三重県の山のタグまとめ

三重県の山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには三重県の山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「三重県の山」タグの記事(21)

  1. 国見尾根を下る国見岳 (1,170M)   下山 編 - 風の便り

    国見尾根を下る国見岳 (1,170M) 下山 編

    2018年11月03日国見岳山頂で楽しみ下山を開始した。少し下り国見尾根下山の標識のところから藤内小屋方面に向けて下山を開始した。このコースは天狗岩・揺るぎ岩などの大きな岩が聳えている。天狗岩などに登り楽しみながら厳しい下りを進んだ。大きな岩下ってすぐ大きな岩が出てきた。この淵を通過して下って行く。国見岳山頂国見岳山頂方面を振り返り望む。天狗岩少し登ってみる、登りにくい反対側から登りなおす。...

  2. 超人気の山御在所岳から国見岳山頂(1,170M) に登る - 風の便り

    超人気の山御在所岳から国見岳山頂(1,170M) に登る

    2018年11月03日御在所岳山頂で360度の大パノラマを楽しみ、昼食も済ませて下山を開始した。次の目的地国見岳に向かう、やく一時間の行程である。御在所岳山頂下山山頂からゴンドラ山頂駅方面に下山を開始した。国見岳山頂を目指す。標識立派な標識があった。裏登山道裏登山道方面に向かう。色付いた木紅葉も終盤であったが、所々見ごろの木もあった。多くの登山者裏登山道方面に向かう登山者と裏登山道から登って...

  3. 日本百名山御在所岳 (1,209.4M)   登頂 編 - 風の便り

    日本百名山御在所岳 (1,209.4M) 登頂 編

    2018年11月03日御在所岳登山はまず駐車場確保から始まる。人気の山にしては駐車場が少ないような気がする。人気の中道登山口からの登山道は岩場の急登が続きかなり厳しい登山が続く。中道登山口登山口で登山届を提出して登山を開始した。岩場急な岩場を登って行く。休憩登山口から30分ほど登り休憩をする。頭の上はゴンドラ朝一番の試運転が行われていた。試運転中のゴンドラこの場所は展望も良く休憩には絶好の場...

  4. 超人気の山御在所岳 (1,209.4M)   ピックアップ編 - 風の便り

    超人気の山御在所岳 (1,209.4M) ピックアップ編

    2018年11月03日御在所岳は超人気の山、駐車場が少ない予定より一時間早く出発した。鈴鹿スカイラインの御在所駐車場付近にくると、どの駐車場もすでに満杯、どんどんスカイラインを上の方に登って行き道路わきの少し広い所に車を止める。中道登山口からは随分上の方に駐車した、スカイラインをてくてく歩き中道登山口に向かった。岐阜 5.00 ー 関IC ー 関ヶ原IC ー 御在所岳中道登山口駐車場 7.2...

  5. 4年ぶりの再会・・・羊さん♪in竜ヶ岳 - yukoの絵日記

    4年ぶりの再会・・・羊さん♪in竜ヶ岳

    この一週間程、ハプニング続きの我が家(๑-﹏-๑)ブログ更新もお休みしてましたが一段落着いた所で・・・竜ヶ岳のレポ、書いておこう!5月20日(日)羊さんに会いに、竜ヶ岳へ行ってきました。朝7時。登山口となる宇賀渓に着くと、駐車場は満車。次から次と車は入ってくるし、どうしたものやら???でも、駐車場係の人が、少し離れた駐車場に誘導してくれました。ホッ♡駐車場から見える、遠い一番高い山を目指す事...

  6. 欲張り登山御在所岳 (1,209.4M)    下山 編 - 風の便り

    欲張り登山御在所岳 (1,209.4M) 下山 編

    2018年05月10日御在所岳からの下りコースは、昔々登山を始めた頃、一宮の男性山友に案内されて中道コースから登った。御在所岳ピストンの予定であった、あまりの天気の良さに誘われて急遽武平峠に下り鎌ケ岳山頂を目指すことにした。真夏で暑くてお茶が途中で無くなってしまった。仕方なく登山を中止して武平峠下山した。武平峠近くの駐車場で販売車がかき氷を売っていた、これ幸いとかき氷を注文食べた。代金を支払...

  7. 谷筋を下る栗の木岳 (1,068M)   下山 編 - 風の便り

    谷筋を下る栗の木岳 (1,068M) 下山 編

    2018年05月04日シャクナゲの花に囲まれた栗の木岳山頂で花を楽しみ下山を開始した。登山道は切り立った尾根を進みやがて谷筋に出る、登山道は谷と並行していて何度も徒渉を繰り返し駐車場までたどり着く。栗の木岳山頂。山頂はシャクナゲの花に囲まれてパラダイス。シャクナゲ。この辺りの花はちょうど見頃を迎えていた。シャクナゲ。厳しいコースを登ってきたご褒美、沢山咲いていても飽きることはなかった。シャク...

