三陸鉄道のタグまとめ

三陸鉄道」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには三陸鉄道に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「三陸鉄道」タグの記事(31)

  1. 藤田八束の鉄道写真@観光列車ジパングに逢いました、コロナ禍が終息したらどこへ行きますか・・・観光列車ジパング - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@観光列車ジパングに逢いました、コロ...

    藤田八束の鉄道写真@観光列車ジパングに逢いました、コロナ禍が終息したらどこへ行きますか・・・観光列車ジパングコロナ禍、世の中はコロナコロナと大変です。でもどうなんでしょうかね。コロナ禍が発生して一年半以上も経ちました。中国からこの菌が入ってきたとしても、もう多くの人が接触していると思います。このことをもっと知ること、認識することから対応を考えるともっと楽になってくると思いますがいかがでしょう...

  2. 藤田八束の鉄道写真@三陸鉄道の電車でトコトコ・・・・、コロナ禍なんてない世界が広がります。マスク何処まで必要ですか - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@三陸鉄道の電車でトコトコ・・・・、...

    藤田八束の鉄道写真@三陸鉄道の電車でトコトコ・・・・、コロナ禍なんてない世界が広がります。マスク何処まで必要ですか「盛駅」につきました。のどかですね。時間が有ればこの郷土の歴史を知りたいですね。平和そうに見えるこの街もいろんなことが有ったと思ます。過去の歴史を見て、今のコロナ禍対策、皆さんは納得されているのでしょうかね。三陸には沢山の海の幸、山の幸が有ります。魚介類、海藻類が豊かに育つところ...

  3. 藤田八束の鉄道写真@三陸鉄道で「釜石」から「盛」へ…風光明媚な三陸の海そして山々 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@三陸鉄道で「釜石」から「盛」へ…風...

    藤田八束の鉄道写真@三陸鉄道で「釜石」から「盛」へ…風光明媚な三陸の海そして山々三陸鉄道で「釜石」から「恋」し浜へ・・・美しい海岸線を走る三陸鉄道は期待通りの快適さでした。恋し浜駅にはたくさんの使途の思い出が残されていました。ターミナル駅盛駅には始めてきましたがとってもいい所ですね。鉄道は各地を結んでくれます。運転のできない私にとっては最高の乗り物です。遠く連れて行ってくれます。

  4. 藤田八束の鉄道写真@三陸鉄道の魅力を訪ねて、青い海、新緑の山々、青い空そして三陸鉄道・・・神は素晴らしい物を私たちに下さいました。 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@三陸鉄道の魅力を訪ねて、青い海、新...

    藤田八束の鉄道写真@三陸鉄道の魅力を訪ねて、青い海、新緑の山々、青い空そして三陸鉄道・・・神は素晴らしい物を私たちに下さいました。釜石から盛りに向かいました。美し新緑の山々とどこまでも青い美しい海に会いました。そして、神が乗っているおつかいの鹿にも会いましたよ。青い空と鉄橋がとっても綺麗でした。鹿が山から下りてきてくれていました。2頭いますよ、分かりますか。右上にもう一頭います。三陸鉄道でな...

  5. 藤田八束の鉄道写真、三陸鉄道の魅力、そして楽しさ、工夫される魅力の作り方三陸鉄道に見る。 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真、三陸鉄道の魅力、そして楽しさ、工夫...

    藤田八束の鉄道写真、三陸鉄道の魅力、そして楽しさ、工夫される魅力の作り方三陸鉄道に見る。ここは岩手県釜石市・・・ここには三陸鉄道があります。NHAの朝ドラでも人気になりましたがとってもいい所です。コロナ禍が終息したら観光地にはたくさんの人が来ることになると思いますが、ここ石巻はそんな中心の町になりそうです。さすがは鉄の街です。三陸鉄道のこのこうりょうとってもいい雰囲気を作っていると思います。

  6. 藤田八束の鉄道写真@三陸鉄道がを満喫、その①・・・三陸鉄道に乗る前に釜駅近くを散策、鉄橋と三陸鉄道、釜石駅写真にしたら最高 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@三陸鉄道がを満喫、その①・・・三陸...

    藤田八束の鉄道写真@三陸鉄道がを満喫、その①・・・三陸鉄道に乗る前に釜駅近くを散策、鉄橋と三陸鉄道、釜石駅写真にしたら最高釜石駅は晴天です。今日は楽しい写真撮影が出来ると思います。残念なことですが人流が有りません。寂しい釜石駅の朝です。休みの日なので学生さんもいないし。いけませんね。マンホールのデザイン絵が良いですね。お祭りの時の様子をデザイン化したようです。良いと思います。これは鮭が遡上し...

