三島由紀夫のタグまとめ

三島由紀夫」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには三島由紀夫に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「三島由紀夫」タグの記事(192)

  1. 「三熊野詣」三島由紀夫 - 山登り系 KADHAL

    「三熊野詣」三島由紀夫

  2. 初めての野分祭のこと(旧記事) - 民族革新会議 公式ブログ

    初めての野分祭のこと(旧記事)

    三島由紀夫・森田必勝両烈士の壮絶な義挙から50年を迎えた本年の秋、様々なメディアが事件、両烈士について取り上げ、改めて行われた検証や解説も多かったが、その実、義挙の本質に迫る新たな事実を明らかにしたものは残念なことにほぼ皆無であったといってよいだろう。しかしながら、新たにこの義挙に触れて関心を持ち、少なからぬ衝撃と影響を受けた若い世代の方々も多いと仄聞する。我々は、三島・森田両烈士の精神の継...

  3. 國の子評論社三島由紀夫・森田必勝両烈士五十年祭と五十一回忌法要の報告 - 民族革新会議 公式ブログ

    國の子評論社三島由紀夫・森田必勝両烈士五十年祭と五十一...

    弊会事務局長である横山孝平同人が社主を務める國の子評論社が同社仙台支局にて、十一月月二十四日、「楯の会義挙蹶起前夜遺志顕彰」として岩上直樹青年隊長の奉仕による三島由紀夫・森田必勝両烈士五十年祭を、翌二十五日には佐久間宥義副長の奉仕による五十一回忌法要を執行した。岩上直樹氏向かって左より横山孝平氏、岩上直樹氏、佐久間宥義氏以上、ご報告いたします。

  4. 三島由紀夫・楯の会決起から五十年 - 民族革新会議 公式ブログ

    三島由紀夫・楯の会決起から五十年

    表題の通り、「あの日」から早五十年の歳月が流れた。全国で三島由紀夫、森田必勝烈士を追悼し様々な行事が行われた。犬塚博英弊会議長は決起当日、ラジオニュースで事態を知り、慌てて原宿の全国学協事務所から市ヶ谷の現場に向かい、同時に市ヶ谷会館で定例会を開いていた他の楯の会会員らが警視庁のバスに乗り込むところを目撃した。しかしながら、現場の進展はさっぱりわからない状況が続いたそうである。犬塚議長は今年...

  5. 彼女たちの三島由紀夫 - ネコと文学と猫ブンガク

    彼女たちの三島由紀夫

    彼女たちの三島由紀夫―中央公論特別編集 https://www.yodobashi.com/product/100000009003331493/

  6. 三島の「葉隠」変だと思いまーす - 憂き世忘れ

    三島の「葉隠」変だと思いまーす

    前から書いてますが、三島由紀夫はエアだと思っています。べつに恨みはありません。どっちかってゆうと、気の毒な感じ。中の人が何人かいたと思っている。深沢七郎、源氏鶏太、開高健。「酸模」は太宰もありかなあ。みんな、からかっている。罠を仕掛けている。以下は三島の「葉隠」です。小説家が表現する「美」は「外面的」なものじゃないと思いまーす\(^_^ )私は「源氏」からも「枕草子」からも「美」を感じました...

  7. 「ダンス・ダンス・ダンス」22章「偽作家という人生」 - 憂き世忘れ

    「ダンス・ダンス・ダンス」22章「偽作家という人生」

    第22章これも死ぬほど悩んだ。やっと解った。スゴい。奇蹟だ!取調室での昼食は「おソバ」落語の方は「そば清」でキマリ!コレの裏オチは「粋は身を食う」最後、身体が融けてなくなったでしょ。「掌の小説」に、同じテーマの作品を探しました。見あたらない。全然ない。まったくない。いくら探しても〜でも不思議なもので、こうゆうの突然「来る」のね。「粋は身を食う」→「スイバ身を食う」スイバ=酸模(すかんぽ)三島...

