一人旅のタグまとめ

一人旅」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには一人旅に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「一人旅」タグの記事(172)

  1. 沖縄渡名喜村 - 自唯奔放

    沖縄渡名喜村

    去年の9月は何をしていたのだろうかと写真を見ていたら、23〜25日に沖縄本島と渡名喜島に行ってました。なので今日はざっくりと渡名喜島を紹介したいと思います。アクセスは那覇市泊港から出港する久米島行きのフェリーに乗ります。那覇ー渡名喜島は往復で5130円です。1日目仕事終わりに飛行機に乗り込み那覇で宿泊2日目8:30那覇出発ー10:15渡名喜島到着宿泊先:赤瓦の宿ふくぎ屋・1泊2食付き 900...

  2. 南アフリカ旅行ー1日目香港空港までー - Back to the Journey

    南アフリカ旅行ー1日目香港空港までー

    ***この記事でわかること***●準備は計画的に●南アフリカは遠い。飛行機だけで合計19時間くらいかかります。●僕は香港→ヨハネスブルグ→ケープタウンへ●添乗員いないならすべて自分で解決を!《出発から空港まで》荷造りは明日で良いかと思い、ある程度のところで寝てしまった。寝ながらふと思った。飛行機持ち込み用のバッグ小さくて入らないんじゃないかって。で9時くらいに起きて荷造りしてびっくり。やっぱ...

  3. 南アフリカ旅行ー旅行前ー - Back to the Journey

    南アフリカ旅行ー旅行前ー

    今回、夏休みを利用して南アフリカに行ってきましたので、その内容を書きます。●なぜ南アフリカか?よく聞かれますけど、特に行きたかったわけではないです。というか、まったく選択肢にはありませんでした。ただ、どこに行くか悩んでいたときに、世界の絶景を見ていたら、南アフリカに世界3番目?に大きな渓谷があると。一番目はもちろんご存じのグランドキャニオン。で、南アフリカにあるブライデリバーキャニオン。この...

  4. イスタンブール  アジア側に - 旅と数学  それとdiy

    イスタンブール アジア側に

    イスタンブールの 中心は ヨーロッパ側に あるが ボスポラス海峡を 挟んで アジア側にも 拡がっている。いつものように アヤソフィアを 通って ガラタ橋まで 歩いて行く。向かいの 丘の上に ガラタ塔が いかにも イスタンブールらしい 雰囲気を 漂わせている。いつも 絵を 描いてみよう と 思うけど あまりの 混雑で 描く場所が 見当たらない。偶然 静かな...

  5. シンガポール勝手にPR動画と来年の旅計画 - I LOVE SINGAPORE

    シンガポール勝手にPR動画と来年の旅計画

    🎬編集ソフトを買い色々機能を試してみたくて勝手に短いシンガポールPR動画を作成😅しかし、そんな大好きなシンガポールですが5回目にして🇸🇬🇸🇬🇸🇬🇸🇬&am...

  6. 2018 一人登山 南アルプス 中部 その2 - 原宿 表参道 小さな美容室 アロココ

    2018 一人登山 南アルプス 中部 その2

    塩見岳から富士山を見ながらの尾根歩き気持ちが良いけど暑いです!背より高い松をくぐる道を歩いたりなんか「アルプス~\(◎o◎)/!」って景色です向こうには変な形の雲富士山も雲に覆われてしまいました。この尾根は色々な道があって面白かったです嫌な雲が近づいてきて...この後、やっぱり雨(写真なし)雨の樹林帯の中を歩きびしょ濡れで熊ノ平小屋に着きました。また晴れてきてテント設営DXシートね!DX!レ...

  7. 金沢一人旅 ・続 - 小さな花アトリエ

    金沢一人旅 ・続

    いつか訪れてみたかった、のれんが目印の俵屋本店。1830年創業の金沢で最も歴史の古い飴屋さんです。私が子供の頃から大好きだったじろあめ❤️母がよく買ってきてくれたので、金沢と言うと俵屋さんのあめを思い出します。割り箸に柔らかいじろあめを巻きつけて舐めたり、樽に入った硬いあめを金槌で割ってカケラにして食べたりして楽しかった思い出。本店に懐かしい樽入りのあめがあったので、尋ねてみたら今でも変わら...

