万引き家族のタグまとめ

万引き家族」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには万引き家族に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「万引き家族」タグの記事(20)

  1. 万引き家族を観てきました - ナオの*毎日が宝石箱*

    万引き家族を観てきました

    映画「万引き家族」を観てきました。↑リリーさんが主演なの?サクラが相変わらずうますぎる。子供たちも良い。樹木希林が、本当におばあちゃんになってきた。内容は賛否あると思います。観終わったあと、旦那さんとアーダコーダ言いながら帰りました。色々考えさせられて、面白かったです。楽しい気持ちになる映画ではないですが、私は好きです。観た人いたら、感想聞かせて~ヽ(^o^)丿

  2. 「万引き家族」監督是枝裕和 - 気ままな読書ノート、絵手紙with都々逸と

    「万引き家族」監督是枝裕和

     解説 「三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督が、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。2018年・第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、日本映画としては1997年の「うなぎ」以来21年ぶりとなる、最高賞のパルムドールを受賞した。東京の下町。高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、家主である初枝の...

  3. 「万引き家族」 - ここなつ映画レビュー

    「万引き家族」

    2018年第71回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞。日本人監督としては21年ぶりの快挙である。そしてそう、本作は確かにパルム・ドールに相応しいと思う。 もしも私が、「今年あなたが観ていい映画は、カンヌ国際映画祭71回分全てのパルム・ドールに限る」、と言われたら、幸せなことだといえば幸せなことなのだろうけれど、それはそれで辛過ぎて、もしかしたら映画嫌いになってしまうかもしれない…。と、あらぬ...

  4. 【映画】 万引き家族 - ワカバノキモチ 朝暮日記

    【映画】 万引き家族

    ★★★★★<個人的好き嫌いを5段階で表示>まるでドキュメンタリーを見ているようでした。映像の説得力が凄まじかったです。『万引き家族』である6人の振る舞い、佇まい、それからこの『家族』が暮らす家や環境のディテール。この国の制度や法律やコミュニティの隙間にすっぽりと抜け落ちてしまった人たちが、あのスクリーンの中に確かに存在していました。この映画は『万引きのような犯罪を犯さなければ生きていけない人...

  5. 。。。。。 - オーガニックカフェたまりばーる

    。。。。。

    今日は、二子玉に映画を観に行った。14年前に「誰も知らない」を一緒に観た彼女と。14年前子どもだった彼女は、お母さんになっている。見終わって、11時半。話したくて、すぐ近くのお店に入ったけれど、ちっともおなかはすいていない。ビールとワインと美味しいお惣菜で3時間近くしゃべった。今日のこの時間は、わたしの宝物です。http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/

  6. 万引き家族 - リラクゼーション マッサージ まんてん

    万引き家族

    こんにちは。有楽ビル店店長 相馬 です。パルムドールを受賞した映画、「万引き家族」 を観てきました。大体のあらすじも知らず…友人にも「暗そう…」と一緒に観てもらえず 暗いとかそんな感じではないです。やっぱり、「家族」って厄介だなぁと。そして、お目当ての安藤サクラさん。さすがでした。有楽ビル店長 相馬スタッフ随時募集中

  7. 世の中はわかりやすくない - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    世の中はわかりやすくない

    6月25日付朝日新聞朝刊文化欄に、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した是枝裕和監督のインタビューという非常に興味深い記事が出ている。表題も見出しだが、「犯罪者と自分とは違う」感覚広がる社会は危険」という目につく見出しもよい!とかく、「犯罪者と自分とは違う」感覚がやたら蔓延しているからだ。受賞対象となった映画「万引き家族」は社会から見捨てられた人たちの生きざまを丁寧に描いた作...

  8. 評判の映画はう~~ん - スポック艦長のPhoto Diary

    評判の映画はう~~ん

    万引き家族を見ましたカンヌ映画祭のパルムドール賞を受賞した作品と言えば前評判は上々然しカンヌ映画祭はアートな作品が多く見て楽しくスカッとするエンターテイメントとは程遠い退屈な映画と言う先入観でした然し是枝監督は家族の日常を淡々と短いカットで繋ぎセリフの端々にこの家族の成り立ちを匂わせていく演技も芝居がかった演技ではなく日常に有りそうな素直な表現で家族とは? 親子とは? 絆とは?そんな世間の正...

  9. 万引き家族、是枝監督子役がとてもいきき演技 - 新丸子の不動産屋、 マンション管理士です

    万引き家族、是枝監督子役がとてもいきき演技

    カンヌのパルムドールを受賞した話題作で休日の夕方ということもあってほぼ満員一番前の端っこで見ていたので最初は映画が全体的にとらえずらかった治役のリリンフランキー、初枝役の樹木希林は約束通りの演技だが子役の二人ゆり役の佐々木みゆと祥太役の城絵吏どちらもどこか影があるが明るくふるまう姿が印象的彼らと他の家族の関係は今一つ理解できなかったがそのことはあまり重要でない初枝はじめ彼らの生活には何か問題...

  10. 「万引き家族」 - ひとりあそび

    「万引き家族」

    昨日、満を持して?是枝裕和監督の「万引き家族」を見に行った。カンヌ映画祭でパルムドール受賞という快挙を成し遂げ、「誰も知らない」からの是枝ファンとしては上映を楽しみに待っていた。実は、「誰も知らない」で柳楽優弥君が同じカンヌ映画祭で、史上最年少で最優秀男優賞を受賞した時、私的には最優秀作品賞か、最優秀監督賞を是枝監督に差し上げたかった。なので、今回は別の作品ではあるが、パルムドール受賞のニュ...

