三船敏郎のタグまとめ

三船敏郎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには三船敏郎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「三船敏郎」タグの記事(5)

  1. おせちの記録・根菜1 - ないものを あるもので

    おせちの記録・根菜1

    すばすなます。何はなくともこれだけは、と思います。根菜をさっぱりと。酢ばす、と呼んでます。「何かと思ったら酢蓮根のことね」と言われたことがあります。本来は「ん」の付くもの(運がつく)だから、酢蓮根が正調か。でも、生家では「スバス」でした。縁起も「見通しが良い」でした。皮だけ剥いて、大ぶりに切り分けお酢を垂らしたお湯で茹でます。生で刃物を使うと割れてしまう蓮も茹でると格段に扱いやすくなります。...

  2. 黒沢映画・小津映画での、生身の女のセクシー担当・千石規子への黒沢明評価 - 昔の映画を見ています

    黒沢映画・小津映画での、生身の女のセクシー担当・千石規...

    (以下、ネットで拾ったもの)戦前~戦後のレトロ写真@oldpicture19001949年(昭和24年)。映画「野良犬」の演技打ち合わせの風景です。左から黒沢明監督、主演の三船敏郎、志村喬で、疲れて寝転んでいるのは千石規子です。黒沢明の演技打ち合わせは相当厳しかったようです。三船敏郎がノートに丁寧にメモをしているのがわかりますね。(以上引用終わり)いやーオトコ三人&キャメラの前で、寝転ぶなん...

  3. 映画💛三船敏郎 - 曇天つづき時々晴れ

    映画💛三船敏郎

    三船敏郎に迫る!『MIFUNE: THE LAST SAMURAI』2016年に映画化された日系監督、S・オカザキの一遍がレンタル新作として出ています。日本語が話せないオカザキは米国においてのニッポンを追及する作品が多いです。観れば見るほどに男優・三船敏郎なる凄さが伝わります。「羅生門」や「七人の侍」「野良犬」での躍動感、食料もままならない時代の眼光の鋭さに輝き。どれほど演技論だとかを積んだ...

  4. 「外は雨だし映画でも観とくか。」なるブログがなかなか面白い旧作邦画イラストもグッド - 昔の映画を見ています

    「外は雨だし映画でも観とくか。」なるブログがなかなか面...

    森雅之をモリマと略すのがいいやね。ちなみにこの略称を初めて使ったのは、たぶんぼく(笑)。以降数少ない名画座女子が、この略称を使っているのが、散見される。同じころ、使いだしたサブリンも、ごく少数の名画座女子に汎用されておりますね(ごく少数なのに汎用というところが図太いところ)。 このNoeさんのブログは、文章よし、イラストもよし。「女の勲章」1961年 日本船場ことば早口マシンガン男・田宮二郎...

  5. 天国と地獄 - amo il cinema

    天国と地獄

    私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)【あらすじ】ナショナル・シューズの権藤専務(三船敏郎)は、自分の息子と間違えられて運転手・青木(佐田豊)の息子が誘拐され、身代金3千万円を要求された。苦悩の末、権藤は運転手のために全財産を投げ出して3千万円を用意する。無事子どもは取り戻したが、犯人は巧みに金を奪い逃走してしまい、権藤自身は会社を追われてしまう。Ed McBainの小説『キングの身代金』...

総件数:5 件

似ているタグ