  7. 藤田八束の鉄道写真@東日本大震災・復興から10年現地は、銀河鉄道に乗って釜石へ三陸鉄道の今・・・ - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@東日本大震災・復興から10年現地は...

    藤田八束の鉄道写真@東日本大震災・復興から10年現地は、銀河鉄道に乗って釜石へ三陸鉄道の今・・・日本の今の問題は東京オリンピックが開催されるか否か・・・有るとしたらどんな開催となるのか・・・。そんなニュースが毎日のようにされているが。果たして日本の問題はそんなところにあるのでしょうか。全てが東京中心に進められる日本の行政。懸念しています。東京は特別なんでしょうか。日本にとって重要なところなん...

  8. GOTOで函館、三陸鉄道へ⑦三陸鉄道久慈から - 新丸子の不動産屋、 マンション管理士です

    GOTOで函館、三陸鉄道へ⑦三陸鉄道久慈から

    三連休パスを使って函館、三陸鉄道の旅第五回プラチナブロガーコンテスト開催!Go To キャンペーンで行った所・やった事を教えて!11月の三連休の旅の日記です今は山田線が三陸鉄道二編入されて北と南に分かれていなくてその北の玄関が久慈あまちゃんの舞台になった街である私もうに丼を三陸鉄道で食べたこともある今回は弁当を食べずにそのまま北上コロナの影響もあって三連休ながら車内は空席目立ちます

  9. 三陸鉄道に乗る - あだっちゃんの花鳥風月

    三陸鉄道に乗る

    岩手をめぐるツアーに参加しています。前日に釜石に泊まり、この日は釜石から宮古まで、三陸鉄道に乗ります。この区間は、最近JRから三陸鉄道に譲渡された区間で、これで盛から久慈まで繋がりました。今度は、盛から久慈まで乗ってみたいです。釜石駅。駅前は新日鉄釜石工場があります。釜石はラグビーと三陸鉄道で、盛り上げようとしています。三陸鉄道の発車まで少し時間があったので、近くの市場を覗いてみました。美味...

  10. 新生リアス線コンプリート釜石駅 - 山猫を探す人Ⅱ

    新生リアス線コンプリート釜石駅

    新生三陸鉄道リアス線全駅訪問の旅もいよいよフィナーレです。プラットフォームへ入るため入場券を買い求めました。大槌でも買い求めましたが、硬券っていうのがまたヨロシイですなこの地下道を通るのも2010年の流浪乗り鉄旅以来だw釜石線のプラットフォームがリアス線と表示を変えていた。本来はあそこが三鉄のプラットフォームだったのだが情勢は変わったようだ。ここ釜石でもJRより三鉄の方が列車本数が多く、どっ...

  11. 両石駅明日はどっちだ?(それ力石!) - 山猫を探す人Ⅱ

    両石駅明日はどっちだ?(それ力石!)

    鵜住居と釜石の間にある駅の名は?何の予備知識も持ち合わせていないと、まず脳裏に浮かばない・・・そんな不遇な駅です。事実、東北各地を巡るようになって四半世紀近く・・・すぐそばを通ること十数回なのに初めて駅を本気で探しましたところ・・・ここしかない!という脇道に入るとありました。両石駅に向かう階段をさくさくさ~くさくと登っていく。実にシンプルなプラットフォームそれでも三鉄移管を機に整備はされたよ...

  12. ひょっこり大槌 - 山猫を探す人Ⅱ

    ひょっこり大槌

    街がひとつ丸々無くなる・・・・ありえない!そのありえない事が8年前に起こったのが大槌でした。想像を絶する津波と火災によって・・・・もちろん大槌駅も津波に呑まれたわけで、当年7月に赴いた時には、ついに辿り着けなかった記憶が・・・復活した三鉄大槌駅には先住民がいらっさいましたwハカセさんwライオンとダンプハカセたちがいたのは駅舎の上に設えたテラス一瞬、この施設の意味を捉えられなかった。なるほど、...

  13. きりきりまい再び - 山猫を探す人Ⅱ

    きりきりまい再び

    浪板海岸の次、吉里吉里(きりきり)は過去に何度か立寄っています。特に初回の訪問はなかなかに衝撃的(笑劇的)だったので、のちに続く不条理ネタ「潜入捜査官」シリーズを生み出しましたw45号線を標識に従い右折すると出迎えてくれるのは吉里吉里の鎮守様そこから続く、メインストリートやぁ、歯抜け状態からかなり復旧してきましたね。そして、やはり日の丸掲げて歓迎ムードw駅の入り口は意外と判りにくい土地勘がな...

