七尾市のタグまとめ

七尾市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには七尾市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「七尾市」タグの記事(52)

  1. イルピアットハタダさん - きすとはぐ

    イルピアットハタダさん

    ご近所のイルピアットハタダさんにてある女性部さまの勉強会の講師としてお招きいただきました。アロマのこと、ハーブのこと、私たちの嗅覚が体を守ってくれていることなど、お話させていただきました。そして、五感の嗅覚を思う存分くすぐって、好きな香りを選んでいただきました。参加者様のなかには、薬剤師さんや獣医さんなど専門的なお仕事をされている方もいらしたので、きっとアロマテラピーのこともお詳しい方がいら...

  2. スープ - きすとはぐ

    スープ

    明日のスープを夜のあいだに仕込むのが最近の仕事。ちいさなお鍋に余り野菜をほうりこみぐつぐつぐつ煮立てること数分。野菜から栄養がにじみ出て甘い香りが台所に漂う。ムスメが鍋をのぞきこんで「あしたはポトフや。やったー」と喜ぶ。お。うれしい言葉。ショウガを入れたら出来上がりだよ。ココロも温まるやさしいスープ。母乳に一番近いのみもの。明日のスープは何にしよう。トマトと卵の鶏がらスープにしようかな。カレ...

  3. 手帳 - きすとはぐ

    手帳

    まっさらな手帳を広げて予定を書きこむとき、ちょこっと緊張する。その手帳に文字が並んで枠が狭くなったり、消したり書いたりして汚れていく。それでもわくわくする。どんな明日が私を待っているのだろう。明日は誰と話すのだろう。何かと出会い、何を食べて、何を感じるのだろう。最近iPadを買ったのだけど、やっぱりシャープペンシルをかちかちして自分の文字で書くことで何かを刻んでいるという気がする。それは大切...

  4. あなたの物語を - きすとはぐ

    あなたの物語を

    イベント「空間樂でほっこり」に出店させていただきました。おだやかな小春日和にわたしのアロマは光を帯びてキラキラ光って誇らしく思いました。「きれいだよぉ」と声をかけたら「ありがとぉ」と返してくれます(メルヘンです笑)自分の物語が自由に空を飛んで紡がれていくのが見えます。おいしく食べて飲んで、人に会い、助けられ、夢のはなしを聞いて、昔ばなしにうなづいて。私たちはもらったりあげたり拾ったり捨てたり...

  5. サードメディスン - きすとはぐ

    サードメディスン

    アロマのことをもっと深く掘っていきたいと思っていて、ようやくその準備が調いました。今月からサードメディスンの講座を受けて、来年にはみなさんにもっと深いアロマをお届けできるかと思います。サードメディスンとは第3の医学と云われているものです。不定愁訴やメンタルの疲れ、何が足りないのか、また何を手放せば健やかになれるのか、そういったことをお伝えできるようになりたい。まず、受けるのは入門講座。基礎か...

  6. 朝の調え - きすとはぐ

    朝の調え

    朝、犬と歩くこの時間が私を落ち着かせ、見つめ、鎮めてくれる。考え事もしたり、何も考えなかったり、おなかへったなーとか一人ごちたりして歩く道。毎日見慣れた景色の中にも季節を感じて時の流れと朝の美しさを見てありがとう、ありがとうと一歩ずつ。今朝の空気は澄んでいて空に月が残っていた。きれいだねーと犬に話す。答えてくれなくていい。そこにいてくれるだけで。朝はパワーを調えてくれる大切な時間なのであります。

  7. 香りの記念日 - きすとはぐ

    香りの記念日

    七尾フィッシャーマンズワーフ、食祭市場にこんなすてきな会場があったとは知らず・・・香りの記念日にちなんだイベントにお招きいただき、行ってまいりました。きすはぐのコーナーは、10分のヘッドスパに3種のサシェ付きです。ラベンダーとペパーミント、ライムとローズゼラニウム。あ、4種だね笑会場は、女性の元気な声が飛び交い、私の友も顔を見せてくれて、賑やかにイベントは盛り上がりました。窓の雨を見ながらの...

  8. 筋膜リリース - きすとはぐ

    筋膜リリース

    アロマトリートメントは、マッサージとは違う。でも、スッキリするのは、筋膜を自然に伸ばしているからだと思う。筋膜が、くちゃっとなっていると、どれだけマッサージしても、凝りや痛みはすぐに戻ってくる。筋膜が、すーっと伸びてきれいになると、それだけで凝りや痛みは随分楽になる。トリートメントする時は、筋膜を意識すると同時にリンパの流れも意識する。リンパ節へと向かって、流す、流す。嗅覚と触覚と聴覚、視覚...

  9. 小さな苦手と小さな可能性 - きすとはぐ

    小さな苦手と小さな可能性

    塩まくら、肩ピロー、おなかピローといろいろ作っていて「やっぱりアイピローが一番好きだー」と思っていたら、教室のご依頼が舞い込んできた。ある団体の女性部さんが1年に1度、学習会を開催していて、今回はアロマのお話を依頼され、「アイピローを作ってみませんか?」と提案した。幹事さんは「これからの季節、あたたかいアイピローいいですね!」と快諾してくださり、たくさんの参加者様が集まったと連絡をいただいた...

