一関市のタグまとめ

一関市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには一関市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「一関市」タグの記事(29)

  1. 厳美渓温泉;いつくし園~で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    厳美渓温泉;いつくし園~で入浴

    一関市厳美町の、岩手の名勝・厳美渓。少し奥にある、「いつくし園」。この温泉は、一関市では定番。

  2. JR山ノ目駅(東北線) - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    JR山ノ目駅(東北線)

    JR東北線の山ノ目駅。無人の小さな建造物に変わっていた。何となく、寂しいような・・・。

  3. 山王山温泉・瑞泉郷~で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    山王山温泉・瑞泉郷~で入浴

    一関市厳美町の山王山温泉・瑞泉郷にて、日帰り入浴。受付け、入浴料金;600円。

  4. 「きのは」でパンを買う - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    「きのは」でパンを買う

    一関市の一関二高の近所、「きのは」というパン屋さんに立ち寄る。「きのは」。店内。魅力的なパンが並んでいる。夫婦2人で経営しているみたい。一関市に行ったら、まず立ち寄りたいパン屋である。好印象。

  5. 「海老徳」で食事 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    「海老徳」で食事

    一関市の「海老徳」で食事。「海老徳」。店内。メニュー。もずく酢。ざるそば。特大海老フライ。味噌ラーメン。おろしトンカツ。美味しく頂きました。

  6. 「海老徳」で食事 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    「海老徳」で食事

    県南の一関市、一関ICの傍~「海老徳」で食事。「海老徳」。店内。県南版;ランチパスポートを利用。おろしとんかつ定食・1400円が1000円に。野菜炒めなら、単品が760円だ。日本一の海老天~注文しようかな?野菜炒め。海老天蕎麦。海老天、デカイ!!和風おろしとんかつ。美味しいお店である。わざわざ、盛岡から出掛ける価値は十分にある。

  7. 自休自足(一関市)でおやつ~ - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    自休自足(一関市)でおやつ~

    一関市でランチパスポートを頼りに、「自休自足」を訪問、茶房「自休自足」。店内。ランチパスポートだと、パンケーキとドリンクで760円が500円に。ハンバーグと古代米。ハンバーグ,Zoom。パンケーキ。コーヒー。美味しいねぇ。「自休自足」が人気のお店らしいのは、美味しさから、分かるような気がした。

  8. 厳美渓温泉・いつくし園~で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    厳美渓温泉・いつくし園~で入浴

    一関市厳美町の厳美渓温泉・いつくし園で入浴。厳美渓温泉・いつくし園。義経と弁慶。Lobby。入浴料金;600円pH7,8源泉温度31℃ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。内湯。露天風呂。浴槽が新しくなっていた。ここの泉質、滑り易いので要注意。

  9. 「作」(一関市)で食事 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    「作」(一関市)で食事

    盛岡市の自宅から、一関市まで、国道4号線を南下、80kmくらいの距離に、2時間半も掛かった、トホホ。「作」、居酒屋ならぬ居食屋ということだった。玄関。店内。小さなお店だった。10人も入れば満員だろう。店内。味噌カツ。味噌カツは一関の特徴かな。他にも、出す店を経験しているし。味噌串カツ。ハンバーグ。味はいい。満足出来た。

  10. 「ポラーノ」(一関市)のソフトクリーム - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    「ポラーノ」(一関市)のソフトクリーム

    一関市厳美町の美味しいソフトクリームのお店。何時、行っても混雑しているお店、「ポラーノ」。「ポラーノ」。地元TV局アナウンサーの色紙あり。店内。ソフトクリームを買って食べる。ここのは、甘過ぎずに諄くない。それが人気なんだろう。

  11. 真湯温泉センター(一関市)で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    真湯温泉センター(一関市)で入浴

    一関市厳美町の真湯温泉センターで入浴。真湯温泉センター・温泉交流館。受付け、入浴料金;600円が本提示で300円になる。温泉成分分析表。ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉。源泉温度;51,2℃。pH7,8内湯は無色透明。熱い!!!露天風呂、pH7,3の濁り湯、掛け流しである。鉄分の酸化の為の濁りである。泉質の違う2つのお湯を楽しめるので、この温泉は好きである。この後、150kmを盛岡まで帰る。

  12. 「蕎香」(一関市)で食事 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    「蕎香」(一関市)で食事