  8. 三島由紀夫『夜告げ鳥』 - ネコと文学と猫ブンガク

    三島由紀夫『夜告げ鳥』

    三島由紀夫『夜告げ鳥』以下、サイトより目次の抜粋。https://book.asahi.com/jinbun/article/13100057

  9. 「雨の日には車をみがいて」第4話・誰がバカやねん! - 憂き世忘れ

    「雨の日には車をみがいて」第4話・誰がバカやねん!

    第4話「バイエルンからきた貴婦人」BMWでドイツ車。ハンドルを握ると性格が豹変、過激になる女性の話。ラスト引用します。〈〜三島由紀夫という作家が死んだ。ぼくの一九七〇年は、そんなふうにして終ったのだ〉「三島由紀夫が死んだ」じゃ、ダメなんですね。解読いきまーす。「バイエルン」=バ家ノしむ=バカの死下ら=バカの死、唐「からきた」=そのまま「貴婦人」=虞美人(芥子)★バカの死、唐から来た貴婦人(ア...

  10. 「『黄金のバンタム』を破った男」の三島由紀夫(" ̄д ̄) - 憂き世忘れ

    「『黄金のバンタム』を破った男」の三島由紀夫(&quo...

    「『黄金のバンタム』を破った男」に三島由紀夫の言葉が出てくる。引用します。「黒いトランクスで、向こうのコーナーから弾丸のように飛び出した原田を見て、私は鋭い、痛いような希望を感じた」「メデルは、夜の女のように、ロープへロープへと原田を誘いこむ。そこには死の誘惑が待っているが、据え膳食わぬは男の恥、原田は敢然と飛びこんでいく。しかし、もう相手の手に乗るほど初心(うぶ)ではない」「先生、コレって...

  11. 「めくらやなぎと眠る女」続き「山姥の子は金太郎」 - 憂き世忘れ

    「めくらやなぎと眠る女」続き「山姥の子は金太郎」

    前記事の続きです。「耳」といえば「ダンス・ダンス・ダンス」のキキの耳。なんかね、エア作家とゴーストについて書いてある感じなんだけど、イマイチ解らなかった。五反田君のイメージが三島とカブる感じもあったし……。で、コレとは別の線から、三島はエア作家で、あの事件は「引退」のための狂言と思っていた。最初の変!は14歳で書いた「酸模」14歳でこのテーマはない。それで写真などもチェックしたら、別人っぽい...

  12. 市川崑監督『炎上』@FB「映画チャレンジ」 - La Dolce Vita 1/2

    市川崑監督『炎上』@FB「映画チャレンジ」

    友人の映像ディレクター・小林一君からのご指名を頂きまして、1日1本、7日間に渡って映画を挙けるFBの「映画チャレンジ」に参加させて頂きます。「映画チャレンジ」とは映画文化の普及に貢献するためのチャレンジで、#savethecinema に関連するものです。最終回7本目は市川崑監督の『炎上』です。今「炎上」と言うとSNSの話のようだがそうではない。炎上したのは国宝であり、三島由紀夫の『金閣寺...

  13. 村田喜代子「盟友」モヤモヤする(;一_一) - 憂き世忘れ

    村田喜代子「盟友」モヤモヤする(;一_一)

    「鍋の中」の「盟友」読んだ。男子高校生の一人称なんだけど、ヤバい!三島調。正しくは、三島の中の人たちが作り上げた〈難しい言葉ばっかで、結局よくわからない文体〉たとえば、〈だから僕は女子用便所ではただひたすら、あの観念的器物というか、思想的器物をせっせと磨くだけでよかった〉こうゆう脳の17歳ってヤバいでしょ。「観念的器物」とは便器のことでーす。よくワカンナイけど、作者がワザとやっているのは間違...

  14. 全くジャンルの違うシネマ3本!三島由紀夫vs東大全共闘一度死んでみた21世紀の資本 - ♪ミミィの毎日(-^▽^-) ♪

    全くジャンルの違うシネマ3本!三島由紀夫vs東大全共闘...

