三谷幸喜のタグまとめ

三谷幸喜」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには三谷幸喜に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「三谷幸喜」タグの記事(10)

  1. 歌舞伎座六月大歌舞伎は三谷かぶきでした。 - K's Sweet Kitchen

    歌舞伎座六月大歌舞伎は三谷かぶきでした。

    先月の歌舞伎座の夜の部にかかったのは、三谷かぶき“月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと)風雲児たち”。三谷幸喜氏が、作演出を手掛けた新作歌舞伎で、これを見逃すわけには行きませんでした。人気劇作家や演出家の方々は、様々な理由から歌舞伎を手掛けられることが、たまにあります。その新作が歌舞伎座でかかれば、私も大抵拝見することになります。書き下ろす方もあれば、もともとの歌舞伎芝居をリメイクされる...

  2. 虹のかけら~もうひとりのジュディ - 212.com

    虹のかけら~もうひとりのジュディ

    昨日、このカテゴリで記事をアップしたら、過去のエントリが表示されたのですが、ずいぶん長いこと三谷さんの舞台について何も書いていなかったことに気づきました。新作は大体見ているので年に2本くらいは見ていると思うんだけど、そもそも舞台の感想を書くのが苦手というか、ふわーっと見てるから細かく感想が書けないのですよね、、、最後に書いたのが、公演情報を知って興奮してアップした2016年の「真田丸」につい...

  3. チャーハン弁当と三谷幸喜 - オヤコベントウ

    チャーハン弁当と三谷幸喜

    2月8日(金)トウキョウ晴れおはようございます。テレビではすごく寒いです~!と言っていたけど日も出ていて風もないそんなに寒くない東京です今日、わたしは蕎麦の日でーす♡なので娘ひとりのお弁当********************ー本日のオベントウ-チャーハンコロッケ(冷凍)サラダ********************わたしが蕎麦の日はたいていご飯メインのお弁当になる残ったチャーハンは息子の...

  4. 「三谷幸喜のありふれた生活14 いくさ上手」三谷幸喜 著朝日新聞出版 - ドンカンはツミである

    「三谷幸喜のありふれた生活14 いくさ上手」三谷幸喜 ...

    三谷幸喜さんのエッセイ集。ちょうど私が三谷さんの映画や演劇を見ていた時期のエッセイなので、裏話がたくさん書かれていて面白かったです。三谷幸喜のありふれた生活14 いくさ上手三谷幸喜/朝日新聞出版undefined特に、『紫式部ダイアリー』の舞台について。清少納言と紫式部のキャラが、一般とは逆だったんですよね。私も、その舞台を観ていたので、その時の自分の感想を見返したりしました。

  5. 日本の歴史 - まい ふぇばりっと しんぐす

    日本の歴史

    私、昔から三谷運がなくてですね、チケットは当たらないわ、せめてパブリックビューイング…と思っても演者の病気で中止になったりとかね、もう全然ダメ。今回の「日本の歴史」もダメだったんだけど、なんとSMAP友からチケット降臨!本日、めでたく鑑賞となりました~!劇場は世田谷パブリックシアター。内容は、テキサスのある一家の3代記みせながら、日本の歴史を卑弥呼の昔から語るというもの。言葉にすると「?」っ...

  6. ミュージカル - ひびののひび

    ミュージカル

    12月15日(土)三谷幸喜のミュージカル「日本の歴史」を見に行く。三谷さんらしい不思議な喜劇。キッチュな衣装やヘンテコなセットや変な役柄。笑いと歌と日本の歴史と外国の登場人物がオーバーラップしながら人生を描いている。何をやっているんだと見ながらそのドタバタさにただただ翻弄されていたのにふと気づくと最後には涙が止まらなくなる。美術は堀尾幸男さん。久しぶりの三谷さんとの仕事に堀尾さんが楽しんでい...

  7. リーガルVとか今朝のあさイチとか - in my humble opinion

    リーガルVとか今朝のあさイチとか

    リーガルV#5アウトロー(って最近聞かなくなった?)集団の弁護士事務所。結構ハマってるんだなぁ、このドラマ。今回、『おっさんずラブ』でマロ役だった金子大地が出演してた。(ついでにNHKの前後編ドラマ『フェイクニュース』にも出ていた。)『おっさんず』の「アリよりのアリ!」にはツボったなー。考えてみると、あの役って『半分、青い。』のスズメとキャラ的には同質。人の話は聞かないし、目上(特に春田)を...

  8. 読書記録「龍馬暗殺」 - SEのための心理相談室

    読書記録「龍馬暗殺」

    読書記録桐野作人「龍馬暗殺」 抄録は以下の通り。『薩長周旋の立役者・坂本龍馬が殺害された近江屋事件。史料も多く、事件のあらましは判明しているのに、なぜ謎多き事件として惹きつけられるのか。襲撃者の供述を再検討。事件後の政情や、衰えない「薩摩」説の起源と誤謬も解き明かし、暗殺の深層に迫る。』おそらく、本書で書かれていることが疑いのない史実なのでしょう。巷の俗説を一つ一つ丁寧に論破し、全てに...

  9. 『江戸は燃えているか TOUCH AND GO』 - 牧野節子の部屋

    『江戸は燃えているか TOUCH AND GO』

    先週観てきました。三谷幸喜氏作・演出『江戸は燃えているか TOUCH AND GO』。新橋演舞場。ごいっしょしたEmiさん、良いお席をとってくださって感謝です!ほんとうにどうもありがとうございます!江戸無血開城をめぐる幕末群像喜劇。舞台背景となる場所は、一幕も二幕も勝海舟の家と庭です。時は慶応4年。鳥羽伏見の戦いで幕府軍に勝利した西郷どん(藤本隆宏さん)率いる新政府軍は、江戸城を攻めるために...

  10. 笑いの大学 - ラムでチアーズ!

    笑いの大学

    2004年に役所広司さんと稲垣吾郎ちゃんキャストで上映された三谷幸喜さんの「笑いの大学」本当につまらなくて、大コケしたって聞いています。でも、私このストーリーの演劇版が大好きだったんです。1996年と1998年に劇場で上演された「笑いの大学」西村雅彦さんと近藤芳正さんの二人芝居。役者が変わるとこうも違うのかって実感します。たまたまこのDVDが中古で手に入り、久々に見ることが出来ました。(演劇...

総件数:10 件

似ているタグ