    所用で一関市に行き、「蕎香」で食事。ここは蕎麦屋兼饂飩屋。「蕎香」。小さなお店。カウンターにするか、座敷にするか??結局、座敷へ。鶏蕎麦。蕎麦と饂飩の二色盛り。咽喉ごしがいいねぇ。かき揚げも注文。海老が美味しい、サックサクだったぁ。

  13. 「団栗」(一関市)にて食事 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    「団栗」(一関市)にて食事

    一関市の駅東口近くの、「団栗」にて食事。「団栗」。ランチタイムメニュー。店内。スープ。サラダ。大人のおお子様ランチ。ローストビーフ丼。オムライス。チーズケーキ。コーヒー。変わったメニューのなかなか面白いお店だったが、お子様ランチと謳うだけあって、量が少な目で、空腹は満たされず~。女性向けのお店と思われた。

  14. 「かつや」(一関市)でランチ - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    「かつや」(一関市)でランチ

    10年振りくらいで、一関市の「かつや」でランチ。ここは美味しい洋食屋さんである。「かつや」。少々古い、歴史がありそうな建物。店内。老夫婦で経営するお店のようだ。ランチメニューが手書きしてある。スープ。ビーフステーキ丼。サラダ。豚ロースカツレツ。KATUYAプレート。渡り蟹のクリームパスタ。ケーキ。久し振りに美味しい本格的な料理を味わった。然も、ランチで価格も良心的。何時までも、「かつや」はこ...

  15. マロン洋菓子店(一関市) - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    マロン洋菓子店(一関市)

    昭和62年まで、小生は一関市に住んでいた。ここは一関市役所の向かいです・・・。職場と住居の近くの「マロン洋菓子店」にはよく、行っていた。そのお店はまだ健在であった。マロン洋菓子店。店内。当時よりは、お店は新しい感じ。改装したのですな。定番のいちごショート。懐かしい。買って、盛岡まで持ち帰った。若い頃の記憶が甦った。

  16. JR山ノ目駅(東北線) - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    JR山ノ目駅(東北線)

    一関市中里にある、JR山ノ目駅。懐かしくて、見に行った。JR山ノ目駅。な、な、何じゃァ、この小ささは!!!一関市街地の端の方にあるとは言え、一応、一関市内である。岩手の南の玄関と言われる、一関の駅がこんなでは・・・悲しくなった。利用する人が極端に少ないのだろうなぁ。私の幼少時代には、立派な木造駅舎だったけれど。待合室。時刻表。1時間に1本だね、概ね。たった2輌編成の電車が、盛岡~一関間を走る...

  17. 願叶乃湯(一関市)にて入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    願叶乃湯(一関市)にて入浴

    県南の一関市にて、市街地にある、「願叶乃湯」に立ち寄る。俗に言う、街中温泉という部類であろう。願叶乃湯。「がんがのゆ」って発音らしい。pH8,9源泉温度;27℃ナトリウム-塩化物泉源泉温度が25℃未満は冷鉱泉であるから、辛うじて温泉だね。街中温泉には珍しい、露天風呂。岩風呂である。内湯。お湯は黄色透明。一関地区の温泉は、ナトリウム-塩化物泉が多くて身体が暖まるので好ましい。

  18. 一福亭(一関市)で食事 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    一福亭(一関市)で食事

    一関市に出掛けたついでに、一福亭(いっぷくてい)に行ってみた。初訪問である。一福亭。店内。ざる饂飩&天ぷら。野菜炒め。天ぷら。鴨南蛮。鶏唐揚げ。美味しい店に当たったものである。家族で大満足だった。

  19. 斉藤うどん店(一関市)で昼食 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    斉藤うどん店(一関市)で昼食

    一関市の「斉藤うどん店」に行ってみた。国道4号線沿いにあり、通る度に、何時かは入店してみたいと思っていたし、地元TVでも、何度も紹介されていたし。斉藤うどん店店内食券で注文する仕組みになっていた。冷やしメカブ蕎麦ごぼう天親子丼、この店で、「日本一の親子丼」と謳っている自慢の丼らしいが、日本一とは、ややオーバーな感じだ。もっと美味しい親子丼は、何処にでもありそう。まぁまぁ、満足でした。「うどん...

  20. みちのく紫陽花6 - みちのくの大自然

    みちのく紫陽花6

    日時場所:7月上旬一関市camera :nikon d200 PL使用lense :ai af micro-nikkor 200mm f4d if-edsoftware:nikon capture nx-d

総件数:29 件

似ているタグ