだね~。

  13. 介護の問題は万国共通だ。 - 人生は楽しむのが一番!

    介護の問題は万国共通だ。

    重労働でプロの人手不足だそうだ。後は言葉がわからず理解不能だった。今、お世話になっている老人マンションも先月末に亡った方の部屋を遺族が片付けに来ていたそうだ。自分も健康寿命まで後10年しかない。こうやってパリに来て普段と変わらない生活が出来てしまう状況は、人生最悪の死別と孤立をしている状態とのバランスなんだな。ならば、失った事は全て忘れて精一杯に今のベネフィットを活用しよう。残された人生はと...

  14. レ・アレ駅が再開発されていた。 - 人生は楽しむのが一番!

    レ・アレ駅が再開発されていた。

    「だから何だ?」だが、これは大きい出来事だ。この駅は新宿のような重要な場所だったのに治安が非常に悪かった。でも今は明るくなりお洒落な店舗も沢山入った。それと、サンドニ辺りから遊びに来る子達もお行儀が良くなった。

  15. 日本写真好きのギャラリーオーナーさんと熱い議論をした。 - 人生は楽しむのが一番!

    日本写真好きのギャラリーオーナーさんと熱い議論をした。

    お互いに土門拳先生を起点にして森山大道以降の写真家について自論を交わしあった。オーナーさんにとってはポップになってしまった、つまり私の去勢されてしらけた、浅い世代が熱いらしい。オーナーさんのアトリエの奥には暗室があった。むっちゃヘンコな人だったが、仲良しになった。帰りに自分の写真集をプレゼントしてもらった。サンプルだと言う。ムラを指摘し同情すると、ますます仲良しになった。

  16. ラデュレがマレにも出店していた。 - 人生は楽しむのが一番!

    ラデュレがマレにも出店していた。

    お姉さんへのサービスフォトと、プチ情報です。お友達とのお茶での話題になりますか?。

  17. マレで頑張る日本人カフェ - 人生は楽しむのが一番!

    マレで頑張る日本人カフェ

    靴の修理屋を居抜きしたキッチュで超狭いカフェだが成功していた。客同士の良いコミケができていた。京都左京区系の匂いがして、とても居心地の良い空間だった。爺さんも少し女子達の仲間に入れてもらった。

  18. ピカソ美術館で時間潰しをした。 - 人生は楽しむのが一番!

    ピカソ美術館で時間潰しをした。

    「ふざけるな」と怒られそうなタイトルだな。お目当てのギャラリーが昼過ぎから開くので仕方がなかった。でも、入って良かった。ピカソって本当にパワーがあるし、時代を読むし、デフォルメ上手だし、構成力が半端ないし、見ていてお腹が一杯になった。

  19. お洒落なマレの若者を真似した。 - 人生は楽しむのが一番!

    お洒落なマレの若者を真似した。

    路地の小さな広場でファラフェルを食していたので真似をした。多分、安いから食べていたのだろうけど、、、。

  20. ヴァンセンヌの森を市バスは突っ切る。 - 人生は楽しむのが一番!

    ヴァンセンヌの森を市バスは突っ切る。

    こっちの市民の森は本当に森なんだね~。遭難必須だ。

総件数:248 件

似ているタグ