  11. 万引き家族 - たなかきょおこ-旅する絵描きの絵日記/Kyoko Tanaka Illustrated Diary

    万引き家族

    万引き家族、を見る。日々のさりげない描写が本当に生々しくて、幸福感に溢れていて、(いわゆる「美男美女」ではない(実際は美しいんでしょうが)人たちの超一流の演技の賜物)特に安藤サクラさん、すごい…なんだかんだ是枝監督の映画もほぼ見ているけど、今回も素晴らしかった。少年の成長がしっかりと感じられて、見終わった後、これからいろいろあっても彼らはきっと大丈夫だと思えたのがよかった。(誰も知らないを見...

  12. 話題の映画を観てみたら。 - London tea

    話題の映画を観てみたら。

    うぅぅっ~~。鑑賞の後も、ううっっ~~...が止まらなかった。

  13. 日々雑感 6/11 「万引き家族」 - Suzuki-Riの道楽

    日々雑感 6/11 「万引き家族」

    ●先週末の会社帰りに「万引き家族」を見た。カンヌでの受賞もあってか満員だった。 映画はまだ公開間もないのでストーリーの詳細は書かないが 個人的感想がノイズになるかもしれないのでご注意を。 先に言うと、私の琴線にふれた方の是枝裕和監督作品だった。こう言う書き方もどこ目線だって話だが 是枝監督作品との相性はあまり良くなかった。 最近の作品でも「三度目の殺人」も苦手だったし、「そして父になる」は個...

  14. 是枝監督らしい祝辞辞退 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    是枝監督らしい祝辞辞退

    公権力とは距離保つ。是枝監督らしいですね。祝辞を受けるか受けないかは自身で決めることですしね。

  15. 読書の楽しさを教えられたことが何より - 心理カウンセラー ☆ 郷家あかりの日記

    読書の楽しさを教えられたことが何より

    ケアンズにいる息子のサク(25歳)から「お母さんもう『万引き家族』観た?」とLINEが来たので、観たよ、と返したら、「映画に『スイミー』が出てくるんだって?」と。Yahoo!ニュースの記事で、是枝監督が『万引き家族』はスイミーを読んでくれた女の子に向けて作ったってインタビューに答えてるのがあって、それ読んだら切なくなった、自分の小学生時代を思い出して懐かしくなった、という話でした。私もその記...

  16. あれっ、是枝監督の変わらない考え? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、是枝監督の変わらない考え?

    【 是枝裕和監督:変わらない考え 】 是枝裕和監督作品「万引き家族」が、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門のパルムドールを受賞した。以下は、是枝裕和著「映画を撮りながら考えたこと」(2016/6、ミシマ社)からの一部抜粋。P144「殺意や戦争といった自分の思考の外にあるものについて、その番組を見た人間が自分の中に想像としてきちんと立ち上げていくこと。そこへ向かわせる力を持った表現が...

  17. 映画『万引き家族』先行上映へ - 心理カウンセラー ☆ 郷家あかりの日記

    映画『万引き家族』先行上映へ

    今週末8日の公開を楽しみにしていた 『万引き家族』 。カンヌで最高賞パルムドールを受賞したことで2日、3日に先行上映!というので、昨晩さっそく観てきました(私は是枝監督作品のファン)。東京の下町に暮らす、"誰一人血の繋がっていない" 家族のお話です。もわっと臭ってきそうな古い狭い家で6人…おばあちゃんの年金を頼りに、子どもにまで万引きさせながら暮らす貧しい一家…これはいったい…???居場所、...

  18. NHKも「万引き家族」を取り上げるのはいいね - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    NHKも「万引き家族」を取り上げるのはいいね

    NHKも「万引き家族」を取り上げるのはいいねNHKが一昨日は「万引き家族」(カンヌ映画祭最高賞受賞)のリリー・フランキーを単独で、昨日はシブ5時でリリー・フランキーと安藤サクラを出演させていた。安倍総理が受賞を黙殺するなか、当然と言えば当然だがよくやった。まあ、こういう部分は福田淳一・前財務次官らには「NHKは左翼的で下らない」とうつるのだろう。どうせなら誰かマスコミ記者が麻生太郎さんか財務...

  19. 「万引き家族」 カンヌ国際映画祭で最高賞 - テニスのおじさま日記

    「万引き家族」 カンヌ国際映画祭で最高賞

    映画が大好きなボクとしては、カンヌ国際映画祭で最高賞の「パルムドール」を受賞した、是枝裕和監督の「万引き家族」は見逃せない作品。ちょうど6月3日(日)の午前中、千葉市の会場で英検準一級の試験を受けるので、帰りに見たいと思ったがあいにく6月8日から公開とのこと。近くの映画館ではこの映画を見ることができないので、6月8日以降早い時期に、千葉市の「京成ローザ10」で鑑賞の予定。6月の楽しみができた...

  20. 是枝裕和『映画を撮りながら考えたこと』 - アセンス書店日記

    是枝裕和『映画を撮りながら考えたこと』

    2018年6月8日公開!是枝裕和監督映画『万引き家族』カンヌ最高賞パルム・ドール賞受賞!!是枝裕和監督代表作『誰も知らない(2004年)』、『歩いても 歩いても(2008年)』、『空気人形(2009年)』、『そして父になる(2013年)』、『海街diary(2015年)』、『三度目の殺人(2017年)』・・・今までに数々の賞を受賞し、満を持して『万引き家族(2018年)』第71回カンヌ国際映...

1 - 20 / 総件数:20 件

似ているタグ