    5月24日、ほぼ2か月ぶりに電車に乗り、再開したばかりのシネコンで、全くジャンルの違う映画を3本観てきました。再開後初鑑賞は、どれも満足できる作品でしたよ。詳しくはタイトルにリンクさせた公式サイトを見てください。✳️三島由紀夫 vs 東大全共闘50年目の真実ちょうど同じ時代に生きて、その空気感は知っているのですが、両者の思想は全く理解不能だったノンポリの私だったので、あまり期待せずに行ったの...

  15. 三島由紀夫を巡る旅 - ネコと文学と猫ブンガク

    三島由紀夫を巡る旅

    「三島由紀夫を巡る旅」、徳岡孝夫、ドナルド・キーン著、新潮文庫。

  16. 「鈴=アヘン」の答えだよーん(*´︶`*) - 憂き世忘れ

    「鈴=アヘン」の答えだよーん(*´︶`*)

    Q.「鈴=アヘン」を証明しなさい。(ノ・人・`)??https://tamegoro.exblog.jp/30034702/答えです。「鈴」=りん「り」=リ=大小の刀を表している。なので、「リ」=侍=はべ(る)=あへ「鈴」=アヘン!!バッチリでしょ。三島事件がインチキ、狂言ではないかって思ったのは、あくまでも「作品」からです。十四歳で書いた「酸模」をぜひ、読んで下さい。テーマは何か?囚人はな...

  17. Q.「鈴=アヘン」を証明しなさい。(ノ・人・`)?? - 憂き世忘れ

    Q.「鈴=アヘン」を証明しなさい。(ノ・人・`)??

    昼間から、寝言失礼。三島由紀夫がらみで、「風の中のマリア」を思い出した。図書館の本で読んだので、手元にない。前に書いたかなあ。「風の中の昴」の「昴」がない。「昴」=日卯=くさぼう=臭逃=十逃=逃亡「逃亡」捨=逃亡者「死んだフリ」して海外逃亡した人たち。この中の一人が三島と読んだ。てゆうか、三島がメインテーマの気がした。「カエルの楽園」同様、なんで蜂やねーん!!アニメではあるけどね。ハッチとか...

  18. 三島由紀夫は何処へ - 憂き世忘れ

    三島由紀夫は何処へ

    突然ですが、三島ネタ。北の方が、影武者とかいわれてますね。歴史上には、死んだはずなのに死んでない人と、死んだのに死んでないことにしている人。其角さんの句で「信長のシャム行き」にはビックリですが、何といっても、気になるのが三島。私の中では、この人はエア作家。三島事件も信じていませーん。あの時点で「死んでない」と思っている。中の人が五人くらいいる感じ。皆さん、タイトルに仕掛けをしている。本人にも...

  19. 『Mの肖像』の第2期に行く - マイケルと読書と、、

    『Mの肖像』の第2期に行く

    東京都が外出自粛要請を出した次の日、神奈川に住むchildspiritsさんが大阪の家に遊びに来てくれて、彼女の希望で、モリムラミュージアムへ。『Mの肖像』の第2期開催中で、そちらも見学したけど、私たちは、もっぱらライブラリーにいて、マイケルを「死をもって清冽な「美」の境地に達した、人類史上最強のエンターティナー」と書いた森村氏の言葉を求めて『花椿』の連載を年代順を読んでいった。1997年か...

  20. 『三島由紀夫 VS 東大全共闘50年目の真実』を見て思う実家の事など。 - Suzuki-Riの道楽

    『三島由紀夫 VS 東大全共闘50年目の真実』を見て思...

    ●『三島由紀夫 VS 東大全共闘50年目の真実』を見てきた。コロナの問題もあって劇場全体は空いているのだが、本作は結構混雑して客層も意外と幅広いのに驚いた。(ここから下は不愉快に思われる方、異論を持たれる方もある表現出てきますがご勘弁を)●過去にも見たことある三島と東大全共闘のフィルムだ。TBSが撮影したのもあり確か筑紫哲也さんのニュース番組で2夜くらいで見た事がある。それをスクリーンで見る...

総件数:192 件

似ているタグ