  14. 迷走迷走また迷走の浪板海岸 - 山猫を探す人Ⅱ

    迷走迷走また迷走の浪板海岸

    この写真を撮るまで、どれだけ迷走したことか・・・・ま、素直に地図を見て素直に進めば、簡単に到達出来るのですがねw根がアホやから、山勘で走るもんだから、行き止まりの道で人様の庭先で切り返しして犬の散歩をしているジモティーに「怪しいヤツ光線」を浴びたりしてwしかし、津波はここまで到達したのですね。海からは、あんなに離れているのに・・・・122の無念を無駄にしないよう、心に刻め!100年サイクルの...

  15. 本州最東端の駅岩手船越 - 山猫を探す人Ⅱ

    本州最東端の駅岩手船越

    四十八坂の難所の手前にある岩手船越駅ここは津波被害が及ばなかったはずなのだが、駅舎はプレハブリニューアルされていました。こちらにも列車待ちのお客さんが4人ほどいらっしゃいましたね。しかしプラットフォームの土台や線路は旧山田線時代のものを流用していました。何よりも、青い琺瑯の看板が良き味を出しています。本州最東端の駅言われるまで気づかないなぁw駅は高台にあるが、下の低地は山田湾、船越湾の両方か...

  16. 探した探した織笠駅 - 山猫を探す人Ⅱ

    探した探した織笠駅

    陸中山田の次は織笠だ。45号線で行けばクルマでは目と鼻の先だ。でも右折進入が難しそうに思えたのでかなり手前で信号を右折した。なかなか存在感のある建物は織笠小学校らしい。ということは道なりに進んで川を渡れば織笠駅だね。て、あれ?45号線に合流しちゃうよ。。。おかしいな・・・・・川沿いは更地が多く、ここが津波被害に遭ったことを物語っている。やっほうの地図では、このあたりに織笠駅があるはずなのだが...

  17. にぎやか陸中山田駅 - 山猫を探す人Ⅱ

    にぎやか陸中山田駅

    陸中山田駅に到着です。山田線の名前の元になった沿線随一の繁華な街でしたあの日、津波と大規模火災で街丸ごと消滅してしまいましたがあれから8年あまり・・・・プラットフォームに人があふれています♡上下線ともに!これは、ここで入り違いするのだね。まずは宮古行きが到着見慣れない塗装ですな。ははぁ、スポンサーがついているのか。こちらは開業時(1984年)から現役続行中の車両らしいっす続いて釜石行き到着で...

  18. 引っ込み思案の豊間根駅 - 山猫を探す人Ⅱ

    引っ込み思案の豊間根駅

    豊間根という地名は、遠野物語の一話に登場するので、割と早くから知ってはいたが、実際に訪れるのは2度目である一度目は夜汽車で通っただけなので、何の印象も残っていない。遠野物語の一節は以下の通りだ。旅人豊間根村を過ぎ、夜更け疲れたれば、知音の者の家に燈火の見ゆるを幸に、入りて休息せんとせしに、よき時に来合せたり、今夕死人あり、留守の者なくて如何にせんかと思ひし所なり、暫くの間頼むと云ひて主人は人...

  19. 新駅払川 - 山猫を探す人Ⅱ

    新駅払川

    津軽石の次は豊間根・・・・ではなくなった。三鉄になって新駅が出来た。払川駅駅前広場からバリアフリーのスロープ来し方よ~し行き方よ~しwミドルネームは新たな希望払う・・・禊の場でもあったのかしらん?一帯は津軽石川の氾濫原で駅近くには旧三陸浜街道も通っている。何やら秘めた歴史がありそうだが、快晴微風ののどかな風景は何も語ってはくれなかった。払川問はず語らず五月晴れ(はらいがわとはずかたらずさつき...

  20. 津軽石はなぜ津軽石なのか? - 山猫を探す人Ⅱ

    津軽石はなぜ津軽石なのか?

    新駅「八木沢・宮古短大」の次は「津軽石」以前、まがってみたことがあったので比較的容易に辿り着きました。ミドルネームは「鮭の町」そう近隣を流れる津軽石川は鮭の遡上が多いことで知られている。なにやら小ざっぱりしていますね・・・以前の絵と比べると、いろいろ変化していますね。あの高架道路は無かったよね~駅舎もリヌーアルされていましたね。JRのにほひを完全に抹殺するつもりですね、三鉄さん今更ですがプラ...

総件数:31 件

似ているタグ