  8. 金沢 一人旅 - 小さな花アトリエ

    金沢 一人旅

    1泊2日の一人旅に行ってきました。日曜日 朝5時起き。出がけに花の水やりで時間を取られ駅まで走りましたが、あと数分の所で間に合わず電車は行ってしまいました。ガーン!。。。あきらめないことをモットーにしてきましたが、この歳になったら、時にはあきらめることも肝心だと悟りました。全速力で走ったので、明日は筋肉痛になりそう。。(泣)自由な一人旅なんだものゆっくりいこうと気を取り直して、次の電車で岐阜...

  9. 孫と遊び疲れ果てる - 満たされぬ思い、日々の出来事

    孫と遊び疲れ果てる

    3泊4日の遊びがおわり、搭乗口で搭乗を待つ孫。一人で飛行機で帰るところです。神奈川の娘の孫が来て、3泊4日の接待?に忙しい日々を過ごしました。JALのサービスで、小学生の一人旅をサポートしてくれるものがあり、まだ2年生ですが無事到着。魚釣りやラジコン自動車、ボート、カイト、虫取り、毎夜の花火・・・と、どれもマンション暮らしでは手軽にできない遊びを用意しておりました。昔、孫が可愛いと歌うオヤジ...

  10. 一人登山前穂高岳 奥穂高岳 - 原宿 表参道 小さな美容室 アロココ

    一人登山前穂高岳 奥穂高岳

    7月の連休は 3連休を頂き北アルプス前穂、奥穂、涸沢岳へ行ってきました。<1日目>早朝5:30の上高地素敵な景色です雲に隠れてる奥穂高岳あそこまで登る予定(6年振りの奥穂へ)梓川も青く 心地良い景色いつも登山口として考えていた上高地今回1日目は時間がたっぷりあるので初めて!ゆっくり上高地を観光してみましたまずは明神池まで逆光の朝日が新緑を照らしもやも上がってなんだか "癒し&quo...

  11. パリ一人旅:やっと全工程を日記(ブログ)に記録できた - 人生は楽しむのが一番!

    パリ一人旅:やっと全工程を日記(ブログ)に記録できた

    かなり面倒くさかった。しかしこうやって書き起こすと、短期間でかなりの挑戦、インプットと考えの整理ができていたことがわかる。旅・現地体験は大事だし、面倒でもそれを反芻して記録しておくことは大事だとおもった。心理的にも変化が起きた。深く考え込むことがなくなった。これは、この2年間でなりたかった事だ。感情優先に自由に生きる。こうでないと今までの拘束されていた時代の苦役とのバランスが取れない。このブ...

  12. 6月25日:空港のピアノ - 人生は楽しむのが一番!

    6月25日:空港のピアノ

    増築されたゲートにあった。韓国"サミック"だった。悪くはなかった。

  13. 6月24日:シャトレのライブハウスをハシゴした - 人生は楽しむのが一番!

    6月24日:シャトレのライブハウスをハシゴした

    ジャズのジャムセッションまで時間があったので、隣のクラブで時間を潰した。ジミヘン・トリビュートのロック・セッションだった。学生時代を思い出した。ロックはこの程度でいいから楽だ。ジャズのほうはマッコイタイナー・トリビュートだった。みんなうまい。集まっているのは、圧倒的に"色気ムンムンの良い女"たちだった。中休憩でバーの階に下りて、ミュージシャンやバーテンさんと話した。やはり...

  14. 6月24日:ポンビドーセンターでお勉強+5€の夕食 - 人生は楽しむのが一番!