  8. ヤマツツジ咲く栗の木岳 (1,077M) 登頂 編 - 風の便り

    ヤマツツジ咲く栗の木岳 (1,077M) 登頂 編

    2018年05月04日修験業山山頂付近のシャクナゲ・シロヤシオ・アカヤシオなどを楽しみ次の目的地栗の木岳山頂を目指してスタートした。登山道わきにはシャクナゲの花が多く咲き目を楽しませてくれた、また鮮やかな赤色のヤマツツジが多く咲いていた。まさに花街道であった。新緑。修験業山山頂でシャクナゲ、シロヤシオ、アカヤシオなどの花を楽しみ昼食も済ませて次の目的地栗の木岳山頂を目指した。シャクナゲ。シャ...

  9. 雪の無くなった烏帽子岳(864.8M)  に登る - 風の便り

    雪の無くなった烏帽子岳(864.8M) に登る

    2018年03月14日今日は朝から米原市大久保地区の節分草見学、そして三重県いなべ市の農業公園の梅林を見学した。最後にこの烏帽子岳登山を行った、欲張りな一日であった。昨年この時季に登った時は雪が多くて途中で危険なため中断した引き返した。今回は雪はほとんど溶けて無く無難な登山を行いことが出来た。案内板。烏帽子岳林間広場登山口に設置されている登山案内板。展望台。登山道の途中に何ケ所か展望台が設置...

  10. いなべ市農業公園梅林公園見学 - 風の便り

    いなべ市農業公園梅林公園見学

    2018年03月14日米原市大久保地区の節分草群生地を見学して、三重県いなべ市の農業公園の梅林公園に車を走らせ梅林を見学した。梅林の梅はまだ満開には少し早く3分咲きくらいであった、入園料は今日は無料であった。岐阜 7.00 ー 大久保地区 8.30 ~ 9.30 ー いなべ市農業公園 10.30 ~ 11.40ー 烏帽子岳林間広場登山口 11.55 ~ 12.10 ー 烏帽子岳山頂 13.5...

  11. 釈迦ケ岳 (1,091.9M)  下山 編 - 風の便り

    釈迦ケ岳 (1,091.9M) 下山 編

    釈迦ケ岳最高点で景観を楽しみ下山を開始した。サックを背負ったワンコとも分かれて八風峠方面を目指す。下山コースは何本かあるみたいだが、尾根を歩いていて最初に出てきたのは登ってきた岩が峰コース。このコースはパスをして尾根登山道を進む。次に大平尾根分岐コースが出てきたが。なぜか登山道が枯れ木で止めてあった。どこか危険な個所があるのだろう下山するのはやめにした。次に出てきたのは段木コース。このコース...

  12. イワウチワ咲く釈迦ケ岳 (1,091.9M) 登頂する - 風の便り

    イワウチワ咲く釈迦ケ岳 (1,091.9M) 登頂する

    登山道からの展望は余りよくないが、足元を見ればイワウチワが沢山咲いて目を楽しませてくれる。登山道は急登で岩場が随所にあり登山の醍醐味を味わうことが出来る、中腹辺りまで登ると目の前にアカヤシオの花がいっぱい咲いているのが見えてきた。歓声が上がる。釈迦ケ岳山頂到着、東側は展望が開けて伊勢湾が良く見えた。山頂で記念撮影、次の目的地最高地点に向かった。八風キャンプ場付近の道路わきに車を止める。この場...

  13. 今日のお気に入り写真  釈迦ケ岳 (1,091.9M) に登る - 風の便り

    今日のお気に入り写真 釈迦ケ岳 (1,091.9M)...

    今日は三重県の山、釈迦ケ岳のアカヤシオを見に行くため早朝から車を走らせる。八風キャンプ場登山口に着くと、すでに駐車場スペースはほぼ満杯であった。駐車場から林道を少し登り谷川を渡り岩ケ峰登山コースに入る。最初から急な登りが続きく、途中からは岩場も出てきたかなりハードな登山になった。登山道わきにはイワウチハの花が沢山咲いている、楽しみながら登る。アカヤシオは余り咲いていないやはり今年は花が咲くの...