  10. 待てる人に - きすとはぐ

    待てる人に

    待てる人になるのが私の目標です。待ち合わせ。レジの列。メールのお返事。信号待ち。銀行待ち。横断歩道を渡るひと。お鍋が煮えるまで。待てるということは余裕があるということで余裕があるということは豊かで幸せな意味を含む。待てるの中には、許すも少し入ってて信じるも少し入ってるね。どうぞお先に。どうぞいってらっしゃい。私、待てる人ですから。順番を守らないとか誰かをさしぬいたりとかそんなことはしません。...

  11. 家族 - きすとはぐ

    家族

    ムスメはお世辞を言わない。「このピローかわいいね」とムスメが云えば、本当にかわいいと思っているのだと思う。このあいだ、キスハグのインスタを見たムスメは「お母さんのインスタ、おもしろくないねぇ。同じような写真ばっかりで」と言ってきた。むー。そうかも。フェイシャルをしてあげたら「おかあさん、それでお金もらおうと思ってる?」とくる。むー。はっきり言いすぎなやつめ・・・誰に似たのか、言葉を綿で包むこ...

  12. ハンドクリームのぬりかた - きすとはぐ

    ハンドクリームのぬりかた

    乾燥の季節に、わたしの手はすぐ反応するみたい。手先が硬くなってしまうし、ささくれも出来やすい。お客様に直接触れる手であるため、手のケアは大変だ。ハンドクリームは、1日に何回もつける。まず、まんべんなく手のひらから手の甲へ塗布。そして、指1本1本。爪もくるんくるんと軽擦。爪もみもしっかりする。手のひらのツボを刺激し、反射区もしっかり流すイメージで。また、手首は意外と冷えている場所なので、ここも...

  13. せつないしごと - きすとはぐ

    せつないしごと

    病床の枕元に置くアロマの調合のご相談を受けました。禁忌のないフランキンセンスとローズウッド、1滴だけレモンを足しました。フランキンセンスは、肺の浄化、呼吸を深くローズウッドは免疫力がテーマの精油。レモンは香りのひきしめにとブレンドしました。お客様のところへお邪魔したら、私に会わせたい人がいるので少し時間ありますか?と言われ、また別のお仕事をいただくことになりました。みんな香りを求めている時代...

  14. すこやかを贈ろう - きすとはぐ

    すこやかを贈ろう

    プレゼントに、自分へのご褒美に、すこやかをおくりませんか?*アイピロー 1500円(小豆、ハーブ、精油)10×21*コーヒー豆のアイピロー 1300円(小豆、中央茶廊さんのコーヒー豆)10×21*耳ピロー 1300円(小豆、ハーブ)10×10*おなかピロー 2500円(小豆、ハーブ、精油)20×25*肩ピロー 2500円(小豆、ハーブ、精油)10×75*塩まくら 2500円(焼き塩、ハーブ、...

  15. MAKANちゃん - きすとはぐ

    MAKANちゃん

    MAKANちゃんは料理の人。どうしても彼女の作ったシンガポールチキンライス(カオマンガイ)が食べたくて、カオマンガイを愉しむ会を開いてもらった。シンガポールチキンライスって赤いケチャップご飯ではなくて、ゆで鶏にいろんなソースをかけて食べるもの。ベトナム料理の生春巻きも、何とかという魚料理も、パクチーの入ったチキンのスープも、どれもおいしかった。レストランに行けば食べられるであろうそれら。でも...

  16. 浄楽さんで - きすとはぐ

    浄楽さんで

    羽咋市そば処浄楽さんにて、香りの記念日にちなんだ香り作りをしました。まず、お蕎麦を堪能していただき、それから香りのお話。香りが毒になる「香害」(こうがい)について少し触れました。人が多く集まる場所や飲食店での香りのマナーを守ること。満員電車で柔軟剤の香りが混ざって、気持ち悪くなった人が続出したと本に書いてあったのを思い出し、お話しました。香りが毒になるのは悲しいことなので、香水をつけていく場...

  17. 2017/10/8 JW30 ジュニアウィングスinJAPAN - ジュニア・ウイングス・プログラム

    2017/10/8 JW30 ジュニアウィングスinJ...

    世界共通?!「女性は強し」今回は今まで以上に支え、頑張ってくれました。

  18. むらさき色のせっけん - きすとはぐ

    むらさき色のせっけん

    相棒と温泉に行ったら、必ず石けんを借りる。それは、昔からある資生堂の紫色の石鹸で、箱に入って売られていて、子供の頃、その空き箱を母にもらって大切にしていた。それは、紫色の花が咲いていて、時々くんくん香りをかいだりした。新しく石けんをおろすときの、あのドキドキした気持ち。新しい石けんは泡立ちがよくて、とてもいい香りがした。相棒は、おばあちゃんの代からずっと、その石けんを使っていて、近所の薬局で...

  19. お話しする - きすとはぐ

    お話しする

    布っこが入荷した。布っことお話する。どう料理したらおいしくなる?すてきになる?いろいろ組み合わせてみる。精油ともお話する。今朝、ユーカリとオレンジをブレンドしてスプレーを作ったら、なんか変な匂いになって、同僚と「○○の匂いみたいね!」とゲラゲラ笑った。何かを足して調えてみようかな。何を足したらいいかな。何が余分なのかな。何を引けばいいのかな。そしてメインの精油と合う精油を想像する。香りの奥行...

  20. 2017/10/2 JW30 ジュニアウィングスinJAPAN - ジュニア・ウイングス・プログラム

    2017/10/2 JW30 ジュニアウィングスinJ...

    本日、学校訪問で七尾東部中学校を訪問しました。 校内放送で全生徒に挨拶

1 - 20 / 総件数:52 件

似ているタグ