    6月24日:ポンビドーセンターでお勉強+5€の夕食

    夜のライブまでの時間つぶしにポンビドーセンターに行った。ここでも池田さんのインスタレーションがあり盛況だった。やるな~。あとは身体表現の即興とか、常設展示とかなんとかかんとか、沢山の見物があって4時間ほどの時間があっという間に過ぎていった。特にキュビズムのスケッチ・スタディの展示がとても参考になり、自分が舞踊の世界でしてきた事と類似していることが再発見できてとてもよかった。今後の制作の方向付...

  15. 6月24日:マレでランチとマルシェ散策 - 人生は楽しむのが一番!

    6月24日:マレでランチとマルシェ散策

    朝の討論セッションが終り、ランチをとる為にカフェに急いだ。途中でマルシェが開かれていて、ジャンキーなヌテラのクレープを売っていたが通り過ぎることにした。アートなパッサージュを抜けて近道した。カフェはこれまたレトロだったが、料理はコンテンポラリーだった。(私のような爺さんに言わせるとだたのシーフードカレー、、こんなん好きな若い娘達は泣きよるな~)ウェイトレスさん達も、キャピキャピしていて、マレ...

  16. 6月24日:哲学討論カフェに挑戦した - 人生は楽しむのが一番!

    6月24日:哲学討論カフェに挑戦した

    朝一番からマレにあるカフェに行った。ここは哲学の討論をする場所だ。今日のお題は"社会の病巣"だ。ひとりが長いスピーチをして切り出すと、次々に挙手があがり、その人が意見をいう。それを司会がうまくまとめて次の挙手と意見につなげていく。さすがに年配の見識がしっかりとした常連さんばかりだった。その中で、一割も理解できていない沈黙の東洋老人が私だ。でも、政治の病巣とか、テロの病巣と...

  17. 6月23日:ノートルダム寺院で再び涙する - 人生は楽しむのが一番!

    6月23日:ノートルダム寺院で再び涙する

    今夕はコンサートだ。長い列に並び入場すると係員に「これ以上の進入はだめ」と言われた。「私は聖なる音楽を聴きにきた。」と言ったら通してくれた。この小さなトラブルに勢いがつき、サンクチュアリー最前列に座ることにした。私の横のおばさんが仲間の場所取りをしていたら、その横の正装したお兄ちゃんが何か小声で言った。どうやら「出て行ってほしい」と言ったようだった。合点がいった!私が制止されたのは観光客への...

  18. 6月23日:前衛的アングラアートに血が騒いだ - 人生は楽しむのが一番!

    6月23日:前衛的アングラアートに血が騒いだ

    この辺はヤバい雰囲気がする。ピアフの生家の横で立ち止まることもせず、足早にシューモン丘方面へ抜ける。すると急に中産階級が住む普通の地区に出た。そこには、私の得意な前衛的なアトリエがあった。今回の展示テーマは"エロ"。自分の性器の写真をコラージした女性作家さんとか、古今東西の"エロ"が展示していて、まるで秘宝館だったが、表現のモチベーションはよ~く理解で...

  19. 6月23日:シテ辺りを散歩する - 人生は楽しむのが一番!

    6月23日:シテ辺りを散歩する

    土曜日だから沢山のストリート達がいた。これはキヨスク主催のコンサート、社会人バンドのアマチュア感がいい感じだ。市役所ではオリンピック紹介の祭事をしていた。20日のセーヌ川でのイベントにはマクロン首相も来ていたそうだ。物々しい検査を通過した。

  20. 6月23日:学生街にCDを買いに行く - 人生は楽しむのが一番!

    6月23日:学生街にCDを買いに行く

    文字通り"学校通り"に行った。ここの店は中古店だった。中古アナログレコードを物色していたカップルの清算が終わってから店主と話をした。私:「フランス人のピアノでいいのない?。モダンで、ペトルチアーニみたいなやつ。」、店主:「え?、ペトルチアーニが欲しいの?」、私:「ちがうよ、みたいなやつ。」のような通じない会話をしていたら、さっきのカップルが「それだったら、フレド・ナルダン...

総件数:172 件

似ているタグ