  14. 雨乞岳 ~ イブネ ~ 最後の目的の山クラシに登る - 風の便り

    雨乞岳 ~ イブネ ~ 最後の目的の山クラシに登る

    2017年04月16日雨乞岳・東雨乞岳・イブネと登頂して最後の目的地クラシに向かった。イブネからクラシまでは広々とした高原、360度の大展望そしてじゅうたんを敷いたように一面に杉苔?があり庭園のようであった。クラシ山頂は木々に覆われて展望は良くない。登頂の記念写真をしてすぐ下山した。帰りはイブネに置いてきたザックを持ち杉峠を経由して高津畑登山口まで戻った。長い長いコースで危険な場所もあったが...

  15. 東雨乞岳からイブネ (1,160M) に登る - 風の便り

    東雨乞岳からイブネ (1,160M) に登る

    2017年04月16日雨乞岳山頂から東雨乞岳山頂に登る、360度の大パノラマ展望を堪能した、次に登る山が控えているのでゆっくり休んでいられない、記念写真を写してすぐ下山を開始した。杉峠まで戻り、そこからイブネ山頂を目指して北方面にむかう、イブネは初めて登る山どんなところか大いに楽しみであった。杉峠からイブネ山頂までは一時間弱、登り下り繰り返す林の中の登山道にはとこどころ雪が残り登山道を隠して...

  16. 所々雪の残る雨乞岳(1,237.7M) に登頂する - 風の便り

    所々雪の残る雨乞岳(1,237.7M) に登頂する

    2017年04月16日今日はBーコース班17名が4台の車に分乗して滋賀県の高津畑登山口に到着。準備体操をしてからから登山を開始した。林道を歩きやがてフジキリ谷川?に沿って登山道を登って行く。途中登山道には雪が残っている慎重に進む。杉峠に到着、ここで休憩を取る。進行方向を見ると急な雪の斜面がある、雪の斜面を登るか、雪のない所を登るか、各自自分で決めて登ることになった。雪の急斜面に足をけりこんで...

  17. 今日のお気に入り写真雨乞岳(1,237.7M)・イブネ・クラシに登る - 風の便り

    今日のお気に入り写真雨乞岳(1,237.7M)・イブネ...

    2017年04月16日今日はみのハイキングクラブの山行に参加した。参加者を二組に分けて短いコースと長いコースに分けて行われた。今日は長いコースに参加、雨乞岳・東雨乞岳・イブネ・クラシと四座登頂した。山は雪がところどころ残っていてかなり危険なところもあったが、全員無事登頂をして下山した。関市 4.00 ー 高津畑登山口 6.15 ~ 6.30 ー 杉峠 9.05 ~ 9.15 ー 雨乞岳山頂 ...

  18. 雪の藤原岳 (1,171M)   登頂 編 - 風の便り

    雪の藤原岳 (1,171M) 登頂 編

    2017年04月02日藤原岳山頂付近は広々としている、藤原山荘前に新しく綺麗なトイレが出来ていた。山荘から展望台方面は雪がかなり残っていた、広い下りを利用して尻スキーを楽しむ登山者が多きいた。広い駐車場も満杯、最後は通路に車を止めていた。大貝戸登山口にあるハウスの横を進んでゆく。ここの駐車場は無料であるが満杯であった。立派な鳥居をくぐって登山開始する。登山道より伊吹山が良く見えた。9合目に咲...

  19. 今日のお気に入り写真雪が多く残る 藤原岳(1,171M) に登る - 風の便り

    今日のお気に入り写真雪が多く残る 藤原岳(1,171M...

    2017年04月02日あさ八時に大貝戸登山口駐車場の到着、駐車場はすでに満杯であった。少し引き返して有料駐車場(300円)に車を止める。今日は日曜日それに快晴、沢山の登山者で登山道は渋滞がきるほどであった。八合目から上はまだ雪がありアイゼンを装着して登った。お目当ての福寿草は九合目に少し咲いている程度、咲き誇るのはだいぶ先になるのではないかと思う。岐阜 6.30 ー 関IC ー 関ケ原IC ...

  20. 雪の 烏帽子岳 (864.8M) 登頂断念する - 風の便り

    雪の 烏帽子岳 (864.8M) 登頂断念する

    2017年03月08日朝から降り続いた雪のため、烏帽子岳中腹から上は積雪が多くなってきた。登山道のトレースも消えて登山道がわからない、雪のへこみとか僅かに残る足跡らしき所を探して登って行く。展望岩コースと大岩コースの分岐あたりから積雪が急に多くなった、展望岩コースの急斜面をトラバースして進むが途中で腰辺りまで雪にうずまるようになりまえに進めなくなった、ここで登るのを断念して引き返した。降り続...

総件数:21 件

似ているタグ