三遊亭金馬のタグまとめ

三遊亭金馬」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには三遊亭金馬に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「三遊亭金馬」タグの記事(3)

  1. 気がつけば、落語「高田馬場」の観客 - 憂き世忘れ

    気がつけば、落語「高田馬場」の観客

    「日本国紀」は、政治的に右左がからんでケンカ状態。山本太郎さんが演説で、「他人のケンカほど面白いものはない」わかるわかる。私もナンダカンダで、アンチ本を買いそうになってるし。思えば「絶歌」も「火花」「アナログ」その他、どうせゴーストが書いているでしょ!シッポつかむゾ!ってことで、買っちゃってる!!出版社にとって、買う動機はどーでもよい。まんまと釣られてるなあ。ファンが買い、アンチが買い、野次...

  2. 三島「三熊野詣」は三遊亭金馬? - 憂き世忘れ

    三島「三熊野詣」は三遊亭金馬?

    「三熊野詣」についてはこちら。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%86%8A%E9%87%8E%E8%A9%A31965年です。とくにね、三島自身が書いている部分に注目。自分の哲学を裏切つて、妙な作品群が生れてしまふのも、作家といふ仕事のふしぎである。自作ながら、私はこれらの作品に、いひしれぬ不吉なものを感じる。ずいぶん自分のことを棚に上げた...

  3. 【第627回紀伊国屋寄席】 - 酒とシネマと不登校児な日々

    【第627回紀伊国屋寄席】

    【第627回紀伊国屋寄席】大変珍しい落語を聞いた。お年を召されたこの噺家さん、話を忘れる、途中を忘れる、オチを忘れる。「ネクタイとかけまして、えー、ネクタイとかけまして、えー、えー、何だったかなぁ」延々この調子で、存在そのものが落語のような方。それにしても、志らくはつくづく談志に似てきたね。「俺の才能は志の輔が、狂気は志らくが継いだ」という談志の言葉を、しみじみ噛み締めた新宿の夜でした。

総件数:3 件

似ているタグ